松阪図書館の一年に及ぶ工事中の閉館について、閉館中の代替サービスの実施を求め、本日、市長と教育長に要請書を提出しました。


平成29年4月18日
松阪市長 竹上真人様
松阪市教育長 中田雅喜様
                                        松阪市議会会派 グループ皐
                                                    海住恒幸
                                                    深田 龍
                                                    西口真理
   要請書
工事閉館中の松阪図書館の代替サービスの実施について

大規模改修のため4月から1年間の閉館をしている松阪図書館について、市民からは「張り紙に驚いた。1年の休館は長すぎる。その間、一部でも本を読めないのか」などと批判や要望が相次いでいます。
これらの声に対して松阪市は、嬉野図書館があるので利用してほしいと説明していますが、クルマの運転のできない高齢者や中学高校生らへの代替サービスにはなりません。
市は、生徒の学習スペースの確保については一定の対策を示していることが新聞報道などからも伝わってきますが、工事閉館中の図書の閲覧や貸し出しといった図書館の本来業務の代替サービスについてはなんら措置がとられていないのが現状です。

図書館機能の停止について、市ないしは市教育委員会は、閉館中に蔵書のICタグ化の作業があるため貸し出しはできないと説明しているようですが、閉館中に購入する新刊本等にはICタグが装着された状態で蔵書となるため、貸し出し業務は可能であることを確認しています。
また、平成30年度からは運用が予定されている、クルマで遠隔地に図書を運んで巡行する移動図書館サービスを閉館中に前倒し実施し、閉館中の代替サービスの一助とすれば歓迎する市民は増えるはずです。
さらには、松江小学校などに確保を予定している中高生等の学習スペースに図書館司書等の従事者を配置するとの報道がありますが、そのような専門的人材を配置するならその場所を使って嬉野図書館の蔵書の検索や予約貸し出しや返却も可能であると思われます。
これら、閉館中も可能な代替サービスのほとんどは指定管理者の現有の体制と市及び教育委員会のバックアップで対応可能と思われます。
が、場合によっては予算の補正措置をとる必要も生じる可能性があるのでただちに検討し対応する準備に入るよう、当面、以下の3点の実施を要請します。


                           記
閉館中も取り組み可能な代替サービス

1, 新刊図書の貸し出し業務の実施
松阪図書館にはICタグが装着した状態で配本される措置がとられるため、少なくとも新刊図書に関してはICタグ化の作業があるため貸し出しは不可能であるとの理由は成り立ちません。中高生らの学習スペースほか、公民館や地区市民センターなどに開架式書棚や貸し出し、返却のカウンターなど必要な設備をととのえ、新刊図書等については貸し出し業務を行うこと。

2, 予約本の受け取りコーナーの確保
インターネットで嬉野図書館の蔵書の貸し出しを予約した人が図書を受け取ることができる場所を確保すること。電話やファクスでの対応についても検討すること。これも1と同様、中高生らの学習スペースに図書館司書を配置するのなら対処は容易である。

3, 移動図書館の前倒し実施
飯南、檄眞楼茲覆姫鶻崔呂鯊仂櫃吠神30年度実施を予定している移動図書館サービスを工事閉館中に前倒し実施すること。


(補足)
以上の3点は、ただちに実施可能であることは、平成27年4月〜28年4月にかけての図書館改革特別委員会で行われてきた教育委員会の説明や配付資料でも明らかであり、一時は、そのほとんどは実施が確定していた内容です。
その点について補足したいと思います。

まず、平成27年7月から10月にかけ、指定管理者候補者を公募し選考する際の市側の評価項目の大項目に「図書館の改修に関する提案」を設け、「閉館期間中の図書館代替サービス」の提案を求め、審査の対象となっていたため、公募に応じたTRC(図書流通センター)は提案を実施し、審査委員もその提案を評価し、教育委員会は実現に向けて動いていた経過が確認されています。

具体的には、工事閉館中の代替サービスとして、鈴の森公園駐車場の一角を確保して「仮設図書館」を建設し、新刊本など工事閉館中も購入する図書を貸し出し対象とする構想でした。新規に購入する図書は、あらかじめ、ICタグを装着した状態で配本されるためICタグ付けを行う必要がないため、すぐに貸し出しが可能だからです。指定管理者がTRC(図書流通センター)に決定したのち、教育委員会とのあいだで調整が進み、建設には床面積100平方メートルで、1500万円と試算されるに至りましたが、なんらかの理由でその構想は断念したようです。

 移動図書館については、図書館のリニューアル後の平成30年度に実現予定ですので、工事閉館中に前倒し実施できないかと準備が進められてきたようですが、これも計画がストップしました。

 仮設図書館の開設については、平成28年4月15日に開催された第11回図書館改革特別委員会に配布された教育委員会作成資料には、「設計業務委託を発注するにあたり、次の改修計画書で営繕課へ依頼します」と書かれ、その文書の中には「松阪図書館の臨時営業場所として、仮設事務所を駐車場内に設置する。必要な設備についても備える。」と明記されていることから、教育委員会も、図書館改修の設計業務委託の仕様書の作成を依頼するまでの段階では「仮設図書館」を確保することを議会側に伝えていたことになります。その後、その計画がストップになったことや経過などについては、その後の図書館改革特別委員会への報告もありません。閉館期間中の代替サービスとして段階を経て実施が計画されていながら、議会に報告することもなく、中止が決まっていたことは非常に遺憾に思います。

 いまとなっては「仮設図書館」の開設は難しいですが、橋西公民館や松江小学校などに中高生の学習室の確保のために、図書館従事者を派遣するとのことで、それならばその場所にて嬉野図書館等への予約本の受け取りを初め、インターネットが使えない高齢者等への補助も可能となります。経費はほとんどかけなくても、図書館の代替サービスはいくつもあります。ただちに実施に踏み切るべきです。

 1年間という長期に及ぶ閉館の間の代替サービスについて、竹上真人市長の就任後も平成27年10月〜28年4月にかけては実施の必要性は市及び教育委員会、指定管理者も一致した認識でありながら、予定していた実施が議会への説明もないまま消えていき、なんの対策もとられないまま閉館期間に入ってしまったことは残念でなりません。

1年に及ぶ閉館が市民に与える影響を考え、市民目線に立った行政運営が行われていたならば対応可能な点が多かったと思われます。いまからでも対処は可能であると考え、時機も急ぐべきとの考えから6月定例議会を待つことはできず、今回の要請とさせていただきます。

 市長、教育長の一刻も早い善処を求めます。                         以上