ka-3252

韓国のネット掲示板に「世界2000大企業を大陸別に比較してみよう」というスレッドが立っていたのでご紹介。

1. 韓国人(スレ主)

フォーブスは毎年発表している「世界2000大企業(フォーブス・グローバル2000)」。順位は各社の売上高、営業利益等に基づいて決められる。これを見ることで、どの国が成長していて、どの国が伸び悩んでいるのかを見ることができる。

中国とインドの成長が際立っていて、特に中国が顕著である。2007年当時、中国の世界2000大企業の保有数はわずか44社であったが、それから5年後の2012年には92社が追加され、合計136社の企業がランクインしている。ちなみに当時、日本は311社、米国は659社、韓国は39社であった。
ka-3248

2007年当時は、世界2000大企業にランクインしている米国の企業数はアジア大陸全体よりも多かった。しかし、アジアが爆発的な成長を成し遂げ、5年間で132社をランクインさせたのに対して、米国は下落傾向が続き、135社がランクアウトされ、アジア大陸が米国よりも209社多くなった。これにより、アジア大陸は全体の大陸の中で最も多くの世界2000大企業を保有した地域となる。
ka-3249

アジアが最も多く世界2000の大企業を保有することになった理由は、2007年に比べて53社減ったものの、日本が258社と多くの世界2000大企業を保有しているという点に加え、中国が2007年の44社から2012年136社と、92社を追加でランクインさせたこと、韓国が39社(2007年)から68社(2012年)、インドが34社(2007年)から61社(2012年)など、日本を除くアジア諸国の大部分が成長したことが挙げられる。

一方、欧州大陸では急速に衰退が進み、2007年に130社も保有していた英国は2012年に93社まで減らしている。しかし、ゼロだったアラブは13社をランクインさせ、ロシアも若干の伸びを見せている。
ka-3250

南米やカナダでも同様に伸びはあったものの、その数は少ない。
ka-3251

まとめると、アジア、特に中国が爆発的な成長を見せており、ヨーロッパ及びアメリカはその数を減らしている。その他の地域に関しては、若干成長が見られるといったところ。

最後に、2012年世界2000大企業の詳細な内訳を紹介。
最も多くの世界2000大企業を保有しているトップ5は、1位米国(524社)、2位日本(258社)、3位中国(136社)、4位英国(93社)、5位韓国(68社)であり、大陸別の保有数は、アジア・太平洋733社、米国・アメリカ大陸669社、EMEA(欧州・中東・アフリカ)605社となっている。

引き続き、韓国とアジアのさらなる成長を期待している。

翻訳元:http://www.ilbe.com/1022222329


2. 韓国人
韓国が5位だと…


3. 韓国人
韓国が5位というのはすごいね
誇らしい


4. 韓国人
日本めっちゃ多いな


5. 韓国人
韓国とアジアのさらなる成長?
韓国の成長だろ


6. 韓国人(スレ主)
>>5
地域全体が成長してこそ、韓国が成長できるというもの


7. 韓国人
中国はちょっと衰退して欲しい


8. 韓国人
スレ主は華僑か?


9. 韓国人(スレ主)
>>8
違うよ


10. 韓国人
ドイツやフランスより韓国の方が世界的大企業が多いという話は信用しがたい


11. 韓国人
>>10
ドイツは分からないけど、フランスについては、2007年当時、韓国より大企業の数が多かったけど、その後、韓国が抜いた


12. 韓国人
>>10
ドイツとかフランスって有名企業あったっけ?


13. 韓国人
>>12
ドイツは、ベンツ、BMW、フォルクスワーゲン、シーメンス、ボッシュなど数え切れないほどある


14. 韓国人
>>13
そう言えばそうだね


15. 韓国人
>>10
ドイツは大企業より中小企業中心なんじゃないの?


16. 韓国人(スレ主)
>>10
ドイツは53社で、韓国は68社だ
カイカイ反応補足:元データを見ると確かにその数字になってます。
South Korea|The World's Biggest Public Companies
Germany|The World's Biggest Public Companies


17. 韓国人
ある学者が以前にカナダとブラジルが成長すると言っていた


18. 韓国人
>>17
ブラジルが成長するなんて何十年も前から言われてなかったっけ?


19. 韓国人
>>17
BRICsは相当前から言われている
カイカイ反応補足:BRICs - Wikipedia
BRICs(ブリックス)とは、経済発展が著しい ブラジル (Brazil)、 ロシア (Russia)、 インド (India)、 中国 (China) の頭文字を合わせた四カ国の総称。投資銀行ゴールドマン・サックスのエコノミストであるジム・オニールによって書かれた2001年11月30日の投資家向けレポート『Building Better Global Economic BRICs』で初めて用いられ、世界中に広まった。


20. 韓国人
>>17
ブラジルは腐敗を正す意志がない上に、隣国がアホばっか


21. 韓国人
日中韓のアジアトップスリーとかカッコイイね


22. 韓国人
>>21
日中韓…


23. 韓国人
>>21
世界的にはCJKと言ったように中日韓が最も標準的に使われる
カイカイ反応補足:CJKとは|IT用語辞典バイナリ
CJKとは、中国語と日本語、および韓国語をまとめた言い方のことである。Chinese、Japanese、Koreanの頭文字を取ったものである。ユニコードで定義されている日本語や中国語、韓国語において、字形と文字の意味がよく似た漢字を、同じ漢字として統合して扱う文字コードを、CJK統合漢字という。


24. 韓国人
韓国は本当にすごいな
戦後60年しか経っていないにも関わらず60社以上ランクインしているなんて…


25. 韓国人
>>24
日本も戦後60年程度ですが…
しかも核爆弾まで落とされている


26. 韓国人
>>25
日本はそれまで蓄積された技術と、6.25(朝鮮戦争)特需のおかげだろ
韓国と出発点が違う


27. 韓国人
>>25
アホか
韓国特需や米国の直接的な援助受けた国と比較すんなや


28. 韓国人
>>25
日本が韓国戦争特需で稼いだ額は62億ドル
米国がマーシャルプランでドイツ、フランス、英国に支援した額が68億ドル
韓国戦争特需がどのぐらいすごいか分かるよね
カイカイ反応補足:朝鮮特需 - Wikipedia
朝鮮特需は、朝鮮戦争に伴い、在朝鮮アメリカ軍、在日アメリカ軍から日本に発注された物資やサービスを指す。また在日国連軍、外国関係機関による間接特需という分類も存在する。朝鮮戦争勃発直後の8月25日には横浜に在日兵站司令部が置かれ、主に直接調達方式により大量の物資が買い付けられた。その額は1950年から1952年までの3年間に特需として10億ドル、1955年までの間接特需として36億ドルと言われる。
カイカイ反応補足:マーシャル・プラン - Wikipedia
マーシャル・プランは、第二次世界大戦で被災した欧州諸国のために、アメリカ合衆国が推進した復興援助計画。表によると、欧州への援助はどちらの期間でも全体の3分の2を超える高い割合を示しており、期間中に米国が供与した援助の総額は102億6000万ドル。そのうち、実に89%を無償援助が占めていた。国別の援助額をみると、最大の被援助国である英国が援助総額の1/4以上を占めた。
ka-3253


29. 韓国人
中国はほとんどが国営企業じゃないの?


30. 韓国人(スレ主)
>>29
ほとんどと言うか、かなりね


31. 韓国人
中国のバブルはいつか爆発すると思う
共産党の独裁ですぜ
特に貧富の格差は素晴らしいものがある
もちろん、これを解決しようと努力はしているのだろうが、いかんせん党幹部の汚職が酷く収集がつかない状況
中国の未来については様々な意見があるけど、個人的にはいつか崩壊すると思う


32. 韓国人
世界の人口の半分がアジア人


33. 韓国人
少数精鋭的な観点で見れば1位日本、2位韓国だね
日本と韓国がすごいよ


34. 韓国人
日本は20年以上絶賛降下中なのに、いまだ2位(笑)


35. 韓国人
日本は、ランクされていない中小企業の数がかなり多い
日本経済崩壊の危機はほぼないだろう

スポンサードリンク
おすすめ記事(外部サイト)
韓国・東アジアニュース(外部サイト)