ka-6141

韓国のネット掲示板に「日本の妖怪」というスレッドが立っていたのでご紹介。

1. 韓国人(スレ主)

日本の妖怪について調べてみよう!

のっぺら坊
目、鼻、耳がなく、タマゴのような頭をした妖怪
それ以外の部分では、普通の人の姿と違いはない
単に人を驚かすだけの妖怪で、夜道に出没したり、屋台の店主になりすまして、何もない顔を見せては人を脅かす
ka-6144

その他、同類の妖怪として、人に会うと服を脱いで全裸になり、尻にある一つ目を雷のように光らせて脅かすのもいる(笑)
ka-6145


から傘
お前らも一度は目にしたことのあるキャラクターだろう
古くなった傘に魂が宿り妖怪になったというもの
傘をたたんだ形態で、傘の柄の部分は足となっており、かかとの高い下駄(日本の伝統的な履物)を履いている
雨の日に現れ、一本足で飛び回りながら、道行く人を脅かす
ka-6146


ぬらりひょん
一見すると、高価な着物を着ているため、どこかのお店の店主のようにも見える
特に悪いことはしないが、夕方になるとどこからともなく現れ、他人の家に上がり込んでは、勝手にお茶を飲む(笑)
その行動があまりに堂々としているため、誰も彼を不審に思わない
お茶を飲み干した後は、来たとき同様、煙のように姿をくらます
ぬらりひょんは、百鬼夜行の妖怪行列の先頭を行く妖怪として描かれ、各種妖怪の総親分として描かれることが多い
それを代表する漫画としては「ぬらりひょんの孫」などがある
ka-6147


青行燈
百物語の会に現れるとされ妖怪
百物語とは江戸時代に流行したもので、怪談話を100話語り終えると、本物の怪が現れるとされる
怪談話をする際には、100の青い紙(灯心)に火を付け、話が1話終わる度に火を消していき、100話目を語り終え、その場が真っ暗闇になったときに本物の怪が現れるとされる
日本の古い書籍によると、その妖怪は黒い長い髪と角を持った幽霊とされ、人々はそれが現れるを恐れ怪談話を99話でやめるとする…
ka-6148


海坊主
全世界の海に存在すると言われている怪物の一種で、日本では妖怪とみなされている
巨大な体で、頭は禿げている(クラーケンみたいな感じかな)
船をひっくり返したり飲み込んだりする
日本各地の海にも度々現れるが、船の積載物の中で最も大切なものを海に投げ捨てれば生き残ることができるという
岩手県の海には、美女に姿を変え一緒に泳ごうと誘惑してくる海坊主もおり、その誘惑に乗るとすぐに食べられてしまうとのこと
ka-6149


あかなめ
古びた風呂屋や荒れた屋敷に棲む妖怪であり、人が寝静まった夜に侵入して、風呂場や風呂桶などに付着した垢を長い舌で嘗めるとされる
浴室が汚れている家ほど定着する
ka-6150


鬼婆
人間を食べる老いた女性の妖怪
安達ヶ原に住んでいた鬼婆が有名
旅をしていた僧侶が安達ヶ原で休憩しようと、老婆がひとりで暮らす小屋に泊まることとなった
老婆は一見すると普通の人のように見えたが、それがまさに鬼婆であった
老婆が留守の間に寝室を覗いてみると、そこには手足を切られた死体が積まれていた
驚いた僧侶はその場から逃げ出そうとすると、老婆が行く手を遮り「一口で食べてやる」と言って襲いかかってきたという
ka-6151


化け猫
17世紀後半、肥前国の領主であった​​鍋島家を襲撃した猫の妖怪
鍋島家の2代藩主・鍋島光茂が、囲碁で負けた腹いせに龍造寺又七郎という名の若者を殺害した
これを受けて、若者が可愛がっていた猫が、化け猫となり、鍋島家に侵入し光茂を殺そうとするが、灯火用の魚油を舐める行動が原因で正体がバレ、猫退治されてしまう
光茂はこの事件を機に自らの過ちを悔いて、龍造寺家を世話したという
カイカイ反応補足:藩史|佐賀藩 - Wikipedia
鍋島氏は龍造寺氏の家臣であったが、龍造寺隆信の戦死後、鍋島直茂が領地を継承して成立。藩の成立後もしばしば残存する龍造寺分家との対立がおきた(鍋島騒動)。この対立の構図から生まれたのが「佐賀化け猫騒動」という話である。
ka-6152


お歯黒べったり
のっぺらぼうのように目や鼻はなく、大きな口のみがあり、真っ黒に染めた歯を出して、ニヤニヤしながら笑顔を振りまく少女の妖怪だ
着物を着て、人の気配が少なくなった夜道に出没し、人を驚かせてはニヤニヤと笑う
ka-6153


河童
日本各地の川、湖、海などに住む妖怪
関東地方以外では、エンコ(愛媛県)、メドチ(青森県)、ガラッパ(南九州)などと呼ばれ、それぞれで個性を持つ
一般的には、子どもの姿とされ、頭にはくぼみがあり、そこには水が入っている
その水がなくなると死ぬ
ka-6155

翻訳元:http://www.ilbe.com/1457897985


2. 韓国人
楽しんで読ませてもらった


3. 韓国人
俺こういうスレ好きだよ


4. 韓国人
水木しげるは評価する


5. 韓国人
やはり日本は文化先進国


6. 韓国人
精神病の国日本


7. 韓国人
鬼婆は千と千尋に出てき湯婆婆か?


8. 韓国人
ぬらりひょん可愛いね(笑)


9. 韓国人
韓国にも幽霊がいます
韓国を無視しないで下さい


10. 韓国人
犬夜叉はいないのか?


11. 韓国人
地獄先生ぬ~べ~は必読


12. 韓国人
「河童のクゥと夏休み」を見ろ
クソ感動的である(泣)


13. 韓国人
「河童のクゥと夏休み」はイチオシだ
日本アニメはつまらなくて見ていなかったが、子どもたちと見に行って号泣してしまった
カイカイ反応補足:河童のクゥと夏休み - Wikipedia
現代社会に蘇った河童の子供「クゥ」と、少年・康一との友情、そしてそれを取り巻く人間模様を描く。環境問題、いじめ、マスコミの報道過熱など日本の社会問題を風刺しながら、大量消費社会へ不変性を以って対抗する家族の物語でもある。 作中では、変わり続ける社会や人が変わらないものを虐げる悲劇性も含んでいる。 変わるものと変わらないものの対比という構図は、小津安二郎の東京物語と共通している。


DVD:河童のクゥと夏休み


14. 韓国人
チョッパリの奇怪な想像力…


15. 韓国人
日本人は本当に想像力が豊かだな


16. 韓国人
ああいったもの全てキャラクター化してコンテンツにするのだから羨ましいよ


17. 韓国人
呪怨のガキどこいった(笑)


18. 韓国人
から傘と河童は有名だよね


19. 韓国人
乙武がなぜいない?


20. 韓国人
>>19
wwwwwwwwwwww
カイカイ反応補足:乙武さんのツイートを見た韓国ネットユーザーの反応
・五体不満足は小学校の時読んだ
・この人すごく一生懸命生きてる人
小学生の時にこの人が書いた本を読んで深く感銘を受けた
・学校の必読図書が五体不満足だった
・この人は認める
本当にすごい人


21. 韓国人
日本の妖怪はクソ可愛いね(笑)
特にぬらりひょんはヤバイ
勝手に上がり込んでお茶飲むとか(笑)


22. 韓国人
ぬらりひょんと言えばGANTZを思い出す


23. 韓国人
何も言わずにGANTZを見ろ
全て出てくる
上の画像よりもはるかにリアル


24. 韓国人
>>23
GANTZって何?


25. 韓国人
>>24
http://hanmir17.blog.me/40113843200
ka-6156


26. 韓国人
あまり悪い妖怪はいないんだね(笑)
ただ人々を驚かせるだけとか(笑)


27. 韓国人
世界で最もおばけの種類が多いのは日本じゃないの?


28. 韓国人
少し興味深い話
・霊は水を渡ることができないという
・日本は島国である
・日本に妖怪と幽霊が多いのは、周りが全て海に覆われているからだ


29. 韓国人
Wikipediaに日本の妖怪の一覧というのがあるから、気になるやつは調べてみな
カイカイ反応補足:日本の妖怪一覧 - Wikipedia


30. 韓国人
やはり未開な日本
未開な分だけ迷信が多いのだろう(笑)


31. 韓国人
なぜ韓国にはあのように多種多様な妖怪がいないのだろうか?
単に俺が知らないというだけかな?


32. 韓国人
>>31
韓国の九尾の狐は日本に伝来して派生した妖怪だよ
韓国は妖怪というよりは、魂や幽霊、迷信的なものが色濃い
カイカイ反応補足:九尾の狐 - Wikipedia
九尾の狐とは、中国神話の生物。9本の尻尾をもつ妖狐。つまり、狐の妖怪である。九尾の妖狐、九尾狐、単純に九尾、または複数の尾をもつ狐の総称として尾裂狐とも呼ばれる。万単位の年月を生きた古狐が化生したものだともいわれ、妖狐の最終形態の存在であるとされる。


33. 韓国人
>>31
妖怪ではなく、霊や神の話が多い
家、トイレ、ドアなどを守る守護霊や、山の神などなど


34. 韓国人
>>31
個人的な考えだが、韓国が文治を重視していたので死が身近ではなかった
文治の特性上、理性を重視したため、幽霊のような非合理的な存在はあまり信じられていなかったのでは
対して日本は無を重視し、それによって死が相対的に近いものとなり死や霊、迷信などが多いのではないだろうか


35. 韓国人
妖怪のプロフィールを見ると、ダブー視されていたことや、非倫理的なことに対する警告を与えているようにも見える
罪のない人を傷つけてはいけない、夜遅く帰れば危険、衛生状態には気を付けることなど


36. 韓国人
天狗はなぜないの?


37. 韓国人
>>36
天狗は妖怪というより、各地域で神格化してるからね


38. 韓国人
シティーハンターに出てきた海坊主が、なぜ海坊主なのか今分かった…


39. 韓国人
スレ主よ
化け猫の話に出てくる鍋島は、壬辰倭乱に参戦した鍋島家と同族か?
カイカイ反応補足:化け猫騒動の鍋島光茂は、文禄・慶長の役に出兵した鍋島直茂の末裔
鍋島直茂→鍋島勝茂→鍋島忠直→鍋島光茂
鍋島直茂は文禄・慶長の役で、加藤清正とともに日本軍二番隊を率いた将軍
参考:文禄・慶長の役 - Wikipedia


40. 韓国人
日本がグロテスク文化である理由は、宗教的なことに加え、日本人特有の特性も起因している
関連書籍があるので、興味のあるやつは探してみてくれ
日本がなぜアニメ大国なのか、なぜその文化の魅力を世界中アピールすることができたのかなど、日本文化の源流を知ることができる
芸術的で奇想天外な感性は、日本が最高なのではないかと思う


41. 韓国人
ほとんどの妖怪が頭禿げてるね
ひょっとして日本の仏教と関連があるのではないだろうか?
我が国や日本でも、仏教が定着すると僧侶たちは金貸しを始めたが、市民たちは寺院のそのような行為に対して願望やイメージを抱くようになり、それを風刺化することによって妖怪が生まれたのではないだろうか?
もちろん、そこに日本特有の土俗信仰も結合されて
カイカイ反応補足:南北朝・室町時代|日本の仏教 - Wikipedia
寺院の中には安定した収入を確保するために、所領からの収入や祠堂銭(供養料)などを元手に金融業に進出するところもあった。また、当時城砦化が進んでいた寺院に資産を預ける人々もおりその資産も元手となった。しかし、高利での貸付に耐え切れなくなった人々が徳政一揆を引き起こし、寺院がその攻撃の対象となることもあった。


42. 韓国人
>>41
髪があると人間っぽくなってしまうからハゲにしたんじゃないかな
あと、ハゲは世界共通で、守銭奴のイメージがある
仏教が関係あるかどうかは分からない


43. 韓国人
>>42
人間らしくなってしまうからハゲにしたという君の説は説得力があるね


44. 韓国人
日本という国は陰気が強く幽霊が多い
陽の気勢が強い人は、陰を相殺するので日本のように陰気が強い土地でも何ら問題なく生活ができるが、陰の気勢が強い人にとっては、陰の影響をもろに受け、精神病や心病を患うなどして、精神的な苦痛を味わうことになる
一方韓国は、陽気が強い土地のため、陰の気勢が強い人でも肉体的にも精神的にも安定する
日本を離れて韓国に定着する日本人の中には陰気が強い人が多いという


45. 韓国人
>>44
俺のTOEICの先生が言ってたんだけど、韓国の留学生が日本に行くと2種類に分かれるんだって
ひとつは悪魔を見るようになって日本に留まれなくなりその地を離れる人と、もうひとつはよく適応する人
ちなみにその先生は前者で、就職試験に合格したにも関わらず、日本を離れたんだとさ


46. 韓国人
うーん…日本に怖くて行けないよ


47. 韓国人
幼い時、妖怪大百科事典のようなものを見て、数日間、怖くて寝れなくなったことがあるけど、今大人になって思うことは、妖怪よりも人間の方がよっぽど恐ろしいということ
誹謗中傷、いじめ、裏切り、詐欺など…ニュースでは恐ろしい事件ばかり

スポンサードリンク
おすすめ記事(外部サイト)
韓国・東アジアニュース(外部サイト)