ka-8109

韓国のネット掲示板に「壬辰倭乱で朝鮮に投降した日本の武将」というスレッドが立っていたのでご紹介。

1. 韓国人(スレ主)

壬辰倭乱(文禄・慶長の役)で日本軍が攻め入り、朝鮮が大混乱に陥ったことは多くの人がよく知るところだが、そんな状況の中で、朝鮮に降伏した日本の武将がいたことは知っているだろうか?
しかもこの降伏は、命乞いからではなく、朝鮮を尊敬し、愛してのことだった…

1592年4月14日。
日本軍が釜山に侵攻し壬辰倭乱が始まった。
当時、戦争に何の備えもしていなかった朝鮮軍は為す術なく粉砕された。
無力な民は、日本軍に無惨に殺害され、朝鮮の領土は次々と日本に手に渡った。

朝鮮の英雄たちの活躍も虚しく、日本軍の侵攻を食い止めることができず、敗戦に続く敗戦で朝鮮軍の士気は日に日に低下していった。
ka-8111

そんな中、朝鮮に一人の武将が登場する。
その武将は朝鮮軍が目にしたことのなかった「鳥銃」を持たせた。
ka-8112

その武将の名は、金忠善将軍。
ka-8110

壬辰倭乱当時、槍、剣、矢で戦っていた朝鮮軍に、鳥銃という不思議な武器を与え、その使い方から攻撃術などを計画的に訓練させ、強力な鳥銃部隊を朝鮮軍に作り上げた。

壬辰倭乱が始まり、日本が釜山に上陸した当時、日本軍には沙也可という将軍がいた。
沙也可が率いる鳥銃部隊は、戦術に長けており釜山をあっという間に陥落させた。
そのため、沙也可の鳥銃部隊は恐怖の対象となっていた。
ka-8113

沙也可が率いる先鋒部隊によって釜山が陥落した後、朝鮮に新たな将軍が赴任する。

そう、それが沙也可であり、金忠善将軍なのである。

当時の朝鮮軍の士気は既に地に落ちており、槍や剣などを使った戦闘訓練も未熟なものばかりであった。
その状況の中、金忠善将軍は、朝鮮軍の他に、士気の高い義兵軍らを集め、新たに体系的な訓練を実施した。
これにより、再び士気が上がり始めた朝鮮軍に、金忠善将軍は新たな武器を手渡した。

それが日本軍から奪い取った鳥銃だ。
ka-8114

しかし、その時の兵士は誰一人として鳥銃を扱ったことがなかった。
そんな兵士に対し、金忠善将軍は鳥銃の扱い方を訓練させ、朝鮮軍最初の鳥銃部隊を作り上げた。

それ以外の部分でも、金忠善将軍の戦略は堪能であり、訓練された鳥銃部隊は蔚山城の戦いで籠城する加藤1軍に大勝をおさめることになった。
ka-8115

されに、金忠善将軍の活躍と同じくして、李舜臣将軍の水軍が日本軍に完勝していくと、朝鮮軍の士気はますます高まっていった。
ka-8116

それにしてもどうして、日本の武将であった沙也可が朝鮮に投降したのだろうか?

朝鮮王朝実録の記録と、日本の歴史学者である神坂次郎が執筆した沙也可の話しを盛り込んだ「海の伽耶琴」の内容によると、沙也可は日本の戦国時代に存在した有名な家柄にあり、本名は原田信種という。
沙也可の一族は大規模な領地を持っており、裕福な人生を享受していた。
ka-8117
ka-8119

しかし、日本を統治していた豊臣秀吉は沙也可の家の領地をすべて奪い、自分の側近である加藤清正の下に隷属させた。
秀吉によって沙也可の一族は滅びてしまったのだ。
ka-8118

加藤清正は朝鮮を攻撃するよう秀吉に命じられ、悩みの種だった沙也可を先鋒部隊として出兵させることを決める。
そして、沙也可は大規模な鳥銃部隊を率いて釜山に侵攻してきたというわけだ。
釜山を陥落させた翌日、沙也可は朝鮮に投降した。
その時、彼が発した言葉は、「私は卑怯でもなく、醜くもない。そして私の部隊は絶対に弱くはない。しかし、朝鮮の文化が日本よりも発達し、学問と道徳を崇める君子の国を踏みにじることはできない。だから私は亡命したい」というもの。
これを受けて沙也可には、「宣祖に忠実で善良な者」を意味して、「金忠善」という名が下賜された。

朝鮮王朝実録には、沙也可が亡命を決心した決定的なきっかけが記述されている。
侵略という恐ろしい状況であるにも関わらず、自分の命よりも両親の命を大切にし、年老いた親たちを背負って逃げる朝鮮の人々の姿に大きな感銘を受けたとしている。

金忠善将軍は、壬辰倭乱で鳥銃を手に自らが尊敬する国を守るため、朝鮮軍とともに戦った。
壬辰倭乱以後も、多くの戦闘で功績を残し、真の愛国者と言っても過言ではない。
ka-8120

そして韓国の姓の中で、賜姓金海金氏を使う人は金忠善将軍の子孫だとする。
朝鮮人の血は持たずとも、朝鮮を尊敬し愛した沙也可将軍…

翻訳元:http://www.ilbe.com/1871547727


2. 韓国人
良い文章


3. 韓国人
涙が出る


4. 韓国人
全く知らない情報だったので評価する


5. 韓国人
子どもの頃に本で読んだ覚えがある


6. 韓国人
立派な方です


7. 韓国人
裏切り者です


8. 韓国人
これはカイカイに行く


9. 韓国人
これ歴史スペシャル(韓国KBSの歴史ドキュメンタリー番組)でやってたやつだろ
まともな証拠もなく、自分が子孫だと主張するやつが、家系図に記載されてる一行を示しただけ
証拠不十分な感じが否めず、モヤモヤした気持ちのまま番組終了


10. 韓国人
>>9
投降したことは事実だ
戦争の英雄であることは正しい


11. 韓国人
大邱東城路に「さやか」という日式とんかつ専門店がある
蕎麦がとても美味しいよ
オイシイデス~
カイカイ反応補足:大邱東城路にある「さやか」というお店
ka-8121
ka-8123
ka-8122


12. 韓国人
ネイバー辞書からパクった内容か?
金忠善なんて韓国史の教科書にも出てくるやつだろ
何で知らない事実を説明するかのように書いてるの?
情報スレもどきとか、イルベのレベルも低下したな


13. 韓国人
>>12
お前がそんなに優秀なら一度でもスレを立ててみろ


14. 韓国人
>>12
教科書に金忠善についてあそこまで詳しく出てくるか?
俺の時はなかったが?


15. 韓国人
朝鮮を持ち上げんな
朝鮮がそんなに好きか?
そんなに好きなら朝鮮時代に戻ってしまえ
朝鮮は世界最貧国だった
清の軍隊を呼び寄せ国民を殺させた王朝だ


16. 韓国人
>>15
難読乙


17. 韓国人
>>16
朝鮮を持ち上げるスレじゃなくて、金忠善将軍の逸話じゃん


18. 韓国人
宣祖は無能で情けないやつ
中国にへつらった障害者王
カイカイ反応補足:宣祖 - Wikipedia
宣祖は、李氏朝鮮時代の第14代国王。即位前は河城君。父は第11代国王・中宗 恭僖王と昌嬪安氏の三番目の息子・徳興大院君李岹であり、中宗の孫にあたる。


19. 韓国人
「私は卑怯でもなく、醜くもない。そして私の部隊は絶対に弱くはない。しかし、朝鮮の文化が日本よりも発達し、学問と道徳を崇める君子の国を踏みにじることはできない。だから私は亡命したい。」
うひょー!日本信者の劣等感が爆発した音がここまで聞こえてくる!


20. 韓国人
壬辰倭乱が起きる前から、朝鮮でも鳥銃の存在は知られていた
実際に保有もしていた
しかし、国弓よりも射程距離も短い上に、精度が低く、また雨が降れば使えないなど、様々なデメリットがあったので使わなかった


21. 韓国人
日本は学問に対する投資もオタクのようにする
以前、図書館で勉強してたとき、息抜きに館内を歩きまわってたんだけど、そこで朝鮮関連の分厚い本を見つけた
シリーズになってて20冊以上はあったと思う
何だこれと思って著者みたら日本の本だった
日本は伊達に先進国じゃないよ


22. 韓国人
>>21
恐ろしいね


23. 韓国人
>>21
日本人は現実的な感覚よりも抽象力、つまり人文学的な能力が卓越してるように思える
まー見方を変えればオタクだわな
カイカイ反応補足:抽象力とは
様々な事物や概念に共通する属性やプロパティを抽出して把握する力や能力。


24. 韓国人
>>21
韓国史の資料もチョッパリ国の学者の資料が多い


25. 韓国人
てか、単に日本で家が滅びたから亡命しただけだろ(笑)
それを朝鮮を愛したから亡命って(笑)
そんな理由、誰が信じるんだよ(笑)


26. 韓国人
韓国とか中国って、こんな情報好きだよね
単に生きるために裏切り、朝鮮にへつらっただけだ


27. 韓国人
雑賀孫一と原田信種を混同してるみたいだね
カイカイ反応補足:雑賀説|沙也可 - Wikipedia
小説家の司馬遼太郎は紀行文集『街道をゆく』で、沙也可が日本名「サエモン」の音訳、あるいは「サイカ(雑賀)」のことではないかと推理した。神坂次郎も同様の根拠で、沙也可を雑賀とした小説『海の伽耶琴 雑賀鉄砲衆がゆく』を記している。


28. 韓国人
大邱近郊には、あの方の祠堂もあって子孫の集成村もある
カイカイ版の補足:鹿洞書院
慶尚北道達城郡嘉昌面友鹿里にある鹿洞書院には朝鮮時代の壬辰・丙子戦争と李活の乱の際、功績を挙げた金忠善将軍(日本名:沙也可)が祀られています。
ka-8108


29. 韓国人
さやか大好き!


30. 韓国人
美化しすぎじゃないの?
第三者の立場で見れば、祖国を捨てた裏切り者だ
日本で育ち学んだ武将のくせに、戦時の状況ひとつで祖国を裏切るとか話になるか?
日本で韓国の親日派、李完用と李光洙を美化しているのと同じことだ


31. 韓国人
壬辰倭乱当時、日本の主力武器は鳥銃ではなく槍だった
日本刀よりも、薙刀という柄の長い偃月刀形式の武器が有名だった
当時の武士たちの家には、槍が一本ずつかけられていたとか


32. 韓国人
地上戦において、我が国が倭寇にやられた理由は槍の長さのせいだったとか
我が国の槍は、長さが1.5メートルだったのに対し、日本の槍は3メートル、長いものでは5メートルあったという
壬辰倭乱の関連書籍で見た


33. 韓国人
>>32
そう、薙刀と槍が主力だった
鳥銃の編制率はあんまりだった


34. 韓国人
朝鮮はいっそ壬辰倭乱の時に滅びるべきだった


35. 韓国人
>>34
俺もそう思うわ

スポンサードリンク
おすすめ記事(外部サイト)
韓国・東アジアニュース(外部サイト)