ka-8446

韓国のネット掲示板に「16世紀に世界各地で起きた戦争を比較」というスレッドが立っていたのでご紹介。

1. 韓国人(スレ主)


西ヨーロッパ

フランス、ユグノー戦争(1562~1598年)
カトリックとプロテスタントの間で展開されたフランスの内戦
ユグノー(プロテスタント)を無差別に虐殺する政府軍
ka-8447

16世紀のヨーロッパは、ルネサンスや新大陸発見、宗教革命など大革新が重なっている時代でもある
マスケット銃、荷車、大砲、鎧、建築技術など様々な面で、当時最高に発達した文明であったのではないかと思われる
ka-8448
ka-8449
ka-8450


ネーデルランド独立戦争(1572~1609年)
スペイン植民地であったオランダの新教徒が宗教弾圧に反発して起きた戦争
当時、スペインと海上覇権を争っていた英国がオランダを支援し、カトリック教徒を代表する神聖ローマ帝国はスペインを支援した
フランスはカトリック教徒の国であったが、神聖ローマ帝国を牽制するためにオランダを助ける
ヨーロッパ全域に拡大した多国籍の戦争
ka-8451
ka-8452

戦争初期はスペインが優勢であったが、最終的にはオランダ同盟国が勝利
以後、オランダ7州は独立し、積極的な海外進出を行い、17世紀以後に繁栄を享受することになる
ka-8453
ka-8454


英西戦争(1585~1604年)
英国の軍艦
ka-8455

スペインの無​​敵艦隊を粉砕する英国・オランダ連合軍
ka-8456



東ヨーロッパ

オルシャの戦い(1514年)
ポーランド・リトアニア連合国とロシア(モスクワ大公国)の間で行われた戦い
戦争の結果は、ポーランド・リトアニア軍が勝利
ロシアはこれ以降、西進を断念しシベリア進出を試みる
ka-8457


レパントの海戦(1571年)
キリスト教勢力を代表する神聖ローマ帝国と、イスラム教勢力を代表するオスマン帝国が地中海の制海権をめぐり、ギリシャで戦った戦い
ka-8458

結果は、オスマン帝国の敗北
火力で押されたのが原因
それでもオスマン帝国が大敗したということではない
ka-8459



中東

モハーチの戦い(1562年 ※実際は1526年)
オスマン帝国と、ヨーロッパのキリスト教勢力がハンガリーの平原で対決した戦争
イスラム圏の絵によく登場する斬首された遺体
ka-8460

火縄銃と大砲はオスマンが誇る武器
ka-8461

戦争はハンガリー王国の壊滅的な破壊で終了
以後、オスマン帝国はバルカン半島全域でその地位をより一層確固たるものとする
ka-8462



インド

チッタウルガル砦包囲戦(1567年)
アクバル大帝のラージャスターン遠征
ムガル帝国の兵士が臨時防壁を設置するのと同時に、大砲で相手側に攻撃を加えている
ka-8463

火に囲まれる女性たち
ka-8464


ランタンボール要塞包囲戦(1569年)
アクバル大帝のラージャスターン遠征
水牛を利用して切り立った高知に大砲を運ぶムガル帝国の兵士たち
ka-8467

大きなサイズの火縄銃
ka-8468

当時のインドの建築技術、大砲、兵法などを見ると、思ったよりすごい
もし、東洋圏とぶつかっていたらどうなっていたか…
ka-8469



東南アジア

ビルマ・シャム(タイ)の戦い(1547~1605年)
16世紀以降、タイとビルマは互いに不倶戴天の敵となり、絶え間ない戦いが続いた
ka-8470

100人分の兵力を持った戦闘象
ka-8471

絵の上段では激しい攻城戦
思ったよりも、当時の東南アジア国家の戦闘力水準は高かったように見える
ka-8472



東アジア

壬辰の乱(1592年~1598年)
釜山鎮の戦い(1592年5月 ※旧暦4月)

壬辰の乱の始まり
倭船700隻、2万人の倭兵先鋒隊が突然、釜山鎮を攻撃
ka-8473

記録図を見ると、ふんどし姿に裸足で突進しているように見える倭寇たちだが…
当時の日本は100年を超える戦国時代を経て、戦争の経験をかなり積んでおり、それに加えて全世界の火縄銃の半分を保有していたと言われている最高の歩兵力を備えた軍隊も持っていた
ka-8474


東莱城の戦い(1592年4月)
戦争の全てのプロセスが絵の中に要約されている東莱城の戦い
東莱城の戦いまではそれなりに持ち堪えていたが、その後は黒歴史の連続
尚州、忠州、龍仁、臨津江、平壌などを奪われる
王は義州まで逃げ、そうしているうちに、ついに明軍介入
ka-8475

平壌城奪還(1593年1月)
明軍の大砲の活躍で平壌城を奪還
当時、朝鮮の大砲は日本軍より優位であったが、威力においては、明に及ばなかったという
ただし、東アジア最高を誇る明の大砲も同時代の西洋、中東、インドなどと比較すると(砲身の長さ、大きさなどを考慮すると)劣っていたものと考えられる
ka-8476
ka-8477


北関大捷(1592年9月~1593年1月)
咸鏡道奪還
倭寇にとって蓋馬高原の「冬の寒風」は地獄だったろう

捕獲した倭寇を退治する場面
門の外では、馬に乗り倭寇を追い掛け回している
ka-8478


幸州山城の戦い(1593年)
力の差が絶対的劣勢であったにも関わらず、日本の最精鋭軍団を地の利と火器を適材適所に活用し大勝を収めた戦争
ka-8479


蔚山城の戦い(1597年12月)
丁酉災乱(慶長の乱)大詰め
城の中で座り込みをする倭寇たち
それを、四方八方から取り囲む朝明連合
ka-8480

倭寇はすべての物資が途切れ、数ヶ月の間、城壁の土と馬肉、さらに人肉まで食べながら持ち堪えねばならなかったとのこと
ka-8481
ka-8482


露梁海戦(1598年11月)
明国従軍画家が描いたとされる露梁海戦図
ka-8483

日本の軍艦
ka-8484

日本にも大砲があったが、このように装着していたのでその威力は半減した
ka-8485

明の軍艦
ka-8486

日本人が描いた亀甲船
ka-8487

露梁海戦
燃える倭船
ka-8488


明軍陣営(1598年5月)
壬辰倭乱時に明軍には、このような黒人傭兵(ポルトガル人)もいた
ちなみに、日本にもポルトガル出身の白人傭兵がいた
主な任務は、海を泳いで敵船を破壊するというものだったが、肝心の実績は得ることができなかったとか
ka-8489
ka-8490

翻訳元:http://www.ilbe.com/1888145143


2. 韓国人
なかなか面白いね


3. 韓国人
こういうスレ好きだよ


4. 韓国人
昔の絵や写真のようなものを見ると、そこに出ている人たちがみんな死んでしまっていると思うと何か不思議な気分になる


5. 韓国人
全部は読んでいないが、一生懸命書いたようだね


6. 韓国人
西洋側の絵は越えられない壁だよな…


7. 韓国人
全世界の半分の鳥銃を持った国家
当時の日本は物騒だ
世界で初めて三段撃ちを発明した国家でもあり
カイカイ反応補足:三段撃ち


8. 韓国人
>>7
前列が座って後列立ち上がって撃つ方法?


9. 韓国人
>>8
そう
50年後にヨーロッパのやつが考えだすが、それも理論だけであり、実践でその方法が使われるのはもっと後になってから


10. 韓国人
>>9
笑わせるよ(笑)
オランダのマウリッツが五段撃ちやってるよ
カイカイ反応補足:マウリッツ (オラニエ公) - Wikipedia
マウリッツ・ファン・ナッサウは、オランダ総督、オラニエ公。スペインとの八十年戦争において中心的な役割を果たした。死に臨んで、「2プラス2は4である」ということを自己の信条にしたほどの合理主義者であったとされる。また、自らの軍隊に徹底した訓練を行うと共にそのマニュアル化を行った。これがヨーロッパ各国の軍隊に多大な影響を与えたことから、「軍事革命」とも評価される。


11. 韓国人
>>10
ヨーロッパは1590年
日本の長篠の戦いは1575年だ
記憶が曖昧だったが日本の方が早いのは確か


12. 韓国人
>>11
長篠の戦いで三段撃ちを使ったという話は伝説であり、かなり前に論破されている
カイカイ反応補足:長篠の戦い - Wikipedia
通説では、当時最新兵器であった鉄砲を3000丁も用意、さらに新戦法の三段撃ちを実行した織田軍を前に、当時最強と呼ばれた武田の騎馬隊は成すすべも無く殲滅させられたとされるが、様々な論点に異論が存在し、中でも有名な鉄砲三段撃ちはもはや伝説に過ぎないと言われている。


13. 韓国人
当時の戦争は本当に凄惨だった
映画などでは美化されているため分からないかもしれないが、実際は剣で殴り殺すというイメージだ
剣がいくら鋭くても限界がある


14. 韓国人
>>13
剣は映画のように斬る武器ではなく、突き刺したり、殴るためのものだった


15. 韓国人
本当に朝鮮は終わってるな


16. 韓国人
ところで、ヨーロッパの連中って、毎度宗教の名のもとに戦ってたけど、実際のところ純粋にキリストを信じている人ってあまりいないような…単に権力のためだけに宗教を利用してたんだろ?


17. 韓国人
>>16
こんな話を聞いたことがある
宗教とは
民衆には強い信頼
賢者には偽り
権力者たちには有用なもの
として考えられている


18. 韓国人
>>16
宗教を信じるメカニズムは今も昔も同じと見れば良い
昔は全ての人が聖書を持っていたわけではなく、聖職者のみ見ることができた
問題は、聖職者たちがそれをいいことに、自分らで聖書の内容を勝手に解釈し、民衆に伝えていたということ
そして、民衆もそれを鵜呑みにしていた
民衆は未開であり、容易に扇動されたため、権力者たちはそれを利用し、お金を稼いだり、十字軍戦争のようなものを起こしたりした
宗教紛争は、全人類の歴史の中においては普遍的なものなのだ


19. 韓国人
東洋圏がより実利的だな
西洋圏は宗教の名のもとに戦争をしていた


20. 韓国人
>>7
宗教は名目であって、実際は縄張り争いであって


21. 韓国人
あの時代に一度住んでみたいな


22. 韓国人
昔の絵いいね


23. 韓国人
東洋の絵は、なぜか臨場感が落ちる
単純に下手なのか、それとも抽象的に描くのが流行っていたのか


24. 韓国人
>>23
東洋には遠近法の概念があまりなかったからね


25. 韓国人
>>23
遠近法を知らなかったから写実的に描くのが難しかった


26. 韓国人
>>23
東洋画は、もともとリアリズムというよりも印象主義だ


27. 韓国人
黒人って(笑)


28. 韓国人
ポルトガルの黒人は活躍したらしいよ
肌が黒かったため、夜に歩き回れば、倭冦たちが幽霊だと勘違いし、「海の神」と呼んでいたとか
後に、王が直接奴隷を宮殿に呼び寄せたりもした


29. 韓国人
もしあの当時にカメラがあって、全てを写真に残せていたのならどれだけすごかったか…
そういう意味でもカメラは本当に偉大な発明品だ


30. 韓国人
これだけたくさんの絵を探してくるのは大変だっただろう


31. 韓国人
それでも明は西洋と戦えるだけの力はあった
清になってから少しずつ衰退し始めた
明は本当にすごい国だった


32. 韓国人
>>31
実際、19世紀の産業革命前までは、中国が世界の中心だったよね


33. 韓国人
>>32
今の米国よりもスーパーパワー


34. 韓国人
東アジアが劣っているというやつがいるけど、世界の三大発明は東アジア(中国)から出た


35. 韓国人
>>34
それが西洋に行って発展した
中国はただ発明しただけ
ちなみに、中国が三大発明をしたという確かな証拠はありません


36. 韓国人
>>34
四大発明とも言うよね
その中の「紙」だけは中国が発明したとされるが、残りは中国が発明したものかどうかははっきりしていない
カイカイ反応補足:古代中国の四大発明 - Wikipedia
古代中国の四大発明は古代中国においてなされた4つの発明で当時の中国の先進性を示すものである。ジョゼフ・ニーダムがこれを最初にとなえた。四大発明とは、「羅針盤」「火薬」「紙」「印刷」。これらの4つの発見は中国文明だけでなく世界に多大な影響を与えた。しかしながら、近代の中国の学者達は四大発明は東西の技術的相互作用の最たるものであり他の中国の発明はおそらくより洗練されていてより影響が大きかったと指摘する。


37. 韓国人
ルネサンス前後で、東洋と西洋の技術力の差がついたようだ


38. 韓国人
非常に良い資料だ

スポンサードリンク
おすすめ記事(外部サイト)
韓国・東アジアニュース(外部サイト)