ka-8491

韓国のネット掲示板に「安東新世洞七層せん塔を調べてみよう」というスレッドが立っていたのでご紹介。せん塔の「せん」は、漢字で「塼」と書き、レンガを意味しています。

1. 韓国人(スレ主)
ka-8495

もしかして、安東新世洞七層せん塔を知らない人はいるかな?
花崗岩が豊富な韓国では、古くから石塔が多く作られていたが、レンガを一つ一つ積み重ねて作った「せん塔」は極稀である
新世洞七層せん塔がある場所は、統一新羅時代に法興寺という寺があった場所で、その大雄殿の前に建てられている舎利塔が、まさにこの新世洞七層せん塔なのである
舎利を祀る塔は寺の規模を示すと言われており、新世洞七層せん塔を見ても、法興寺がどの程度の規模であったのかは想像できるのではないだろうか
今回紹介する新世洞七層せん塔は、国宝16号に指定されている歴史ある韓国の文化遺産だ
しかし、放置された状態であるため、あまり知られていないものと思われ、今回スレッドを立てるに至った
この機会を通じて、新世洞七層せん塔について知ってくれ

これが安東新世洞七層せん塔だ
よく見ると、レンガが一つ一つ積み上げられているのが分かるだろ?
レンガの長さは28cm、幅は14cm、厚さ6cmだ
それを精巧に積み上げたレンガ塔は、高さ17m、基壇の幅7.75m程度とされている
もともとは、れん塔のてっぺんには金で作られた大きな彫刻品が飾られていたが、長い間放置されていたせいもあってか、今は紛失している
ka-8496

詳細に見るとこんな感じだ
統一新羅時代のレンガを一つ一つ精巧に積み重ねられているのはすごくないか?
ka-8497

これは朝鮮時代に撮影された新世洞七層せん塔の姿だ
ka-8498

しかし、長い年月の風化には勝つことができず、1487年一度の補修工事を経ている
補修工事と言っても、当時は抜け落ちたレンガ部分を瓦で覆うだけに過ぎなかった
だから、今見るとこのように違和感あふれた状態で瓦が張り付いているわけで…
ka-8499

せん塔の下段部分には、複数の羅漢が彫刻されている
当時の彫刻技術がかなり精巧なものであったと知ることができる
ka-8500

1910年、朝鮮と日本が合併した
35年という悪魔のような日帝強占期を新世洞七層せん塔は無傷で過ごすことはできなかった
チョッパリたちが、このように塔の下部分をセメントを塗ったくったことで、キチガイじみた外観に変わり果ててしまったのだ
ka-8501

さらに塔の中に入る階段までセメントで勝手に作る始末だ
ka-8502

さらに追い打ちをかけるように、
最近になって、この積み重ねられたレンガが崩れる兆候が見え始めたのだ
なぜこのようなことになったのか
塔の背後に見える壁を見ても分かるように、塔のすぐ隣には、日帝が朝鮮の物資を略奪するために作った中央線が走っており、日々数十本の列車が行き来しているのだ
ka-8503

日本のやつらが意図的に国宝16号である新世洞七層せん塔のそばに線路を敷いたことで今、このような状態になっている
本当に日本のやつらとは仲良くすることができないよね?
ka-8504

それでも、去年から安東市が新世洞七層せん塔の全面的な補修工事を開始した
今は幕で覆われているため、安東旅行に来ても、この塔を見ることはできない
多分来年ぐらいには完成し、きれいになった新世洞七層せん塔を見ることができると思う
ka-8506

以上、国宝第16号新世洞七層せん塔についての情報だ
駅からも近いので安東に来たら是非とも一度は寄ってくれ

三行要約
1. 韓国で最も古く、最も規模の大きな新世洞七層せん塔
2. 日本のやつらに毀損され放置されていた
3. しかし、現在は安東市で補修工事を行っている
お前らが多くの関心を持ってくれたら幸いだ

翻訳元:http://www.ilbe.com/1934390490


2. 韓国人
品格のある情報文だ


3. 韓国人
俺の故郷安東


4. 韓国人
安東に住んでるし


5. 韓国人
急に歴史探訪したくなったわ


6. 韓国人
でかいな…


7. 韓国人
高校生とき学校サボって散策に出たことがあって、その時そこに行ったわ
あれすごく大きいよ


8. 韓国人
あの幕は何だ(泣)
もう少しカッコイイのにしようぜ


9. 韓国人
隣に線路がなかったら塔と瓦屋根の家が立ち並ぶ素晴らしい風景だったのに…


10. 韓国人
こういうのを見ると必ず、当時のセメント補修は最先端の技術だったとか言って、日本を擁護しようとするやつが出てくるけど、セメントは大阪城のような城の補修には使わざるを得ないが、ああいった塔の補修に使ってはいけないものだ
さらに、日帝が韓国文化財修理に派遣した人員を知れば呆れる
文化財復元経験のない元鉄道労働者を使って文化財を補修させたのだ


11. 韓国人
>>10
大阪城は歴史的価値はない創作建築物だろ?
歴史考証は銀河の彼方に送ってしまっている
とにかく華やかで、もっともらしい見栄えとしたのが大阪城であって
だからセメントを使っても構わないということ
それと、エレベーターも愛嬌ということで


12. 韓国人
文化財の情報スレは久々だね
カイカイ反応補足:韓国人「日本の国宝第1号の真実」


13. 韓国人
故郷が安東のものだ
子どもの頃、大人から聞いた話しをざっくりと書いてみる
日帝が作った鉄道についてだが、単純に物資を運ぶだけならあの場所ではなく、安幕洞や安奇洞に作った方が地理的にも良かったそうだ
では、なぜあえてあの場所に鉄道を建設したのか?
その理由は、塔の横に辺り一帯の土地を保有していた安東で有名な有力者の家があったからと言われている
日帝は、その有力者の家の庭をあえて突っ切るように鉄道を作ったそうだ
気になる人は調べてみな


14. 韓国人(スレ主)
>>13
スレ主だが、塔のそばには臨清閣と言って、国を救うため全財産を処分し、満州へ渡り、新興武官学校を建てた独立運動家・李相龍の99軒の瓦屋根の家があった
現在はその5分の1程度が残っている
日本は、李相龍先生の家の伝統を絶たせようと線路をわざわざ迂回させて中央線が家の庭の真ん中を通過するように作ったのだ
日本はクソ野郎だ
カイカイ反応補足:臨清閣(安東)
臨清閣は一般の私邸で建てられる最大の規模の99間の豪邸でしたが、 日本統治時代に日本が鉄道を通す時、庭を横切るようにあえて設定して、半分の50間だけが残されました…
ka-8494


15. 韓国人
ところで、当時はセメント補修が最新技術だったんじゃないの?
今の考えで当時を判断するのはいかがなものか?
意図的に鉄道を通したという話しも被害妄想のような気がするが…


16. 韓国人
>>15
俺の知る限り、セメント補修は古代ローマ遺跡の場合には多少あったという
なぜなら、ローマ時代にもセメントを使用していたからだ
しかし、東洋はそうではない
石材、木材、レンガなどを使っていたのでセメントを使えばアウトとなる
チョッパリが、自分らの文化財もそうしていたから、韓国の文化財もそうすると考えたのであれば、当時の補修知識のなさを恨むべきであって
カイカイ反応補足:韓国人「民族文化を抹殺し、文化財を毀損した日帝時代」


17. 韓国人
新羅がせっかくきれいに建てても、朝鮮が瓦で台無しにする(笑)


18. 韓国人
瓦で補修wwww
本当に未開ですね


19. 韓国人
あそこ行って腹立つのが、塔の下の部分に糞ガキどもがたくさん落書きしてるということ


20. 韓国人
学生の時、この塔に関するレポート書いて良い点数もらったことがある
文化財関連の授業で、故郷にある文化財調査という課題が出て、すぐにあの塔のことを思い出したよ
ちょうど同じ時期に機械振動に関する授業も受けていたので、あの塔に対して騒音が及ぼす危険度みたいなものを騒音振動学的側面から調査したんだ
週末に安東へ行き早速調査を開始
巻き尺で塔とその横にある防音壁の距離を測定したんだけど、本当に大変だった
騒音はデシベルで計算
結論的には、列車が出す騒音は塔の寿命に大きな影響を及ぼしているという結果となった
あれからもう8年が経った…


21. 韓国人
韓国は石塔の王国だが、れん塔が流行した地域は2ヵ所だけで、そのうちの1ヵ所がここ安東だ
もう1ヵ所は、慶尚北道漆谷だ
「漆谷松林寺五層れん塔」というのもあるから近所に住んでるやつは行ってみな
カイカイ反応補足:漆谷松林寺五層れん塔 - Wikipedia(韓国語)
漆谷松林寺五層れん塔は、慶尚北道漆谷郡松林寺にある統一新羅時代の五層れん塔。大韓民国の国宝第189号に指定されている。土で焼いたレンガを利用し積み上げた塔であり、金銅製相輪部を備えている。1959年に塔を解体・修理する際に多くの遺物が発見され、現在の国立大邱博物館に所蔵している。
ka-8493


22. 韓国人
ソンビのふるさと安東
カイカイ反応補足:ソンビ - Wikipedia
ソンビとは、学識が優れて行動と礼節が塗って義理と原則を守って権力と富裕栄華を貪らない高潔な人柄を持った人に対する呼称。特に高麗、李氏朝鮮王朝時代の社会に儒教的理念を具現しようとした階層を示す。ソンビは熱心に勉強して官僚になることができる身分として士農工商で第一身分である士民にあたる。
カイカイ反応補足:ソンビのふるさと、安東に「儒教ランド」開館
ソンビのふるさと「安東」に儒教文化を学び体験することが出来る「儒教ランド」が開館しました。「儒教ランド」は安東を訪れる多くの観光客達が少しでも簡単に儒教文化を受け入れることが出来るようにと造られました。約3年間の工事を終え、総面積13,349平方メートルの敷地に地上3階、地下2階規模の「儒教ランド」が完成しました。ここではソンビの学問から規律、日常、趣味に至るまで様々なソンビ文化を直・間接的に体験することが出来ます。「儒教ランド」は現在開館を記念して入場料割引きイベントが行われています。6月30日(日)まで5000ウォンで入場出来ます。韓国の特別な伝統文化を体験することが出来る機会です。

安東儒教ランド

スポンサードリンク
おすすめ記事(外部サイト)
韓国・東アジアニュース(外部サイト)