ka-8890

韓国のネット掲示板に「松岡伸矢くん行方不明事件」というスレッドが立っていたのでご紹介。

1. 韓国人(スレ主)

人は誰でも時間という絶対的法則に支配され生きている
宇宙誕生から今日に至るまで、時間に対する人間の挑戦は絶え間なく続いている
例えばタイムマシンの存在のように
時間を征服しようとする人間の夢は、今もまだ夢のままであり続けている…

しかし、忘れてはならないことがある
それは我々が、今この瞬間も、絶え間なく未来に向かって旅を続けているということだ
1秒…そしてまた1秒…ゆったりと流れる時間であっても…

20秒あれば何ができるだろうか?
自動販売機のコーヒーを選ぶことができる?
深呼吸を2~3回できる?
100メートルを全力疾走したり、さっきまで目の前にいた子どもを煙みたいに消してしまったり…

断言してもいい
20秒は決して短い時間ではない
その取り返すことのできない「20秒」のために、今も胸を痛めている親が確実にいるのである…


松岡伸矢くん行方不明事件
茨城県に住んでいた松岡家は、父と母、三人の子どもがいる一般的な家族だった

ka-8891
▲松岡伸矢君、当時4歳

1987年3月6日、日本の徳島県貞光町…
茨城県に住んでいた松岡家は、祖母の訃報を受け、葬儀に参加するため、実家のある徳島県に向かった
その日は、伸矢君の母親である松岡圭子さんの親戚の家に一晩泊まることとした

翌3月7日、午前8時頃
伸矢君の父・松岡正伸さんは気分転換を兼ねて、朝食前に伸矢君を含む子どもたちを連れて近所に散歩へ出かけた

親戚の家がある徳島県貞光町は、閑静な雰囲気のある町であり、親戚の家は山の中腹の標高200mほどのところにあり、ちょうど山道の終着点の場所に位置していた
周囲には他に家はなく、その親戚の家一軒のみであった

ka-8892
▲徳島県の風景


正伸さんは10分ほど子供と散歩をし、親戚の家に戻ってきた
子どもたちも正伸さんの後にしっかりとついてきていた

親戚の家は山の中腹に位置していたため、必然的に家の前に10mほどの石段が敷かれており、正伸さんは伸矢君が石段を登って来るのを見て、玄関に入り、妻の圭子さんに抱いていた末子を渡した

しかし、活発だった伸矢君は散歩の帰り道に、「もっと散歩したい」と言っていたので、正伸さんは再び伸矢君と一緒に散歩するつもりで、玄関先に戻っていった

しかし…石段の前には誰もいなかった…

正伸さんは、確かに伸矢君が石段を登ってくるのを見ていた
家の中に入り、妻に息子を渡して、再び石段の前に戻ってくるまでの時間は、わずか20秒余りだった

正伸さんは、気を取り直し、近くをウロウロしているのだろうと考えて探してみたが伸矢君の姿はなかった
それはまるで蒸発でもしてしまったかのように…

家族はすぐに、親戚や村の消防団を動員し、辺りを捜索したが、その痕跡すら見つけることができなかった
ka-8896

そして、3月7日午前10時
正伸さんは、警察に捜索願を提出する

警察は当初、伸矢君が山で道に迷ったと判断し、自警団と地元の人々を動員して山周辺や村の隅々を調査したが、成果を挙げることはできなかった
約200人が動員され、3ヶ月間捜索したが、何一つとして手がかりを見つけることはできなかった

常識的に考えて、わずか20秒の間に子どもを誘拐するとは考えづらかったので、警察の捜査が難航した
しかも、松岡家がこの村に訪れたことは、村の住民は、伸矢君が行方不明になったことで知ったぐらいで、計画的な誘拐の可能性は極めて薄かった

事件発生から10日が過ぎた3月16日、伸矢君の家族は親戚の家にとどまり、伸矢君発見の報を待ち続けていたが、一向に進展がなかったので、一度茨城県の自宅に帰ることにした

その時、親戚の家の電話が鳴った
電話は、当時、伸矢君の姉が通っていた茨城県の幼稚園の父兄からだった
電話の内容は、次のようなものだった

「ナカハラマリコの母親です。〇〇幼稚園の月組の父兄です。幼稚園で見舞金を集めたのですが、どちらに送れば良いのでしょうか。もう帰ってくるんですか?」
ka-8895

電話を受けた母の圭子さんは、「明日帰るつもりです」と伝え、電話を切った
そして翌17日、予定通り茨城県の自宅に戻った

しかし、到着してから数日が過ぎても、幼稚園から何の連絡もなかったので、疑問に思った圭子さんは、その幼稚園に直接電話をすることにした
そして、幼稚園の答えに愕然とする…

「見舞金を集めたことはなく、ナカハラマリコというお子さんも幼稚園にはいません」

圭子さんは電話を受けた当時のことを思い返した
相手の声は女性で、語尾が若干上がる徳島弁だったことを思い出した
しかし、それは同時に、その電話が絶対にありえない電話であったことを意味していた

まず、その女性が徳島の人だったら、徳島から500km以上離れた茨城県にある、伸矢君の姉が通う幼稚園の名前をなぜ知っていたのだろうか
次に、女性は茨城県に住んでいる人なら、なぜ松岡家の電話ではなく、その親戚が住む徳島の家の電話番号を知っていたのだろうか
ka-8894

しかし、当時の技術では、電話の履歴を追うこともできず、その女性からの連絡も途絶えてしまったので、この謎の電話が捜査に役立つことはなかった

事件発生から現在に至るまで、松岡伸矢君の行方は分かっていない…
生きていれば26歳になる


その他目撃談
その後、正伸さんは会社勤めを辞め、自営業に切り替えた。捜索の時間を少しでも持てるようにするためである。50回を超えるテレビ出演で情報提供を求め、自宅の電話番号も公表した。目撃証言は多くよせられ、信憑性の高いものもあった。それらは全国津々浦々で目撃されていた。

90年 
「山形米沢市にあるデパートの前で、テレビで見た伸矢くんとそっくりの男の子をみた」
この証言を聞き、正伸さんは米沢市に向かい、デパート周辺でビラ配りをしたところ、「この子なら上杉公園で見た」という情報を得ることができた。この証言の主婦によると、公園内の売店にいたということだが、その先はわからなかった。

91年  
「四国霊場88ヶ所の第21番目の「太竜寺」で白装束に身を包んだ5~6歳の少年を連れた親子連れを目撃した。子供に付き添っていた男女は普通の身なりで、子供の両親にしては年が離れすぎていた」 圭子さんがこの証言を聞いて、87、8番目の寺でその3人の姿を待ちつづけたが、とうとう現れなかった。

97年 OL 
「横浜の地下鉄で見た」
この証言によれば、帰宅途中のOLが、電車の横に坐った少年が「鳥肌のたつほど、正伸さんに似ていた」と言い、少年については「苦労しているようで、身なりも良くなく、手首に巻いてある包帯から傷が見えたので気になった」という。心配になったOLは少年に声をかけ「おじさんにいじめられる」という話を聞いている。OLは「困ったことがあったら、お姉さんに電話して」と電話番号を渡し、その後1度だけ電話があったが、手がかりにはならなかった。

98年 中国地方にあるレンタルビデオ店店員 
「手首に傷のある男の子で、現在の伸矢くんの想像写真にそっくりの少年が、『タイタニック』のポスターを買っていった。少年は店の出入り口付近で、まるで監視しているかのように立っているヤクザ風の男に『タイタニック』のポストカードを見せ、”これでいいの?”といった感じで確認した後、レジに来た」
応対した店員はすぐに店長に報告、店長は表通りに2人の姿を捜しに走って行ったが、すでにその姿はなく、警察に通報したという。その後の手がかりはなし。

00年 圭子さんの親友の知り合い 
「伸矢くん失踪の翌月、徳島県の日和佐の海岸で伸矢くんらしき男の子を見た。30代後半の男が子供を抱いているのだが、親子にしては不自然な感じを受けた。親なら子供に何かしら話しかけたりするものだが、まったく言葉をかけたりしなかった。男の子の顔も伸矢くんによく似ていた」
目撃者は徳島育ちで、伸矢くんが行方不明になっていたことを当時から知っていたので、男の子の顔を覗き込んで確認しようとすると、男は子供を隠すように姿勢を変え、その場から白い乗用車に乗って立ち去ったと言う。

翻訳元:http://www.ilbe.com/1136678237


2. 韓国人
鳥肌立った…


3. 韓国人
不気味だね…


4. 韓国人
ブルブル


5. 韓国人
されどチョッパリ


6. 韓国人
君のスレはいつも楽しみにしてる


7. 韓国人
待ってたよ


8. 韓国人
歴代の事件スレの中で、今回のが最も鳥肌立った
カイカイ反応補足:このスレ主が過去に立てたスレッドの中で、当ブログが翻訳したものは以下の二つです。参考までに。
韓国三大未解決事件のひとつ「カエル少年失踪殺人事件」
韓国人「日本の未解決事件、グリコ森永事件とは」


9. 韓国人
怖い…(泣)


10. 韓国人
カミカクシダ


11. 韓国人
前置きが無駄に長いわ


12. 韓国人
突然消えるなどの理論的に不可能なことは、その証言にいくつかの偽りがあったと疑わざるを得ない


13. 韓国人
結論=北朝鮮拉致


14. 韓国人
日本は不思議な失踪事件が多いみたいだね
関連書籍:公開捜査 消えた子供たちを捜して!―続発した行方不明事件の謎


15. 韓国人
これ父親あるいは家族の証言しかないので、誰かが嘘をついていると疑うのは当然のことである


16. 韓国人
嘘であろうがなかろうが、とりあえず家族や親戚中の誰か1人が事件に深く関わってると思う


17. 韓国人
日本三大失踪事件のひとつ
父親が有力容疑者であったが、疑わしい点がなかったため、最終的には容疑者から除外された
日本のやつらも父親を疑っていたよ


18. 韓国人
>>17
これが一番それらしいね


19. 韓国人
20秒で誘拐する大胆なやつはいないだろう
道に迷った子どもを誘拐したのだろう


20. 韓国人
お父さんが戻るまでの間、20秒で視界から消えるなんて、全力疾走でその場を立ち去らない限り不可能だろ
もしくは木の陰に隠れるとか…あっ、もしかしたらイタズラでお父さんを驚かせようと、どこかに隠れていて誘拐された可能性もあるね


21. 韓国人
目撃者証言が正しいとするなら、そのままヤクザが仕事の手伝いをさせようと、拉致して育てているということか?


22. 韓国人
誰かが何かの意図を持って誘拐したのは確実だろう
しかし、なぜ身代金などの要求はなかったのだろうか
子どもが欲しい人に売り飛ばし、金にした可能性もありそうだ
それとも単純なサイコパスが拉致して殺したのか…
これこそ真の迷宮入り事件だね


23. 韓国人
何か要求がないとするなら、単に子どもを育てたかっただけ?
それにしても何らかの進展があってもいい
本当に不可解な事件だ
非常に興味深い…


24. 韓国人
1. 母が故郷で浮気した彼氏との間にできた子どもである可能性
2. 故郷の彼氏が何かの理由で脅迫し、自分の息子を返せと要求した可能性
3. 電話の件は母が捏造した可能性(この部分が、犯人がその村にいる可能性を高くしているところだ)


25. 韓国人
その女性が徳島の人だったら、徳島から500km以上離れた茨城県にある、伸矢君の姉が通う幼稚園の名前をなぜ知っていたのだろうか
↑これについては、拉致して姉の幼稚園を聞き出したのだろう
犯人は親戚か地元の人だろうね


26. 韓国人
俺が思うに電話したのは親戚の人だと思う


27. 韓国人
徳島の方言を使ったからと言って、それが必ず徳島の人ということにはならないと思うけど


28. 韓国人
最初の文は特に内容はないが、それでも感情移入させるものはあるね


29. 韓国人
生まれて初めてネットの情報見て鳥肌立った
本当に身の毛もよだつ話だね…


30. 韓国人
これではないけど、日本ですごく有名な事件で、小学生だったか、学校の正門前に頭部を置いたり、女の子を拉致して手首を切って警察だか、両親に送りつけた事件もあったよね
これについてもスレを立てなさい


31. 韓国人
>>30
それ未解決事件じゃないよね
犯人は捕まったろ
中学生だったか


32. 韓国人
>>30
それ中二病が起こした事件だろ
すごく昔の事件だ


33. 韓国人
>>30
酒鬼薔薇事件だったっけ?
関連書籍:酒鬼薔薇聖斗の告白―悪魔に憑かれたとき


34. 韓国人
>>30
女の子ではなく男の子
酒鬼薔薇聖斗は悪魔
警察もおちょくった
関連書籍:「少年A」この子を生んで……―父と母悔恨の手記


35. 韓国人
失踪事件とは終わりがないから苦しさだけが増していくよね…


36. 韓国人
事件の動画
あんな幼い子を…(泣)
日本のどこかで元気に生きていることでしょう



スポンサードリンク
おすすめ記事(外部サイト)
韓国・東アジアニュース(外部サイト)