ka-9192

韓国のネット掲示板に「日本の有名な芸能人ストーカー事件を調べてみよう」というスレッドが立っていたのでご紹介。

1. 韓国人(スレ主)

特定の芸能人の私生活の一挙手一投足を追いかける「私生ファン」が最近問題になっている。私生ファンとは、学業や仕事、生活を放棄してまで芸能人の私生活を追うファンのことを言う。自らの生活を放棄してまで芸能人の後を執拗に追う盲目の愛(?)を示す人たちは、韓国にだけ存在するものではない。
 
韓国語を習ったその主婦は、最初の挨拶で「私はヨン様の私生ファン」だと自己紹介した。その時はただ笑って済ませたが、数週間後その主婦は、「韓国に行ってヨン様に会ってきた」と話した。「どこで会ったのか?」と尋ねると、「ヨン様がよく行く愛犬センターの前で待ち伏せして会った」と答えた。「そのような情報はどこで仕入れるの?」と聞くと、「私生だけが知る方法がある」と笑った。彼女はその後も、ヨン様が日本を訪れる日には必ず空港に出迎えに行き、韓国に帰る日には見送りをした。それでもこの程度なら熱狂的なファンの分類から外れることはないだろう。

私生ファンの対象は韓流スターだけではない
人気女性アイドルグループ・モーニング娘のリーダーだった中澤裕子は、放送番組で人気絶頂の時期、私生ファンたちを意識し、ゴミを捨てるのにも注意していたことを告白した。特に人気のメンバーだった安倍なつみと飯田圭織は、宿泊施設敷地内のゴミ箱のみを使用し、他のゴミ箱にゴミを捨てることはできなかったという。実際、2000年には、宿泊施設の近くによく出没する男性ファンの団体に苦心し、警察に相談したこともある。

ジャニーズ事務所に所属する人気アイドルグループには、特に多くの私生ファンが付いて回る。2009年、日本のメディア「日刊サイゾー」のインタビューに応じた「Hey! Say! JUMP」のファンが言及した話を引用すると、次の通りである。

(Hey! Say! JUMPの私生ファンたちは)自らを平成処女軍団と自称する10人程度のグループがある。ルールを守らず(スターを)追いかけることでファンの間でも有名な存在。主なターゲットとなるのは15歳(当時の年齢)の中島裕翔、 16歳の山田涼介、そして18歳の八乙女光だ。この無法ファンは、(グループメンバーの)家まで押しかけてメンバーの私物を盗んだり、他のファンを攻撃するなど、勝手な行動をしている。特にリーダーの役割を担う人は精神的にも危険で「ナイフを携帯している」と噂が立つほどだ。

Hey! Say! JUMPには、これだけではなく、少年私生ファングループも存在することが知られている。2009年6月には、Hey! Say! JUMPの森本龍太郎(当時14歳)が、自分の私生ファン(当時17歳)に携帯電話を盗まれた。事件当日、横浜市のファミリーレストランで森本は、自分を追う少年に「ついてこないでくれ」と一度注意をした。これに対し少年は「ナイフで手首を切るぞ」などと脅迫した。危険を感じた森本は、店から出て家族に電話をしようとした瞬間、少年は森本の携帯電話を奪って逃走したのだ。その後、森本は自分のもう一つの携帯電話から、盗まれた携帯に電話をかけ、少年と会う約束をし、少年が約束の場所に現れた瞬間、隠れていた警察が駆けつけ少年を逮捕した。ちなみに、この事件がある半年前から、少年はストーカーのように森本を苦しめていた。森本の家族もそれについて警察に相談していた。

日本の歴代有名芸能人ストーカー事件
隣国日本では、韓国の私生ファンが可愛く見えてしまうほど、深刻なストーカー事件が度々発生する。単純な住宅侵入から、傷害を負わせるレベルのことまで、その種類は様々だ。中でも日本の芸能界を震撼させた歴代有名芸能人ストーカー事件をまとめてみた。


◆美空ひばり
ka-9187
▲1957年、当時、人気絶頂を誇った歌手で女優の美空ひばり(当時19歳)がファンに塩酸をかけられる事件が発生し世間に衝撃を与えた。


スターに向けられた歪んだ愛は1950年代からすでに存在した。
当代、最高の歌手であった19歳の美空ひばりは、1957年1月、少女ファンによる塩酸テロを受けた。東京浅草の国際劇場で、ショーの真っ最中だった美空に、突如、客席にいた少女ファンが塩酸をかけてきたのだ。これにより、美空を含め、周囲にいた俳優3人が火傷を負った。

少女の手帳には「塩酸をかけて無様になった顔を見たい」と記されていた。

美空の熱狂的なファンだった少女は、事件の10ヵ月前に上京し、女中として働いていた。彼女の部屋にはわずかな給料で買った美空のブロマイドが貼られていた。美空が出演した映画はもちろん全て観ており、これだけ聞けば一般的なファンに過ぎない。ところが、ある瞬間から、美空の家に電話をかけ、何度も訪ねて行くなど、私生ファンとしての一面の覗かせ始めた。事件の2日前には「世の中が嫌になった。死にたい。」という遺書を残して、家主の家を飛び出した少女は、その日も国際劇場で美空の公演を見ていた。少女のその日の手帳には「こんなに好きだが…ひばりちゃんが憎い」と記されていた。

翌日、薬局で塩酸300ccを1本購入した後、再び公演会場に訪れた少女は、舞台に上がり、「ひばりちゃん!」と大声を張り上げながら美空に近づき、上着のポケットに隠し持っていた塩酸を取り出し、美空めがけて吹きつけた。これにより美空は、顔と胸などにやけどを負わされ、彼女の近くにいた俳優3人も塩酸をかぶった。 少女は、ステージ裏から逃げようとしたが、関係者に取り押さえられた。大きな抵抗はしなかったという。美空は、すぐに関係者と一緒に近くの病院へ向かった。顔の左側、頭、胸などにやけどを負い、全治3週間の診断を受けた。一緒に塩酸をかぶった俳優たちも顔などにやけどをして、全治1~2週間の診断を受けた。当時、新聞のインタビューに応じた少女の母親は次のように話した。

「娘がそんなとんでもないことをするなんて到底信じられません。中学生の頃からひばりさんのファンで、彼女が出てくるラジオは欠かさず聞いていました。東京に行けば、実物のひばりさんを見れるかもしれないと期待していました。なぜそんなにまで好きだったひばりさんに、あんなひどいことをしたのか…娘は静かで内向的な性格で、感情を表に出さない典型的な田舎娘でした。東京に出すのが心配だったほどです」

スターを大事にしていた一般的なファンが、ある瞬間からストーカーになってしまった。
70年代には、当時最高の人気を謳歌していたアイドル歌手、岡田奈々が衝撃的なストーカー被害を経験する。


◆岡田奈々
ka-9188

1977年7月15日未明、ナイフを持ったストーカーが、彼女の部屋の窓から侵入。この犯人は朝の7時まで彼女の部屋にとどまり、その後玄関から悠々と出ていったという。彼女はナイフを持ったストーカーに抵抗し、腕に30針を縫う大怪我を負った。彼女の所属事務所は記者会見を開き、彼女は手に包帯をしたまま登場し、顛末を説明した。性的暴行の有無を問う質問に対しては否定した。彼女は事件の2日後から、何事もなかったかのようにドラマ撮影に臨んだという。

ところが、この事件が報道されると、あらゆる噂が湧き上がった。「暴行ではなく、性的暴行をしようとしていた」という噂から「すでに何度も性的暴行を受けた」など、数々の噂が広まった。この事件のせいで彼女は、アイドル人生から転落しかけたという話もある。

結局、その後も犯人は捕まらず、公訴時効は成立した。一方、18歳という幼い年齢で、こうした衝撃的な出来事を経験した岡田は、当時のことがトラウマとなり、50歳を越えた現在でも独身で生きている。


◆西村知美
ka-9189

80年代、アイドル歌手として絶大な人気を誇った西村知美は、マニアックなファンによる大きな事件を経験した。

1989年11月、西村の熱烈な男性ファン(無職27歳)が、西村の実姉(当時大学生20歳)を拉致して逃走した。この男は西村の姉を強制的に車に乗せ、山口県から広島県まで逃走した。しかし、男が西村の姉を車に残し、ラーメン屋でしばらく食事をする間、車に残った姉は、窓を叩き、車の横を通った通行人に助けを求めた。そして、事件から約8時間後に救出された。

犯人は逮捕された後、「(西村の)姉を連れ出せば、(西村に)会えると思った」と供述した。また、犯人が姉を誘拐するのに使用した車は、当時、西村がCMモデルを努めた日産車であった。犯人には懲役1年6ヶ月の刑が下された。

2000年代に入ってからも芸能人ストーカー事件は続く。ストーカーは、基本的に芸能人の後を追うだけではなく、「自宅前で待ち伏せ」「(芸能人の)自宅侵入」「(電話や手紙などを通じた)脅迫」などの犯罪を引き起こす。


◆さとう珠緒
ka-9190

2007年の映画の試写会で、女優のさとう珠緒は、「6~7年前のこと、明け方4時頃に目を覚ますと、足の下に見知らぬ男が立っていた。」と告白した。彼女は「誰ですか?」と尋ねたところ、男は「新人です」と意味不明な回答をしたという。そして、佐藤が静かに「しばらく外に出てもらってもいいですか?」と言うと、男は素直に従い、その後警察に通報した。

警察は彼女に、「この人は何度も(さとう珠緒の自宅)来た」と伝えた。彼は何を盗むのでもなく、体に触れることもせず、ただ彼女を見ているだけだった。これを受けて、佐藤はセキュリティのしっかりしたマンションに引っ越したことを明らかにしている。

セキュリティの優れた家に引っ越せば安全なのだろうか?


◆中野美奈子
2007年8月、フジテレビの中野美奈子アナウンサーの自宅にも、若いストーカー男が不法侵入し、警察に連行された。当時のスポーツ紙記者は、「中野アナが住んでいるマンションは、都内でも万全のセキュリティを備えたマンションとして有名。これを突破するなんて、ものすごい執念だ。」と明かした。ストーカーの執念の前には、徹底したセキュリティも効果はなかったのである。

男性芸能人も例外ではない。


◆明石家さんま
ka-9191

日本の国民的MCである明石家さんまは、2010年、自らが受け持つ番組「踊るさんま御殿」で、「家に帰ってみると、白い服を着た女性がベッドに座り、’おかえりなさい’と言ってきた」と明かした。 最初は幽霊であると思ったが、女性は彼のファンであり、密かに入ってきたものという。また、「女性ファンが家に訪ねてきたのは、それが初めてではない」とし、毎週日曜日の午後6時頃になると、さんまの家を訪ねてきてドアを叩き「サザエさん(日本の国民的漫画)見てみよう」と言う女性がいたことも明かし、番組を盛り上げた。

一方、住居侵入まではできない小心者( ? )型ストーカーは、スターの家を訪ね、長時間ドアを叩いたり、インターホンを押す。


◆鬼束ちひろ
2005年7月、シンガーソングライターで歌手の鬼束ちひろ(当時25歳)は、「自宅の前で30分間インターホンを押し続けている男がいる」と警察に通報し、駆けつけた警察官が取り押さえたことを話した。当時、男は花束を持っており、「花束を渡したかったのか?」という質問に、首を縦に振ったという。


◆川田亜子
川田亜子アナウンサーの自殺報道が出て間もなく「川田亜子はストーカーに悩まされていた」という噂が流れた。実際に彼女を苦しめたストーカー男は警察に逮捕された。

これを受けて、「自殺した理由はストーカーからではないか」という憶測が流れた。逮捕された男は、すらりとした体型の40代の映像プロデューサーである。彼は2002年にTBSに入社した川田に意図的に接近し、川田と親密な関係となった。しかし、何かの異変に気づいた川田が彼から距離を置こうとすると、彼のストーカー気質は発動した。彼は川田のコスプレ写真を週刊誌に売り飛し、それをもとに脅迫するなどして彼女を苦しめた。

しかし、彼のストーカー行為が彼女を自殺に追い込んだ原因かは分からない。彼女の遺書には「生活に疲れに」という内容と、家族に対する申し訳なさと感謝の気持ちが書かれているだけで、ストーカーに対する直接の言及はなかったからだ。彼女がストーカーのせいで自殺したのかについて、その真相を知るすべはない。明らかなことは、実際のストーカー、あるいはストーカーに近い狂人的なファンのために、悩み苦しむ芸能人が存在するという事実だ。

芸能人ストーカー事件が発生する度に、日本のマスコミは、芸能所属事務所が一部ファンの行き過ぎたストーカー行為を「スターが当然甘受しなければならないこと」として扱い問題を放置していると批判する。特に、10代初めか半ばで構成されるアイドルグループが所属した事務所なら、このような過激なファンに対する対策はさらに神経を使うべきだという指摘も毎度上がる。しかし、このような問題は依然として改善されていないのが現状である。 また、一部の芸能人たちが私生ファンによるストーカー問題で警察に助けを要請しても、警察は、これといった助けを与えずにいる。このような状況は韓国、日本、両国の芸能人に該当する話であろう。結局、スターたちは自分の身を自分で守るしかないのだろうか。

ソース:http://www.jpnews.kr/sub_read.html?uid=13054

翻訳元:http://www.ilbe.com/2084997810


2. 韓国人
何と恐ろしい話


3. 韓国人
韓国で問題となっている否定的な社会問題は、日本では既に10年~20年前に経験したものである


4. 韓国人
>>3
正しい


5. 韓国人
>>3
イルベみたいのも日本にあるのか?


6. 韓国人
>>5
2ちゃんねる


7. 韓国人
>>3
リアル


8. 韓国人
>>3
現在の日本の社会問題は何だ?
放射能か?


9. 韓国人
岡田奈々きれい…


10. 韓国人
明石家さんまは日本の国民的MCだったのか


11. 韓国人
岡田奈々のような事件は韓国でもあったろ
ファンの犯行とは違うけど、キム・テヒが南アフリカで強盗5人に抑留された事件


12. 韓国人
>>11
その時、キム・テヒは強姦されたの?


13. 韓国人
>>12
キム・テヒも強姦はなかったと強く否定している
カイカイ反応補足:「天国の階段」キム・テヒ南アで拳銃強盗にあう
ドラマ「天国の階段」で日本でもおなじみの美人女優キム・テヒが27日晩 南アフリカ共和国ケープタウンで拳銃強盗の被害を受けた。現地によれば「キム・テヒと撮影スタッフ10余名、現地の10余名と食事をしていたところ、突然押し入ってきた拳銃をもった黒人5人に、金品を奪われた。一行は驚いたが金品をうばわれる以外の被害はなかった」と明らかにした。


14. 韓国人
てか、岡田奈々は今でも普通にテレビに出てるが…


15. 韓国人
日本では全ての面で、常に我々よりも先に行っている


16. 韓国人
韓国の未来を見るには、今の日本を見ればいいのか


17. 韓国人
岡田奈々本当にきれいだ…


18. 韓国人
日本は米国の後に続き、韓国は日本の後に続く


19. 韓国人
>>18
ならば、韓国は米国の後に続けばいいんだね!


20. 韓国人
韓国の過去を見るには、大陸を見ればいいのか


21. 韓国人
こういうやつらは皆引っ捕らえて三清教育隊送りだ
カイカイ反応補足:三清教育隊 - Wikipedia
三清教育隊とは、1980年に大韓民国の第五共和国下で設立された「不良」矯正部隊。入隊者は「滅共棒」と称する丸太を担がされるなど、様々な肉体的・精神的虐待を受けた。この際に54人の死者を出したという。また、後遺症による死者も397名、精神障害を負った者は2,678名に上った。
ka-9193


22. 韓国人
岡田奈々が強姦に合ったという話はガセだと聞いたが…


23. 韓国人
塩酸事件を除いては、東方神起やEXOの方がもっとひどい扱いを受けてないか?


24. 韓国人
岡田奈々マジ可愛い


25. 韓国人
さすが日本
大馬鹿者天国


26. 韓国人
さすが倭寇クラス


27. 韓国人
暴走族、いじめ、追っかけ…
日本の影響を受けずとも、韓国で生じていた問題であろうが、それでも日本の影響は多少なりとある


28. 韓国人
なぜストーカーという犯罪行為を私生ファンと呼んで片付けてしまうのか理解できない


29. 韓国人
私生ファンは精神病者であることは明らか


30. 韓国人
岡田奈々の事件はマジ?
それとも嘘?
嘘という話しも聞いたことあるが?


31. 韓国人
誰だったのか、日本のアイドルで飛び降り自殺した人がいて、その飛び散った脳みそをファンが持って行こうとしたとか何とか…その話を聞いて本当にショックを受けた
参考記事:岡田有希子は自殺したとき、脳味噌があたり一面飛び散ったのですが、その脳の破片をファンが持ち帰ったというのは本当ですか?|Yahoo知恵袋


32. 韓国人
あれは日本人の意識によく表れているというか、日本人の特徴である
日本のドラマや漫画、映画、文学作品を見ると、あんな理解できないケースが多々出てくる


33. 韓国人
日本と韓国、どっちもどっちだね


34. 韓国人
俺もストーキングされたことある
時々、それを思い出すとぞっとする
クソ女め…


35. 韓国人
>>34
リアルなのか?


36. 韓国人
>>35
俺が直接被害にあったわけじゃない
予備校で同じクラスだった子と付き合ってたんだけど、その子の日記と手紙を盗み見されて、俺の証明写真が盗まれたという程度?
大したことないように思えるかもしれないけど、受けた立場としては背筋が凍る思いだった


37. 韓国人
どんだけ執着すればあんな病的になれるのだろうか…想像もできない


38. 韓国人
岡田菜々きれいすぎ…


39. 韓国人
岡田奈々は本当にきれいだね
あの時代は整形もなかったというのに


40. 韓国人
美空ひばりは韓国の​​混血である
カイカイ反応補足:エピソード|美空ひばり - Wikipedia
在日韓国・朝鮮人の間では、「美空ひばりは在日韓国・朝鮮人である」という噂が長い間信じられていて、この噂を受けてひばりが死去した89年に韓国の週刊誌で在日韓国・朝鮮人であるかのような記述があったが、週刊文春1989年8月10日号や吉田司や竹中労らは事実無根の都市伝説であると証明している。しかし、この噂は韓国本国に広まっており現在でも継続して美空ひばりは在日韓国人だとして報道されており、これを元に一部の海外メディアでも韓国人として報道されたことがある。


41. 韓国人
こんな話聞いたことある?
どっかのアイドルが、誕生日の日に、誕生日を祝う動画がファンから送られてきて、その動画を見たら、そのアイドルの部屋で撮影された動画だったという話


42. 韓国人
岡田菜々は本当に美しいね


43. 韓国人
岡田菜々は俺の理想のタイプだ
参考記事:韓国人「一昔前の日本の三大女優をご覧ください」

スポンサードリンク
おすすめ記事(外部サイト)
韓国・東アジアニュース(外部サイト)