ka-9326

韓国のネット掲示板に「日本の国宝」というスレッドが立っていたのでご紹介。

1. 韓国人(スレ主)
ka-9322
▲喜左衛門井戸、高さ8.8cm、朝鮮時代(16世紀)


喜左衛門井戸は、天下一の茶碗と言われています。日本では、茶道に使われる茶碗を三つに分類しています。中国から伝来したもの、朝鮮から伝来したもの、そして日本で作られたもの。その中でも「茶碗は高麗」と言われるように、朝鮮の茶碗が最も美しいと言われています。その中でも、喜左衛門井戸は、「茶碗の究極」と言われるほど最高の名作とされており、「和敬静寂」という茶の境地が、全てここに集約されていると言われるほどです。

-----------------------------------------------------------------

■井戸茶碗
日本で井戸茶碗と言えば、大名の城と交換できるほど高い価値を持っています。それ故に、その分類方式は非常に複雑で多様化したものがあります。井戸茶碗の場合、大きさが大きいものは「大井戸」とされ、小さいものは「小井戸」、そしてやや青色を帯びるものは「青井戸」と呼ばれています。江戸時代、松江藩の第6代藩主だった松平治郷(1751~1815)が所蔵していた井戸茶碗(喜左衛門井戸)は現在、日本の国宝に指定されています。
ka-9323

朝鮮時代の賎民のご飯茶碗が、日本では湯飲み茶碗となり国宝になっている(笑)

ka-9324
「茶をお飲み下さい」

ka-9325
「高麗井戸茶碗でございます」

ka-9326
「この国では貴人にも粗末な器を出されるのか?」

ka-9327
「我々から土産があります」

ka-9328
「我が国の貴人は明の景徳鎮のような真白き器しか用いません」

ka-9329
「茶を出すマナーもなく…」

ka-9330
「呆れるばかりです」


翻訳元:http://www.ilbe.com/2118110891


2. 韓国人
あれ日本のアニメか?(笑)


3. 韓国人
何だよこのアニメwwwwwwwww


4. 韓国人
アニメのタイトル教えてくれ


5. 韓国人
>>4
へうげもの
カイカイ反応補足:へうげもの - Wikipedia
「へうげもの」は、山田芳裕による日本の漫画作品、またそれを原案としたアニメ。講談社刊『モーニング』にて隔号連載中。戦国時代、織田信長、豊臣秀吉に仕えた戦国武将・古田織部を主人公として描いた歴史漫画作品。
関連書籍:へうげもの 1~最新巻


6. 韓国人
あの後に、朝鮮と明と天竺まで束ねようと壬辰倭乱を起こすといった内容じゃなかったっけ?


7. 韓国人
しかし、あれもまた中国製


8. 韓国人
>>7
高麗青磁>>>>>>越えられない壁>>>>チャンケ青磁>>>>>犬のエサ入れ>>>>>日本の陶磁器


9. 韓国人
「犬のエサ入れに放射能を入れました。召し上がり下さい。」


10. 韓国人
あれが欲しくて、壬辰倭乱の際に陶工を拉致していった


11. 韓国人
しかし、おもしろいのは、実際に拉致されてみると、待遇が良く、むしろそこにずっと住みたいとする
朝鮮時代も今も、我が国は技術職を軽視している


12. 韓国人
>>11
陶工たちだけじゃなく、他のものもたくさん連れて行かれたよ


13. 韓国人
>>11
朝鮮では賤民だったが、日本に捕らえられてみれば、侍級の待遇を受ける
陶工たちは、朝鮮はクソだから戻らないとする


14. 韓国人
井戸茶碗じゃねぇかwwwwwwwwww
それ単なる器だよwwwwwwww


15. 韓国人
国宝レベルwwwwwwwwwww


16. 韓国人
何のことを言ってるのか理解できない


17. 韓国人
>>16
朝鮮時代、朝鮮では、身分の低い人たちが茶碗や器を作った
日本はそれを大変な高級文化として受け入れた
朝鮮通信使が日本に行き、もてなしを受けたのだが、出された茶碗が、まさしくそれであり、客人に対してそのような接待をするのかと通信使たちは呆れる
そして当時、自分らが使っていた陶磁器を見せてドヤ顔
カイカイ反応補足:朝鮮通信使 - Wikipedia
朝鮮通信使とは、室町時代から江戸時代にかけて李氏朝鮮より日本へ派遣された外交使節団である。15世紀半ばからしばらく途絶えて安土桃山時代に、李氏朝鮮から豊臣秀吉が朝鮮に出兵するか否かを確認するため、秀吉に向けても派遣されている。しかし、その後の文禄・慶長の役によって日朝間が国交断絶となったために中断された。その後、江戸時代に再開された。


18. 韓国人
さすが「静かな朝の国」
朝鮮のソンビたちは格好良いね
カイカイ反応補足:ソンビ - Wikipedia
ソンビとは、学識が優れて行動と礼節が塗って義理と原則を守って権力と富裕栄華を貪らない高潔な人柄を持った人に対する呼称。特に高麗、李氏朝鮮王朝時代の社会に儒教的理念を具現しようとした階層を示す。ソンビは熱心に勉強して官僚になることができる身分として士農工商で第一身分である士民にあたる。


19. 韓国人
ルックスが西欧型だね


20. 韓国人
なぜあのアニメでは、朝鮮人の顔が西洋人のようになっているのか


21. 韓国人
>>20
そもそも日本のアニメが、全体的に西洋人の顔で描かれている


22. 韓国人
あんな犬のエサ入れ見て、独特の気品があるとかアホなこと言う(笑)
美味しんぼにも出てたな(笑)


23. 韓国人
>>22
我々が見れば犬のエサ入れだが、日本の芸術評論家の中では、人類の歴史上最高の宝とか言われてる


24. 韓国人
>>23
クソ笑わせてくれるよwwwww
櫛目文土器より出来の悪い歪んだ茶碗を持って国宝とかwwwww
子どもが遊び場で泥んこ遊びして作ったものにも及ばないwwww


25. 韓国人
それで今は韓国が日本よりも豊かなのか?


26. 韓国人
結果、植民地


27. 韓国人
犬のエサ入れの悪口を言うな
最近の環境思想とも合致していていいじゃないか
人工の美ではなく、自然と親和した器
朝鮮時代の平民たちも自然の美を意識して犬のエサ入れを作ったと褒め称えなくてはならない


28. 韓国人
壬辰倭乱後、戦時中に連れ去られた陶工たちを連れ戻そうと、四溟大師が行ったところ、どうか自分たちを連れ戻さないでくれと哀願されたという
家族と離れ離れになったことを考えれば戻りたいが、(日本で)人として扱われながら生きていくのがいいとして
カイカイ反応補足:惟政 - Wikipedia
惟政は李氏朝鮮(朝鮮王朝)の僧侶。尊称は「松雲大師」。居所にちなみ「四溟堂」とも号する。文禄・慶長の役で、義僧兵の総指揮官として日本軍と果敢に戦い、また加藤清正や徳川家康と会談して講和交渉を行うなど外交面でも大きな役割を果たした。


29. 韓国人
>>28
日本では壬辰倭乱を別名、陶磁器戦争とも呼ぶ


30. 韓国人
>>28
その当時の陶磁器技術は、今の半導体技術のようなものだった


31. 韓国人
>>28
それは日本信者が創作した小説だ
実際には、陶工たちは、壬辰倭乱で、倭軍の武将の手伝いをして、陶磁器を作ったことが罪に問われ、処刑されることを恐れ戻らなかったと歴史史料にも書かれている
その他の理由は書かれていないので、その話は誰かが作り上げた小説だ


32. 韓国人
壬辰倭乱で、多くの朝鮮の陶工たちが日本に連れて行かれ、それによって日本の陶磁器は発達したんだよね
カイカイ反応補足:李参平 - Wikipedia
李参平は、有田の「陶祖」と称される。有田の総鎮守とされる陶山神社では、応神天皇・「藩祖」鍋島直茂とともに「陶祖」李参平を祭神とする。1917年には有田焼創業300年を記念し、陶山神社に「陶祖李参平碑」が建立された。陶器市開催に合わせ、毎年5月4日には「陶祖祭」が行われ、一般席も一部用意されている。2005年7月、李参平の碑文に書かれている「1592年豊臣秀吉の文禄の役当時、李参平は日本に協力的だった」という文句について韓国政府が抗議し、「李参平は1592年、豊臣秀吉が朝鮮に出兵した時、鍋島軍に捕らえられ、道案内などの協力を命令されたと推定される」に修正された。有田焼の発祥については、考古学的な調査から1610年代前半から有田の西部で磁器試作・作陶が始められていることがわかった。しかしながら、有田焼の生産とその発展には李参平をはじめとする朝鮮出身陶工が大きな役割を果たしたことは確かである。
ka-9331


33. 韓国人
何であんな茶碗が国宝?


34. 韓国人
日帝レベルwwwwww


35. 韓国人
国宝1号の木造の半跏思惟像も我が国の金銅弥勒菩薩半跏像をコピーしたものだ
カイカイ反応補足:弥勒菩薩半跏思惟像 - Wikipedia
弥勒菩薩半跏思惟像は、仏像の一形式で、台座に腰掛けて左足を下げ、右足先を左大腿部にのせて足を組み(半跏)、折り曲げた右膝頭の上に右肘をつき、右手の指先を軽く右頰にふれて思索する(思惟)姿の弥勒菩薩像である。日本には大陸より6世紀から7世紀の弥勒信仰の流入と共に伝えられ、飛鳥、奈良時代の作品が多く残されている。
ka-9332


36. 韓国人
>>35
それは国産(韓国産)である
参考記事:韓国人「日本の国宝第1号の真実」


37. 韓国人
ここで奇妙なのは、景徳鎮の陶磁器を韓国で見るのが難しいという事実


38. 韓国人
朝鮮の美学を理解したのは日本しかないというのもまた事実だ


39. 韓国人
戦国時代を経て、日本を統一した大君主、豊臣秀吉が、壬辰倭乱で、我が国から戦利品として奪ってきた「醤油の煮魚」を食べ、これほど美味しいものがこの世にあるのかと、涙を流したエピソードは有名だ
当時の最高のおかずと言えば、茶湯にご飯を混ぜたもの程度だった
関連書籍:文禄・慶長の役(戦争の日本史16)


40. 韓国人
>>39
そんな国に魂まで搾り取られた朝鮮…
そんな国が世界第二位の大国にのし上がっている最中、朝鮮は何をしていたの?


41. 韓国人
>>40
経済大国は敗戦後、米国が北東アジアでの影響力を強めようと占拠していた日本に大規模な援助し、親米性向大国として育てようとしたことに始まる
そこに、朝鮮戦争とベトナム戦争立て続けに勃発し好況を享受した
歴史上、日本は最も運の良い国である
米国は、占拠していた当時、反乱や日本国内における反米性向の動きを恐れていたが、本当に想像もできないほど従順に言うことを聞き、そんな日本の国民性に驚愕したという記述もある
そういった背景もあり、米国も日本には利用価値があると判断して莫大な支援したのだ
参考記事:韓国人「日本人たちは憎しみを学ぶことで昇華させた」


42. 韓国人
>>40
そのように渡っていった朝鮮の醤油は、300年後日本の醤油となって朝鮮人の食欲をそそるのであった


43. 韓国人
日本の茶道文化を知らなければ理解できない内容だろうな
日本の茶道で重視するのは「わびさび(韓国語に翻訳すると”素朴”とかそんな感じ)」精神だ
決して派手ではなく、地味で素朴さを強調する
例えば、高麗青磁は、酒席には華やかな器であるかもしれないが、茶道では不適合のデザインと言えるだろう
粗悪だが、最もありのままで、自然な色や質感の込められているものが高く評価されていた
千利休という茶道で最も有名な人物がいる
上で言及したわびさび精神は、時代別に多少差はあるものの、利久が解釈した観点が現在まで大きく変わらず継承されている
利休が説くわびさびは、華やかさを避け、静寂の中、季節に合った花を一輪置き、そこで茶会を行うというのが彼のスタイルだ
井戸茶碗は常民の茶碗かもしれないが、茶道の精神とは合致した
少なくとも、茶道に関して基礎的知識を持っている人が井戸茶碗を見れば、本当に「名品」だと口にするであろう
関連書籍:日本人の美意識


44. 韓国人
>>43
日本の茶道文化を単なるお茶飲みと片付けてしまう面があるからな
君の言うように、茶道とはそれ自体が精神修養のようなものだ

スポンサードリンク
おすすめ記事(外部サイト)
韓国・東アジアニュース(外部サイト)