ka-11097

韓国のネット掲示板に「日露戦争が起きた理由」というスレッドが立っていたのでご紹介。

1. 韓国人(スレ主)

1904年、世界史を変える戦争が起きた。
日露戦争である。
世界は日露戦争をどう見ていたのだろうか。
それについて調べてみよう。

日露戦争の戦勝国は日本だった 。
当時、日本勝利の報を聞いた西欧諸国はあり得ないことと驚愕をしたのに対して、インドの独立運動家だったガンジーは、東洋が西洋に勝利したと喜び、同じ東洋人として誇りに思うとした。
ka-11098

ルーズベルトが米国大統領に就任すると、米国は日露間の仲裁に入った。そして、1ヶ月の時間を要して、1905年9月5日ポーツマス条約が締結される。
ka-11099

当時、日露戦争は世界に類を見ない残酷な戦争であった。20ヵ月間の間に50万人の死者を出した。
ka-11100

ポーツマス条約で、朝鮮半島は日本に移り、満州は中国に戻った。そして、ルーズベルトはノーベル平和賞を受賞し、日露戦争は終結した。
ka-11101

日露戦争はどのようにして起こったのだろうか?
ロシアと日本の対立から見てみよう。

産業革命を経てヨーロッパ各国は、帝国主義を持って世界のあちこちをかき回していた。中国に最初に手を伸ばした国は英国であった。英国はアヘン戦争で中国の扉を開いた。これは朝鮮にも大きな衝撃だった。 なぜなら、長い間、中国は最強国だと信じていたからだ。中国の敗北で世界の秩序は崩壊した。
ka-11102

日本の門は米国が開いた。後に帝国主義に参加した米国は、1854年日米和親条約をきっかけに英国、フランス、イタリア、オランダ、ロシアなどと次々に条約を結んだ。侍たちは、このような江戸幕府に不満を抱き始めていた。
ka-11103

吉田松陰
その中心にいたのが吉田松陰であった。彼はかつてない屈辱だとし、天皇を中心とした国家で西洋に対抗しなければならないと主張した。松陰はまず西洋を調査するとして米国艦船で密航を企てたが逮捕され幽閉される。彼はそこで弟子を育てることになるのだが、その中には、伊藤博文、山縣有朋、木戸孝允などがいた。
ka-11104

その後、松陰は、幕府反対派を排除するに動きの中で粛清される。以後、彼が育てた弟子を中心に、尊王攘夷が掲げられ、幕府打倒が成功する。そして当時16歳だった明治天皇が権力の座に就き、明治維新が始まった。
ka-11105

維新初期の日本では、頻繁に征韓論が主張されていた。その議論は時間とともに白熱し、最終的に2大勢力に分かれて対立することになる。
ka-11106

西郷隆盛
彼の主張はこうだ。
「戦うにはまだ力が足りない。もう少し力をつけてから朝鮮を征伐しよう」
当時、武家は封建制と身分制が消え、失意と不満に満ち溢れていた。
ka-11107

しかし、西郷の主張は退けられる。鹿児島に戻った彼は、自分と同じ考えの侍を集め西南戦争を起こす。この戦争は、日本近代史上最後の内戦として記録されている。1年間の戦いを経て、西郷は敗北し自決する。侍が歴史の中から消えた瞬間だ。
ka-11108

反対派を一掃した日本政府は、本格的に体制再編成に力を入れる。ドイツを模倣し、憲法を作成。総選挙を施行し、300人の衆議院を取り出した。そしてその年、1890年、西洋的な近代国家を完成させる。
ka-11109

この会議で山縣有朋首相は、日本の独立を維持するためには、ただ守りを固めるだけでなく、朝鮮を取り込まねばならないと主張した。征韓論である。まさにこの征韓論のために、ロシアと対峙することになるのだ。
ka-11110

初めてロシアが日本の扉を叩いたのは、日米和親条約を締結して間もなくのことであった。長楽寺という寺で条約(日露和親条約)を結び、ロシアは北東アジアの勢力拡大を開始する。
ka-11111

主力事業は、シベリア横断鉄道であった。ロシアと北東アジアを陸路で接続するという野心的な計画であった。当時、他の西欧圏の国々は、東洋に行くためにはすべて船を利用していたが、ロシアは地理的優位性を利用し鉄道を推進した。しかし、シベリア鉄道を通じて、東北アジアを越え、太平洋に進出しようとしていたロシアは、日本を刺激することになる。1895年に着工完了したシベリア鉄道は、東西をつなぐ7500km。工事期間だけでも15年をも要した大工事であった。それが完成すると日本は警戒の目を向けた。当時、征韓論を実行に移そうとしていた日本にとって、シベリア鉄道の存在がその障壁になることを分かっていたからだ。
ka-11112

ニコライ2世
しかし、ここで日本全土を震撼させる思いもよらない事件が勃発する。
大津事件である。
当時、ロシアの皇太子だったニコライ2世が日本を訪れた際、津田三蔵という日本人が、人力車に乗ったニコライ2世に刀を持って襲いかかったのである。
ka-11113

明治天皇
日本は世界に進出したての新興国でありながら、ロシアの皇太子に傷を負わせたという事実が知られれば日本とロシアの外交摩擦は避けられないだろうとした。
最終的には、天皇が直接ニコライ2世を見舞い、謝罪する。
ka-11114

さらに、当時の日本は政治的にも経済的にもリスクを抱えていた。多くの外国人が日本に参入し利権を抑えていく中、不平等条約を改正できない政府に民心はますます離れていった。内閣を弾劾しなければならないという動きまで出てきた。

こんな状況の中で日英同盟が締結される。英国は日本に最新の高速艦艇などの軍備を支給しており、これにより日本人は大きな自信をつけた。

当時の日本でも、朝鮮を取り込むにはロシアとの戦争は避けられないことを分かっていたので、ロシアに対し朝鮮を分割して持つことを提案した。しかし、ロシアはこれを拒否する。
ka-11115

日露戦争勃発
韓半島分割協定が決裂してから4日後、日本は旅順と仁川にあったロシア軍艦を奇襲攻撃により沈没させ、その2日後、宣戦布告し、日露戦争が始まる。
ka-11116

日が経つにつれ、戦争は拡大し、長期化の様相を呈した。
そしてそれは、新興国であった当時の日本の財政を締め付けた。
日本は破綻の危機に陥る。
ka-11119

この時、英国と米国が日本への支援を決定する。
日本は国債を売り、軍備を50%拡充した。
足りない分はさらにまた借金した。
そうして、戦争は日本国力をも上回る規模に拡大していった。
ka-11120

バルチック艦隊
資本を拡充した日本は、旅順に数十万人規模の増員派兵を始める。
海戦当時からロシアは、10万人もいれば日本を叩けるだろうと考えていたが、英米の思わぬ支援にその考えはもろくも崩れ去る。その後、ロシアも60万人を旅順に派兵した。さらに、バルチック艦隊を旅順に向けて出発させた。旅順までの距離は実に3万500km。出発初日には祭りが行われた。当時のロシア人にとってバルチック艦隊は大きな誇りであった。しかし、ここで思わぬ事態が発生する。
ka-11121

通常、ヨーロッパからアジアに行く際は、スエズ運河を通過するのが定石だったが、ロシアは、このスエズ運河を通過できなかった。理由は、日英同盟を結んでいた英国がそこを占領していたからだ。ロシアは仕方なく、アフリカ喜望峰を経由するルートをたどることになる。途中で燃料補給する際は、英国の執拗な妨害を受け、さらに植民地住民にバルチック艦隊をスパイさせ、その状況を日本に渡していた。
ka-11122

血の日曜日事件
旅順で敗北したロシアは、国内でも経済状況が厳しくなっていた。1905年1月22日、15万人の労働者がニコライ2世に会うためにサンクトペテルブルクに集結していた。そこに、デモを阻止すべく武装した兵士たちが現れ、非武装の労働者たちに発砲した。血の日曜日事件である。
ka-11123

本国のこのような状況は、バルチック艦隊の耳にも入ってきた。これは本国でも支援をするのが大変な状況であることを意味しており、物資が底を尽きかけていた艦隊を不安にさせた。

出港してから8ヶ月の1905年5月、バルチック艦隊は大韓海峡に到着した。
しかし、地球一周の4分の3である3万500kmをぐるりと回ってきたバルチック艦隊は、体力的にも既に力尽きた状態であった。バルチック艦隊は日本海軍に撃沈され、約6000人が死亡した。
ka-11124

ポーツマス条約
日本全土は歓喜の渦に包まれた。
日露戦争は日本の勝利で終わる。
米国による仲介で、1ヶ月に渡る交渉が行われ、ポーツマス条約が締結される。満州は中国に返還し、朝鮮は日本が持つで最終結論が出された。
ka-11125

日露戦争とは、日本が英国と米国から強固な支援受け、ロシアを打ち破り、世界史をひっくり返した戦争であった。

6行の要約
1. 明治維新初期、征韓論が台頭
2. ロシアもシベリア鉄道を敷いて北東アジアに勢力を拡大
3. 対立の末、日露戦争勃発
4. 英国と米国が日本を全面的に支援
5. ロシア国内にて血の日曜日が発生、経済的に困窮
6. 日本が勝利、朝鮮は日本に取り込まれ満州は中国に返還

翻訳元:http://www.ilbe.com/2548562574


2. 韓国人
おもしろかった


3. 韓国人
ロシアと喧嘩して、最終的に日本が勝利したということだけは知っている


4. 韓国人
もっと簡潔に書きなさい


5. 韓国人
日本のドラマ「坂の上の雲」を見れば、細かい話まで出てくるよ


6. 韓国人
「坂の上の雲」を見ていると理解しやすいかもね
関連商品:NHKスペシャルドラマ 坂の上の雲 第1部 DVD BOX


7. 韓国人
読みいってしまったよ
アヘン戦争編も書いてくれ


8. 韓国人
もしロシアが勝っていたら、ロシアが朝鮮を取り込み 、その後でロシアが共産化されたのに伴い、我が国も同様に共産政権となっていたんだろ?


9. 韓国人
>>8
それはない
もしそうでも第二次世界大戦で没落し、米国に取り込まれていた可能性がある


10. 韓国人
>>9
何の話?
第二次大戦当時はソ連と米国は同盟国だったが…


11. 韓国人
>>10
あーそうなのか
知らなかった


12. 韓国人
>>11
ドイツと日本が、米国とソ連と対峙


13. 韓国人
日本がロシア帝国に勝利したというのが疑問でならない


14. 韓国人
>>13
菊と刀という本を読めば大体分かる
日本人は天皇の名のもとに団結した
その団結力は非常に強く、韓国とは比較にならないほど
カイカイ反応補足:菊と刀 - Wikipedia
『菊と刀』(きくとかたな、原題:The Chrysanthemum and the Sword: Patterns of Japanese Culture)は、米国の文化人類学者ルース・ベネディクトによる、日本文化を説明した文化人類学の著作である。『菊と刀』は、ベネディクトの戦時中の調査研究をもとに1946年に出版された。ベネディクトは、フランツ・ボアズより教わった急進的な文化相対主義の概念を日本文化に適用するべく、恩や義理などといった日本文化『固有』の価値を分析した。
関連書籍:菊と刀


15. 韓国人
>>14
団結力があるというのは、唯一日本が羨ましい点だな


16. 韓国人(ハンドルネーム:親日派)
近代の日本はアジアの太陽のような存在だった
西洋列強の侵略を阻止し、産業化とともに力を育み、ロシアと清を叩き、米国をも打ち破る勢いだった


17. 韓国人
>>16
ハンドルネームwwwww


18. 韓国人
>>16
米国をも打ち破る勢いだったって…
米国が日本を地球上から抹消しなかっただけでも感謝しなくちゃだろ


19. 韓国人
>>18
原爆がなかったら分からなかった


20. 韓国人
>>19
原爆がなかったら日本は降伏しなかっただろう
そしてソ連が侵攻してきて焦土化されていたであろう
参考記事:韓国人「米国による日本滅亡作戦、ダウンフォール作戦」


21. 韓国人
日本の全盛期時代


22. 韓国人
>>21
日本の全盛期は1960年代~1970年代だろ
参考記事
韓国人「1960年代の日本を見てみよう」
韓国人「1970年代の東京の風景」


23. 韓国人
>>22
いやいや、1980年代で
参考記事:韓国人「日本のバブル経済とその後について考えてみよう」


24. 韓国人
銀魂おもしろい


25. 韓国人
>>24
銀魂は明治維新前の話だ


26. 韓国人
日英同盟が締結される→この理由についてもう少し詳しく言及したら良かった
英国はロシアの南下を極度に警戒していたから、その牽制策で日本と手を結んだ


27. 韓国人
日本は日清戦争と第一次世界大戦の戦勝国となり、莫大な賠償金を得た
日露戦争も勝利すれば賠償金をたくさん得られるものと思っていた
だから全国民も戦争を支持した
ところが、戦争に勝利するも賠償金を得ることはできなかった
ロシアは、全力で戦ったわけではないと主張し、賠償金の支払いを拒否したのだ
英米から莫大な借金を背負ってまで戦った戦争だったが、その甘味を享受することはできなかった
カイカイ反応補足:ポーツマス条約 - Wikipedia
講和会議は、1905年8月に開かれた。当初ロシアは強硬姿勢を貫き「たかだか小さな戦闘において敗れただけであり、ロシアは負けてはいない。まだまだ継戦も辞さない」と主張していたため、交渉は暗礁に乗り上げていたが、日本としてはこれ以上の戦争の継続は不可能であると判断しており、またこの調停を成功させたい米国はロシアに働きかけることで事態の収拾をはかった。結局、ロシアは満州および朝鮮からは撤兵し、日本に樺太の南部を割譲するものの、戦争賠償金には一切応じないというロシア側の最低条件で交渉は締結した。半面、日本は困難な外交的取引を通じて辛うじて勝者としての体面を勝ち取った。この条約によって、日本は、満州南部の鉄道及び領地の租借権、大韓帝国に対する排他的指導権などを獲得したものの、軍事費として投じてきた国家予算一年分の約4倍にあたる20億円を埋め合わせるための戦争賠償金を獲得することができなかった。そのため、締結直後、戦時中に増税による耐乏生活を強いられてきた国民によって日比谷焼打事件などの暴動が起こった。


28. 韓国人
日露戦争直後に独島はどうして無主の地となったのか?
カイカイ反応補足:日本の主張の概略|竹島 (島根県) - Wikipedia
竹島は江戸時代には既に日本人に利用されており(当時の呼称は「松島」)、無主地の竹島は1905年(明治38年)1月の閣議決定で島根県隠岐島司の所管となっている。しかし、第二次世界大戦後の1952年に、韓国の李承晩大統領よって竹島が韓国の支配下にあると一方的に宣言し、武力によりに日本から奪い取っている。李承晩の通告した李承晩ラインは、後の日韓基本条約によって廃止されたにも拘わらず、韓国はその後も不法に軍事占領を続けている。


29. 韓国人
あの時ロシアが勝利していたらどうなっていたか?
朝鮮が日本の植民地となるのはもう少し遅かったか?


30. 韓国人
>>29
おそらく今頃ロシアの一部となっていただろう
いっそ、チョッパリ国が取り込んだ方が良かった


31. 韓国人
>>29
中立国として独立を維持していた可能性が高いね


32. 韓国人
>>31
日本やロシアでなくても、西欧列強があちこちで利権を食い漁っていた時代だから、仮に中立であったとしても中身はそれほどきれいでなかったとは思うよ


33. 韓国人
>>29
今頃、シベリアの原野にイグルーを立てて、その中からiPadでイルベをしていたことだろう
カイカイ反応補足:イグルー - Wikipedia
イグルーとは、エスキモー諸民族のイヌクティトゥット語における家(季節や環境において大まかに3つの形態に使い分けられていた)を意味し、英語など欧米を中心にした言語での多くは、エスキモーの文化における住まいの「3つの形態の中の1つ」を取り上げた、極寒の状況における狩猟の旅先での、ツンドラ気候(および、氷雪気候)に適応した雪洞構造の避難施設(英語ではシェルターと記述されハウスではない)を言う。 俗に言うかまくらに近い。
ka-11127


34. 韓国人
倭人たちは本当に幸運な国だ
世界の運と幸運は、倭寇たちが手にしたようなもの
遡れば、米国が日本の開港させるも、植民地とせず支援だけを行ったのは、南北戦争の状況と、植民地開拓に対する興味がなかったというものであり、それにより日本は独立を維持できた


35. 韓国人
韓国がすごいんじゃない?
平和を愛し、一度も他国に対し、大規模な侵略をしていない
最も道徳的な東方礼儀の国!


36. 韓国人
>>35
我々韓民族がその気になれば世界征服も可能だ
かつて桓国が全世界の半分を取り込んだこともある
カイカイ反応補足:桓国 - Wikipedia
桓国(かんこく)は、『三国遺事』などに記載されている檀君神話を基に創作されたもので、近代の偽書である『桓檀古記』などの超古代史説に出てくる古代国家。実在の国ではない。


37. 韓国人
>>36
ソン・フンミン!!!
キム・ヨナ!!!
パク・チソン!!!
世界を支配したも同然です


38. 韓国人
>>36
桓国ってどこ?


39. 韓国人
ガンジーは西洋コンプレックスがあったから、日本がロシアに勝利したのを聞いて喜んだのだ


40. 韓国人
>>39
さすが平和主義者


41. 韓国人
国史では日露戦争きちんと教えない
なぜなら、日本が勝利した戦争だから、それを教えれば親日派と言われるから


42. 韓国人
>>41
はい、次の正規の教育を受けてないやつ


43. 韓国人
>>41
日英同盟からポーツマス条約まで普通に出てくるけど?
「きちんと教えない」の基準は何だよ?


44. 韓国人
>>43
30ページ以上は記述せねば


45. 韓国人
>>44
日露戦争を三国時代よりも比重を置いて扱わねばならないという話か(笑)


46. 韓国人
この戦争は日本軍の被害の方が大きかった(笑)


47. 韓国人
>>46
戦争とは相手が降伏さえすればいいのだ
被害の大きさは重要ではない


48. 韓国人
吉田松陰の弟子の中の一人、木戸孝允は、あの有名な桂小五郎のことである


49. 韓国人
ファック…あの当時の朝鮮の状況を考えると恥ずかしい


50. 韓国人
日本が何の雑音もなしに開化したわけではない
るろうに剣心に出てくるような浪人たちが、上流階級層を切り捨て開化させたのだ
我々も日本のように死ぬ覚悟で世界に飛び込まねばならなかったのに、ソンビという士民の言いなりとなり滅びた
日本が今も強大国の隊列で大口を叩くのは経済力からではない
かつてロシアや米国という超大国を恐れることなく戦った経験があるからだ


51. 韓国人
日本が開花に成功した理由はオランダと交流を保ちながら国際情勢がどう動いているのかをよく把握していたからだろう


52. 韓国人
ところで、どうして英国と米国はそこまで日本を支援したのだろうか?
ロシアが日本に先制攻撃を加えたわけでもない
単に、日本が朝鮮における利権を獲得するために引き起こした戦争だというのに


53. 韓国人
>>52
当時のヨーロッパに日本文化ブームが起きてたから


54. 韓国人
>>53
wwwwwwwww


55. 韓国人
>>52
ロシアが南下すれば困るからだ
極東アジアを取り込めば、それを足場として太平洋まで進出することになる
カイカイ反応補足:日英同盟 - Wikipedia
1900年にロシアは清で発生した義和団の乱(義和団事変、義和団事件)の混乱収拾のため満洲へ侵攻し、全土を占領下に置いた。ロシアは満洲の植民地化を既定事実化しようとしたが、日英米がこれに抗議しロシアは撤兵を約束した。ところがロシアは履行期限を過ぎても撤退を行わず駐留軍の増強を図った。ボーア戦争を終了させるのに戦費を調達したため国力が低下してアジアに大きな国力を注げない状況であったイギリスは、ロシアの南下が自国の権益と衝突すると危機感を募らせ、1902年に長年墨守していた孤立政策(栄光ある孤立)を捨て、日本との同盟に踏み切った(日英同盟)。日本政府内では小村寿太郎、桂太郎、山縣有朋らの対露主戦派と、伊藤博文、井上馨ら戦争回避派との論争が続き、民間においても日露開戦を唱えた戸水寛人ら七博士の意見書(七博士建白事件)や、万朝報紙上での幸徳秋水の非戦論といった議論が発生していた。


56. 韓国人
国史の勉強をしていて失笑を禁じ得なかった部分
「高宗皇帝は”大韓帝国”の成立を宣言した」
帝国って何だよwwwwwwwwwwwwwwwwwww


57. 韓国人
>>56
盧武鉉級


58. 韓国人
国史で教えないこと:国を売り払ったのは李完用ではなく高宗だという不都合な事実
韓日併合の記念写真も撮ったのも高宗(笑)
そんなやつが被害者コスプレされてる
参考記事:韓国人「李完用、親日売国奴でありエリートでもあった人物」


59. 韓国人
>>58
明成皇后(閔妃)もね
参考記事:韓国人「間違って評価された人物」
明成皇后閔妃。野心家の女であった。迷信をこよなく信じ、巫堂ノリという呪術儀式に大金を投じたり、一族(閔氏)を高官に大量に登用して不正腐敗を謳歌したりした。結局は自らの権力掌握の最大妨害者となっていた興宣大院君を排除。当時、江原道の金の採掘権を全てロシアに献上。自らの都合に合わせあらゆる方面に媚びを売り、権力欲を保持し続けようとした。最終的には、日本の浪人の剣によって死んだという理由で、愛国女に昇格し、朝鮮を代表する皇后となった。これを歴史歪曲と言わずして何という…


60. 韓国人
あの時、ロシアが陸軍全てを派兵していたら、そのまま戦争は終わっていたのに英国と米国が仲裁した
実際に陸軍派兵しようとしていたし
ロシアは実力で敗れたのではなく、仲裁のせいで強引に戦争終わらされたのだ


61. 韓国人
>>60
全てを派兵したら誰が西部地域を守るのか
それに内乱で国がめちゃくちゃの状態であったのだから難しい


62. 韓国人
西郷隆盛は征韓論の先頭に立っていた人物だ
力を育てようと言ったのは伊藤博文だ
カイカイ反応補足:征韓論 - Wikipedia
征韓論は、日本の明治初期において、当時留守政府の首脳であった西郷隆盛・板垣退助・江藤新平・後藤象二郎・副島種臣らによってなされた、武力をもって朝鮮を開国しようとする主張である(ただし、征韓論の中心的人物であった西郷自身の主張は出兵ではなく開国を勧める遣韓使節として自らが朝鮮に赴く、むしろ「遣韓論」という説もある)。西郷隆盛の死後、板垣退助らの自由民権運動の中で、板垣の推進する征韓論は西郷の主張として流布され、板垣ではなく西郷が征韓論の首魁として定着した。


63. 韓国人
おもしろいね
流れる雲のような古代史よりも、近現代史の方がさらにおもしろい

スポンサードリンク
おすすめ記事(外部サイト)
韓国・東アジアニュース(外部サイト)