ka-2097850

韓国のネット掲示板に「日本の一般的な昆虫コレクター」というスレッドが立っていたのでご紹介。

1. 韓国人(スレ主)


300億ウォンを投じて昆虫を集めたコレクター
ka-2097851


本人いわく、現在まで400億ウォン使ったそうだ
ka-2097852


新しい家が欲しいとする妻
昆虫に400億を使えるぐらいなら、どこにでも住めるでしょ
ka-2097853


コレクションがあまりにも膨大すぎるため、市が建物を建ててくれたそうだ
ka-2097854


蝶である
ka-2097855


金田一にも登場した蝶おじさんは、この人がモデルとか
ka-2097856


美しいね
ka-2097857


めっちゃ大きい…
ka-2097858


最も大きなものだそうだ
ka-2097859


こちらも巨大
ka-2097860


現地の人を誘って昆虫コレクション
ka-2097861


かっこいいね
世界を40週したそうだ
ka-2097862


あなたは一体、何をしている人なのですか?
特許ビジネスで億万長者に…
ka-2097863


棚に入っているのは、全て昆虫である
ka-2097864


昆虫が嫌いな人たちにはキモい画像かもね
ka-2097865


合計80万匹がいるってさ
昆虫の墓場ですか?
ka-2097866


コレクションを評価する鑑定団が登場
ka-2097867


祈る夫人
高値がつくようにと…
ka-2097868


この蝶は、輸入禁止になっているものだとか
従って、今は仕入れることができない
この辺から、このおじさんが、400ウォンを無駄遣いしたアホではないという気がしてきたよ
ka-2097869


オス10万ウォン
メス200万ウォン
すごい…
ka-2097870


驚く鑑定団
ka-2097871


希少種発見!
ka-2097872


2000万ウォン…アバンテ級の価格…
※アバンテ=現代自動車の車種
ka-2097873


これも希少種
ka-2097874


5000万ウォン…ジェネシス級だ
※ジェネシス=現代自動車の車種
ka-2097875


お前らの身代金よりも高いのでは?
ka-2097876


16cm以上は数千万ウォン
10cm未満は万ウォン台
ka-2097877


この1箱で6000万ウォン
ka-2097878


3000万ウォン
ka-2097879


病身…8000万ウォンだと
BMW5シリーズ級…
ka-2097880


パッと見ても、珍しい種であることが分かる
体の左右が異なっている
ka-2097881


2500万ウォン
ka-2097882


1匹当たり1000万ウォンで買ったとか
ka-2097883


フェラーリを1台は買えるだろうとするおじさん
ka-2097884


4億ウォン…
ka-2097885


総評価額は500億ウォン...100億ウォンの利益
財テクすげぇ…
ka-2097886


喜ぶ寿司おばさん
ka-2097887


1行要約
不動産やめて昆虫にしましょう

翻訳元:http://www.ilbe.com/3488472343


2. 韓国人
やはり、太極柄が最も高価だね
サスガ神韓民国!


3. 韓国人
おもしろかった


4. 韓国人
昆虫キモい
特にコガネムシやダンゴムシの類が苦手だ
よって、このスレは評価しない


5. 韓国人
素晴らしいね
生きていくだけの財力もあって、一生自分の好きなことに没頭し、最終的に結果まで出すのだから


6. 韓国人
趣味生活をしながら100億ウォンの利益を出す日本人様!


7. 韓国人
このレベルであれば、認めなければならない


8. 韓国人
これが日本のオタク精神である


9. 韓国人
たかが昆虫でも、いい値段がするんだね…


10. 韓国人
値段が500億ウォンでも、売れなければ意味ないだろwwww


11. 韓国人
値段がいくらだろうと関係ないだろ
収集が目的なのだから


12. 韓国人
虫の死骸に金を払って集めるとか…そっちの方が不思議だわ(笑)


13. 韓国人
詐欺師がウォーミングアップを始めました


14. 韓国人
あの青い蝶が実在したとは…(笑)


15. 韓国人
青い蝶のオスは、一匹10万ウォンなのか?
欲しいんだが…


16. 韓国人
>>15
黄色がオスじゃないの?


17. 韓国人
青い蝶を見ると、「僕は友達が少ない」の星奈を思い出します
カイカイ補足:僕は友達が少ない - Wikipedia
『僕は友達が少ない』は、平坂読による日本のライトノベルとそれを原作とした各種作品群。
ka-2097849
▲柏崎星奈


18. 韓国人
収容所の豚たちが青い蝶を見て驚く声がここまで聞こえてくる


19. 韓国人
>>18
青い蝶を見てなぜ驚くのか?


20. 韓国人
>>19
あの蝶々が実存したのかと驚くという意味


21. 韓国人
>>20
アマゾン川周辺に住む蝶だろ
繁殖期にもなれば、木とかに大量にくっついてる
カイカイ補足:モルフォチョウ属 - Wikipedia
モルフォチョウは、北アメリカ南部から南アメリカにかけて80種ほどが生息する大型のチョウの仲間。森林に生息する。幼虫はマメ科の植物を食べる。成虫の寿命は約1ヶ月で、毒があるため捕食者はあまりいない。成虫は花の蜜よりも腐った果実、動物の死骸、キノコなどを好む。雄は川沿いなどをパトロール飛行する習性がある。生息地ではしばしば蝶園で養殖され、標本は土産物などにされている。モルフォチョウの標本は、体液が染み出て翅の構造色を損なうのを防ぐために腹部が除去されているものが多い。


22. 韓国人
>>18
星奈ダイスキ


23. 韓国人
蝶はこんなにきれいな昆虫だったのか…
関連書籍:フィールドガイド 日本のチョウ: 日本産全種がフィールド写真で検索可能


24. 韓国人
なぜ蛾は収集しないのか?


25. 韓国人
あれ、炒めて食べると美味しいんだってさ


26. 韓国人
失業者イルベ民が昆虫を捕らえようと、ノリノリで準備を始めました
せいぜい町内の蚊でも捕まえてください


27. 韓国人
売るのは難しいだろう
それでも、これはすごいと思うが…


28. 韓国人
あんなの買う人がいるのか?


29. 韓国人
>>28
アラブの石油王たち


30. 韓国人
金持ちはあのようなものを買ってマネーロンダリングをしているのだ
高価な美術品のように
関連書籍:マネーロンダリング入門―国際金融詐欺からテロ資金まで


31. 韓国人
小学生の時した昆虫採集を思い出した
今考えると、何であんな残酷なことをさせたのかな?


32. 韓国人
コレクターのおじさんの最後の表情を見ると、少し不快に感じてそうに見える
「俺の大切なコレクションに点数つけんな」的な?
奥さんは喜んでるみたいだけど…


33. 韓国人
寿司おばさんは上品に見える
年を取っても、少女のような感じがする


34. 韓国人
>>33
ファック…お前はおばさんフェチか


35. 韓国人
これで、寿司おばさんは安心して熟年離婚に踏み切れるようです?


36. 韓国人
こいつクソ野郎ではないか?
80万匹もの昆虫を殺したではないか(笑)


37. 韓国人
絶滅した昆虫なら、その価値はさらに高くなるだろうね


38. 韓国人
一体、何の特許を取ったのか…恐るべし


39. 韓国人
特許めっちゃ羨ましい…
関連書籍:発明で一攫千金


40. 韓国人
ゴキブリのコレクターはいないのか?
なぜ集めない?


41. 韓国人
>>40
そんなのは、いくらきれいでも繁殖力がハンパないから価値ないだろ


42. 韓国人
>>40
お前はそんなの欲しいと思うのかwwww


43. 韓国人
地震が起きたらおもしろそうだね


44. 韓国人
昆虫の話が出てきたついでに、君らは蝶学者のソク・ジュミョンを知ってるか?
リアルに脱アジア級の世界的学者だった
しかし、韓国では意外にもあまり知られていない
彼は当時、世界で30人余りしかいなかった英国王立協会のメンバーでもあった(日帝時代の朝鮮+日本でソク・ジュミョンが唯一)
カイカイ補足:ソク・ジュミョン - Wikipedia
ソク・ジュミョン(1908年11月13日~1950年10月6日)は大韓民国の蝶の研究者であり、生物学者、昆虫学者、動物学者、言語学者、博物学者である。1931年から蝶の研究を始めた彼は、日本の動物学者たちが間違って分類した蝶の種類を修正した。当時、日本人の動物学者たちは、少しでも違う特徴のある蝶を見つけると、新しい種類であると主張し、韓国の蝶が844種と誇張していた。ソクジュミョンは、「朝鮮産蝶総リスト(1940年)」で、韓国の蝶は248種と修正した。
1950年10月6日、朝鮮人民軍と間違われ、銃で撃たれ死亡。


45. 韓国人
>>44
知ってるよ


46. 韓国人
>>44
ソク・ジュミョンを知らないやつがいるという方が衝撃だ


47. 韓国人
>>46
俺の周りには知らない人めっちゃ多いよ
10人中、7~8人は知らないと答える


48. 韓国人
やはり、金が金を呼ぶんだな…


49. 韓国人
本当にすごいね…
日本人は、一つのことにハマると、最後までやり通す


50. 韓国人
>>49
その通り(笑)


51. 韓国人
>>50
日本人の自分がやりたいと思った分野に対する情熱はすごい
そのことが、今の日本の技術力の原動力になったのかもしれない
関連書籍:図解 世界に誇る日本のすごいチカラ: 技術、発明、文化、自然、人――ここに“自信”あり!

スポンサードリンク
おすすめ記事(外部サイト)
韓国・東アジアニュース(外部サイト)