00114

今日、6月25日は、朝鮮半島で南北を分断する戦争が勃発した日です。半世紀以上経った今も、休戦状態のままとなっています。韓国のネット掲示板から、これに関連するスレッド翻訳してみました。

1. 韓国人(スレ主)

今日、6月25日、北韓が奇襲的に南侵した日から64年が経った。
祖国、大韓民国で起きた悲劇を振り返るために当時の写真をアップする。
すでに見た写真もあるかとは思うが、これを見ながら今一度、自由大韓民国を守った退役軍人と殉国烈士たちに感謝しよう!

BGM



00001
1

00002
2

00003
3

00004
4

00005
5

00006
6

00007
7

00008
8

00009
9

00010
10

00011
11

00012
12

00013
13

00014
14

00015
15

00016
16

00017
17

00018
18

00019
19

00020
20

00021
21

00022
22

00023
23

00024
24

00025
25

00026
26

00027
27

00028
28 ※閲覧注意:大勢の人が虐殺された画像です。画像をクリックするとモザイクなしの画像が開きます

00030
29

00031
30

00032
31

00033
32

00034
33

00035
34

00036
35

00037
36

00038
37

00039
38


イルベの利用者は、この地、大韓民国の自由民主主義という根を血と汗で守った殉国烈士たちと参戦勇士たちに深い感謝の意を表します。

翻訳元:http://www.ilbe.com/3772147086


2. 韓国人
英雄は評価する


3. 韓国人
ありがとうございます!


4. 韓国人
涙が…


5. 韓国人
今現在も、この地をあの画像のような状態にしようと画策する人間がいるという事実も、今一度考えよう


6. 韓国人
タイやフィリピンの軍人は、冬がめっちゃ寒かっただろうな…


7. 韓国人
あれから64年か…時が経つのは早いね…


8. 韓国人
>>7
何歳?


9. 韓国人
勇気のない政権は消えろ
銃剣で共産軍と戦った護国英霊たちに失礼だ


10. 韓国人
当時死んだ共産主義者たちも気の毒だね
今の北韓の姿を見たら、あの世で憤慨することだろう


11. 韓国人
こういう写真を撮る記者ってすごいよね
なぜ命をかけてまで写真を撮るのかな?
それにしても、すごい角度から撮影している
関連書籍:戦争と日本人―あるカメラマンの記録


12. 韓国人
このBGMって本当に6.25とよく合うよね


13. 韓国人
>>12
「太極旗翻して(ブラザーフッド)」のメインテーマだからね
カイカイ補足:ブラザーフッド (映画) - Wikipedia
『ブラザーフッド』は、2004年の韓国映画。原題の直訳は「太極旗翻して」。民族を二分した朝鮮戦争に翻弄される兄弟を描く。悲劇的な物語とリアルな戦場シーンが話題を呼び[1]、韓国でシルミドの持つ映画興行成績を塗り替えた。


14. 韓国人
戦争が起こったら工兵が最も苦労する
いの一番に投入されて、撤退するときも一番最後だ


15. 韓国人
>>14
代わりに、戦闘中に隠れて生き残る


16. 韓国人(ハンドルネーム:主体の色鮮やかな太陽)
米国が朝鮮を守った
朝鮮人は一度も国を守ったことはありません


17. 韓国人
>>16
病身
国軍も大量の血を流して国を守るために最善を尽くした
関連書籍:若き将軍の朝鮮戦争 - 白善ヨップ回顧録


18. 韓国人
>>16
お前のハンドルネームである「主体の色鮮やかな太陽」は、金正日を指す
それから、韓国を朝鮮と言っているのを見ると、サイバー共産主義者か?
カイカイ補足:金正日の呼称一覧 - Wikipedia


19. 韓国人
「大韓民国に自由民主主義という根を血と汗で守った殉国烈士たちと参戦勇士たちに深い感謝の意を表します」
深く同感する
カイカイ関連記事:韓国人「韓国を助けてくれた国」


20. 韓国人
我が国のために戦ってくださった派兵軍人の方々に感謝しなければならない
従北派の首を跳ね、祭祀に捧げ祀らねばならない


21. 韓国人
畜生…
北韓と中国の野郎どもめ…
手を後ろで縛って虐殺した写真を見ろ…
あれを見る度に腹が立つ


22. 韓国人
感謝の気持ちを持って生きよう



6.25戦争と日常

23. 韓国人(スレ主)
6.25の戦闘中の写真はたくさん見たことがあったが、当時の日常を写した写真はあまり見たことがなかったのでアップする。

老父を背負い、凍った漢江を渡っている姿
1951年1月14日(忠州)
00040


55ガロンドラム缶を背負い、金烏山977高地を行く韓国人労働者
1951年3月7日
00041


右の男の子が履いている戦闘用ブーツは、第二次大戦後期、米軍が使用したM1943戦闘用ブーツと推定
1951年3月1日(全州)
00042


昌徳宮を訪問した李承晩大統領とヴァンフリート将軍
1952年4月18日
00043


米軍司令部で慰問公演をするダンサーたち
1952年4月27日
00044


ソウル近郊の山で水をくむお年寄り
1951年11月14日
00045


ソウルの露天商
00046


鎮海の士官学校で行われた記念式典に動員された花童たち
1952年1月21日
00047


江原道ヤンヤンの港から漁師が出港している様子
1952年8月
00048


多くの避難民たち
交通渋滞が発生
主な交通手段は牛車であった
1951年1月5日
00049


中共軍の春の攻勢を避けて南へ避難する避難民たち
1951年4月23日
00050


大邱のとある家庭
井戸の桶は、米軍が使用したフルーツ缶
周辺の果樹園で使用された肥料のせいで、汚染の可能性が指摘されていた水だが、これしか水源がなかったので、仕方なく使用する
1952年1月28日
00051


京畿道の高校生がUN軍のために巡回公演している様子
1952年1月(釜山)
00052


長いひげを生やした韓国の紳士
1952年3月1日(全州)
00053


頭の上に、野菜や穀物を乗せて運ぶ女性
彼女たちはUNCACK(UNITED NATIONS CIVIL ASSISTANCE COMMAND IN KOREA)に雇用されている
UNCACKとは、戦争中に民間人を雇用し、援助するプログラム
1951年11月8日(春川)
00054


釜山の孤児院に到着し、ご飯を食べる女の子
1951年6月11日
00055


ソウルの持参人
1952年2月28日
00056


ソウルに住む家族が、新居の前で記念撮影をしている姿
この新居はUNCACKから提供された
1952年2月13日
00057


永登浦難民キャンプの子供を背負った女性
1951年8月18日
00058


ソウル
1952年2月28日
00059


大邱の川で洗濯する女性
1952年
00060


東部戦線で慰問公演する様子
1951年10月29日
00061


外国人の前で伝統的な踊りを披露する様子
1952年7月16日
00062


ソウルの孤児院に訪れた米軍にダンスを披露する子供
1952年5月25日
00063


江原道ヤンヤン
1952年8月
00064


東大門
1952年9月2日
00065


米第二師団の兵士たちに振る舞う食事を調理中
1951年1月28日
00066


米第二師団の食事に使用した肉の余りを集める地域住民
1951年1月28日
00067


多くの子供たちが、色とりどりの服を着て伝統的な遊びをしている
1951年1月29日(大邱)
00068


ソウル
1951年11月14日
00069


江原道でトルコ軍が伝統的な服を着てダンスをしている
トルコの若者の日を記念する行事の一つ
1952年5月19日
00070


トルコ軍が捕らえた捕虜
1952年4月15日
00071


巨済島の国連軍捕虜収容所の中共軍捕虜が楽器を演奏中
1952年3月20日
00072


夕食の準備をする女性
1951年1月28日(大邱)
00073


ソウルの塩辛店の店主
あみの塩辛は、韓国の人気食品
00074


難民キャンプで家族とともに食事
このクッパは、UNCACKが提供した
1951年11月7日
00075


ソウル永登浦の難民キャンプの孤児
1951年8月18日
00076


議政府の孤児院で、General John W. O'Danielが主催したパーティーが開かれた
1952年5月11日
00077


江原道ヤンヤンから出港する出港
1952年8月
00078
00079


釜山辺り
1952年
00080


釜山のハンセン病患者と紳士
1951年8月10日
00081


仁川港の労働者たち
1952年3月7日
00082
00083


ソウル近くの農家
1951年11月14日
00084


村の住民がテントの前に立っている
このテントは、一時的に建てられたもの
暮らしているのは巨済島の捕虜収容所の建設に当たる移住民
入植者たちには、一家庭当たり、5500ドルの補償金が支給された
1952年7月18日
00085


ソウル
1951年8月20日
00086


紡績工場。
1951年9月25日(大邱)
00087
00088


南原で捕らえたパルチザン容疑者
韓国警察から提供された食事を食べている
1951年12月2日
00089


米第二師団の兵士たちに捕らえられた北韓住民
質問を受けるために待機している様子
1952年4月10日
00090


巨済島の捕虜収容所の中の靴の部屋
捕虜たちの靴を修理及び磨くところ
1952年2月10日
00091


ソウルの北地区
1952年
00092


農夫
1951年5月8日(ソウル)
00093


国軍第八師団を支援する米軍
智異山のパルチザンの宣撫放送用システムを点検している
1951年12月7月
00094


避難者の集合場所に移動する避難民の家族
1951年5月18日
00095


夕食の魚を調理する女性
1952年8月(襄陽地域)
00096


記録映画とするために、韓国の伝統的な音楽を撮影中
1952年7月16日(ソウル)
00097


故郷に帰る避難民の家族が休憩している様子
1951年3月1日(全州)
00098


釜山東莱梵魚寺
00099
00100


船から石炭を運ぶ港湾労働者
1952年7月2日
00101


武器所持の疑いがある者を身体検査
1951年2月​​4日
00102


ジプシン(草履)は韓国人の特徴
1951年7月17日
00103


永登浦難民キャンプで子供たちにメロンを剥く女性
胸が出ているが、当時の伝統的で一般的な姿
1951年8月20日
00104


UNCACKに雇われた女性
うすで、米を打っている
1951年11月8日
00105


UNCACKに雇われた女性が木で作った調理器具を使用している姿
00106


笠をかぶった農民が、竹で作られたパイプでタバコを吸っている様子
1951年5月1日
00107


米第八軍の将兵たちが、ソウルの孤児院を訪問
1951年10月12日
00108


木材を背負う持参人
38度線近くの橋の建設工事現場に搬送している時の様子
1951年4月16日
00109


韓国軍警に捕まったパルチザン容疑者
尋問待機している様子
1951年12月10日
00110


晴れ着を着た子供たち
1952年1月29日(大邱)
00111


国連が提供した病院に入院する七歳の少女
心臓病と脊髄髄膜炎を患い死が近い
1951年12月5日(釜山)
00112


1行の要約
我々の先祖たちは、金日成畜生のせいでたくさん苦労させられた

翻訳元:http://www.ilbe.com/3748343111
翻訳元:http://www.ilbe.com/3748485262


24. 韓国人
いい写真だ


25. 韓国人
祖国と民族のために


26. 韓国人
ファック…ドラム缶を担いで山に登ってる…


27. 韓国人
>>26
あのようにして家族を養った
戦時中、最前線に食事や水、弾薬などを運んだのは、あのような背負子


28. 韓国人
約半世紀で、あの場所がビルだらけになったのかと思うと、不思議な感じがする


29. 韓国人
こんなのを見る度に大韓民国はすごいと感じる
短い時間で、よくもここまで成長したものだ


30. 韓国人
韓半島の歴史の中で、我々世代が最も祝福された世代かもしれない


31. 韓国人
途中にあるソウルの持参人を今一度見てみろ
誰に見える?
カイカイ補足:ソウルの持参人
00113


32. 韓国人
>>31
あの方か?


33. 韓国人
持参人はノ・ムヒョンの合成か?


34. 韓国人
きれいな女性の写真がないからやり直し


35. 韓国人
最後の子は死んだのか?


36. 韓国人
乳首が露出してる
このスレは消されます


37. 韓国人
>>36
その時代には、日常的な姿だったんだよ!


38. 韓国人
未開である


39. 韓国人
李承晩大統領世代、朴正煕大統領世代、米国及び参戦した国連国家
我々はとても大きな借りを作った


40. 韓国人
ソウルがあんな姿だったなんて信じられない


41. 韓国人
わずか60年前の姿…


42. 韓国人
あんな廃墟から今の姿となるまで、一体どれだけ多くの血と汗と犠牲があったのだろうか


43. 韓国人
戦争は多くの人たちに痛みを与えたが、病身のように変質された儒教タリバンと日帝の残滓をなくすためには必要だったと考えている


44. 韓国人
国の発展は、国民の努力と指導者の先見の明があったが、その時代を生き残ったのは、ヤンキーたちの助けが大きかった


45. 韓国人
ありがとうございます
米軍の皆さん(泣)
関連書籍:朝鮮戦争―金日成とマッカーサーの陰謀

スポンサードリンク
おすすめ記事(外部サイト)
韓国・東アジアニュース(外部サイト)