00669

韓国版Yahoo知恵袋の「NAVER知識in」から「日本の放射能」という質問に対する回答を翻訳してみました。

質問者
アンニョンハセヨ。
今年の夏に、大阪旅行に行こうとしていたのですが、周囲の人間がしりきに放射能放射能と騒ぎ立てるので、これまであまり関心を持っていませんでしたが、放射能について少し調べてから行こうと思います。

彼らは、日本が福島の放射能のせいで滅びるから、少しの間行くのも危険だと言います。
それでは、チェルノブイリがある国も、今、滅びたのでしょうか?
どこの国かは分かりませんが、その国に少し旅行をしただけで、癌にかかるのでしょうか?

日本の放射能は、チェルノブイリ放射能より、20~50倍危険だと言われます。
では、それに対する確かな証拠資料はあるのでしょうか?
仮に資料があるのであれば、「日本の放射能は○○倍高い」と多少の誤差はあっても、ある程度一定の値が示せると思います。
それなのに、「20~50倍危険」というのは何でしょうか?
どうして、聞く人聞く人で値が変わるのですか?
証拠となる資料ごとに、値が違っているのでしょうか?
そんなことがありえるのでしょうか?

仮にチェルノブイリより20~50倍ひどかったとしましょう。
その状態で、福島とかなり距離のある大阪も汚染されているというのなら、日本と極めて近い韓国は、なぜ大丈夫と言えるのでしょうか?
放射能は拡散するものですよね?
違うのですか?

日本の放射能が危険だと主張する人に、このことを聞くと、「あと5年もすれば韓国にも放射能を食らうだろう」とし、「では、韓国も危険なのでは?」と聞き返せば、「韓国は大丈夫」と言います。
なぜでしょうか?

そもそも、1週間の大阪旅行が、そんなに狂気の沙汰と言えますか?
狂人の声を聞く度に腹立たしく思います。

翻訳元:http://kin.naver.com/qna/detail.nhn?d1id=9&dirId=9020101&docId=201828925


質問者に対するコメント
少なくとも、2020年の東京オリンピックまでは待ちましょう。
今から6年後、事故後にして9年後ですが、日本の放射能の状況がどのようになっているか分かることでしょう。
なぜなら、オリンピックは大きな大会です。
人々の関心も高まるのではないでしょうか。
その時になれば、日本人の健康、地質、水質、大気、海洋生態系など、比較分析が可能となっていると思います。
そして、事故以降の現在の世代、その次の世代、さらにその次の世代など、ずっと見守っていかねばなりません。
放射能というのは、すぐに目に見える症状が出ないからです。



回答者1
友人たちには、以下のように話しましょう。

1. 放射性物質はウイルスではない
例えば日本の同じ場所で、同じものを食べれば、同じだけの放射線量にさらされます。
ウイルスは、同じ場所で、同じものを食べても、病気になる人もいれば、ならない人もいます。
→これを否定することはできないしょう。否定すればバカです。放射能をウイルスのようなものと錯覚するバカな人はいるかもしれませんが。

2. 放射性物質の人体被害は、放射線量の強さと露光時間に比例する
これは熱で表現すればいいです。
高温であれば、いかに瞬間的であっても火傷をします。
低温であっても、長時間触れていれば、低温火傷をします。
被曝に関しても同様です。
福島原発の原子炉に防護服なしで入れば、わずか数秒で死に至ります。
しかし、原発周辺の居住制限区域であれば、すぐに死ぬことはなく、1年程度で遺伝的な障害を発症します。
→これも当然のことであり、否定することができない真理です。

3. 放射線量の強さは、距離と反比例する
福島原発周辺であれば、非常に高い放射線量にさらされます。
しかし、そこから離れれば離れるほど、その強度は弱くなります。
大気の流れや地形などの影響も受けるでしょうが、一般的に放射線量は近ければ近いほど強くなり、離れれば離れるほど弱くなるものです。
→これも否定できないことですよね?

その友人に、こう聞いてみてください。
原発から730km程度離れたところに、数日間旅行するのが危険であるのなら、原発周辺で3年以上暮らしている人はなぜ正常なのかと。
本当に危険なら、原発周辺含め、東京、名古屋などで暮らす大勢の人たちが死んでいるはずですよね?
しかし、なぜ日本人は死んでいないのでしょうか?

→今は大丈夫でも数年後云々と言い返してくるのなら、2番と3番を無視してることにはなりませんか?
→食事から内部被曝云々するのであれば、1番を無視してるということですよね。日本人たちは、原発事故が起きてから、3年間、普通に飲み食いをしています。それら食べ物は全て外国から輸入したものですか?毎日、酸素ボンベをかついで生活してるとでも言うのですか?

放射能が危険な状態であるのなら、その中で生きる日本人たちは、放射能に対する特別な耐性を持っており、それで死なないということになります。

あなたのご友人が何を言いたいのか、本当に気になるところです。

回答者1に対するコメント1
お勧め文!(笑)

回答者1に対するコメント2
日本は、チェルノブイリの11倍です。
どうか、目を覚ましてください。
無理に旅行をさせようとする旅行会社のような話はしないでください。
行かせるのなら、あなたの子供を行かせてください。
外国が、なぜビザ発給を中止したのか、今一度考えてみてください。
放射能は、生態系の下の方から影響を受け、上位者になるほど遅れるものです。
次の世代のことも考えてください。
どうしても飢え死にするから、日本に行って金儲けをしなければならないという理由でもなければ、自制してください。

回答者1
こんにちは。
1. チェルノブイリの11倍というのは、何をもって11倍と言っているのでしょうか?
2. その根拠は何ですか?
3. 外国がビザの発給を中止したという根拠は何ですか?
返事をいただけると幸いです。



回答者2
韓国にも高い放射線量を示す場所もあります。
そして、我々が病院で撮るレントゲンも、放射能を出します。
結論は、直接福島に行くこと、安全だとしても刺身を食べることなどは避けたほうがいいです。
他の地域は問題ありません。
全世界から、一日、数万人の人が日本を訪れ、旅行をしています。
大阪は、東京よりも福島から離れています。
安心して行ってください^^



回答者3
1週間程度の旅行で、そんなに心配する必要はないと思います。
あなたの友達のように、放射能について敏感な人たちは、それらの情報が事実であると思い込んでしまうのです。
神を信じなければ地獄に行くと主張する人と似ています。
大阪は日本で最も暑い地域に属します。
放射能よりも暑さの方が心配ですね^^
しっかりと準備して、旅行を楽しんできてください。
関連書籍:放射能 地震 津波 正しく怖がる100知識




東京の放射能は危険ですか?

質問者2
東京の放射能は危険なのですか?
東京は、福島と若干近いので、安全ではないと聞きましたが、本当ですか?
安全な場所は、福岡と大阪ですか?
東京は、見るものがたくさんあるので、行ってみたかったのですか…(泣)

翻訳元:http://kin.naver.com/qna/detail.nhn?d1id=9&dirId=9020101&docId=203423261


回答者4
このような質問がいつまで続くのでしょうか?
他の方々も、これ以上、こんな質問をしないで欲しいと願いつつ、回答します。

あなたが心配する気持ちは十分にお察しします。

簡単に言います。
そんなに心配なら、日本に行かないでください。
なぜなら、いくら他の誰かが安全だと言っても、モヤモヤした気持ちのまま旅行をすれば、帰国後に、体に何か小さな異常を感じただけで、もしかして被曝したのではと、疑念を抱くからです。

現在、日本には、韓国だけでなく、全世界から、多くの人が、原発事故以前のように訪れています。
休暇シーズンともなれば、日本行きの航空券は満席です。

利己的な話をさせてもらえば、私のように飛行機をたくさん利用する者にとっては、旅行者が少なくなってくれればいいと思っています。
そもそも、シーズン中の航空券は高すぎます。
福島原発事故が起きた時と比較すれば、韓日路線の航空料は2.5倍程度高くなっています。
乗客も少なく、ゆったりと座れていた事故当時を懐かしく思ってしまうほどです。

本題に入ります。
仮に、あなたが心配されるように、日本の放射能汚染が危険なレベルであるのなら、常識的に考えて、韓国政府はもちろん、他国の政府も黙って傍観したりはしません。
また、航空会社は就航をキャンセルしたり、ひたすら利益を追求する各保険会社は、直ちに処置をしていたでしょう。
しかし、実際は、飛行機も飛んでいますし、旅行保険にも加入することができます。
また、各国政府は、急いで日本に滞在する自国民と大使館員を自国へ強制的に戻したり、旅行禁止令を出すでしょう。
しかし、これについても、地球上のいかなる国の政府も、このような措置を取った国は一つもありません。

そして、私自身、日本に居住しながら1ヵ月に15日以上は、韓国を含め、他国へ出張に行きますが、あなたが心配するように、日本全域が放射能汚染されているとするなら、韓国を含めた、米国やその他の国でも、放射能被爆した私のような日本滞在者の入国を許可するでしょうか?
あなたが心配する通りなら、私はすでに被曝しており、非常に危険な放射能の塊になっているはずです。

そもそも、そんなに危険な状態なら、あなたよりも先に韓国政府が、あなたの日本旅行を禁止し、日本に滞在している私は、ずっと以前に韓国に戻され、病院に強制入院・隔離されていたか、もしくは、最初から韓国に入国すらできなかったでしょう。

このようなことから、日本に旅行するかどうかについては、本人が決めることであり、ここで質問すべきでない内容だと思います。

もう一度言います。
最初にも書きましたが、そんなに心配なら日本に行かないでください。
いや、むしろ日本の方に目を向けないでください。
いくら他の誰かが安全だと言っても、モヤモヤした気持ちのまま旅行をすれば、帰国後に、体に何か小さな異常を感じただけで、もしかして被曝したのではと、疑念を抱きますからね。

こんなバカな質問が、もう投稿されないことを願います。
このような質問が1日や2日でもなく、1ヶ月や2ヶ月でもなく、1年や2年でもなく、数年間続いてるんですよ。
数十年前に中国の奥地に行った時、そこの住民が私に「今の皇帝が誰か?」と聞いてきました。
その中国人は、20世紀末の当時も、まだ清の時代だと思っていたのです。
もしかしたら、その人は、今もそう思って生きているかもしれません。
私が今、なぜこのような話をしたかと言えば、我々は、中国の奥地で文明の恩恵も受けられず、外部と遮断された世界で、今も清の時代だと思って暮らしている村人ではありません。
文化的、そして情報社会に生きる現代人です。
それなのに、なぜこのような愚かな質問が、1日や2日でもなく、数年に渡って繰り返されるのでしょうか?
本当に息苦しく情けないです。

そして、もう一つ例を話します。
2013年9月に、韓国でフッ酸流出事故が起き、欧米でも大騒ぎとなりました。
あなたの思考式に考えれば、外国人たちは、韓国の海はフッ酸の海になっていると思うはずです。
そして、彼らは、あなたに「韓国ではフッ酸が流出したが、ソウルに行ってもいいのか?済州島に行ってもいいのか?平昌オリンピックを見に行っても大丈夫か?」と質問してくるでしょう。
そしたら、あなたは何と答えますか?
そして、実際、韓国はフッ酸の海となり、国全体が危険な状態になっていますか?
これら外国人の質問が、あなたの「今、東京に行ってもいいのか?」という質問と何が違うのでしょうか?

日本列島全体が危険なわけではありません。
原発事故が発生した一部の地域だけが危険なのです。
しかも、その地域は既にブロックされており、一般人がそこに入りたくても、入ることはできません。
従って、立ち入り禁止区域となった福島の一部の地域を除いては、全てが安全と言えます。
飛行機が離着陸する場所、日本人が自由に生活をし、移動し、旅行できる場所は、全て安全であり、自由に行くことができます。

質問者さんは、常識的な思考をお持ちだと思います。
是非とも、利己的ではなく、常識的で且つ合理的に考えてみてください。
原発事故で生活基盤を失った被災者に対し、自分ができることは何かと考える温かい心を持たれることを願っています。

日本に行く行かない、何を食べるかなどは自分で判断されたらいいと思います。

以上です。

回答者4に対するコメント1
政府を信頼しておられるようですね(笑)

回答者4に対するコメント2
長すぎて、途中で読むのやめたわ。
もう少し、簡潔に答えればいいのに…

回答者4に対するコメント3
回答が少し大げさですね。

回答者4
大げさですか?
あまりにも、放射能放射能と言ってるから書いたのです。
もちろん、放射能は恐ろしいものです。
しかし、その恐ろしい放射能の塊である原発を韓国は積極的に建てており、今も稼動中です。
しかも、その数を増やしています。

私の友人は、その放射能被曝の恐ろしさを知りながら、福島原発地域にボランティアとして参加し、結局その地域に移住しました。
そこで暮らす地域住民の手となり足となり、彼らに希望を与えるために…

そんな友人と比べれば、ここで書くことなど大したことではありません。

関連書籍:人を助けるすんごい仕組み――ボランティア経験のない僕が、日本最大級の支援組織をどうつくったのか


スポンサードリンク
おすすめ記事(外部サイト)
韓国・東アジアニュース(外部サイト)