yoroi

韓国のネット掲示板に「戦国時代の鎧を見てみよう」というスレッドが立っていたのでご紹介。

1. 韓国人(スレ主)

アンニョン、イルベ民よ。
壬辰倭乱が大好きなので、あれこれ見ているうちに戦国時代に興味が出てきたのでスレを立ててみた。

戦国時代は、日本国内で多くの英雄たちが輩出された時期でもある。
(そんな日本の英雄たちを圧殺した李舜臣将軍様(泣)無条件愛国酒が進む!)
今回は、その何人かの有名な大名の鎧を通じて、どんな人物がいたのかを簡単に紹介してみたいと思う。


甲斐の虎、武田信玄の甲冑
1

織田、徳川連合を滅亡寸前にまで追い込んだ大名、武田信玄の鎧だ。
武田家は、戦国時代を最後に処刑されたため、現在は存在しない家系である。
戦国時代で消えたにも関わらず、風林火山の旗印の下、最強の一族として君臨したため、日本国内では1位2位を争うほどの人気がある。

(映画「鳴梁」で来島が、この甲冑を色だけ変えて着ていた)
2



加藤清正の甲冑
3

我々もよく知る壬辰倭乱の敵、加藤清正の甲冑だ。
賤ヶ岳の7本槍の1人で、臨海君を捕えたりもした。
加藤は関ヶ原の戦いで、徳川家康につき、小西の領地を全て与えられ、日本3大名城の1つである熊本城も築造した。
武将としての人生を全うして死んだ。

(加藤の熊本城)
4

俺が幼い頃、宇宙情報少年団(日本のボーイスカウト)に所属していた時に訪れたところが熊本城だった。
加藤が、壬辰倭乱の時に、食糧不足が深刻になり畳をサツマイモの茎で作ったとされる城である。
井戸もたくさん掘ったそうだが、俺が見に行った時は、井戸は見なかった(その当時は、何も考えずに見物していたが…)



藤堂高虎の甲冑
5

紹介しなければならないほど大きな大名ではないが、映画「鳴梁」にも登場し、壬辰倭乱の後、徳川家康に最も近い側近にまで出世したので調べてみた。
この子の一生は、不意打ちである。
「武士は7度主君を変えなければ、武士ではない」と精神勝利までする。
とにかく、優秀だったのは間違いない。

(鳴梁に出てきた藤堂高虎)
6



伊達政宗の甲冑
7

奥州の覇者、独眼竜、伊達政宗の甲冑だ。
日本国内でも、ずば抜けた人気があり、日本信者たちは、確実にアニメで見たことがあると思われる人物である。
徳川家康が最も恐れた大名であり、江戸幕府を崩す1番手と評価された人物。
その遥か後、実際に幕府を倒し、明治維新を起こしたのは、奥州の正反対側の島津と毛利であったのは歴史の皮肉と言えるであろう。
日本信者には個人的なお願いだが、どうかこの子を称賛するのは止めなさい。
伊達政宗は、晋州城で朝鮮の農民を全員、虐殺した韓国の敵である。
看羊録で、倭将の中で最も陰険で邪悪な人物と記録されているサイコパス。
伊達政宗は、クソ野郎だ!

(もちろん、列島人たちの特性上、萌え化は避けては通れない道だが…)
8



豊臣秀吉の甲冑
9

イルベっぽくて、馬鹿みたいなこの鎧は、豊臣秀吉の甲冑だ。
壬辰倭乱の敵であり、平民から関白の座まで上りつめた戦国時代の出世街道を代表する人物。
織田信長が明智光秀に裏切られて本能寺で死んだ時、最前線で毛利と交戦中だった秀吉は、毛利と和議を結んで明智光秀を制圧した。
織田家の復興のために天下を握るが、これは事実上、秀吉の野望のための名分だったというのが既成事実である。
以後、関白の座に就いて、我々があまりにもよく知っている壬辰倭乱を起こした。
結果は、李舜臣将軍と義兵たちの活躍によって失敗。
後に病気になって死んでしまい、徳川に天下を譲った。

(懲毖録でキム・ギュチョル氏が最高の演技を見せてくれた。俺が考える豊臣秀吉のイメージとピッタリだった)
10



本多忠勝の甲冑
11

三国志に呂布がいるように、戦国時代には本多忠勝がいる。
徳川四天王の1人だ。
幼い頃から家康に従い、一生、彼の後ろについて回り活躍した。
徳川には、過ぎたるものが2つあるという言葉があり、「1つは中国の鎧、もう1つは本多平八」
傍若無人な織田信長でさえ「花実兼備の勇士」と評するほどの大活躍をした。
甲冑にかかっている数珠が見えるか?
あれは自分が殺した人たちに対し、礼を守るために巻いていたと言われている。
本多の有名なエピソードを挙げるとすれば、生涯を戦場で過ごしたにも関わらず、傷一つ負わなかったということ。
それで同じ四天王である酒井忠次と、よく対立をした(酒井は傷だらけの反面、本多は無傷なので、酒井としては本多は一生懸命戦っていないと思われていた)
晩年に、木にナイフで名前を刻んでいた際に、すべって指に怪我を負い、これを見て本多は「私ももう終わりだな」という言葉を残して息を引き取った。

(ゲームに登場する本多忠勝)
12



徳川家康の甲冑
13

戦国時代、最後の勝者、徳川家康の鎧だ。
幼い頃は、有力な大名の人質生活を送った。
壬辰倭乱の後、豊臣秀吉が死んで関ヶ原の戦いを通じて、天下人となる。

(徳川家の家紋)
14



上杉謙信の甲冑
15

戦国時代最強の軍神、上杉謙信の甲冑だ。
以前から噂があった写真で、俺もこれがオリジナルの甲冑を再現したものだと思っていたら、どうやらこの甲冑は鎧の工場で作った創作物のようだ。
上杉謙信は、自らを毘沙門天の化身と信じ、銃弾が飛んでくるような戦場でも一番手(先鋒)で戦った(毘沙門天の化身であるため、弾丸が自分を外れると信じていたという)。
武田家とは川中島で5回(7~11回という説もある)の戦闘を繰り広げ、戦国時代最高のライバルとして君臨した。
武田信玄が上洛途中に死に、その後、織田・徳川連合軍を攻めるが、謙信も上洛中に急死してしまう。

(ドラマ風林火山で謙信を演じたガクト)
16

17

上杉謙信のエピソードの中で最も有名なのは塩事件ではないだろうか。
内陸地方の武田が、周辺国が塩の流通を封鎖したため、塩を得ることができず困っていると、敵である謙信が「戦いは槍と刀でするものであり、民が苦しむ理由はない」と、塩を送ってくれたという話がある。
しかし、これは事実ではないようだ。



井伊直政の甲冑
18

徳川四天王の1人、井伊直政の甲冑だ。、
この子は、顔が脱トンソンだったので、男色をあまり楽しむことができなかった徳川が、小姓として連れて歩いたほど。
(当時の大名たちは、可愛らしい男の子を小姓として連れて歩き、男色の相手をさせた)
大人になったからは、赤鬼、人斬り兵部と呼ばれ、勇猛を振るった。
秀吉も、特に直政の軍には気をつけろと言うほどであった。

(戦国時代の脱トンソン)
19



真田幸村の甲冑
20

伊達政宗と共に、日本で1位2位を争うほど人気のある武将、真田幸村の甲冑だ。
頭に6つのコインの模様があるが、これは六文銭といって三途の川の通行料を表現したと言われている。
関ヶ原の戦いでは、西軍に所属し大阪城に籠城、徳川を何度も困難な状況に追い込み撹乱させた。
その後、徳川に何度も降伏を勧められるが、武士としての義理を貫き最後まで抗戦し、徳川家康から「日本一の兵」と絶賛された。
真田十勇士のエピソードが有名だが、これは真実ではないという人が多くよく分かっていない。

(幸村が守っていた大坂城)
21



直江兼続の甲冑
22

頭の愛の文字が印象的な直江兼続の甲冑だ。
上杉家の忠臣で、知略家として有名。
壬辰倭乱にも参戦し、功をあげ30万石の領地を与えられる。
豊臣の死後、徳川家康に反目するが、最終的には徳川の家臣としてひざまずき、その能力を認められる。

(ドラマ天地人の主人公である)
23


読んでくれてありがとう!

3行要約

1.鎧があります
2.こんな人が着用しています
3.ご覧ください

翻訳元:http://www.ilbe.com/6495927799


2. 韓国人
愛wwwwwwwwwwwwwwwwww
キチガイすぎるwwwwwwwwwwww


3. 韓国人
ホビットサイズ(笑)


4. 韓国人
ガンダムのようだ


5. 韓国人
おもしろい記事は評価する


6. 韓国人
戦国BASARAを思い出した


7. 韓国人
黒田官兵衛はないの?


10. 韓国人
日本の甲冑は、独特な感じがしていいね


13. 韓国人
どれも戦う時に不便そうな形をしている


14. 韓国人
>>13
非効率的すぎる
なぜ、兜にあんな角が生えているのか…


15. 韓国人
>>13
本当にあれを着て戦場に行ったのかな?


16. 韓国人
>>15
あれを着られるのは、大名クラスだよ
つまり配下が100人以上はいるので、自分が直接戦うわけではない


17. 韓国人
正直、鎧はヘル半島よりも日本の方が、はるかに素晴らしい


18. 韓国人
>>17
作りやすさや、防御力については朝鮮の方が、実用的で発達していた


19. 韓国人
>>17
将軍クラスの鎧、兜のデザインは、朝鮮が圧勝している


20. 韓国人
あいつらは実際には身長が150cmぐらいのみすぼらしいおじさんだったのではないか?


21. 韓国人
>>20
当然、そうだろう


22. 韓国人
>>20
150cmあれば、チョッパリの中では大きい方だった


23. 韓国人
日本信者は評価しない


24. 韓国人(スレ主)
>>23
敵を知り、己を知ってこそ日本に勝てるのではないのか
安倍畜生


25. 韓国人
かっこいいね
中国の鎧も華やかだが、韓国の鎧は病身すぎる
地味な兜に、角が左右にあるだけという


26. 韓国人
>>25
日本は当時、主君の目にとまると、高速昇進していた戦国時代なので、目立つために華やかな鎧を着ていたようだ


28. 韓国人
戦国時代は、その名の通り戦争がたくさんあった時代なのに、なぜあのような派手な鎧が作られたんだ?
どう考えても、目立つし非効率的で、戦う時に邪魔になると思う
大名なので、直接戦うわけじゃないから、自らを誇示するために作ったのかな


29. 韓国人
>>28
指揮官クラスの鎧だから、誇示するためではないかな?
当時、狙撃兵がいたわけでもないだろうし


30. 韓国人
>>28
指揮官が刀を抜いたら、すでに戦争は敗北しているような状況だと思うので、軍の士気を高揚させるためではないのかな


31. 韓国人
京都の片隅に豊臣秀吉の鎧を展示しているところがあるよ(本物か偽物かは分からないけど)
その鎧は、身長145~150cmぐらいの人に合う大きさで、小学生レベルだと思った


32. 韓国人
同時代のブリガンダインと同じぐらいの防御力はあったのかな?
カイカイ補足:ブリガンダイン - Wikipedia
ブリガンダインは主に人間の胸部や胴体を覆う鎧の一種。


33. 韓国人
>>32
プレートアーマー>鎧>ブリガンダイン
カイカイ補足:プレートアーマー - Wikipedia
プレートアーマーとは、人体の胸部、あるいは全身を覆う金属板で構成された鎧。金属板で構成されるため、板金鎧とも呼ばれる。


34. 韓国人
日本はあのように自分たちの特色がある素敵な鎧を作っていたというのに、朝鮮は中国の鎧のパクリ…
ヘル朝鮮wwwwwww


35. 韓国人
>>34
鎧自体がトンソンだ
プレートアーマーには及ばない
カイカイ補足:トンソンとは
トンソンとは、トンヤンギン(東洋人・ 동양인)のトン(東・동)をトンスル(糞酒・똥술)のトン(糞・똥)に置き換え、それにチェソンハムニダ(すみません・죄송합니다)のソン(송)を付け加えたものです。つまり、「糞洋人ですみません」という意味であり、東洋人のコンプレックスを自虐する際に使われたりします。トンソンという言葉自体、熟語というより、名詞として使われる場合が多く、例えば「韓国人も日本人も同じトンソンだろ」と言った形で使われたりします。意訳すると、イエローモンキーに近いかもしれません。


36. 韓国人
ガクトはイケメンだね
以前、紅白歌合戦に鎧を着て出演した時もかっこよかった


37. 韓国人
最も強い軍隊の鎧が最もかっこいい
つまり、モンゴルや満州族の鎧が最高ということ


38. 韓国人
>>37
米軍


39. 韓国人
そういえば、上杉謙信は女性だったという説もあるね(笑)


40. 韓国人
日本の城はどれもクオリティが高かったよ


41. 韓国人
>>40
あのような天守閣は、ある程度統一が進み、経済力がある大名が登場した戦国時代末期にできたものだ
日本の自生文化というよりは、戦国時代に入ってきた西洋文化の影響を受けた建築様式だね
戦国時代の真っただ中は、ただ木の柵をたくさん配置した、高台の山城がほとんどだった


42. 韓国人
日本は、朝鮮の鎧のようにデザインが一様ではなく、個性的に発展した理由はなぜか?


43. 韓国人
>>42
あの時代まで日本は、封建的な考え方が強く、上司の目にとまるように目立たなければいけなかった


44. 韓国人
直江兼続が徳川の家臣?
引き続き、側近として上杉家を補佐していたよね?


45. 韓国人(スレ主)
>>44
上杉家の側近だとしても、徳川に認められ協力したので家臣と表現したのだが間違っていたようだ


45. 韓国人
真田十勇士は、真実とかの問題ではなく小説に出てきただけ
カイカイ補足:真田十勇士 - Wikipedia
真田十勇士は、戦国時代末期から江戸時代初期にかけての武将・真田信繁(真田幸村)に仕えたとされる、10人の家臣のこと。あくまで伝承上の架空の人物といえるが、歴史的な由来を持つ人物もいる。


46. 韓国人
韓国は山地が多いから、あのような鎧を着たら命取りになる


47. 韓国人
>>46
山は関係ないだろ
山地の割合でいったら日本の方が多いし


48. 韓国人
直江兼続の兜の愛は、LOVEではなく、実は愛染明王の愛という罠(笑)
カイカイ補足:愛染明王 - Wikipedia
愛染明王は、仏教の信仰対象であり、密教特有の憤怒相を主とする尊格である明王の一つ。軍神としての愛染明王への信仰から直江兼続は兜に愛の文字をあしらったとも考えられている。


49. 韓国人
戦争に詳しいイルベ民に聞きたいことがある
日本は船に乗って攻めてきて、それを李舜臣が防いだようだけど、なぜ日本は、さっさと釜山や浦項に上陸せずに、あえて海の上で戦ったのか?


50. 韓国人
>>49
海路を制圧しないと、本国からの補給ができない


51. 韓国人
西洋の鎧>>>>>>>>>>日本の鎧>朝鮮の鎧


52. 韓国人
織田信長が新しく考えたとされる鉄砲の三段撃ちも創作だろう
それ以前から三段撃ちは、あったようだし…
考えてみれば、日本人は、三国志のように戦国時代の捏造をたくさんしている


53. 韓国人
>>52
江戸時代の小説家の創作が多いようだ


54. 韓国人
加藤清正、伊達政宗、豊臣秀吉
この3人の兜は病身すぎるだろ
チョッパリはあのようなプラスチックで作ったパワーレンジャーロボットのようなものを着て戦ったというのか…
病身力だけは最高クラスだね
高句麗の鎧が一番かっこいいと思う


55. 韓国人
宮本武蔵はどれぐらい強かったのかな?


56. 韓国人(スレ主)
>>55
強かったようだが、戦争では活躍していない


57. 韓国人
あの鎧は、表は漆塗りをしてあるようだけど、材質は鉄板?


58. 韓国人
>>57
肩や膝の部分は、絹+鉄板+皮+絹+漆、ツヤツヤした胸当ては、絹+鉄板(または皮)+木材+漆だったと思う


59. 韓国人
日本の戦国時代について勉強したいのだが、おすすめの本やドラマがあったら教えて欲しい


60. 韓国人
>>59
ドラマなら風林火山(2007年)と軍師官兵衛(2014年)
個人的には先に、官兵衛を見るのをお勧めするよ


61. 韓国人
そういえば、ガンダムはあのような武具からインスピレーションを受けたと聞いた


62. 韓国人
>>61
初代のガンダムの頭を見ると、露骨にそんな感じがするよね(笑)
ジムはどこかアメリカンな印象を受けるけど


63. 韓国人
確かに日本人たちの美的センスは素晴らしい
根本から韓国人とは違うようだ


64. 韓国人
>>63
はい、次の平均身長140cm


65. 韓国人
日本の鎧は、とても病身のようだが、日本は自国の文化を洗練されたもののように見せる才能があるね
マイナーなものをメジャーにするように
韓国は、良いものでも、平気で病身のように見せてしまうというのに…


66. 韓国人
藤堂高虎の鎧は、ダースベーターのスーツに似てるね
カイカイ補足:藤堂高虎の鎧
da-su


67. 韓国人
余談だが、本多忠勝が使っていた槍は、日本の槍の中でも最高と言われるものの一つである
鹿の角の兜も、趣があっていい
カイカイ補足:蜻蛉切 - Wikipedia
蜻蛉切は、戦国時代の武将本多忠勝が愛用した事で知られる天下三名槍と呼ばれた槍。


68. 韓国人
本多は、どこの領地をもらったのか?


69. 韓国人
>>68
バイクとエンジンをもらった


70. 韓国人
あれは百済、高句麗時代の鎧をコピーしたのではないか?


71. 韓国人
上杉の塩エピソードの真実は、自分の領地が塩の主な生産地だったので、塩を売って軍資金を確保するのが目的だった


72. 韓国人
あんな鎧を着て走って来られたら、怖すぎる(笑)


73. 韓国人
あの人たちの子孫が、今現在、どのように暮らしているかが気になる


74. 韓国人
>>73
徳川の場合は、明治維新で幕府は滅亡したが、その血筋は切れていない
財団を運営しながら生活している子孫がいる
カイカイ補足:徳川恒孝 - Wikipedia
德川恒孝(1940年2月26日 - )は、徳川宗家の第18代当主。松平一郎の次男。学習院大学政経学部卒業。学位は経済学士(学習院大学)。元日本郵船副社長。公益財団法人徳川記念財団初代理事長。WWFジャパン代表理事。公益財団法人東京慈恵会会長。公益財団法人斯文会名誉会長。元一般社団法人横浜港振興協会会長。


75. 韓国人
>>73
日本は市民革命がなかったため、過去の領主たちの一族が、今も地域で王様のように暮らしている
そこが英国と日本の共通点


76. 韓国人
>>75
じゃあ、代々ずっとお金持ちってこと?


77. 韓国人
>>76
そうだよ
反対に賤民階級もそのまま残っていて差別を受けて暮らしている
近代化されているようで近代化されていないのが日本の社会である


78. 韓国人
日本の鎧は本当にかっこいいね

スポンサードリンク
おすすめ記事(外部サイト)
韓国・東アジアニュース(外部サイト)