rabureta-

韓国のネット掲示板に「11月末に行った北海道旅行二日目:ラブレターを探して」というスレッドが立っていたのでご紹介。

1. 韓国人(スレ主)



※音楽と一緒に見ると、より雰囲気が出ると思います。


ハードな1日目を終え、今回の旅行の真の目的を実行するため、準備を始めました。それでは、その2日目を一緒に見てみましょう。

ドキドキして明け方早くに目が覚めてしまいました。
それで、ビルから見える夜明けの写真を撮りました。
日が昇ってから、我々は出発することにしました。
1


これはこの日の旅行には何の関係もありません。
なぜかミクがいたので…
2


今回の2泊3日の旅行の目的地である小樽に行く電車が、今入ってこようとしています。
小樽は、まさに映画ラブレターの撮影地です。
ラブレターを見て、とても感銘を受け、是非行ってみたいと思いました。
職場の後ろの座席に座っている人の「小樽出身」という言葉にビビッときて、彼女と共に手を取り合って小樽に行くことにしたのです。
3


ここは小樽の数駅手前にある朝里という駅です。
4


改札口は、何もせずにただ出るシステム。
本当に良心的な改札口…
5


静かに雪が降り始めます。
6


来た道を振り返ってみると、このようなきれいな姿が。
7


小樽市立朝里中学校です。
劇中の藤井樹(男)と藤井樹(女)が一緒に通っていた中学校がまさにこちらです。
8


折しも雪が降り積もって…(泣)
本当に最高でした。
映画のシーンも載せたいですが、Googleムービーはスクリーンショット禁止ですね…
9
10


長い歳月が感じられる建物です。
11


ところが、急に激しい吹雪が!
本当に、雪が正面から顔を打ちつける感じでした。
こんな気持ちになったのは、軍隊以降で初めてです。
雰囲気を楽しんでいましたが、すぐに撤退しました。
12


信頼のペンタックス、防水仕様。
13


キャハッ、雪だよ。
14


あれ、雪が止んだ?
空が青いよ?
15


吹雪を避けてやってきた小樽駅。
撮影した時間のわりに、写真が暗いですね…
実は、電車を降りてすぐに撮るのを忘れて、帰り道にとった写真です。
16


さっき朝里で降っていた雪が、小樽にそのままきたようです…
しばらく、映画のロケ地から離れ、小樽で有名なオルゴール堂に寄ってみました。
17


定刻になると響く時計塔。
18


オルゴール堂の隣にあったジブリの専門店で撮ったハウルの動く城。
19


これがオルゴール堂の内部です。
03269


キラキラ。
価格もキラキラ。
21


内部はとても広く、明るかったので写真を撮るには良いところでした。
22


こんな感じ?
23


蒸気で動く時計です。
24


これはただきれいだったので…(笑)
25


オルゴール堂から出て到着したのは小樽運河です。
昔は交易が盛んなところだったけど、今は衰退してほとんどが倉庫や、使われていない建物として残っているようです。
26


劇中で渡辺博子が藤井樹(男)が住んでいたところに行くために、男(名前分からず)と一緒に、その男の後輩に会いに行くシーンで出てくる路上です。
実際に見ると感動…
27


ここは劇中の最初に、郵便局員が藤井樹(女性)に手紙を届けに行く道です。
28


ご飯を食べるのを忘れていたので、市場に美味しいものを食べにきました。
03266


ワガママドン!
韓国語でいうなら、甘え丼?
03267


本当に新鮮な海産物だったので、とても美味しかったです。
また食べたい…
31


ここは、劇中の藤井樹(女)が母親に不意打ちをくらった病院です。
実際には病院ではなく、小樽市役所です。
この日は週末だったので中に入れなくてとても残念でした。
タクシーの運転手さんも一緒に残念がってくれました。
32


劇中の藤井樹(女)が働いていた図書館ですが、実際には図書館ではありません。
33


海運会社だったが、会社がつぶれて今は建物だけを残して博物館のように運営していました。
34


2階に上がる階段。
35


今にも藤井樹(女)が飛び出してきそうな気がしました。
36


あまりにも遅くなってしまい(実際には5時か6時だった)、夜間ショットになりましたね。
37


最後は再び運河にきて、運河の夜景。
38


このような感じで、今回の旅行の最大の目的であるラブレターの聖地巡礼を終え、札幌に帰ってきました。
3日目は、飛行機の時間がギリギリで、カニなど食べただけなのでアップはしません(笑)

私の旅行記はこれで終わりにします。
つまらない文章ですが読んでいただきありがとうございます。

39

03268

41

42

43

44

45

46

03270

48

49

50

51


翻訳元:http://bbs2.ruliweb.daum.net/gaia/do/ruliweb/default/1199/read?bbsId=G005&articleId=28432065&itemId=100


2. 韓国人
音楽と映像美、ストーリーまでもが、あまりにも美しかった映画ですね


3. 韓国人(スレ主)
>>2
そうです
私は特に音楽があまりにも…(泣)


4. 韓国人
面白かったです
楽しく見させてもらいました


5. 韓国人(スレ主)
>>4
ありがとうございます


6. 韓国人
鮮明で気持ちいい写真たちのおかげで疑似旅行できました
蒸気機関時計の写真が一番印象的でした


7. 韓国人(スレ主)
>>6
時計が印象深いショットなんて(笑)
嬉しいです


8. 韓国人
運河の夜景は本当にきれいですね


9. 韓国人
実物は、写真よりもきれいだと思いました


10. 韓国人
必ず一度は行きたいけど時間が…(泣)


11. 韓国人(スレ主)
>>10
時間があれば、必ず一度は行ってみてくださいね


12. 韓国人
北海道の海産物は安全ですか?
小樽の写真を見ると、一度は行きたくなりますが、あちら側の海に近いようなので、いつも気になってしまいます


13. 韓国人(スレ主)
>>12
福島から遠いし、厳密にいえば東海とほぼ同じですよ


14. 韓国人
>>13
北海道は日本の北東にあり、太平洋をロシアと共有しています
東海よりは福島の方が当然近いし、日本本土に阻まれている東海とは違って、福島とは太平洋を共有しています
水産物は東海よりも、太平洋、ロシアと隣接した地域でより多く獲ることが知られています
福島の原発事故以降、日本の水産物の輸入が禁止され、北海道沿岸で獲れる水産物を、日本産ではなくロシア産として、輸入する事例もあるようです


15. 韓国人
本当に美しい写真ですね^^


16. 韓国人(スレ主)
>>15
ありがとうございます


17. 韓国人
どこからか聞こえてきます
「オゲンキデスカ~」
カイカイ補足:Love Letter (1995年の映画) - Wikipedia
『Love Letter』は、1995年に公開された日本映画。1999年には韓国でも公開され、韓国ではとりわけ大人気を博し、劇中に出てきた「お元気ですか?」という言葉が流行語となったり、他にも豊川悦司の「それが山田さん家ィやったら、手紙は届かへんのや」というセリフがバラエティ番組でモノマネされるなどの話題を呼び、舞台となった小樽には韓国人観光客が大勢押し掛けたりした。なお、藤井樹(女性)の自宅という設定だった小樽市の旧坂別邸は、2007年5月26日に火災で焼失している。


18. 韓国人(スレ主)
>>17
「ワタシハゲンキデス~」
涙あふれるシーンです(泣)


19. 韓国人
>>18
藤井樹の家が燃えてなくなって、残念ですね


20. 韓国人
今日の夕方にもう一度、ラブレターを見てみます
楽しく見させてもらいました


21. 韓国人(スレ主)
>>20
ありがとうございます
感動的な映画は何度見ても感動します(笑)


22. 韓国人
あの「ワガママ」は、自分勝手という意味ですよ


23. 韓国人(スレ主)
>>22
そうですね
勉強になりました


24. 韓国人
小樽といえば、将太の寿司が思い浮かびます(笑)


25. 韓国人(スレ主)
>>24
そういえば、小樽で寿司を食べませんでした(笑)


26. 韓国人
小樽運河を見る度に、紅の豚の後半で飛行機を修理して浮かべるところに似ていると思う


27. 韓国人(スレ主)
>>26
私は、紅の豚を見たことがないので…


28. 韓国人
この映画は日本でも有名だと思っていましたが、カナダに遊びに行った時に知り合った日本人の友達に聞いたら、誰もこの映画を知りませんでした
女優の名前だけは知っていました
どこかのブログで韓国でのみ有名な日本映画だというのを見たけど、それが本当だとは思いませんでした
日本人の友達は30人以上いますが、一人も知らなかったのは、かなりショックを受けました


29. 韓国人
>>28
韓国でもCMのおかげで有名になった映画です(笑)


30. 韓国人
>>28
岩井俊二監督もあまり知られてませんね…


31. 韓国人(スレ主)
>>28
あの運河の博物館のおじさんも、韓国人たちがなぜここにくるのか、後で知ったようです(笑)


32. 韓国人
>>28
日本人の友達たちが、南怡島に行きたいというので話を聞いてみると、冬のソナタの話をし始めました
私と他の友達は、そのドラマを見たことがなく、日本人に韓国ドラマのストーリーを聞いたということがありました


33. 韓国人
>>28
韓国人の半分ぐらいは知っているのに、当の日本人が知らなかったんですね
最高の映画なのにね


34. 韓国人
寒いところは気がむかなくて行ったことがなかったのですが、あれを見ると行きたくなりますね


35. 韓国人(スレ主)
>>34
私と手をつないでいけば寒くないですよ(笑)


36. 韓国人
やはり日本
清潔感があって美しいですね
写真から、日本人のもの静かさが感じられます


37. 韓国人(スレ主)
>>36
小樽は田舎だからよりそう感じるのかもしれません


38. 韓国人
写真にたくさんの思いを込めましたね
おかげで目と心が満足しました


39. 韓国人(スレ主)
>>38
満足してもらえて嬉しいです


40. 韓国人
ラブレターの感性が感じられる写真ですね
胸が打たれました
いつか私も是非、北海道に行ってみたいです


41. 韓国人(スレ主)
>>40
北海道は本当にきれいなところなので、是非、行ってみてくださいね


42. 韓国人
写真がきれいですね^^
音楽を聴いていたら、過去にOSTアルバムを見る前に買って、本当に美しい映画に違いないと思ってすごく期待したのに、いざ映画を見たらおもしろくなく失望した記憶がよみがえりました(泣)
その分、OSTがとても良かったということでもありますが(笑)


43. 韓国人(スレ主)
>>42
OSTもいいですね
私は個人的には、あの淡い初恋の話が大好きです


44. 韓国人
私が日本映画の中で一番好きな映画です
年月が過ぎて、映画当時の風景は、たくさんは残っていないようですが、それでもある程度は残っているのは幸いですね


45. 韓国人(スレ主)
>>44
日本の特徴として再開発があまり多くないので、長く残っているようです


46. 韓国人
最高に大好きな写真です!


47. 韓国人(スレ主)
>>46
称賛ありがとうございます


48. 韓国人
パスポートをとってこなくちゃ…


49. 韓国人(スレ主)
>>48
行ったら写真をアップしてくださいね(笑)


50. 韓国人
ラブレターを見て北海道の美しい雪景色に、はまってしまいました
その日以来、私の心の故郷は北海道の函館になりました(笑)


51. 韓国人(スレ主)
>>50
雪景色は本当にすばらしいです

スポンサードリンク
おすすめ記事(外部サイト)
韓国・東アジアニュース(外部サイト)