saikou

韓国のネット掲示板に「米国の大学生が選んだ最高の国ランキング」というスレッドが立っていたのでご紹介。

1. 韓国人(スレ主)


20位:ブラジル
南米の半分を占めているブラジルは、世界最高の観光地である。
しかし、深刻な腐敗と貧困率、不平等な支配構造などは、深刻な矛盾と社会問題を生んでいる。
サンバなどの観光イメージのおかげで、20位に入ることができたようだ。


19位:大韓民国
大韓民国は、先端技術とサービスをベースとした経済で、唯一、援助を受ける国から援助を与える国に成長した。
世界輸出6位、経済規模は11位…
もう大韓民国が登場(泣)
多くのイルベ民がガッカリしたのではないだろうか?
ただ、理由を見ると、否定的な意見は1~2つぐらいで、残りはすべて韓国の現代史と称賛ばかりだった。
順位はちょっと残念だが、評価に満足することにしよう。


18位:アイルランド
アイルランドは小さく、貿易に依存する経済だ。
アイルランドの急速な経済成長は2008年の経済危機で止まったが、今日のケルトの虎(アイルランド)は、再び国際的なビジネス展開を奨励するために、低い税金政策を行っている。
多くの外国籍企業の支配は、アイルランドの輸出においてますます重要な要素となっている。
さらに、一部の専門家は、アイルランドという国の貧困格差不平等に対する懸念を示している。
ほとんど悪い話ばかりだった。


17位:中国
中国は鄧小平以降、急速に成長し米国に次ぐ世界第二位の経済大国になった。
中国経済の急速な発展は、所得の不平等、激しい汚染、そして二極化はさらにひどくなった。
このような問題があるため、中国は発展途上国レベルにとどまっている。
米国でも中国はよく批判の対象となる。
人権を弾圧し政治的自由は全くない、インターネットの厳しい制限、報道の自由度ランキングは下位など。
称賛よりも非難がほとんどで、特に米国では頻繁に批判の対象にwwwwwwwwwww


16位:スペイン
16~17世紀のスペインは世界的なリーダーであった。
しかし、産業革命以降は下り坂を駆け落ち、1939年にはフランコという独裁者の支配を受け、スペインが前に進むことができるようになったのは、彼の死んだ1975年以降のことだ。
スペインの成長の原動力は、建設業と観光業などだが、2009年の深刻な景気後退によるリストラ、失業者問題で、良くない状態が続いており、さらに追い打ちをかけるように、各地方で独立運動まで起き、政府に挑戦している。
スペインの過去の歴史は偉大だったが、現在は経済危機に陥っているなどという話が多かった。


15位:シンガポール
シンガポールは、アジア四小龍の一つで、素晴らしい成長と効率的な製造および生産の慣行が好況を呼び、電子および製薬産業が自由市場の革新のための方法を生んだ。
今は一人当たりの国内所得が高く、失業率は安定的で世界で最も豊かな国の一つである。
しかし、2030年には人口の半分が移民になると予想され、人口増加に伴う格差と、狭い領土による生活コストの上昇に対する懸念がある。
干拓の推進と都市化などによる産業公害の改善のために、環境に優しい慣行が必要。
シンガポールは安定的で模範的な国だと称賛する話が多い。
ただ、あまりにも無分別な干拓事業による公害の懸念がある。


14位:ルクセンブルグ
ルクセンブルクは10世紀の間、多くの王国の支配を受けてきた。
しかし、常に別の政治理念を維持し、1867年に独立をした。
一人当たりの所得がEU内で最も高く、国民生活に質も高い。
プライベートバンキングの中心地でもあり、金融部門が経済の軸になっている。
主要貿易国は、ドイツ、フランス、ベルギーだ。
人口の半分はポルトガル人、フランス人、イタリア人、ドイツ人で構成され、最近は国際的にタックスヘイブンとして批判を浴びたことがある。
ルクセンブルクもほとんどが称賛の言葉だが、国内やタックスヘイブンの問題が取り上げられている。


13位:イタリア
イタリアは南北の経済格差が激しいが、ユーロ圏3位の経済大国でもある。
主要輸出品は、機械、輸送装備、化学製品、衣類、ワインだ。
観光国であり生活は複雑で、持続的な組織犯罪と腐敗に悩まされている。
そして、低成長と高い女性の失業率は、大きな懸念とされている。
意外にも製造大国のようだ。
そして、みんなもよく知るマフィアの問題と経済の問題が取り上げられていた。


12位:オーストリア
オーストリアは豊富な伝統文化と、首都ウィーンはクラシック音楽の革新のための欧州の中心地となった。
それで、ベートーベンとモーツァルトなどはウィーンでその生涯のほとんどを過ごした。
オーストリアの自慢は、生活の質が高く、一人当たりの所得も高いこと。
経済は、ドイツと密接な関係があり、主要貿易パートナーでもある。
国内最高の経済分野は、サービス業と農業だ。
西側と南側はアルプス山脈と接していることもあり、優れた観光地としても知られている。
オーストラリアは、音楽、一人当たりの所得、生活の質が最高で、観光地としても超最高。
否定的な話はなかった。


11位:ニュージーランド
ニュージーランドは独立後、数年間は安定的な成長をした。
乳製品、牛肉、鶏肉、果物、野菜、ワインなどを主に輸出している。
一人当たりの所得も依然として高く、GDPに対する教育産業が7.4%と世界で最も高い。
ニュージーランドは観光に向いていて安定している国だ。
やはり酷評されていない。


10位:デンマーク
デンマークには、市民たちがほとんど無料で治療を受けられる普遍的な健康管理システムがあり、大学は注目に値する。
コペンハーゲン大学とオーフス大学は、極めて進捗的で優れた技術革新を生み出している。
食品加工、観光、鉄鋼、機械生産などの製造業と食品業を持つ国だ。
主要輸出品目は、食品、農業、産業機械、医薬品、家具など。
経済は、失業者に対する政策と柔軟な労働市場を組み合わせた安定的なモデルを基盤としています。
しかし、法人税率は24.5%と、世界で最も高いレベル。
食品業、観光業、農業などの一次産業が強く、法人税は最高クラス。
この国も酷評されていない。


9位:オランダ
オランダは2001年に初めて同性婚を合法化した国だ。
麻薬や売春、安楽死などに対する政府の立場も、かなり寛大な方だ。
2012年からは、協同組合連合協定を締結し、医療と住宅市場、労働市場、外交政策、エネルギー部門の向上に力を入れているところだ。
この政府は、他の国では禁止されていることに対して、とても寛大である。
そして、この国もほとんど酷評されていない。


8位:フランス
誇張しているわけではなく、フランスは過去、現在において最も影響力のある国だ。
西欧で最も古い国家であり、経済、政治、文化なども世界トップクラスだ。
世界銀行は、高所得国家としてフランスをよく例にあげ、フランス市民は、教育、健康、退職後の年金などの特定の社会サービスを保障してもらうために、連邦政府に期待している。
フランスは、観光業もトップを走っており、その他の産業も、農業、エネルギー、防衛産業などが強い。
特に軍需産業の武器輸出は、米国クラスである。
フランス人は、ケルト、ゲルマン、ラテン民族の混血であり、急速に移民(イスラム教徒、北アフリカ)が増えてきている。
そして昨年の11月、パリの同時多発テロ事件以降、様々な国内の問題に直面し、イスラムと移民者に対する攻撃的なジャスチャーを多く取っている。
そして失業率という深刻な問題もある。
文化産業としては映画と料理、ワインなどは世界で最も普及させた国の一つである。
説明がめっちゃ長い。
フランスは観光業が世界1位、影響力も世界1位、その他社会制度も文句なしだが、移民の問題と密かに失業率が深刻な状態。
しかし、フランスの文化は世界で最も普及した文化であり、昔も今も影響力は最高な国だ。


7位:日本
日本は19世紀の明治維新で、アジアで唯一近代化に成功した国であり、帝国主義的性向が強く、領土欲が強い国だった。
第二次世界大戦で敗戦し、再び経済を立て直した。
天皇は象徴的な存在として君臨しており、投票で選出された政治家が実権を握っている。
サービス部門は、日本経済で最も大きな割合を占めている。
日本は寿司の発祥地であり、様々な伝統スポーツがあり、その代表的なスポーツが起源を8世紀とする相撲だ。
しかし、世界で最も深刻な少子高齢化が進行中の国でもある。
日本は帝国主義で崩壊した経験がある。
天皇は象徴的な存在で、政治家が実力者。
寿司と相撲が発達。
しかし、深刻な問題として最も少子高齢化が進んでいて崩壊中。


6位:オーストラリア
オーストラリアは、豊かな国で、経済はサービス部門や商品の輸出がメイン。
そして、高いスポーツ参加率と男女共に高い平均寿命を誇る。
国民は、特に環境問題について懸念していて、政府の資料によると、国が京都議定書で温室効果ガスの排出を減らすための条約を批准しているにも関わらず、一人当たりの二酸化炭素排出量は世界最高クラスだ。
オーストラリアは経済富国。
長所は平均寿命も長く、スポーツ産業も活発なところ。
短所は一人当たりの二酸化炭素排出量がめちゃくちゃ多いこと。
長所と短所がバランスよく書かれていた。


5位:スウェーデン
スウェーデンは、最先端のインフラを備え、素晴らしい医療の恩恵、そして大学教育は無料という福祉が整った国だ。
1995年に欧州連合に加入したが、輸出に依存する経済のためにユーロ圏の通貨に切り替えることを拒否した。
最近のユーロは下落傾向にあるが、スウェーデンだけは着実に回復してきている。
そして、木材、水力、鉄鉱石の貿易市場を拡大するために努力中だ。
みんなもよく知っているスウェーデンの福祉は超最高だという内容。
そして、通貨、その他スウェーデンが最近努力している産業分野の話だ。
もちろん、酷評などはない。


4位:米国
米国は50の州で構成された国で、世界GDP第1位だ。
また、技術的にも強大国である。
主要な輸出品は、コンピュータ、電子機器、自動車、化学製品、食品、動物、軍需装備。
そして、米国は世界最大の石炭埋蔵量を保有している。
米国はどのような国なのか?
文化的、人種的にも多様で、欧州の移民たちの波によって形成された国だ。
文学、芸術、音楽は世界で認められていて、ジャズは米国で誕生した音楽だ。
世界中に流れるTV番組、ミュージックビデオ、映画などのメディア産業は世界でトップを走っている。
グローバル化の時代にも関わらず、依然として人種差別や所得不平等、深刻な銃による事故などは米国が直面している国内の問題である。
多くの場合、国連とNATO、世界銀行などの国際機関の創立に努力し、国際機関のリーダーとして君臨する。
経済、文化、世界への影響力などは世界トップクラスだが、国内に問題も多い。
トップ3位には入ると思っていたので、米国が4位というのは少し意外だった。
米国が偉大だということを知らない人なんていないだろ。


3位:英国
英国のロンドンは世界金融の首都で、その他、観光業、サービス業が英国経済に着実に貢献している。
産業革命の本場で、製造業と自動車産業、航空宇宙事業を主導した。
20世紀後半からやってきた、南アジア(パキススタン、インド)、アフリカ、カリブ海諸国、東欧国家などの移民者たちに頭を悩ませている代表的な国だ。
その他にも芸術、科学に大きく貢献した歴史を持っており、ウィリアム・シェイクスピアは英国文学で最も偉大な作家だ。
英国の科学者たちは、重力、水素およびペニシリンを発見し、空気力学、自然学、進化論などを発表した。
米国人が米国よりも英国を評価しているとは思わなかった。
英国に対する評価は、華やかな歴史と芸術、科学、そして金融業、観光業などは超最高の国。
しかし、移民のために苦労をしている国でもある。


2位:カナダ
カナダは英連邦の代表的な国で、英国女王を国家元首としている国だ。
そして、議会のスタイルも英国スタイルに従っている。
1971年にカナダは、国家の多様性を祝うために、多文化政策を展開した。
その他にもカナダは、先端産業社会である。
高い生活水準と1980~90年代から積極的に米国との貿易を強化して、現在はお互いに最大の貿易パートナーとなる。
サービス産業が経済で最も大きな割合を占めるが、エネルギー、食品、ミネラルが主要な輸出品だ。
資源も豊富で、石油埋蔵量は世界第3位、生産量は世界5位だ。
しかし、先住民と摩擦があり、ケベック州のフランス語を話す地方と問題をよく起こしている。
憲法では地方の文化と言語は保証されているが、完全な独立は認めていない。
カナダの政治制度は英国スタイルで、経済協力は米国としている。
しかし、地方の問題として先住民との対立がある国である。
それでも、超一流の先進国であるため2位に選ばれた。


1位:ドイツ
ドイツはEUのトップで、社会的市場経済を選択している国だ。
豊かで熟練した優秀な人材を保有している国だが、サービス産業に対する支出が、人口に対して多すぎるという問題もある。
そして、トルコ人と、その他多くの少数民族などにとって、ドイツは最も人気のある移住地で、21世紀に入り、ドイツの出生率の軸になっている。
ドイツは自然および社会科学だけでなく、現代アートと人類の発展に大きく寄与した印刷技術を生んだ国でもある。
民族祭りでは、一年に一度開かれるオクトーバーフェストがあり、世界で最も大きなビール祭りだ。
意外にも短く、ほとんどが韓国人が知っているドイツのイメージ通りかもしれない。
予想外にサービス産業に少し問題がありそうだ。


この情報のソースは(http://www.usnews.com/news/best-countries/overall-full-list)だ。

USNEWSは毎年、米国の大学ランキングを調査して発表する米国人の学生、父兄、受験生たちがみんな楽しみに見ている米国内の公信力のある大学ランキング総合研究所だ。

そこが今回、世界最高の国家60ヵ国を選定して発表したのである。

翻訳元:http://www.ilbe.com/7551444847


2. 韓国人
チャンケ以下の半島レベルwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


3. 韓国人
寿司と相撲が発達wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


4. 韓国人
韓国が1位だと思ったのに


5. 韓国人
>>4
韓国が入っていること自体が奇跡である(笑)


6. 韓国人
スレ主の努力は評価する


7. 韓国人
英国、ドイツ、フランスが1、2、3位だと思ったが、違ったようだ


8. 韓国人
ドイツマンセー!


9. 韓国人
サスガ日本


10. 韓国人
イスラエルが入ってないのは意外だな


11. 韓国人
スイスが入ってない時点で、この資料はクソだね


12. 韓国人
ファック
韓国がチャンケより下だなんて…
国に力がないせいで…


13. 韓国人
ドイツはすごいね
ハイルヒトラー!


14. 韓国人
日本に大きく負けているという…


15. 韓国人
>>14
なぜそんなに日本とばかり比較をするのか?


16. 韓国人
>>15
兄弟国だから
カイカイ関連記事:韓国人「韓国と日本が桃園の誓いを結ぶべき理由」


17. 韓国人
>>15
韓国は日本をロールモデルとした国なので目標にしている


18. 韓国人
>>15
日本がアジアでトップだから比較をするのだろう


19. 韓国人
>>15
朝鮮特有の劣等感


20. 韓国人
カナダって英国の領土なのか?
初めて知ったよ
国家元首が英国女王ってwwwwwwwwwwwwwwww


21. 韓国人(スレ主)
>>20
英国女王は、15ヵ国か25ヵ国かの王であり、事実上、現代唯一の皇帝である
大英帝国の残滓と見ればいい
カイカイ補足:英連邦王国 - Wikipedia
英連邦王国は、グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国(英国、イギリス)の王座にある者を自国の国王として戴く国家形態、また該当する国々を指す。2015年現在、計16ケ国ある。
03395
▲青が現在の英連邦王国。赤がかつて英連邦王国であった国。


22. 韓国人
>>21
じゃあ、カナダには大統領や王はいないのか?


23. 韓国人(スレ主)
>>22
そうだよ
首相が政治をしている
そして、今でも総督府が残っていて、英国から総督を派遣している
総督は女王の代理人で、今でこそ名誉職となっているが、1970年代にはカナダの議会を女王の名で解散させたこともあった
カイカイ補足:カナダの総督 - Wikipedia
カナダ総督は、カナダにおける総督。カナダの国家元首であるカナダ国王(イギリス国王)の名代として任命される事実上の国家元首である。カナダはイギリス連邦に属しており、総督はカナダにおける女王エリザベス2世の代理を務めている。


24. 韓国人
>>23
完全に植民地だね
台湾と同じ仲間だと思えばいい
国家だが、自主国ではない
カイカイ補足:自主国 - Wikipedia
自主国とは、近代までの世界観で、一つの国として主権を持った国家のこと。


25. 韓国人
>>24
自主国である
オーストラリアのように、英連邦に所属し国家元首が女王なだけで、大統領と同じ立場として首相が国を管理している


26. 韓国人
カナダって先進国なの?


27. 韓国人
>>26
ヘル朝鮮より先進国だぞ…


28. 韓国人
>>27
カナダは最高クラスの国だよ


29. 韓国人
>>28
正しい
韓国のGDPより上で個人GDPは2倍(カナダの人口3600万人)、世界で2番目に広い領土を持ち、莫大な量の資源を保有している
特に金、ダイヤ、石油


30. 韓国人
>>29
資源国なのか?


31. 韓国人
>>30
そうだね
資源はすごく多い
米国に石油を輸出する国家の一つである
そして、きれいな水が世界で最も多い国でもある


32. 韓国人
韓国人の俺基準では日本が1位
いくら国力が強く、経済が豊かで見どころが多くても、黒人が路上で銃を発射する国では生きられない
安全に焼酎を飲んでタクシーに乗って家に帰れないとね


33. 韓国人
無条件愛国主義者たちが、顔真っ赤にしそうな記事だね(笑)


34. 韓国人
正直、韓国も北韓を占領すれば、イタリアには追いつける


35. 韓国人
米国の大学生たちが、カナダを2位に選んだって本当か?


36. 韓国人
>>35
大学生だから、他の国からの留学生も入っていたのではないかな?


37. 韓国人
ファック
米国人たちは真珠湾のことを忘れてしまったのか


38. 韓国人
>>37
米国の歴史の授業では、真珠湾についてめっちゃ批判的だが、戦勝国なので余裕を見せている
当の日本は米国に対して劣等感を感じているようだけどね


39. 韓国人
>>38
米国人は、韓国人のように昔の感情に動かされるような人間ではない


40. 韓国人
韓国の順位が低いね…


41. 韓国人
>>40
サムスンのおかげで、19位に入れた
サムスンがなければ、30位圏レベルである


42. 韓国人
>>40
欧州、南米の国々の方が目に入る機会が多いからね
米国人にとって、韓国は遠い国として有名


43. 韓国人
>>42
それでも俺は10位内には入ると思っていたよ
高望みしすぎたようだ


44. 韓国人
韓国の順位を見ると北韓の影響がありそうだね
他の国から見れば、明らかに戦争状態で休戦しているに過ぎない


45. 韓国人
ご主人様たちに韓国という国を記憶していただいているだけでも御の字である(泣)


46. 韓国人
韓国は、チャンケやチョッパリより低いのか


47. 韓国人
>>46
文化的には、あまり知られてないからね…


48. 韓国人
米国のことを信じていたのに、なぜ日本を7位に選ぶのか(笑)


49. 韓国人
男に住みたい国はどこかと聞いたら、絶対に韓国の名前は出ないだろう
おそらく、韓国の順位が低いのは、徴兵で強制的に軍隊に行く必要があるのと安保不安が大きいからだと思う


50. 韓国人
イタリアは外からは本当に素敵に見えるけど、実際に住むとそうでもない


51. 韓国人
衝撃的だね…
血盟である半島より、敵国であるチャンケの方が良いと…


52. 韓国人
ドイツはイルベだけで称賛されているのではなく、米国の大学生も称賛しているようだ


53. 韓国人
他の国は認めても、韓国がチャンケより下なのは容認できない


54. 韓国人
>>53
米国に住んでいるイルベ民だけど、影響力は無視できないということだよ


55. 韓国人
韓国が20位内に入っただけでもすごいと思う
数十年前まで、経済的にめちゃくちゃ貧しかった大韓民国が…
先祖たちに本当に無限の感謝を感じる瞬間だ


56. 韓国人
日本(7位)>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>チャンケ(17位)>>朝鮮(19位)
ここは無条件愛国主義者たちが卒倒するスレですwwwwwww
ご主人様の評価なので何も言い返すこともできません…(泣)
日本の話をする前に、まずは中国に勝たなければならない


57. 韓国人
主観的な基準で選んでいるようだね…
一人当たりのGDP、最低時給、教育水準、労働時間、人間開発指数、治安などの客観的な基準が重要ではないのか?
正直、世界の質だけ見ても、あの順位にはならない
ノルウェーは17位の中国より上ではないのか?


58. 韓国人(スレ主)
>>57
学生が考えるイメージと認知度だけでランキングされているようだ
君が言ったことをすべて考慮すれば、中国は50位圏外になる


59. 韓国人
韓国があの中に入れるなんて本当にすごいと思う
ドイツ、米国、英国、日本の力を改めて感じるね


60. 韓国人
あれは大学生が選んだわけではない
スレ主は英語も読めないくせに、よくこんなのを記事にしたね
病身は評価しない


61. 韓国人
俺が住みたい国は、英国、ドイツ、オーストラリア、カナダ、米国


62. 韓国人
>>61
人種差別されるよ


63. 韓国人
日本はアニメがなければ、10位圏内には入れなかっただろう


64. 韓国人
お金さえあれば、韓国が最高ではないか?


65. 韓国人
>>64
環境や国民性が非常に汚いので嫌だ


66. 韓国人
北米や西欧が一番いいと思う
韓国は大国に挟まれているので、気の休まる日がない


67. 韓国人
治安の良さ1位の国を無視しないでください!
カイカイ関連記事:韓国人「犯罪指数が低い国ランキング、韓国と日本の順位は…」


68. 韓国人
英国は本当に素晴らしかった
ロンドンに行ったけど、なぜニューヨークと共に世界一の都市であるかが分かった
離れるのが本当に嫌だった(泣)


69. 韓国人
欧州旅行で西欧諸国、スペイン、イタリアに行ってきたが、ドイツは色々な面で最高クラスの国である
英国、フランスの全体的な雰囲気が、東アジアの韓国、中国なら、ドイツは日本のような感じ
空港に降りた時から快適さを感じ、市民意識の高さが目に見えて分かる
しょっちゅう暴動を起こしている他の欧州の国民たちとは違う


70. 韓国人
俺の米国人の友達もドイツを完璧な国だと、すごく称賛していた

スポンサードリンク
おすすめ記事(外部サイト)
韓国・東アジアニュース(外部サイト)