hattti

韓国のネット掲示板に「渋谷の忠犬ハチ公について調べてみよう(悲しいので注意)」というスレッドが立っていたのでご紹介。

1. 韓国人(スレ主)

まず、初めて書く情報記事なので、筆力が最低な点は理解して欲しい。

ハチ公の犬種は秋田犬だ。
こうやって見ると柴犬に似ているね。

1


それでは本題に入ろう!
日本の東京に遊びに行ったイルベ民たちは、渋谷に行ったことがあるだろう。
渋谷に行くと、ハチ公の銅像がある出口がある。

2
3


この話を知らない人々は、なぜ犬の銅像があるのかと思うかもしれないが、この銅像は渋谷の象徴とされていて、渋谷駅を眺めている。
この銅像には、どんな事情があるのか?

自分を大切に育ててくれた主人が死んでしまい、一日も欠かさず10年間も主人の帰りを待っていた犬が、この話の主人公だ。

日本が帝国主義を夢見ていた1923年11月に秋田県大館市の斎藤という人の家でこの犬は生まれた。
そして、この斎藤という人は、普段お世話になっていた東京大学農学部の上野教授に、この犬をプレゼントしたいと考えた。

二ヶ月以上子犬を育てた後、斎藤はこの子犬を米俵に入れ、1924年1月14日第702号列車に乗せて、東京の上野駅へと送った。
上野まで約20時間程度かかり、ハチ公は渋谷にある上野教授の家に到着したが、この当時、体がとても弱かったという。

4
▲ハチ公が生まれた秋田県の家


ハチ公を受け取った時、上野教授の年齢は53歳、夫人は39歳だった。
上野教授は、養女であるつる子夫婦、そしてお手伝い、庭師、書生までいる家庭を築き上げたお金持ちだったという。
渋谷駅から歩いて5分の距離に住んでいた上野教授は、秋田犬が大好きで5匹も飼っていた。
しかし、どれも長生きせず、1~2年で死んでしまっていた。

5
▲当時の渋谷駅の地図


体が弱かったハチ公は、上野教授が心を込めて面倒を見て手厚く看護した結果、健康な犬に成長した。
それから1年が経ち、ハチ公は毎日、上野教授の出退勤を見送る忠犬となった。
見送る場所は、二ヵ所だった。
一ヵ所は、家から遠くない農学部の前の正門、そしてもう一ヵ所は渋谷駅だ。

6
▲1987年の映画「ハチ公物語」の渋谷駅


そして、当時の実際の渋谷駅。
見ているだけで本当にゴチャゴチャしている。

7


上野教授は、ハチ公だけでなく、JohnとSというポインター犬も一緒に飼っていた。
Johnという犬が、ハチ公の面倒をよく見ていた。
もちろん、この二匹も上野教授をハチ公と共に見送っていた。

8
▲上野教授の写真

しかし、ここで悲劇が訪れた。
雨や雪が降っても、風が吹いても、常に見送りをして1年足らずしか経っていないある日、ハチ公に悲劇が訪れたのだ。

1925年5月2日、いつものようにハチ公の見送りを受けて出勤した上野教授は家に帰ってこれなくなった。
教授会会議を終えて、他の教授と話をしていると、急に後ろに倒れ上野教授は亡くなった。

しかし、ハチ公はその事実も知らないので上野教授を農学部の建物の前で夜遅くまで待ったが、教授は帰ってこない。
家に帰ったハチ公は、教授の匂いが漂う遺品がある納屋に入り、3日間も絶食し、ぼんやりと座っていた。

9
▲当時、戻らない教授を待つハチ公の写真二枚


4日目の25日、教授の告別式が予定されている夜、JohnとSと共に再び主人を迎えに渋谷駅に行った。
その後も引き続き主人を迎えに行ったが、ハチ公一匹だけの日が多くなった。
突然の教授の死で、家は大変なことになり妻は婚姻届がでてなかったという理由で、遺産相続などの権利も剥奪され、住むことができずに、岡山にある実家に戻った。

10
▲生前のハチ公の姿

11
▲病気になった後のハチ公

生前教授が愛していた犬たちを捨てられなかった夫人は、ハチ公、Johnを生地の商売を営む親戚の堀越に預けた。

実家に行く前に、時間があると、ハチ公を見に行ったが、鎖に縛られたままご飯も水もちゃんと与えられていない姿を見て夫人は心が張り裂けそうだった。
ある日、生地を買いにきた客を妻と勘違いしたハチ公は家を出てしまい、その事件があった後、浅草にいる夫人の親戚の家に預けられたが、ハチ公に嫉妬する隣人たちのせいで結局、長くいることはできなかった。

12
▲作者が分からない絵にハチ公の姿が見える


ハチ公は再び渋谷に戻ってきて、教授の相続人でもある養女のつる子の家に引き取られたが、以前のように明るく、健康的ではなくなってしまった。

もちろん、つる子がハチ公を嫌っているわけではなかった。
しかし、教授がいないのでハチ公はまだ悲しかった。
その家で、ある程度過ごしてハチ公はまた、他の家に行くことになった。
教授の庭師、小林の家だ。
ハチ公は、それでもまだ悲しかった。

13
▲日本犬保存会が所蔵しているハチ公の写真


ハチ公は、このような状況でも、まだ教授を待つために渋谷駅に行った。
そして、その家でも耐えることができず、家出をしてしまった。
野良犬たちと露天商たちに、いじめを受けながら旅をするようになった。

しかし、主人を毎日待っていたハチ公は地域の新聞で知られるようになる。
新聞記者たちがハチ公の事情を知らせた。
片方の耳が垂れ下がっているのを見て雑種ではないかという論争も始まり、さらに有名になった。
しかし、雑種ではなく、皮膚病のせいで耳が垂れていたようだ。

ハチ公のこのような事情が知られ、日本犬保存会を組織した斎藤が関心を持ち、さらに知られるようになった。

彼は、新聞に事情の寄稿を行うと共に、銅像建立にも拍車をかけた…
多くの人々が募金に参加をした、さらには外国の子供たちまで募金をしたそうだ。

1934年3月10日午後5時から始まった建立式には3000人あまりの人が集まった。
順調に進み、渋谷駅を眺める場所に建てることにした。

斎藤、そして銅像を製作した安藤、渋谷駅長、そして教授の未人などがこの行事に参加をした。
そして、この銅像はハチ公が生きている頃に建立することができたんだ!

14
▲銅像の建立式に集まった人たち…


銅像が建てられた後、ハチ公は依然として主人を迎えにきていた。

そんなハチ公は、1935年3月8日午前6時に死体で発見された、13歳だった。

15
▲剥製にされた実際のハチ公の姿


ハチ公が発見されたところは、普段あまり行かなかった駅の反対側のかなり離れた路地だったという。
犬は死ぬ時になると、主人との情を切ろうと近くにこないようになるそうだが、それと似ている。
死因は心臓のフィラリアだったというが、これは犬にとっては、とても致命的だ。

19
▲ハチ公の死んだ後の様子(一番右が教授の夫人)


ハチ公の死が報じられてからは、大勢の人が葬式に参加するために集まり、教授の未人も出席した。
人間の葬儀のように行われたという。
火葬されたハチ公の骨は、上野教授の隣に並んで埋められた。

16
▲教授とハチ公の墓


しかし、ハチ公の銅像は再び悲劇を味わうことになる。
第二次世界大戦が勃発し、物資が足りなくなると、この銅像も撤去することになった。
この銅像が撤去されると、日本人たちは何か不幸なことが起きると考えたそうだ。

17
▲像が撤去される様子


銅像のせいではないが、1945年、日本は無条件降伏をしてしまう。
1948年に再び銅像が建立され、渋谷駅ではハチ公が銅像となり未だに主人を待っている。

18
▲当時、銀行員が撮った実際のハチ公の姿


2015年3月8日に、ハチ公の80回目の命日を迎えて東京大学のキャンパスに設置された上野教授とハチ公の銅像の姿だ。
人々はこの時、「ついに、彼らは会うことができたんですね」と言いながら喜んだという。
20


渋谷駅に行けば、このようなハチ公の姿を見ることができる。
それだけ、渋谷の象徴となったということだ。
21


東急百貨店では、このようなキャラクター商品も売っている。
22
23


最後に、2009年に公開された、この話をリメイクしたリチャード、ギアが上野教授役を演じた「HACHI」という映画もある。
24


以上である。
情報記事を書くイルベ民はすごいね。

三行要約

・ハチ公は
・日本の
・忠犬である

翻訳元:http://www.ilbe.com/7701867273


2. 韓国人
剥製wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


3. 韓国人
>>2
クレイジーwwwwwwwwwwwwwwwwwww


4. 韓国人
T ^ T


5. 韓国人
あの映画を見たけど、感動的だった


6. 韓国人
死んでもゆっくり休めないね…


7. 韓国人
渋谷駅6番出口


8. 韓国人
写真がいいね


9. 韓国人
マンガで読んだことがある


10. 韓国人
猫には及ばない


11. 韓国人
あ、あれがまさか渋谷系の元祖なのか?


12. 韓国人
犬にも劣るイルベ民たち(笑)


13. 韓国人
映画に登場する犬に比べて、本物は、はるかにブサイクではないか?


14. 韓国人
あの犬の何がすごいの?


15. 韓国人
>>14
主人への忠誠心


16. 韓国人
>>15
犬が主人に忠誠を誓うのは当然だろ?


17. 韓国人
あの犬の銅像の前で、写真を撮るのは大変だ
人がめっちゃ多いし、外国人もいる


18. 韓国人(スレ主)
>>17
あそこは待ち合わせの場所に使われることが多いからね…


19. 韓国人
これがハチ公物語か


20. 韓国人(スレ主)
>>19
そうだよ


21. 韓国人
全羅道の犬の話を、一度作るといいよ
不意打ちがすごいから(笑)


22. 韓国人
ポシンタン(犬肉スープ)は評価しない


23. 韓国人
ハチ公物語は、米国版日本版両方とも見たけど、日本版がスレ主の話と似ているね


24. 韓国人(スレ主)
>>23
もともと日本版が実話で、米国版はリメイクだからね


25. 韓国人
渋谷に一度行ったことがあるけど、交差点に人が多くて怖かった
109は個人的に好きだね
そして、原宿と新宿から近い


26. 韓国人
やはり犬畜生も金匙であれば、銅像を建ててもらえるようだ
カイカイ補足:金匙(きんさじ)とは
金匙とは韓国のネット用語。努力もせず、生まれながらにして金の匙を持っているということであり、金持ちのボンボンを意味しています。対義語は、土匙で、これは貧乏人を意味しています。中流層は銀匙とし、ちょっと貧乏はプラスチック匙などと言われたりします。


27. 韓国人
教授は、めっちゃあっけなく死んだね


28. 韓国人
リチャード、ギアのHACHIは、おもしろかった
実話だったんだね


29. 韓国人
あの銅像の隣は、スモッグがすごい
タバコの煙が(笑)


30. 韓国人
珍島犬って、あれの偽物か?
よく似ているようだけど
カイカイ補足:珍島犬 - Wikipedia
珍島犬(チンドけん)は、韓国原産の犬種の一つである。日本の6大種のうち北海道犬を除く5大種(柴犬、秋田犬、甲斐犬、紀州犬、四国犬)とルーツが同じとされている。


31. 韓国人
ファック
ハチ公に味噌を塗って売れば良かったのに


32. 韓国人
以前、日本版のハチ公物語を見てめちゃくちゃ泣いた
本当にとても悲しい話で、二度は見れないほどの内容であった


33. 韓国人
美化された銅像をご覧ください


34. 韓国人
ファック
銅像や慰霊碑を建てるのはいいけど、剥製にするのは猟奇的だ


35. 韓国人
>>34
食べ物でいたずらしてはいけないよね


36. 韓国人
剥製?
正気ではないね、本当に…


37. 韓国人
>>36
あいつらは天皇が座っていた椅子も数百年間保存するようなクレイジーなやつらである


38. 韓国人
財産は養女がすべて相続して母は追い出された
養女が最後まで面倒を見るべきだろ
なぜ、他人の家に送ったのか


39. 韓国人
韓国には「白い心ベック」がある
カイカイ補足:白い心ベックとは
2000年10月6日から2001年1月12日まで、SBSで金曜日の午後5時50分に放送された韓国のアニメーション。1993年、大田で売られていった珍島犬が、主人を忘れられず首輪を壊し、7ヶ月の間、約300kmの距離を走って主人の元に戻ってきたという話。


40. 韓国人
剥製にしたと写真まで掲載しておいて、人間と同じように火葬したというのはどういうことなのか


41. 韓国人(スレ主)
>>40
剥製は皮だけ剥がす


42. 韓国人
楽しく読ませてもらったよ
東大が上野駅にあるのは知っているけど、教授の名前も上野だったのか?
読んでいると、混乱してくる


43. 韓国人(スレ主)
>>42
教授の名前が上野だよ


44. 韓国人
犬は主人が忘れられなかったのに、人々は耳が折れているとして、純血であるかどうかをゴシップのネタにしたという


45. 韓国人
シブヤリンを思い出したので、評価する


46. 韓国人
犬は主人がホームレスになっても絶対に見捨てない人間の友達


47. 韓国人
剥製になって永遠に苦しみなさい(笑)


48. 韓国人
大日本帝国の忠犬は、タカギマサオ(朴正熙元大統領の日本名)ではないのか


49. 韓国人
>>48
トヨタダイジュ(金大中元大統領の日本名)ではないのか?wwwwwwww


50. 韓国人
>>49
正確にはツートップだったね
申し訳ない


53. 韓国人
あれは駅前の焼き鳥屋が毎日、肉をくれるからパブロフの犬のように渋谷駅に行くのが習慣になったと日本人から聞いたよ
カイカイ補足:異論|忠犬ハチ公 - Wikipedia
この一連の美談に対し異を唱える説も存在している。哲学者の高橋庄治は当時上野英三郎の近所に住んでおり渋谷駅で待つハチも目撃しているが、上野は大学教授という職業柄通勤時刻が不規則な上、ハチも通勤に関係無い時間帯に駅近くをぶらぶらしていた。このハチの習慣を知らない駅員が勝手に忠犬と勘違いした話を、戦時中多用された忠義という言葉の宣伝のために利用されたのではないかと推測している。ハチが毎日のように渋谷駅に現れたのは、駅前の屋台で貰える焼き鳥が目当てだったという説もある。


54. 韓国人
>>53
ファック
感動して泣いたというのに、ケチをつけるのか?


55. 韓国人
一つ確かなことがある
義理堅さは、ハチ公(+その他一般的な犬)>>>>>超えられない壁>>>>>全羅道のガンギエイ


56. 韓国人
泣いた
前に死んだうちの犬を思い出したよ
犬は神様が人間に与えた最も大きなプレゼントであるㅜ.ㅜ


57. 韓国人
>>56
最も大きなプレゼントでもあり、食糧でもある
適度な脂肪のついた赤身の肉を茹でると、めちゃくちゃ美味い^^


58. 韓国人
ただ、犬畜生が主人を待つ内容なのに、どこに感動して何が悲しいのか?
クレイジーなやつらだね(笑)


59. 韓国人
あそこに行ったことがあるが、あそこはナンパスポットと言われている場所である(笑)
30分いて、ナンパされない女の子は、ブサイクだということ


60. 韓国人
典型的な作られた象徴だね

スポンサードリンク
おすすめ記事(外部サイト)
韓国・東アジアニュース(外部サイト)