oote

韓国のネット掲示板に「日本の電機・電子業界は果たして滅びたのだろうか?一度調べてみよう」というスレッドが立っていたのでご紹介。

1. 韓国人(スレ主)

1

我らがサムスンが世界のトップランナーになってから姿を消した日本の電機・電子メーカー。
マスコミがはやし立てているように、本当に日本の電機・電子業界はもう滅びてしまったのだろうか?

結論から言えば、滅びてはいない。

もちろん、サムスンが台頭したことにより日本の電機・電子業界は少なからず被害を受けた。
サムスンとLGを筆頭とした韓国の電子企業に押され始めた日本は体質の転換を余儀なくされ、結局、それに成功した会社と失敗した会社の明暗がはっきりと分かれてしまった。
シャープのように赤字しか出せなくなった会社は結局、台湾企業に売られてしまった。

しかし、これは逆に言えば体質の転換に成功した会社は昔が羨ましくないほど、うまくいっていると言える。

価格では相手にならない、技術水準で追いつかれたBtoC製品よりも、企業や政府を相手に納入するために、かなり高い技術力が要求されるBtoB製品に軸足を移した会社が多くなり、我々の目に付かないだけなのだ。

それでは、一般的に日本の「電機・電子メーカー大手8社」と呼ばれる日本の電機・電子業界を代表する8社の現在の状態を「勝者グループ」「奮闘中グループ」「敗者グループ」に分けて簡単に紹介してみようと思う。


1.勝者グループ

日立製作所
2
3

イルベ民たちも名前をよく聞いたことがある会社の日立だ。

実際に日立は、リーマンショック時に莫大な被害を受けた会社だった。
赤字が7800億円、ウォンに換算すると約8兆ウォン、本当にすぐに潰れてもおかしくない会社だった。

しかし、今ではエレベーターや鉄道などを中心とする社会インフラ企業であると同時に、IT企業への変身に成功し、売上高と営業利益共に、日本の電機・電子業界最高水準の企業になった。

日立の問題点をあげるとするなら、ほぼすべての事業分野が普通以上のレベルだが、「日本最高」や「世界最高」を誇る事業は思ったよりも少ないというところだ。

例えば現在、日立が未来の成長動力として最も力を入れている鉄道分野は、日本では最高の売上を誇るが、世界市場ではよく鉄道BIG3と呼ばれるアルストム、ボンバルディア、シーメンスには太刀打ちできない。
エレベーターや自動車用電気部品などの日立の他の中心事業分野も「日本最高」や「世界最高」は少ない。

しかし、本当に多様な事業分野を持っていてリスクヘッジが可能なために、日立という会社の成長の可能性に疑問を抱く者はいない。
例を挙げると、素材事業や建設重機事業も手がけるなど、日立は電機・電子企業というよりは、韓国のサムスングループのようにコングロマリットと見る見方もある。
ただ売上の多くの比重を電機・電子分野が占めるために、日本では電機・電子企業と見る人がはるかに多い。

2016年度の売上高:約10兆343億円
2016年度の営業利益:約6350億円
2016年度の純利益:約1720億円
2016年10月21日の時価総額:約2兆5300億円


三菱電機
4
5

三菱という名前は知っていても、「三菱電機」という名前を聞いたことがあるイルベ民たちはあまりいないだろう。

それは当然である。
なぜなら彼らは、日本の電機・電子業界で最も早くBtoCからBtoBへと体質転換を始めた会社だ。
だから、この会社の家電製品は韓国ではほとんど見ない。

この会社の特徴は脅威的とも言える安定性。
どれほどかというと、日本のすべての電機・電子の主要企業が赤字を出したリーマン・ショックの時、唯一、黒字を出したほどだ。
現在も日本の大手電機・電子メーカー8社の中で利益率が最も高い。

主力産業は工場の自動化機器、エレベーター、電力システム、自動車用電気部品などで、工場の自動化機器やエレベーターなどは世界のトッププレーヤーの一社だ。
景気の変動に影響を多く受ける事業と、常に安定的な需要がある事業を両方持っているために、どんな状況でも、普通以上の安定性を見せてくれる。
さらに、「三菱」という名前がついているので、政府の事業にも顔をたくさん出している。
防衛産業分野では、日本国内の受注額2~3位で電機業界の中で最高、人工衛星を中心とする宇宙事業も展開している。

しかし、同社も問題点があり、それは主力事業の中国依存度が高いということ。
上で世界のトッププレーヤーの一社だと言及した工業の自動化機器とエレベーターは、中国市場の爆発的な成長に支えられたところが大きい。
中国は世界の工場であり、現在、最も多くのビルを建てている国が中国だから。

日本最大であり世界最大の財閥グループである三菱グループの中でも重要な会社の一つであり、日本政府と関連した事業規模は電機・電子業界最高クラスなため、同じ業界の中だけでなく、日本全体で見ても安定性は最も高い会社の一つだ。

2016年度の売上高:約4兆4000億円
2016年度の営業利益:約3010億円
2016年度の純利益:約2300億円
2016年10月21日の時価総額:約2兆9500億円


2.奮闘中グループ

パナソニック
6
7

イルベ民たちも、よく聞いたことがあるパナソニック。
日本企業の中でサムスン電子と最も似ている企業の一つ。
よくサムスン電子のライバルでソニーを思い浮かべたりするが、実際に事業分野が一番多く重なるのはパナソニックだ。

上で紹介した日立、三菱電機との違いは家電製品、つまりBtoC製品が主力の会社だということ。
売上の60%以上が各種家電機器とAV製品によるもの。
家電製品は、性能が劣らずとも価格競争力が大きく作用するので、韓国や中国メーカーより不利なことを考えれば、まだ家電で生きているパナソニックの技術力がそれほど高くて需要が依然としてあるということだろう。

しかし、やはりこれ以上BtoC製品だけで成長していくのは無理だと思ったのか、自動車関連製品を中心にBtoB領域も拡張中だ。

代表的なものがリチウムイオン電池。
現在、パナソニック製リチウムイオン電池のシェアは自動車用で世界1位、民生用小型製品で世界2位と高いシェアを誇っている。
韓国のLG化学とサムスンSDI、そして中国企業と熾烈な争いを繰り広げている。
また、最近は自動車用電気製品事業にも参加すると発表した。
つまり、パナソニックはBtoB製品群を自動車用電子機器及び電池を中心に拡張中。

現在、日本の家電業界の中で最も状況は良いが、価格競争が激化したBtoC製品が主力なので、まだ不安があるパナソニック。
パナソニックが再び復興するのか衰退の道をたどるのかは自動車事業を始めとしたBtoB事業がどれほど成功するかにかかっていると見ればいい。

2016年度の売上高:約7兆5500億円
2016年度の営業利益:約4160億円
2016年度の純利益:約1930億円
2016年10月21日の時価総額:約2兆6500億円


ソニー
8
9

おそらく名前を聞いたことがないというイルベ民はいないだろう。
日本の電機・電子業界の象徴であるソニー。
トヨタと共に日本の製造業を象徴する会社だった。
象徴であるだけに、ソニーが厳しい状況になると、日本の電機・電子業界全体が没落したものと考えられ、サムスン電子がソニーを超えた時点から「韓国が日本に勝った!」という認識を植え付けた。

ソニー製の家電製品が姿を見なくなったので、韓国ではすでに倒産した会社扱い受けているが、実際にはソニーは、まだちゃんと生きている。
ただ、家電事業が中心だったので衰退しただけ。

携帯電話やコンピュータ、TVやオーディオなどは引き続き赤字を出すなど失敗しているが、ソフトウェア分野である程度成功した。
X-BOXと共に世界のビデオゲーム市場を二分するプレイステーションはソニーの製品で、最新機種はPSがX-BOXを圧倒している。
また、映画や音楽産業にも活発に進出している。
ソニー・ピクチャーズという名前は聞いたことがあるのではないか?
おそらくイルベ民たちが見たハリウッド映画の中のいくつかは、ソニー・ピクチャーズが配給した映画だと思われる。

まだ、少し意外な分野である銀行と保険にも進出しており、さらにソニーの営業利益の約半分を稼ぐキャッシュ・カウの役割を果たしている。

ソニーがかつての栄光を再び取り戻すには、ソフトウェア分野がどれほど順調に稼働するかがカギになるだろう。
現在、ソニーの主な収入源は金融とソフトウェア分野だが、売上高に換算すると万年赤字を記録中の家電製品やモバイル製品が依然として最も大きな比重を占めている。
ソフトウェア会社への変身が成功するのか?
それとも、単に家電や携帯電話の会社として残るのか?

2016年度の売上高:約8兆1060億円
2016年度の営業利益:約2940億円
2016年度の純利益:約1480億円
2016年10月21日の時価総額:約4兆2000億円


富士通
10
11

日本の代表的な家電メーカーの一つだった富士通。
韓国では富士通製品を見る機会はあまりないが、名前はみんな一度は聞いたことがあるだろう。

富士通は日本の電機・電子業界の中で最も驚くべき変化を成し遂げた会社だ。
まさに完全なIT企業に変身した。

現在、富士通の売上の約65%がITソリューション事業から生み出されている。
システムインテグレーション(SI)からITコンサルティング、各種アウトソーシング等、昔から富士通を知っている人なら驚くほどのIT中心の会社となった。
さらに、この分野でのシェアは日本で1位、世界で5位だ。

富士通の問題は、これから説明するNECとの違いがあまりないということ。
富士通もNECも両方ともIT企業に衣替えした状態だが明確な違いがないため、結局、消費者の立場では二社のうち、どっちを選択しても問題がないという結論が出る。
NECより有利な点は、海外の売上の割合が40%と優位にあるため、内需市場への依存度がより少ないという点ぐらいか?

現在、富士通の主な収入源となったITソリューション事業をどれだけ海外に積極的に展開するかが収入源の多角化、ひいては会社の成長の可能性を高めるのに最も重要な要素となるだろう。

2016年度の売上高:約4兆7400億円
2016年度の営業利益:約1200億円
2016年度の純利益:約860億円
2016年10月21日の時価総額:約1兆1900億円


3.敗者グループ

NEC
12
13

おそらく、主にコンピュータ会社だと思っているイルベ民たちが多いと思う。
実際には、NECも上で説明した富士通のように、すでにIT企業への変身に成功した。

では、なぜ富士通は奮闘中に分類したのに、NECは敗者と分類したのか。
その理由は、まさにNECの驚愕するほどに低い海外の売上比率のせいだ。

NECの海外の売上比率は21%しかない。
他の日本の電機・電子企業が通常は40%は超えることを考えると、本当に驚愕するほどに低い。
成長が鈍化した日本の内需市場に対する依存度が非常に高いというのは、それだけ今後、成長する可能性があまりないということを意味している。

その代わり、軍事の方のITは富士通より優位に立っているが、よく知られているように、政府の支出だけに依存する軍事分野では成長に明らかな限界がある。
世界最大の防衛産業体である米国のロッキード・マーティンよりサムスン電子の売上が数倍は大きいことを見ても分かると思う。

これから説明する東芝、シャープと比較すれば、少なくとも破綻はしないだろうし、継続してお金を稼いでいる事業があるという面ではマシではあるが、売上高も電機・電子メーカーの中で最下位である上、利益率も高い水準ではないので、企業存続以上を期待することは難しい。

2016年度の売上高:約2兆8200億円
2016年度の営業利益:約1070億円
2016年度の純利益:約690億円
2016年10月21日の時価総額:約7100億円


東芝
14
15

東芝は、実際には1年前までは敗者グループではなかった。
勝者グループに属している日立や三菱電機と共にBtoB中心の再編に成功し、企業規模もかなり大きく…。

しかし、そんな東芝を敗者グループにしたのはちょうど去年の中旬に起きた不正会計事件。
うまく行っている会社だと思っていたら、莫大な赤字の塊の会社であることが分かり、市場の信頼が失墜した。

それだけでなく、事業のポートフォリオもあまり良い方ではない。
代表的な主力産業が原子力発電所と半導体だが、よく知られている通り、日本の原発事業は福島の事故以降、完全に小康状態で、半導体は韓国企業に押されて久しい。
不正会計だけではなく、事業の可能性もあまり大きくなく、成長の可能性が不透明な会社の一つだ。
しまいには、今年は新卒者を全く採用しなかったという。
斗山が若い社員たちを半分強制で辞めさせたのと比較すれば、どれほど深刻な状況なのかが分かると思う。

東芝がいつ頃また軌道に乗るかどいうかは不透明。
ただ、不正会計の影響から脱したとしても、バラ色の未来が待っているとは言い難い会社だ。

2016年度の売上高:約5兆6700億円
2016年度の営業利益:約-7090億円
2016年度の純利益:約-4600億円
2016年10月21日の時価総額:約1兆5900億円


シャープ
16
17

一時代を風靡したが、今では台湾の会社になってしまったシャープ。

家電機器中心のポートフォリオを持っており、売却されるまで主力事業は液晶ディスプレイだった。
これは台湾の会社になった今でも同じ。

シャープの問題は、事業の多角化が足りなかった上に、主力事業である液晶ディスプレイは、すごい技術を要求されるものではなかったので韓国メーカーがすぐに追いつくことができたということ。
結局、サムスン電子とLG電子の台頭で空しく押されると、巨額の赤字を継続的に記録している途中で台湾の鴻海に売られてしまった。

実際には、すでに法的には台湾企業なので日本の電機・電子メーカー8社ではないのだが、とりあえず入れてみた。

2016年度の売上高:約2兆4620億円
2016年度の営業利益:約-1620億円
2016年度の純利益:約-2560億円
2016年10月21日の時価総額:約8300億円


以上、日本の主要8社を比較してみた。
こうすると「これだけを見て日本の電機・電子産業が滅びたか滅びてないのかどうやって判断するのかクソ野郎」という反応が出てくるよね?
だから、韓国の電機・電子産業のツートップ、サムスン電子とLG電子を対象にして比較して見ようと思う。
現在、世界で電機・電子産業が最もうまく行っている国の一つが韓国というのは、誰も否定しないだろうからね。

2015年の売上高(円-ウォンの為替レートは、現在の為替レート、100円= 1099.97ウォン基準)

サムスン電子:200兆6500億ウォン
日立製作所:110兆3700億ウォン(10兆343億円)
ソニー:89兆1600億ウォン(8兆1060億円)
パナソニック:83兆900億ウォン(7兆5500億円)
東芝:62兆3500億ウォン(5兆6700億円)
LG電子:56兆5090億ウォン
富士通:52兆1310億ウォン(4兆7400億円)
三菱電機:48兆3360億ウォン(4兆4000億円)
NEC:31兆320億ウォン(2兆8200億円)
シャープ:26兆770億ウォン(2兆4620億円)

2015年の営業利益(円-ウォンの為替レートは、現在の為替レート、100円= 1099.97ウォン基準)

サムスン電子:26兆4100億ウォン
日立製作所:6兆9800億ウォン(6350億円)
パナソニック:4兆5700億ウォン(4160億円)
三菱電機:3兆3100億ウォン(3010億円)
ソニー:3兆2360億ウォン(2940億円)
富士通:1兆3270億ウォン(1200億円)
LG電子:1兆1900億ウォン
NEC:1兆1800億ウォン(1070億円)
シャープ:-1兆7800億ウォン(-1620億円)
東芝:-7兆8000億ウォン(-7090億円)

2015年の純利益(円-ウォンの為替レートは、現在の為替レート、100円= 1099.97ウォン基準)

サムスン電子:19兆600億ウォン
三菱電機:2兆5130億ウォン(2300億円)
パナソニック:2兆1260億ウォン(1930億円)
日立製作所:1兆8940億ウォン(1720億円)
ソニー:1兆6260億ウォン(1480億円)
富士通:9540億ウォン(860億円)
NEC:7560億ウォン(690億円)
LG電子:2490億ウォン
シャープ:-2兆8160億ウォン(-2560億円)
東芝:-5兆600億ウォン(-4600億円)

2016年10月21日の時価総額(円-ウォンの為替レートは、現在の為替レート、100円= 1099.97ウォン基準)
サムスン電子:223兆5390億ウォン
ソニー:46兆1440億ウォン(4兆2000億円)
三菱電機:31兆5110億ウォン(2兆9500億円)
パナソニック:29兆1280億ウォン(2兆6500億円)
日立製作所:27兆8540億ウォン(2兆5300億円)
東芝:17兆5030億ウォン(1兆5900億円)
富士通:13兆470億ウォン(1兆1900億円)
シャープ:9兆990億ウォン(8300億円)
LG電子:8兆6600億ウォン
NEC:7兆8220億ウォン(7100億円)

見れば分かるけど、大半の会社がLG電子より良い実績を上げている。
さらに、時価総額では赤字企業であるシャープ以下…LG電子は何をしているのか。

3行要約

・日本の電機・電子メーカーの勝敗は、BtoB中心への体質転換が成功するかどうかで分かれた

・ほとんどの日本の電機・電子メーカーがLG電子より良好な実績を上げている

・日本の電機・電子業界は滅びてなかった

翻訳元:http://www.ilbe.com/8915372421


2. 韓国人
滅びましたwwwwwwwwwwww


3. 韓国人
純利益をすべて合わせてもサムスンの半分にもならないというwwwwwww


4. 韓国人
LGよりwwwwwwwwwwwwwwwwww
ファック
完全にクソ専門家野郎だね
LG自体、滅びているのに
扇動は評価しない


5. 韓国人
サムスンは超えられない壁だね(泣)


6. 韓国人
情報記事は評価する


7. 韓国人
三洋電機は入らないのか?


8. 韓国人
>>7
2012年にパナソニックに吸収されたよ
パナソニックがバッテリー部門で、うまく行っているのには理由がある


9. 韓国人
BtoC、BtoBって何?


10. 韓国人
>>9
BtoCは、企業と消費者間の取引
BtoBは、企業と企業間の取引


11. 韓国人
LGは家電製品が中心なので、IT企業と比較するのは無理がある
テレビと洗濯機を比べるようなもの(笑)


12. 韓国人(スレ主)
>>11
IT企業と言っても、NECと富士通だけだよ


13. 韓国人
サムスンとLGはすごいね
俺の幼い頃は、家に日本製のTVや家電製品がない家なんてなかったぐらいだが、最近では、日本製品を使っている家庭は、ほとんど見かけない


14. 韓国人
>>13
アダルト動画は日本製


15. 韓国人(スレ主)
>>13
家電製品は、昔から国産が支配してないか?
おっさんか?


16. 韓国人
>>15
1990年代から2000年代初頭までは、裕福な家はほとんど家電を日本製品で統一していた


17. 韓国人
最終的に完成品市場ではサムスンに負けたが、部品や源泉技術、核心技術分野では依然として日本が優位にある
生産財市場では、依然として日本の方が優勢
朝鮮はサムスン、LG以外に電機・電子メーカーがあるのか?
サムスン、LG vs 日本のすべての電機・電子メーカーなら、日本が圧勝である


18. 韓国人
>>17
日本は猿だ
 

19. 韓国人
>>18
朝鮮半島から渡った猿たちである(笑)


20. 韓国人
営業利益、純利益はサムスン一社で、すべてを圧殺するのに?
源泉技術に加えて1億2000万人の強い内需市場があるから、それでも何とか食べてはいけるだろう


21. 韓国人
>>20
ほとんどが高齢者だけどね


22. 韓国人
滅びたというのが正しい
サムスン、LGの時価総額が低いのは、北韓のせいで下がっているのである
実際の能力で考えると、もしサムスンが米国にあったなら今頃、アップルを超える超巨大企業になっている


23. 韓国人
サムスンも今回のギャラクシーノート7の事態で滅びるのではないか?
カイカイ関連記事:韓国人「サムスン、ノート7爆発問題で新聞に謝罪広告を掲載!」


24. 韓国人(スレ主)
>>23
滅びることはないと思う
トヨタが急発進の事態で潰れそうになったが、今はうまく行ってるよね?
サムスンは電子業界ではトヨタのポジションだから、いま少しふらついても再び立ち上がるだろう


25. 韓国人
LG電子=滅びる
LG電子と比較されるレベル=滅びる


26. 韓国人
>>25
wwwwwwwwwww


27. 韓国人
>>25
これは評価する


28. 韓国人
>>25
天才現る


29. 韓国人
ところで日立は、電子より自動車部品や重工業の方が強くないか?


30. 韓国人(スレ主)
>>29
だから電機・電子と書いた


31. 韓国人
LGは本当にお先真っ暗wwwwwww


32. 韓国人
>>31
LG化学は、うまくいっている
 

33. 韓国人
>>32
そこはまだいいけど、スマートフォンや家電の方は、あまり良くない


34. 韓国人
何を馬鹿なことを言うのか、病身クソ専門家野郎
関連会社の連結売上高と本体の売上高の区別もできずによく言うよ(笑)


35. 韓国人(スレ主)
>>34
すべて連結の売上高なんだが病身


36. 韓国人
>>35
キチガイよ
連結売上高にしたら家電部門の売上が分からないだろ
ソニーは利益のほとんどが金融部門なのに、なぜ家電は滅びていないという言葉が出てくるんだ?


37. 韓国人
滅びたのに(笑)
その中でも日立は認めるが


38. 韓国人
>>37
ひきこもりのイルベ民が精神勝利


39. 韓国人
村田製作所が入ってないね
電子素子の王様会社なのに
カイカイ関連記事:韓国人「日本の隠れた超優良企業”村田製作所”について調べてみよう」


40. 韓国人
>>39
それな
地球上で1位だと思う


41. 韓国人
>>39
村田製作所は認める


42. 韓国人(スレ主)
>>39
それは知っているが、通常日本で「電機・電子メーカー大手8社」と言えばあの8社なんだ
これらの会社は色々な事業を手掛けているが、お前が言った村田は特化している


43. 韓国人
三菱は戦犯企業なので滅びなさい


44. 韓国人
>>43
それじゃあベンツも滅びなければならないのか?


45. 韓国人
>>43
ソウル駅のエレベーターも三菱製だが


46. 韓国人
ところで日本が本当に恐ろしいのは、滅びた会社かどうかは関係なく、高級ブランドというイメージが依然として存在しているところだ
会社が潰れたらイメージも下落するのが当然なのに…
だからブランドイメージというのは、本当に重要なのだ


47. 韓国人
>>46
MADE IN JAPANが品質で最高級と認識されているのは事実である


48. 韓国人
エリオット・マネジメントが韓国は、韓国戦争のリスクがあるから株価が過小評価されていると言っていた


49. 韓国人
サムスンもいつかは滅びる日が来る
後は為替が怖い(泣)


50. 韓国人
日本は解放後、大韓民国に損害を与えたことはほとんどない
サムスンなど、企業の初期の技術も大部分は日本から渡ってきたものであって
韓国は近くに先進国があってたくさんの恩恵を受けた


51. 韓国人
>>50
正直、正しい
韓国の高速成長は、日本の恩恵をたくさん受けたおかげ


52. 韓国人
日本のCEO:博士や研究員、その分野を専門とした企業家
韓国のCEO:創業者の息子


53. 韓国人
>>52
トヨタを見ると一族が継承したようだけどね
日本は国会議員も世襲制だし


54. 韓国人
>>52
日本も世襲がひどい
財閥で世襲しないとこなんて地球上にあまりいないし、世襲は短所ばかりではなくメリットもある


55. 韓国人
パナソニックは、グループ全体の売上高ではないか?
それなら、LGもグループで比較するべきではないのか?


56. 韓国人(スレ主)
>>55
パナソニックはLGのような財閥ではなく、単なる電機・電子メーカーである
もちろん、下には子会社があるが、それをLGのような本当の財閥と横並びで比較はできない


57. 韓国人
サムスンを除けば、日本にすべての分野で負けている


58. 韓国人
LGは珍しいパターンだね
現代や大宇のような過激な労働組合もないのに、なぜかサムスンに追い越されたんだ?
1990年代までは、家電はLGが最高だったのに


59. 韓国人
音響家電の方は、韓国産はすべてヘル
日本の爪の先にも及ばない


60. 韓国人
あの基準であるなら、韓国のSK、KTのような企業も入れなければならない


61. 韓国人
>>60
バカ?


62. 韓国人
>>60
それじゃあ日本の通信会社も入れなければならないだろう病身


63. 韓国人
電機・電子メーカーではないがソフトバンクもすごくうまく行っていると聞くよ
アリババの筆頭株主でもあるという


64. 韓国人
サムスンの年間純利益ならLG電子を買収しても余るね(笑)
マーケティング費を使わずにLGを丸ごと吸収した方が良いのではないか?


65. 韓国人
>>64
独占、寡占は規制を生むからね


66. 韓国人
>>64
独占した瞬間、企業は滅びる


67. 韓国人
日本が世界で圧倒的優位に立つ技術って何だ?
技術大国日本というのは虚構か?


68. 韓国人
>>67
アダルトビデオを知らないのか?


69. 韓国人
>>67
白物家電、二輪車、カメラ


70. 韓国人
>>67
電子素子と素材部門、精密加工、つまり産業の全般に渡る源泉技術はすべて持っている


71. 韓国人
サムスンの純利益だけど、あれはみんなどこに行くんだ?


72. 韓国人
時価総額を見ると結論は、サムスン電子>>>>>>>>>>>>>>>>>>>すべての日本メーカー


73. 韓国人
>>72
売上高で見ると、日本の電子メーカー>>>>>>>>>>>>>>>>サムスン、LG


74. 韓国人
ノートパソコンの王様東芝も没落したね
ノートパソコンという言葉も、東芝のラップトップのブランドネーム
まるでソニーのウォークマンが、携帯向けカセットプレーヤーの代名詞のように使われたように


75. 韓国人
韓国はサムスンのワンマンショー

スポンサードリンク
おすすめ記事(外部サイト)
韓国・東アジアニュース(外部サイト)