00010594

韓国のネット掲示板に「テトリス著作権紛争」というスレッドが立っていたのでご紹介。

1. 韓国人(スレ主)


時は1984年、ソ連科学アカデミー。
00010575


29歳の一人の青年が、エレクトロニカ60というソ連製コンピュータを利用してあるものを作った。
00010576


彼は伝説的なパズル「ペントミノ」をモチーフに、子供たちの空間知覚能力を育むための教育ゲームの開発に没頭していた。
00010577


最初は、ペントミノをそのまま適用してゲームを作っていたが、あまりにも簡単に終わってしまうという問題を抱えていた。
00010578
「病身みたいなペントミノをそのままコンピューターゲームに適用したら、すぐに終わってしまってつまらない」

彼は長く楽しむことができる方法を考えていた。

そして、パズルのピースの数を限りなく減らし、それを組み合わせ、一列に揃ったらそのピースを消し、それをスコアとする方式を思いついた。
00010579


結果は大成功であった。
それに「テトリス」という名前をつけた。

これを開発した人こそ「アレクセイ・パジトノフ」。
00010580

彼が作ったゲームは、ソ連科学アカデミー内で爆発的な反響を示した。
あらゆる研究者の間に、広く拡散した。

そんなこんなしていると、パジトノフの仲間の研究者が、IBMのPC用に改造したフロッピーディスクを東欧諸国に流してしまった。
00010581


ちょうどその頃、ハンガリーにあった英国系企業であるアンドロメダソフトの目にテトリスが止まった。
アンドロメダソフトは、テトリスの大ヒットの可能性をすでに予想していた。
そして、パジトノフにライセンスをくれるようお願いした。

00010582
「クンクン…これは何のにおいだ?金のにおいでは?ソ連のパジトノフ出てこいや!」

00010580
「出てきたよ。何か用?」

00010582
「お前が作ったそれ、版権を俺の売ってくれ」

00010580
「マジでか?wwwwwwいいよ。じゃあ金をくれ」


しかし....
00010575
「おい、ちょい待てパジトノフ。なぜお前が著作権者であるふりをするのか?お前は我々科学アカデミーに所属している研究者だろ。その著作権は、我々科学アカデミーのものだ。お前が勝手に売ったりするな」


そう。パジトノフは当時、科学アカデミー所属の研究員だった。
また、私有財産を認める国ではなかったため、パジトノフの著作権行使は事実上不可能であった。

しかし、アンドロメダソフトは、正式なライセンスを取得せずに、まるで正式ライセンスを取得したかのように権利を主張し始めた。

00010583
「何言っての?パジトノフが一度いいと言ったんだから、我々がライセンスを取得したも同然なんだけど?パジトノフと話をして契約を結んで版権を取得したのだ」


そうして、アンドロメダソフトは、権利がないのに版権を売り始めていった。
PC用のすべての権利は、スペクトラムホロバイトに、コンソールはミラーソフトに販売して稼いだ。
00010584


1988年には、アタリも、テトリスのアーケード版の著作権をミラーソフトから仕入れ、子会社であったテンゲンを通じてテトリスを販売し、絶大な人気を得た。
こうして、我々がよく知るゲームセンターのテトリスが誕生したのだ。
00010585


それから間もなくして、日本のセガも、1989年にアタリのテトリスを見て、アタリから日本国内アーケード用の版権を買い取り、テトリスのゲーム機を製作して絶大な人気を得てウハウハな時間を過ごしていた。
日本国内で、テトリスと言えばセガと連想するのには、このような理由からだ。
00010586


この時、複数の会社がテトリスで金儲けしているのをじっと見ている会社があった。

それが任天堂である。
00010587

任天堂もライセンスを取得したかったし、それでゲーム機用を作る計画だった。

一方、ソ連では…
1988年からの財政悪化により…
00010575
「東西畜生…お金がないよ…今から著作権を認める…著作権を行使してもいい」

00010580
「ヤー!キブンジョッタ!!(気分いい)」


こうして、パジトノフも、自分が作ったテトリスの権利を行使することができるようになった。

ちょうどその頃、現在多くの企業から出ているテトリスが、すべてパジトノフと契約したものではなく、海賊版であることを知った米国人のヘンク・ロジャースという人物が、パジトノフのもとを訪れた。
00010588
「パジトノフ出てこいや」

00010580
「誰?何か用?」

00010588
「お前のゲームが勝手にコピーされ、複数の会社がそれでめっちゃ稼いでいるのをお前に知らせるためにここに来た」

00010580
「マジでか?どうしよう…」

00010588
「俺に著作権行使を委任しろ。お前の代わりに俺がお前の著作権を守ってやる」


そして、ヘンク・ロジャースはパジトノフから著作権の委任を受け、著作権行使に乗り出すことになった。
00010589


ちょうどその頃、任天堂がライセンスを取得しようと連絡してきた。
00010587


そして、1989年、任天堂は正式なライセンスを受けた。
最終的に、正式ライセンスを受けたのは任天堂だけだった。
そして、任天堂のテトリスが誕生した。
00010590


これを見たアタリは…
00010591
「病身野郎!お前らはなんだ?誰の許可を受けてそれを作っているのか?」


と、アタリは任天堂に噛み付いたが…
00010587
「何言ってんの?(笑)うちはパジトノフから直接正式なライセンスを受けてんだけど(笑)」と答えた。


そして、アタリの子会社であるテンゲンが、任天堂NES用のテトリスを出すと、すぐにアタリを訴えた。

虚偽の著作権を買い取っていたアタリは、最終的にそのすべての権利が偽物であったことから、一審二審の両法廷で敗訴し、ゲームセンターのアーケードゲームも、すべて回収するしかなくなった。
00010591


一方セガは…
00010592
「病身…なぜこんなことになったのか。滅びる前にすべて自主回収しよう」


アタリの日本版アーケードの著作権を買っていたセガもまた、日本国内のアーケード機をすべて回収した。

結局、最後の勝者は任天堂。
唯一、著作権使用許可を得ることに成功し、巨額の利益をおさめた。
00010587


それ以降の1995年、ヘンク・ロジャースとアレクセイ・パジトノフは、ザ・テトリス・カンパニーを設立し、本格的な著作権行使に入り、テトリスで世界を相手にした。
00010593

これらの激しい風は、韓国も避けることはできなかった。

2003年、ハンゲームとネットマーブルは、ザ・テトリス・カンパニー側から要求された著作権費用を賄う余裕はないと、サービスを終了した。


- 終わり -

イルベ民も、詐欺には注意しましょう。
00010582

翻訳元:http://www.ilbe.com/9189094935


2. 韓国人
ソ連人が作ったのか
初めて知ったわ
情報ありがとう


3. 韓国人
最後の内容は知らなかったので評価する


4. 韓国人
それでなくなったのかwwwwwww


5. 韓国人
最後の画像を見ると、警戒心が2倍は上昇するね
金大中効果すごい…


6. 韓国人
金大中の画像が入れば、おもしろくもあるが頭にも来る


7. 韓国人
この手の話を聞くと、必ず任天堂の名前が出るね
神任天堂は評価する


8. 韓国人
真の企業任天堂は評価する


9. 韓国人
ぷよぷよの誕生秘話はないのか?


10. 韓国人
長文だがすらっと読めた
だからテトリスがなくなったのか


11. 韓国人
ネットマーブルの対戦型テトリスがすごく楽しかった(泣)


12. 韓国人
ネットマーブルのテトリスはめっちゃハマったな
なくなって残念だった


13. 韓国人
ハンゲームのテトリスはめっちゃ好きだったのに惜しい
すごく柔らかくて実力を発揮するにはちょうど良かった
ハンゲームをした後に、ネットマーブルに行くと、めっちゃ簡単に感じたものだ


14. 韓国人
テトリスはめっちゃ好きだった
その腕前にも自信を持っていた
ネットカフェでテトリスをすれば、あまりの手の速さに後ろに観客がつくほどだった
それが、テトリス著作権のせいで、俺の思い出が消えた
怒りと背信、虚脱感と喪失感に陥ったので非共感ボタン


15. 韓国人
俺はテトリス中毒だったが、あの方のおかげで、これまで精魂込めて上げてきたレベルや名誉を一瞬で吹き飛ばしてくれたので、俺は一般人として暮らすことができるようになった
リアルに感謝の手紙を出さなければならない


16. 韓国人
ゲーム機は回収するにしても、それまでテトリスで稼いできた金はどうなったのか?
そのまま放置したのか?


17. 韓国人
軍隊でファイスブックのテトリスをたくさんしたな


18. 韓国人
良心皆無の代表的なゲーム会社はネクソンではないか?
クレイジーアーケード=ボンバーマン
カートライダー=マリオカート
盗作で大きくなった会社である
カイカイ補足:クレイジーアーケード - Wikipedia
BnB(ビー・エヌ・ビー)は、韓国のネクソンがハドソンと提携、開発したオンラインゲーム。元々はハドソンのボンバーマンとは独立で開発された作品で、後にハドソンから一度は提訴を受けたものの、技術提携等を条件に和解し、正式に「ボンバーマンファミリー」として認められた作品となった経緯がある。
カイカイ補足:カートライダー - Wikipedia
カートライダーは、韓国のゲーム会社NEXONが開発したオンラインレースゲーム。韓国で2004年6月1日サービス開始。以来韓国、台湾、中国、タイでサービスが行われている。カートライダーは任天堂のゲームソフト「マリオカート」と類似している部分が多いため、マリオカートを盗作したのではないかとゲーム系のニュースサイトで話題に少なからずなった。しかし任天堂側は訴訟に踏み切らなかった。


19. 韓国人
テトリスは性行為と同じである
自分と合う穴にだけ入れてこそ、後々問題が生じない
もちろん、俺のような超ハンサムボーイは、どの穴にも合ってしまうのだが…


20. 韓国人
ネットマーブルのテトリスは最高におもしろかった
小学生の時、母親と一緒にやったのを記憶している


21. 韓国人
それでお前は、どこからその文章を転載したのか?wwwww


22. 韓国人
お前もゲーム掲示板の記事を盗んできているので評価しない


23. 韓国人
著作権関連記事なのに、自分もコピーしてきているというwwwwwww


24. 韓国人
あれはすごく有名な話だろ
ネットを見れば開示されている内容だ
そして、転載云々言うやつが多いが、結局、その原文を書いたやつも、他のやつが書いた文章を見て書いたのではないのか?


25. 韓国人
ハンゲームのテトリス(泣)


26. 韓国人
ハンゲームのテトリスを復活させろファック


27. 韓国人
結論:金大中はクソ野郎

スポンサードリンク
おすすめ記事(外部サイト)
韓国・東アジアニュース(外部サイト)