00014617

韓国のネット掲示板に「歴代級脱北者キャリア」というスレッドが立っていたのでご紹介。

1. 韓国人(スレ主)

00014615

00014616

00014614

金日成と主体思想を作った張本人が脱北するというwwwww

翻訳元:http://www.ilbe.com/9880265622


2. 韓国人
やはり裏切りの民族wwwwwww


3. 韓国人
北韓が滅びると思って降りてきたのに、滅びなかったというwwwwww


4. 韓国人
あの時、北韓が滅びなければならなかったのにファック
とにかく、金泳三が諸悪の根源だ


5. 韓国人
>>4
なぜ金泳三?


6. 韓国人
>>5
クリントンがあの頃に北韓の核施設を爆撃しようとしたのに、金泳三が自分の支持率低下を恐れて阻止した


7. 韓国人
>>6
後で金泳三は後悔したのではないか?


8. 韓国人
>>7
死ぬ前に後悔した
カイカイ補足:外交|金泳三 - Wikipedia
同年3月19日に北朝鮮が核拡散防止条約から脱退し、朝鮮半島全土に核危機が訪れ、ビル・クリントン政権が北朝鮮の核施設への爆撃を計画した際にはこれを引き止めて後の回想で後悔している。


9. 韓国人
あの時、黄長ヨプは、北韓が滅びるよりも自分が先に死ぬと思っただろうか?
今のままだと、太永浩も約20~30年後に北韓政権が破綻するのを見ずに、悔恨の念にかられて目を閉じるだろう
カイカイ補足:太永浩 - Wikipedia
太永浩(テ・ヨンホ、1962年7月25日 - ) は、朝鮮民主主義人民共和国の外交官として、ロンドンにある在イギリス大使館に公使として在任中の2016年7月にイギリスを出国、8月に大韓民国に亡命した脱北者である。妻オ・ヘソンは、朝鮮民主主義人民共和国国防委員会第1委員長を務めた呉白龍(オ・ベンリョン)と同じ家門であることが最終的に確認された。2016年12月に、住民登録を済ませて大韓民国の国民となった。


10. 韓国人
>>9
黄長ヨプは、北韓で殺されそうだったら逃げてきた老人に過ぎない
関連書籍:粛清の王朝・北朝鮮


11. 韓国人
>>9
黄長ヨプは、北韓が今すぐ崩壊しそうな深刻な危機的状況にあるのを見て韓国に来たのである
ところが、金泳三が執権して北韓を救ってしまった


12. 韓国人
トヨタダイチュウには及ばない
カイカイ補足:トヨタダイチュウ(豊田大中)とは
金大中元大統領の日本統治時代の名前。大統領就任後の来日時には日本統治時代の恩師を訪問し、「豊田です。」と日本語で創氏改名時の苗字を名乗ったため、一部から批判を浴びた。


13. 韓国人
ミグ機を持ってきたパイロットも、ものすごいキャリアだった
ミグ機を持ってきた代償として10億もらって空軍少佐として軍生活をした
カイカイ補足:盧今錫 - Wikipedia
盧今錫(ノ・クムソク, 1932年1月10日 - )は、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の軍人。朝鮮人民軍空軍に所属するパイロットだったが、朝鮮戦争の休戦直後に大韓民国(韓国)へ亡命した。朝鮮戦争休戦直後の1953年9月21日、韓国の金浦空軍基地上空に突如1機のMiG-15bis戦闘機が飛来し、着陸した。これを操縦していたのが21歳の盧今錫中尉であり、彼はかねてから脱北を計画していたのである。亡命後、彼は100,000米ドルの賞金を送られた。これはアメリカ空軍がMiG-15確保の為に展開していたムーラー作戦への貢献に対する報酬であったが、盧自身はこの作戦の存在そのものを全く知らなかったという。


14. 韓国人
あの人が脱北して、家族親戚、近所の人々までみな処刑された
文字通り九族皆殺し
カイカイ補足:亡命|黄長ヨプ - Wikipedia
なお、この亡命を受けて金総書記は同氏の親族3000人を一斉検挙し、強制収容所に収監した。


15. 韓国人
あれほどの人物が脱北したら、警護は大変ではないのか?


16. 韓国人
>>15
24時間、4人で密着警護ではないか?


17. 韓国人
黄長ヨプは死ぬ日まで、自分が作った主体思想の信念を捨てなかった
大韓民国に役立ったのは、むしろ黄長ヨプと一緒に脱北した金徳弘先生だ
カイカイ補足:亡命工作責任者の元安企部長、故黄氏を弔問、亡命同行の金徳弘氏は弔問せず
当時、黄氏に同行し、脱北した金徳弘(キム・ドクホン)元脱北者同志会長は、13日午後までに姿を現さなかった。金氏は当初12日午後、もしくは13日午前には弔問する予定だった。金氏は、2002年に訪米問題を巡り、黄氏と意見対立しており、その後、二人の関係は疎遠になった。金氏は2009年5月のあるセミナーで、「黄元書記は、未だに主体(チュチェ)思想に未練を持っているようだ」と非難したこともある。


18. 韓国人
>>17
そのせいで金徳弘は縁を切ったという


19. 韓国人
あの黄長ヨプが南派スパイは5万人で、政界にもいると言っていたのに、誰も深刻に受けて止めていない


20. 韓国人
>>19
そんなことを言ったことはない
 

21. 韓国人
>>20
あるし


22. 韓国人
黄長ヨプも心臓麻痺で急死したんだよね?
カイカイ補足:亡命後|黄長ヨプ - Wikipedia
同年10月10日、ソウル市内の自宅(江南区論硯洞72-10)の浴室で死亡した状態で発見された。87歳没。遺体の第一発見者は、ボディガードとして黄の自宅を警備中の警察官であった。毎朝5時から7時の間に半身浴をするのが日課だったという。同年10月19日、ソウル地方警察庁は黄が10月9日午後に半身浴をしている最中に心臓疾患で死亡したとみられると発表した。


23. 韓国人
北韓は滅びる直前まで行ったのに、金大中が救ってしまった


24. 韓国人
アドルフ・ヒトラー(金日成)=ヨーゼフ・ゲッベルス(黄長ヨプ)
カイカイ補足:ヨーゼフ・ゲッベルス - Wikipedia
パウル・ヨーゼフ・ゲッベルス(1897年10月29日 - 1945年5月1日)は、ドイツの政治家。国家社会主義ドイツ労働者党(ナチ党)の第3代宣伝全国指導者、初代国民啓蒙・宣伝大臣。「プロパガンダの天才」「小さなドクトル」と称され、アドルフ・ヒトラーの政権掌握とナチ党政権下のドイツの体制維持に辣腕を発揮した。


25. 韓国人
>>24
例えが適切だね


26. 韓国人
あの時、金大中ではなく李会昌だったら統一されていただろう
カイカイ補足:李会昌 - Wikipedia
李会昌(イ・フェチャン、1935年6月2日 - )は、韓国の政治家。1996年4月の総選挙において金泳三政権の与党・新韓国党(現在の自由韓国党の前身)より立候補(全国区)、国会議員に初当選した。翌1997年末の大統領選挙に新韓国党の後継政党であるハンナラ党公認で出馬するものの、当時の与党系の陣営が分裂した事、アジア通貨危機が発生し、当時の与党(の流れを組む政党である)であるハンナラ党の候補であった事、2人の息子が不当に兵役を逃れていたというスキャンダルが持ち上がった事の3点が逆風となり、投票直前に支持率が10%代にまで急落し、僅か40万票差で金大中(新政治国民会議)に敗北した。


27. 韓国人
黄長ヨプは、アジアで最高のマルクス主義哲学者として知られているそうだが本当か?
天才を超えた天才だという


28. 韓国人
>>27
天才は、マルクス主義に陥ったりはしない
病身だけが、その荒唐無稽な理論に惑わされるのである
天才は、李承晩のように一度見たら、これは滅びる道だと指摘し、非難する
カイカイ補足:マルクス主義 - Wikipedia
マルクス主義とは、カール・マルクスとフリードリヒ・エンゲルスによって展開された思想をベースとして確立された社会主義思想体系の一つである。しばしば科学的社会主義とも言われる。マルクス主義は、資本を社会の共有財産に変えることによって、労働者が資本を増殖するためだけに生きるという賃労働の悲惨な性質を廃止し、階級のない協同社会をめざすとしている。


29. 韓国人
脱北したということ自体、北韓は失敗した政府だということ

スポンサードリンク
おすすめ記事(外部サイト)
韓国・東アジアニュース(外部サイト)