00015319

韓国のネット掲示板に「日本のゼロ戦に対するいくつかの事実」というスレッドが立っていたのでご紹介。

1. 韓国人(スレ主)

今回はゼロ戦に関する内容だ。
日本帝国が作った航空機であるため、反感が生じるかもしれないが、ある飛行機についての興味深い話として見て欲しい。
ソースは、開発者である堀越二郎の手記。
1
(1)海軍は次期艦上戦闘機(ゼロ戦)の要求性能をかなり高く設定した。
速力、航続距離、火力、機動性、すべて優れていなければならない。
これを見た堀越二郎は、すべての種目が得意な運動選手に例え、話にならないと思った。

(2)文が長くなるため、説明は省略するが、速いスピードと軽快な機動性、そして高火力(=重量が重い)と長い航続距離は、すべて共存できない。
お互いに相互作用して、性能を落とすためだ。
それで二郎は、構造強度や防御能力を犠牲にして、タイトに重量削減をするしかないと結論付けている。

2
(3)初期エンジン選択の際にも悩みがあった。
候補に1070馬力級の金星と875馬力の瑞星があったが、ゼロ戦の要求性能を考えるのであれば、当然、金星を選択しなければならなかったが、艦載機として過度に大きくなる懸念があり、最終的に小さな戦闘機を好む保守的なパイロットに受け入れられないと考え、瑞星を選択した。

(4)要求性能が過剰に高いと思った堀越二郎は、海軍関係者たちに一つでも基準を引き下げることを要請したが断られた。
それだけ日本の軍部は、行き詰っており非常識的だった。

(5)ある日、二郎の部下が補助翼の操縦系統の支え台を設計して持ってきたが、銅溶接式をアルミニウム合金板金式に変えれば、75gの重量を減らすことができる。
75gは、機体全体の重量の3万分の1にも満たない微量であったが、最大限軽くするためには、わずか10万分の1すら許容することはできなかった。

3
(6)次期艦載機は堀越二郎がいる三菱だけでなく、中島という会社もライバルとして作っていたが、要求性能を満たすことができないと判断し、途中で放棄することになる。

4
(7)ゼロ戦の実物模型を操縦士に公開したことがあるが、みんな最初の反応は、かなり大きいというものだった。
その話を聞いた二郎は、金星エンジンを選択しなくて幸いだったと思ったという。

5
(8)最初のゼロ戦の試作機の重量は、1.6トン程度で、当時小さくて軽い設計で有名だったBf109戦闘機より約19%も軽かった。


(9)試製機のテストのための飛行場がかなり遠かったせいで、三菱の職員たちはゼロ戦を分解して牛車に乗せて丸一日かけて運んだ。

6
(10)初期飛行当時、振動問題が深刻で、エンジンとプロペラに問題があると思った二郎は、従来の2枚プロペラを3枚に変えてすぐ解決した。

7
(11)ゼロ戦試作3号機からは、瑞星エンジンから栄エンジンに変わった。
これは既存のエンジンと重量差がほとんどないにも関わらず、70馬力ほど強く、改良されてからは戦後までゼロ戦の心臓として使われた。

(12)ゼロ戦は、高速時や低速時の操縦性の差が若干深刻だったが、これは操縦ケーブルに弾性を持たせて(=剛性を低下させて)解決した。
二郎は、この仕事に最も満足していた。


(13)この剛性低下式操縦系統について、当時のテストパイロットは、あまり好ましく思っておらず、試験当日に二郎が仕事で忙しくて来られないことに不安になり、怒って彼を呼んで来いと言った。
二郎は、その言葉を聞いて笑いながら急いで仕事を処理し、結局、テストに立ちあったという。


(14)ゼロ戦は登場当時、機密だったため、マスコミでは「海鷲」と表現したという。

8
(15)初期のゼロ戦は、航空母艦に使われる戦闘機であったのに、翼をたためなかった。
しかし、すぐにたためるように改良されたが、翼端わずか50cm程度たためるだけだった。

(16)戦闘機の性能コンテストで日本の陸軍と海軍が対決したが、ゼロ戦が陸軍機よりも優秀な成績を収めたことがあった。
当時、両軍の仲は非常に悪かったので、海軍がかなり得意げになっていたらしい。

9
(17)ゼロ戦は、翼が弱くて少しでも激しい飛行を継続すれば、外板にしわができる傾向があった。
これは耐久性を低下させるため、操縦士たちは気をつけて操縦するしかなかった。

(18)ゼロ戦は、試験飛行の間、合計3回空中分解し、このうち二度は耐久性が弱いために、起きた出来事だった。

10
(19)太平洋戦争当時、ゼロ戦が8000mを飛行するB-17を撃墜したことがあったが、欧州戦線をひっくるめて世界初のB-17撃墜だったという。

11
(20)初、中期のゼロ戦は、自動的に穴を塞ぐ燃料タンクもなく、主要部位を保護する防弾版もなかったが、これは高い馬力のエンジンではなかったせいもあるが、操縦士たちの間では、実力を磨き、砲弾をくらわず、敵を殺せばいいという一騎当千の剣法のような考え方が支配的だったことが大きかった。

(21)オーストラリアの収容所のキャンプに、三菱の職員たちが抑留されていたが、将校たちが「あなたたちは、あの強力なゼロファイターを作った三菱の社員たちだ」と、悪くない待遇をしてくれたと言われている。
しかし、彼らは、実際には三菱重工業の職員ではなく、商社マンだった。

(22)戦争中、ゼロ戦に対する様々な改良、改造要請が入ってくると、二郎は「戦闘機は、よほど酷使されているな」と考えたという。

12
(23)ゼロ戦は、改良されればされるほど、優先していた機動性は落ちて、速度は増す傾向があったが、これは米国の新鋭戦闘機が速すぎて、仕方のない選択だった。

13
(24)ゼロ戦の最終型は、約1100馬力級の栄エンジンを載せていたが、米国の戦闘機は2000馬力級のエンジンを載せていた。

(25)最終改良型の要求事項には防弾対策もあったが、二郎はこれを見て、少し驚いたという。

(26)英国ホーカー社のある設計者は「欧州人は日本人が模倣だけに注力していると思っているが、日本の代表的な飛行機であるゼロ戦の詳細な情報を知っていたら、その考えが誤りであることを悟るようになるだろう」と言及した。

ここまで文章を書いて見ていたら、昔の飛行機の内容であるせいか、前作よりおもしろさは落ちるね。
それでも、航空機に関心がある人は、楽しんでくれ。

翻訳元:http://www.ilbe.com/9938914800


2. 韓国人
紙飛行機ゼロ戦wwwwwwwwww


3. 韓国人
チョッパリは評価しない


4. 韓国人
ゼロ戦はコルセアよりもいいのか?
カイカイ補足:F4U (航空機) - Wikipedia
F4U コルセアは、アメリカのチャンス・ヴォートが開発し、第二次世界大戦と朝鮮戦争でアメリカ海軍と海兵隊が使用したレシプロ単発単座戦闘機である。


5. 韓国人(スレ主)
>>4
良くない


6. 韓国人
>>5
Fw190よりは?
カイカイ補足:フォッケウルフ Fw190 - Wikipedia
フォッケウルフFw 190は、第二次世界大戦時のドイツ空軍の戦闘機である。この機体はメッサーシュミットBf 109とともにドイツ航空戦力の主力を担った。


7. 韓国人(スレ主)
>>6
基本的にゼロ戦は、初期には1000馬力にも満たないエンジンを使い、後期型でも1100馬力レベルだったので、当然、西洋の戦闘機よりも劣っていた


7. 韓国人
あの当時、日本は自力で良い戦闘機を作ったのに、現代ではなぜ作ることができないんだ?


8. 韓国人(スレ主)
>>7
日本は戦後、航空機の開発に制限を受けてきた
これが徐々に解けて、今は盛んに開発中である


9. 韓国人
ゼロ戦は機動性のために耐久性を放棄した戦闘機ではない


10. 韓国人(スレ主)
>>9
機動性だけではなく、複合的な理由であって…


11. 韓国人
男はカワサキ


12. 韓国人
天皇陛下バンザイ!


13. 韓国人
神風特攻精神


14. 韓国人
>>13
自殺風最高
日本固有の文化ではないか?


15. 韓国人
>>13
ニッポンジンたちは、神風を崇高な犠牲だと考えているとかwwwwwwww
 

16. 韓国人
>>15
熟練の操縦士を失ったために仕方のない選択だったというが、さらに消耗を早めてしまうという(笑)


17. 韓国人
(27)ゼロ戦は三菱の代表的な戦闘機であるが、実際には中島が多くの生産を担っていた
くだらない下請けをしていなければ、四式戦闘機をもっと早く出せたのに(-_-)
カイカイ補足:四式戦闘機 - Wikipedia
四式戦闘機は、第二次世界大戦時の大日本帝国陸軍の戦闘機。愛称は疾風(はやて)。


18. 韓国人
ゼロ戦を除けば、神陸軍の戦闘機>>>>>>>>>>>>>クソ海軍の戦闘機である
陸軍は、後にコルセアの初期型に近いレベルの戦闘機である疾風を開発したが、海軍はコルセアはおろか、ヘルキャットにようやく勝てるレベルだった
カイカイ補足:F6F (航空機) - Wikipedia
F6F ヘルキャットは、グラマン社が設計しアメリカ海軍が第二次世界大戦中盤以降に使用した艦上戦闘機である。アメリカ海軍の本命は1940年に初飛行したF4Uであったが、実際には開発時期が遅いこちらが艦上戦闘機の主力となった。


19. 韓国人
日本信者野郎どもがゼロ戦を称賛する理由は何だ?
米帝たちを攻撃した飛行機だからなのか?


20. 韓国人
>>19
自称東洋の神秘、太平洋戦争初期の良いイメージなど
 

21. 韓国人
>>20
東洋であの程度の飛行機を作ることができたのは、日本しかなかったのか?
 

22. 韓国人
>>21
うん…


23. 韓国人
>>21
当時、東洋で流体力学を理解していた唯一の国が日本である


24. 韓国人
乞食のようなエンジンで最高速力を獲得した戦闘機
初めて登場した時、速すぎて西欧ではUFOだと思ったという
戦争中に、高出力のエンジンが開発され、西欧の戦闘機の速度がアップし、ゼロ戦は空飛ぶマッチ棒へと転落
速度にステータスを全振りし、耐久性がクソに


25. 韓国人
>>24
速度よりも旋回性能が高かった


26. 韓国人
講義の時、日本人教授が右派で、ゼロ戦の映像を見せてくれたのだが、その度にこっそり抜け出してご飯を食べていた


27. 韓国人
重量を軽くするために塗装を薄く塗って、銀色の本体が見えていたという話もあった


28. 韓国人
>>27
それなら最初から塗装をしない方がいいのではないか?
塗装に何か効果があるのか?
銀色の本体のままじゃダメなのか?
 

29. 韓国人
>>28
かっこよく見える


30. 韓国人
風立ちぬは、おもしろいので見るといいよ
関連商品:風立ちぬ [Blu-ray]


31. 韓国人
日本が戦闘機を開発している間、未開な我らが先祖は何をしていたのか!


32. 韓国人
>>31
満州にいた


33. 韓国人
耐久力が弱ければ、くらわなければいい
くらうやつが病身なのだ
これキムチのFPSやTPSでかなり頻繁に登場する言葉なんだが(笑)
サスガ兄弟国


34. 韓国人
アジアの真の敗者は日本…


35. 韓国人
チョッパリだからクソみたい気がするが、もし開発者のあいつが朝鮮人だったり、俺が日本人だったら、誇らしく思ったようだ
あの病身だらけの日本の兵器の中で、それほど病身ではないものを作ったのだから


36. 韓国人
俺は日本信者ではないが、確かに我々が牛車を運転している時、あのような航空機のエンジンを作っていたというのはすごい


37. 韓国人
>>36
それな
朝鮮のソンビ野郎どもは、そもそも答えがない


38. 韓国人
当時、日本の兵士たちはゼロ戦の防御力は悪くないレベルだと思っていた
キャノピーの視界が非常に良かったからである
日本の兵士たちは、視界も防御力の一部だと思っており、視界が良ければ、最初に敵を発見し、避けることができる確率が高くなるからだ
カイカイ補足:キャノピー - Wikipedia
戦闘機など小型航空機の操縦席を、風防の後方で巻き込む風から防護する上と横の覆い。


39. 韓国人
コルセア、ヘルキャット、セイバーが出てくるまで、ゼロ戦が米艦載機を圧倒していた
カイカイ補足:F-86 (戦闘機) - Wikipedia
F-86は、アメリカ合衆国のノースアメリカン社が開発したジェット戦闘機。愛称はセイバーである。


40. 韓国人
なぜ飛行機の前にプロペラをつけるんだ?


41. 韓国人(スレ主)
>>40
プロペラが推力を出している


42. 韓国人
速度と機動性って何が違うんだ?
速度が出れば機動性も高くなるのではないのか?


43. 韓国人
>>42
速度は一直線に走る速さだけの話で、機動性は旋回能力、急上昇、急下降など機体の運用全般


44. 韓国人
日本は、あんなに高度な技術を、どうやってあの時代に習得したんだ?
近代化に成功したとしても、早すぎる


45. 韓国人
>>44
当時、技術力が高かったドイツが、同じ枢軸国に技術者をたくさん送り教育した


46. 韓国人
当時の独立軍は馬賊団レベル(泣)


47. 韓国人
二郎は、本当は朝鮮人だった

スポンサードリンク
おすすめ記事(外部サイト)
韓国・東アジアニュース(外部サイト)