00017489

韓国のネット掲示板に「日本の自殺特攻隊”神風特攻”について調べてみよう」というスレッドが立っていたのでご紹介。

1. 韓国人(スレ主)

これは神風特攻の実際の映像。



1.神風特攻とは?

神風特攻は太平洋戦争当時、日本軍が駆使した自爆戦術だ。
酒を飲んだ日本軍のパイロットが、帰る燃料のない戦闘機に乗り込み、米軍の軍艦に突っ込んだ攻撃である。
本来の正式名称は「神風特攻隊」、音読みが「シンプウ」で、訓読みが「カミカゼ」だが、ある米国の記者が、生半可な日本語の実力で「カミカゼ」特攻隊と読んでしまい、その名前の方が有名になり、後に日本のニュースのナレーションでも「カミカゼ」として定着した。
その後、神風は自殺攻撃の代名詞として使われるようになる。
1


2.神風特攻の由来

元の時代、クビライが主導した高麗・モンゴル連合軍が、日本へ遠征する過程で、海を渡る際、台風に遭遇して沈没したことを言葉そのままに神の加護を授かったものとし、神が起こした風、つまり神風という名前を付けたのである。
二度にわたる遠征は、いずれも台風のために無駄となった。
日本が強く抵抗したこともあるが、実際は、気候に加え、やらなくてもいいことをした間抜けな元によるところが大きいであろう。


3.神風特攻の始まり

兵士個人が死ぬしかない状況で、どうせ死ぬならお前が死んで自分だけ生き残れば良い式、自暴自棄の自爆攻撃の事例は、様々なところで見ることができる。

同歸於盡という漢字成語は、このような時に使う用語であり、実際の太平洋戦争を例に挙げると、真珠湾攻撃当時に日本海軍の操縦士、飯田房太が自分の戦闘機が攻撃されると、米海軍航空隊の格納庫に向かって突進した事例がある。
結局失敗し、地面に墜落して戦死した飯田大尉は、彼の機体の墜落を目撃した米軍によって勇猛な敵として認められる。
最初から死のうとした狂人ではなく、機体が被弾し生きられる可能性がなかった渦中に、最後の手段としてとった行動だったから、敵国の米国から認められたのである。

サンタ・クルーズ海戦でも日本軍の急降下爆撃機が飛行不能状態に陥ると、ホーネットに突撃して艦橋に火災を起こしたケースがある。
ここまでは、正式な神風ではなく、非公式的な神風と言えよう。

ところが日本政府は、フィリピン沖海戦で、日本海軍の空母機動部隊が壊滅されて以降、相手(米軍)とまともに戦って勝つことは難しいと判断し、最小の被害で最大の被害を与えることができる攻撃として、パイロットたちに愛国心という名目で名誉ある戦死ができると洗脳することで、自殺攻撃を訓練させ始める。

1944年7月21日、日本の軍令部は「大海指第431号」基づき、特攻作戦を正式に採用し、ついに1944年10月5日、指示はしないが、現場の自発的な攻撃は反対しないとし、自殺攻撃を正式に許可した。

10月20日、最初の新風特別攻撃隊が編成された。
以後、神風が主攻撃になり、従来の戦闘兵器が護衛兵力に転落する。
一度行ったら死ななければならない回天、震洋、MXY-7桜花のような特攻兵器を主力として生産し始める(この時から日本空軍は、特攻隊を中心に編成されたと見てもいいwww)。

神風は主に太平洋戦線で実施されたが、満州の方でもソ連軍相手で、時折実施したという話もある!(クリル列島に上陸するソ連の海軍の上陸艇を相手に自爆した戦闘機もあるという)

自爆攻撃で撃沈したことが確実な最後の米軍の艦船は1945年7月28日、沖縄近海で沈没したフレッチャー級駆逐艦DD-792キャラハンだ。

神風特攻をする前に天皇に忠誠を誓いながらお酒を飲む操縦士たち。
2


4.神風が失敗した理由

1)まず神風は水準以下の操縦士が多かった。
つまり神風を実行する操縦士は、ほとんどが緊急養成された飛行方法だけを習った初歩の操縦士だった。
基本的な離着陸もろくにできない初心者が多かった。
そして、目標まで行く道を探せなければ、当然、果てしない太平洋の水面に神風をする結末となってしまう。
当時はGPSのようなものがなかったので。

2)目標に対する認識がゼロだった。
神風の任務は、米海軍の空母に突っ込むことだったが、航空母艦は、超音速で飛んでくる大口径の艦砲弾に当たっても作戦遂行が可能なように設計された戦艦だ。
だから神風用飛行機の超音速に遠く及ばない速力と微弱な爆薬で衝突しても、アスファルトの上に投げ出された卵のようなものだったのであるwwwwww
そして重要なのは、神風特攻隊たちは飛んできて船を見れば、航空母艦でなくても、そのまま突っ込んだということだ。
神風に突っ込まれ、巨大な穴が開いた航空母艦はあっても、撃沈された空母は一つもなかった。
文字通り、目標達成に完全に失敗する。
哀れな軍人だけが無残に死んでwwwww

3)神風に使用していた飛行機自体が水準以下の軍用機だった。
戦争末期に本土での決戦のため、少しでも使える機体を温存するために、余っていた95式1型複葉「練習機」のようなものを神風用に投入した。
石油が不足していた状況で、ガソリンがなくアルコール燃料で稼動させられるという点でこの機体は、使いやすかったが練習機だった。
低速機に重い爆弾を無理やり載せたので、余計に遅くなり、標的になりやすかった。
だから、飛んできては、対空砲に撃たれて目標に突っ込むこともできず、海に落ちることが多かった。

4)神風の命中率もまた、水準に満たなかった。
神風は80~90度の間の高角度で降りて突っ込んだ時、最も高い効率を見せてくれたが、事実上急降下爆撃に他ならない角度だが、この程度で飛行できるほどなら、ベテランレベルなのだ。
しかし、上で話したように、操縦士のほとんどは初心者だった。


5.神風特攻の成果

1944年末、フィリピン全域で命中率は40~50%程度だったが、神風に使える操縦士まで底をつき、少年の操縦士たちまで大規模投入する(キチガイ野郎ども…)。
その当時は1945年の沖縄戦の時で、命中率は14%。

350機の艦載機が出撃し、およそ220機が撃墜されて命中弾は、たった1発しか記録できなかった。
通常攻撃と比較すれば、神風は確かに軍事的成果が、以前よりはあった。
沖縄戦で計1900機の特攻隊が出撃し、33隻の敵艦を撃沈させる(これは国によって見解は違うが)。
ところが、ここでは1900機すべてが特攻機だけで構成されていたのではなかった。
特攻機だけなら突入する前に、すべて撃墜される。
だから、特攻機を護衛する編隊もあり、爆撃するだけのための爆撃機もあった。

それでは特攻機と護衛機を合わせた全体の日本軍の損失は、どれくらいだろうか?
沖縄だけで約8000機だった。
8000機でわずか34隻を撃沈させるという…これは単純計算で、280機の飛行機でわずか1隻を撃沈させたということ。
完全に損だわな。

もっと重要なのは、その34隻は、ほとんど軍艦と呼ぶには心苦しい小さな上陸艇だったということ。
この当時、米軍の航空母艦だけで100隻を超えていたのに比べれば、被害規模は、ほとんどなかったのである。
文字通り無駄な行為…

PS)戦争の間、計4000機あまりの特攻隊が作戦を実施したが、この中には朝鮮人出身も少しいた。

下の写真は、実際に神風特攻に参加した朝鮮人パクドンフン。
3


6.結論

神風は文字通り、無駄な行為であった。
非常に大きな投資に比べて、被害はほとんど与えられなかった。
そして、すごく残忍な方法だった。
さらに、操縦士が不足して少年まで投入する狂気の沙汰だった。
日本の立場では、戦争に負けたくないから、こんな方法まで駆使したようだが、こんなことまでするのを見ると、当時の日本と米軍の軍事力の差は、子供と大人程度の大きな差があったようだ。
もちろん、日本はアジアで最強国だったが。

翻訳元:http://www.ilbe.com/10186941827


2. 韓国人
本当に東洋人のやつらは精神状態が奇怪だ
敵と戦って死ぬわけでもなくwwwwww


3. 韓国人
これは評価する


4. 韓国人
IS自動車爆弾テロの元祖


5. 韓国人
空中で真っ黒に爆発するのは何の兵器?


6. 韓国人(スレ主)
>>5
対空砲が爆発したのである


7. 韓国人
トラトラトラ!


8. 韓国人
やはり神日本


9. 韓国人
日本信者のキモオタ野郎どもの痛恨の非共感ボタンの後、怒りの艦これ視聴


10. 韓国人
神風特攻隊に朝鮮人がいたのは事実だとしても、朝鮮人たちを強制的に徴兵し、神風特攻隊として利用したというのは反日扇動ではないか?
実際に朝鮮人たちは遅くに徴兵されたため、日本の無条件降伏によって訓練だけ受けて終わった人々がほとんどだったという


11. 韓国人(スレ主)
>>10
反日扇動用に書いたのではなく、朝鮮人出身もいたという事実を言いたかっただけだ
俺は反日感情を注入するつもりはない


12. 韓国人
日本には世界で最も大きな航空母艦もあり、世界で最も戦闘機が多かった


13. 韓国人
>>12
戦闘機は米国が圧倒的ではないか?
レンドリース前であれば分からないが
カイカイ補足:レンドリース法 - Wikipedia
レンドリース法、または武器貸与法は、アメリカ合衆国が1941年から1945年にかけて、イギリス、ソビエト連邦(ソ連)、中国(蒋介石国民党政府)、フランスやその他の連合国に対して、イギリスの場合はニューファンドランド、バミューダ諸島、イギリス領西インド諸島の基地を提供することと引き換えに、膨大な量の軍需物資を供給するプログラムのことである。

 
14. 韓国人
>>13
性能は米国の方が良かった


15. 韓国人
自殺ロケット桜花は、それなりに成果はあったのでは?
カイカイ補足:桜花 (航空機) - Wikipedia
桜花は、日本海軍が太平洋戦争中に開発した特殊滑空機。特攻兵器として開発され、実戦に投入された。


16. 韓国人
911テロの原因提供国「日本」


17. 韓国人
今の日本空軍は、どの程度なんだ?順位圏?


18. 韓国人
>>17
自主的にステルス戦闘機を開発し試験飛行中
韓国がセマウル運動をしていた時、自主的にF-1戦闘機を開発
F-2戦闘機の開発
F-15Jライセンス生産、独自に航戦装備を開発し搭載
F-35の実戦配備
F-4Jライセンス生産、独自に航戦装備を開発し搭載
カイカイ補足:セマウル運動 - Wikipedia
セマウル運動は、日本統治時代に朝鮮総督府が進めた農村振興運動をモデルにした韓国の地域開発運動。


19. 韓国人
ヒロポンと呼ばれる薬を第二次世界大戦当時、連合軍や枢軸軍関係なく、レッドブルのように服用していた
あいつらは酒だけ飲んだのではなく、他の麻薬類まで使用していたようだ


20. 韓国人
被害国の米国人は、神風をすごく称賛している
あいつらは先祖たちがやられたという概念がない


21. 韓国人
>>20
一部の病身どもである


22. 韓国人
日本軍=ISの70年先輩
テンノウヘイカバンザイ=アッラーフ・アクバル
カイカイ補足:アッラーフ・アクバル - Wikipedia
アッラーフ・アクバルとは、「アッラーフは偉大なり」を意味するイスラム教の祈りの言葉である。


23. 韓国人
空中では、飛行機で自殺攻撃
地上では、銃剣を持って自殺攻撃
海では、魚雷に人を乗せて自殺攻撃
日本は自殺する方法が本当に多彩なようだ


24. 韓国人
あれのためにイージス艦が開発された


25. 韓国人
神風という多くのプレゼントを受けた米国は、お礼にファットマンとリトルボーイを落として感謝を表する


26. 韓国人(ハンドルネーム:進次郎)
朝鮮人の神風隊員たちは、自発的にしたのである
自分の命を捧げれば、2等国民だった朝鮮人が日本人と同等の待遇を受けることができるという望みがあったから
問題は、遺族との相談もなく遺骨や遺影写真をクソみたいに靖国に合祀させたことだ


27. 韓国人
>>26
これリアル


28. 韓国人
>>26
ハンドルネーム最高
 

29. 韓国人(ハンドルネーム:進次郎)
>>28
将来の日本の総理大臣である


30. 韓国人
自殺魚雷もあるような状況だったからね
チョッパリ国を見ると、本当に残忍で未開だと思う
カイカイ補足:回天 - Wikipedia
回天は、太平洋戦争で大日本帝国海軍が開発した人間魚雷であり、日本軍初の特攻兵器である。


31. 韓国人
ゼロ戦は、第二次世界大戦当時、米国、英国、フランス、ドイツ、日本を合わせてNo.1の戦闘機だった
機動性から超えられない壁だった


32. 韓国人
>>31
それはない


33. 韓国人
>>31
はい、次の似非専門家


34. 韓国人
>>31
初期型はそういう声もあるが、後期型は病身^슨^


35. 韓国人
優れた操縦士が作戦を成功させると、その操縦士が戻ってくることができないのがこの作戦の致命的欠点
やればやるほど成功率が下がるしかない愚かな戦略である


36. 韓国人
神風は、日本の「タマシイ」を最もよくあらわしている

スポンサードリンク
おすすめ記事(外部サイト)
韓国・東アジアニュース(外部サイト)