00018926

韓国のネット掲示板に「未開な国民性」というスレッドが立っていたのでご紹介。

1. 韓国人(スレ主)

昨日行われたUEFAチャンピオンズリーグ16強、トテナム対ユヴェントスの試合中、イタリアのバルツァッリ選手がソン・フンミン選手の足を踏みつけた。
00020011

00020012


これに黙っている韓国人ではない。

00018919
00018920

よくもソン・フンミンの足を踏んでくれたなと韓国人が出動!
バルツァッリのインスタにテロを敢行した。



ところで知ってみると、そのテロを加えた書き込みは、心臓麻痺で亡くなったイタリアのサッカー選手ダビデ・アストリを追悼する書き込みだったという。
00018921


結論:韓国が「韓国」をした。

翻訳元:http://www.ilbe.com/10412392444


2. 韓国人
未開すぎるwwwwwwwww


3. 韓国人
ソン・フンミンも相手選手のキンタマを蹴ったwwww


4. 韓国人
>>3
キンタマを狙うも、しっかり照準が合わなくて尻をかすめた


5. 韓国人
チ○コキック失敗


6. 韓国人
どうせ互いに未開国だろwww


7. 韓国人
踏まれたのはソン・フンミンだろ
なぜまったく関係のないやつらが怒るのか?
そして、死んだ人のインスタになぜテロをするのか?


8. 韓国人
>>7
自分=キムチ=犬肉=独島=韓流=ソン・フンミン=パク・チソン=キム・ヨナ
これキムチ朝鮮人の脳の構造である
ソン・フンミンが踏まれた=自分が踏まれた


9. 韓国人
これだからキム・ボルムを非難する請願に60万もの票が集まり、文在寅のようなやつが大統領になるんだな
狂ってる(笑)


10. 韓国人
インスタの最新の投稿に悪口を書き込んだんだろ
それが追悼の書き込みとも知らず
ところで、あれは悪口を言われるに値しないか?
一度踏みつけて、その後、意識してもう一度踏んでいる


11. 韓国人
一度踏んでからまた踏んでるねwwww


12. 韓国人
ところで、バルツァッリの野郎はわざと踏んでいるので、悪口を言われなければならない
イタリアの田舎者野郎め
カイカイ補足:アンドレア・バルツァッリ - Wikipedia
アンドレア・バルツァッリ(Andrea Barzagli, 1981年5月8日 - )は、イタリア・フィエーゾレ出身のサッカー選手。元イタリア代表。ポジションはディフェンダー(CB)。セリエA・ユヴェントスFC所属。


13. 韓国人
当事者と協会で解決すべきことだろ
まあ、ファンの立場に立てば、ある程度は理解できるが…
しかし、自分の母親が死んでも、あれほどの熱意を見せるだろうか?
半島の種族特性wwwwwww


14. 韓国人
踏んだのだから悪口を言われて当然ではないか?


15. 韓国人
あそこで悪口を浴びせたからと、何かが変わるのか?
到底理解できない
醜悪な朝鮮人の思考は


16. 韓国人
中国人が団結して騒ぐのと同じである


17. 韓国人
信念を持った無知なやつら


18. 韓国人
イタリア人は未開で礼儀知らずだ
イタリアに行くと、女は親切なのに男は本当にクズの集まりである


19. 韓国人
ボールを見ていて、間違って踏んだのだろう


20. 韓国人
>>19
それは違う
一度なら間違いだが、もう一度踏んでいる
二度は100%故意である


21. 韓国人
お前らはちょっと知っておけ
あのような反則の99%は意図的にやっていることである
あれを間違って踏んだと考えるのはあまりにも純朴すぎる
近所でサッカーをやっていても、背後から近づく足音で、その人がどんな状態にあるんかが大体分かるだろ
ましてや、あいつらは足で生活する世界一流の選手たちだ


22. 韓国人
韓国人はサイワールドをしなければならない
もともとはサイワールドで朝鮮人同士の間で行われていたあのようなテロを、フェイスブックとインスタが韓国市場に本格上陸して普及したために、今や世界人を相手にテロをして恥をさらしているという
カイカイ補足:サイワールド - Wikipedia
サイワールド(Cyworld)は、韓国のSKコミュニケーションズが運営するソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)である。


23. 韓国人
故意に踏んだのは正しいようだ


24. 韓国人
チャンケ vs 南朝鮮民主共和国
どっちの国民性が良い?


25. 韓国人
欧州のチャンケことイタリアとフランスは、あのように罵っても構わない


26. 韓国人
しかし、バルツァッリはあんなことされても気にもしない(笑)


27. 韓国人
未開な朝鮮人レベル


28. 韓国人
未開 vs 超未開

スポンサードリンク
おすすめ記事(外部サイト)
韓国・東アジアニュース(外部サイト)