iit7

韓国のネット掲示板に「米国の月爆破計画A-119」というスレッドが立っていたのでご紹介。

1. 韓国人(スレ主)

1


1950年代は、資本主義陣営と社会主義陣営の代表走者である米国とソ連が対立していた冷戦時代の序幕を告げた時代であり、両強大国は、多くの分野で優位を占めるため、激しい競争を展開していた。特に1950年代から、米国とソ連は宇宙開発に向けて天文学的な金額を投資し、競争を繰り広げた。

そんな1957年10月4日、宇宙競争の引き金を引く決定的事件が起きた。

ソ連が地球低軌道で発射した人類初の人工衛星スプートニク1号が発射に成功。これでソ連は米国より一歩先に、宇宙開発において優位に立つことになった。

これに大きな衝撃を受けた米国は、1957年に人工衛星ヴァンガードを打ち上げたが、わずか1.2m、時間にして2秒ほど浮上した後、爆発して無残にも失敗した。
2


大々的な恥をかくことになった米国は、このすべてを挽回する一発が求められ、この時から月を爆破させるというとんでもない計画が徐々に注目を集めることになった。

宇宙開発科学の分野で優位を占めていると思われていた米国は、人工衛星の発射を成功させたソ連によって、衝撃はもちろん、国家的自尊心にも大きな傷を受けることになる。米国大統領のアイゼンハワーは、米国の地位を高めるあるプロジェクトを秘密裏に推進した。

こうして月を爆発させるプロジェクト「A-199」は、1958年に米空軍によって発足し、米国のある研究室で極秘に進行することになった。
3


この秘密プロジェクトを率いた人物は、米国の物理学者であり、NASAの研究員、米空軍の高級将校だったレオナード・レイフル。そして、「コスモス」の著者で有名なカール・セーガンなど、著名な科学者10人余りがこのプロジェクトに参加した。

彼らは、月で核爆発が起きた場合、放射能降下物の被害を計算し、月で水素爆弾を爆発させても地球に被害がないという結論を下した。
00020911


「A-119」プロジェクトは38万4000km離れた月にICBMを発射し、月面で核爆発を起こし、月が爆発する際に発生する火影と高さ60km、幅30~40kmの大きさのキノコ雲を地球から肉眼で確認しようとする計画である。
5


この計画を成功させるためには、最も威力の大きい核爆弾や水素爆弾を使わなければならない。それで、科学者たちは、水素爆弾を月に投下することを主張したが、問題は、とんでもない重量の水素爆弾を月まで打ち上げることができないということだった。
6


結局、米空軍は、核弾頭ミサイルを利用して、日光で反射された塵を人々が見られるようにすることに計画を縮小して、「W25」という1.7キロトンの核弾頭を使用することにした。広島に投下した爆弾が13~18キロトンのだったという点を勘案すれば、計画が非常に縮小されたものであることが分かる。

何はともあれ、レオナード・レイフルによると、1959年にすでに月爆発のためのICBMまで用意されるほど、このプロジェクトは決して荒唐無稽なものではなく、相当なレベルまで準備が完了した状態だった。

幸いにも、この恐ろしいプロジェクトは、実行直前に米空軍によって、急きょキャンセルされた。その理由は、「月の植民地プロジェクト」へと米国の政策が変わったためだった。

もし月で、核爆発が起これば、放射能による降下物により、月が人の住めない環境になるからである。
7


それから40年後の1999年、カール・セーガンは自分の自叙伝「コスモス」を通じて、米国の月爆破計画「プロジェクトA-119」に言及、2000年頃、レオナード・レイフルはインタビューを通じて、すべてを世間に暴露した。

当時、レイフルは、「旧ソ連が核爆発で月が光るシーンを地球から見たら、脅威と感じたはずで、米国としては、スプートニク1号衛星発射以降、自信感を取り戻すことになっていただろう」とし、「しかし、当時の軍当局関係者たちは、月を爆破しようとしていた計画が失敗した場合、地球に及ぼす影響を懸念し、これを禁止した」と、正確な理由を明らかにした。

以降、論争の的だった米国の月爆破計画は、秘密文書が公開され、実在したプロジェクトであることが明らかになり、世間に衝撃を与えたが、米国はこれを実行しなかったし、アポロ計画と数多くの惑星探査を通じて、今の宇宙の歴史を作ったというのが、最も重要な部分ではないかと思う。
8

翻訳元:http://www.ilbe.com/10557376337


2. 韓国人
人間どもが自分たちの覇権争いのために月を爆破させるとかwwwww


3. 韓国人
>>2
ウサギだけが可哀想なことになるところだった


4. 韓国人
韓半島にいるMoonの爆破計画はないのか?
カイカイ補足:Moonは文在寅大統領のこと


5. 韓国人
>>4
その月は、すでに水素爆弾をくらったよりも状態が深刻だ


6. 韓国人
病身のような計画だね


7. 韓国人
おもしろすぎだろwwww
月を攻撃して何を得るのかwwwww


8. 韓国人
米国も中二病だったのか
月爆破とかアホかとwwwww


9. 韓国人
これは宇宙人が妨害して失敗したのではないか?
米国が何度も地球外で核実験に挑戦したが、すべて失敗した
関連資料もたくさんあるし…
宇宙人が地球外で核実験するのを何度も妨害し、今では諦めた状態だという…
関連書籍:眠れないほど面白いUFO 9割方、これは本当だ!: 「地球外知的生命体」の謎 (王様文庫)


10. 韓国人
>>9
それノムヒョンではないか?


11. 韓国人
無限月読は評価する
カイカイ補足:無限月読は、『NARUTO』に登場する幻術。


12. 韓国人
宇宙人に脅迫されて、月を攻撃できなかったのではないか?


13. 韓国人
平壌に1発、モスクワに1発、北京に1発


14. 韓国人
>>13
お前の頭に1発


15. 韓国人
当時、小説もあった
月面核実験を巡るスリラーものだが、まさにあれである


16. 韓国人
今も秘密裏に病身計画が全世界に満ちている
1つでも実行されたら滅びる
結局、人類は自ら滅亡する確率が高い
宇宙人や小惑星衝突によって滅亡するのではない
関連書籍:宇宙エレベーター その実現性を探る(祥伝社新書)


17. 韓国人
2030年に月は爆破される
映画で見た


18. 韓国人
映画タイムマシンで月が割れて地球が滅びるシーンを思い出した(笑)
カイカイ補足:そのシーン


19. 韓国人
独島爆破も、あれからインスピレーションを受けたようだ


20. 韓国人
アイゼンハワーって名前がマジでかっこいい
カイカイ補足:ドワイト・D・アイゼンハワー - Wikipedia
ドワイト・デビッド・アイゼンハワー(1890年10月14日 - 1969年3月28日)は、アメリカの軍人、政治家。連合国遠征軍最高司令官、陸軍参謀総長、NATO軍最高司令官、第34代大統領を歴任した。


21. 韓国人
爆破ではなく爆撃だろ


22. 韓国人
タイトルを見ると、月を粉々にするかと思うだろうね
ところで、核兵器は酸素がなくても爆発力は同じなのか?


23. 韓国人
>>22
うん、核分裂は酸素とは関係がない


24. 韓国人
>>22
後爆風、こんなのがなくて威力は比較的弱くなることが分かっている


25. 韓国人
タイトルの通り、月がなくなるか爆破されれば、地球は生物が生きられない場所に変わる


26. 韓国人
すごく危険な計画だったね
月がなければ、地球上の生命は絶滅する
自転軸と公転軸がめちゃくちゃになる


27. 韓国人
>>26
前はそう思われていたが、さらに研究してみると、最近は月がなくても地球に特に影響はないと言っていた
干潟のようなものはなくなるだろうが


28. 韓国人
亀仙人を呼べば簡単に解決したのに

スポンサードリンク
おすすめ記事(外部サイト)
韓国・東アジアニュース(外部サイト)