10

韓国のネット掲示板に「英国が1860年に作ったというの地図レベル…」というスレッドが立っていたのでご紹介。

1. 韓国人(スレ主)

1830年、英国では世界の地理の探査、体系的な研究、発展のため「王立地理学会」が設立された。
02

王立地理学会の初期は、探検が主な任務であった。

特に、アフリカの内陸部、インド圏、北極、中央アジアの探検と密接に関連していた。

大航海時代、産業革命、科学革命を経て、欧州各国の交通技術と測量技術は飛躍的に発展した。

以前までは、おおよその情報だけだった内陸奥地を深索するために、多くの探検家が調査に乗り出した。

王立地理学会は、数十年の間に、チャールズ・ダーウィン、デイヴィッド・リヴィングストン、ヘンリー・モートン・スタンリーなど、多くの学者や探検家、旅行をサポートした。
03

19世紀末までに王立地理学会が支援した探査と発見は頻繁に新聞1面を占め、学会の会長と協議会は記者や編集者から多くの関心と取材を受けた。

1831年以来、1855年までに王立地理学会は、世界で最も精密で、これまでの世界地図より優れた情報を盛り込んだ世界地図の製作を目指し、大会や他の話題について掲載する「学会論文集(Society Proceedings)」を発行し、世界各国の探査を行い、その情報を収集した。

地理情報、地図、グラフ、現地踏査を介して収集されたデータは、王立地理学会本部に送られまとめれ、1855年から1860年までに、地理学者と教授たちが集まり、本格的な製作に入った。

英国の遠征の情報だけでなく、他のヨーロッパ諸国の探検家たちによって得られた情報も相互検証して反映した。
05
06
07


そして1860年に彩色を完了した世界地図が完成した。

大英帝国王立地理学会(Royal Geographical Society with the Institute of British Geographers)1860世界全図 - メルカトル図法
11

1860年の初版発行以来、いくつかの追加や修正を経て、一般に地図が公開されたのは、1861年の初頭であった。

同じ年に、朝鮮でも大東輿地図が完成した。

世界地図を見ると、まだアラスカが米国に売り払われる前であり、ロシアの領土であることが分かる。

探検家や測量家が、自らの足で調査しなければならかった時代だけに、アマゾンの内陸や朝鮮、日本、ロシアのカムチャッカ半島、カナダ北部の北極圏が、今の衛星写真のように正確ではないが、当代では、最も優れた世界地図として評価されている。

翻訳元:http://www.ilbe.com/10658640995


2. 韓国人
すごいな…


3. 韓国人
狂ってる…


4. 韓国人
衛星から見たわけでもないのに、あんなそっくりに描くとは…
どんな技法を使ったのか?


5. 韓国人
あれは宇宙人が撮影した写真を描き写したのである


6. 韓国人
>>5
つまらん


7. 韓国人
やはり大英帝国


8. 韓国人
>>7
英帝国である


9. 韓国人
>>8
違う
すでに朝鮮時代から「大英」と表記していた
カイカイ補足:イギリス帝国 - Wikipedia
イギリス帝国は、イギリスとその植民地・海外領土などの総称である。大英帝国ともいう。帝国は時代ごとの性質により、以下のように区分できる。
  1. アイルランドや北アメリカ大陸に入植し、北米植民地およびカリブ海植民地との貿易を中心にした時代
  2. アメリカ独立からアジア・アフリカに転じて最盛期を築いた19世紀半ばまでの自由貿易時代
  3. 自由貿易を維持しつつもドイツ帝国など後発工業国の追い上げを受け植民地拡大を行った帝国主義時代
  4. 20世紀に入って各植民地が独自の外交権限を得たウェストミンスター憲章以後の時代
一般に大英帝国とよばれるのは、特に3と4の時代である。1と2の時代を「第1帝国」、3と4の時代を「第2帝国」と呼ぶ。


10. 韓国人
それでも、大東輿地図は善戦した方だ
朝鮮にしては
カイカイ補足:大東輿地図 - Wikipedia
『大東輿地図』(だいとうよちず)は、金正浩が1861年に完成した李氏朝鮮の全国地図である。木版で22貼、16万2000分の1に縮小された朝鮮半島全域が、中江鎮が少し北にぶれているのと鬱陵島が実際より南に描かれているのを除けば、ほぼ正確に描かれている。
01


11. 韓国人
大東輿地図がすごいのが、直接回って調べたのではなく、各種書籍を基に調査を行い資料収集して制作した地図であるということだ
学校や映画では、一生懸命歩き回って描いたと出てくるが、それは虚構である


12. 韓国人
>>11
ソースは?


13. 韓国人
>>11
正しい
様々な地図をまとめて製作したのだ
カイカイ補足:概要|大東輿地図 - Wikipedia
金正浩自身が30余年間全国を歩き完成させたとされる。研究では、半島全てを踏破するのは信じがたくそれ以前の地図を参考に補填・修正を加えて作成されたとしている。


14. 韓国人
色で見ると我々はチャンケの領土なのか?


15. 韓国人
>>14
他にもピンク色が多いが何を言っているのか


16. 韓国人
だから何なのか
今では滅びる寸前なのに
英国で今、うまくいってることって何だ?
農業が発達してるのか?
違うだろ
それでは、観光業が活性化しているのか?
これも違うだろ
あんなクソみたいな天気で何を見たいというのか
掲げられるものが一つもなく、過去を除いては何もない国である
ネットでも英国関連の書き込みは少なく、あるとすれば、せいぜい100年前の話
こんな病身国家の何が良いと称賛しているのか
未開なやつらwwwww


17. 韓国人
>>16
それ朝鮮が言えたことなのか?


18. 韓国人
>>16
金融


19. 韓国人
>>16
・世界5位の経済大国(2017)
・国連常任理事国(米、英、仏、ロ、中)
・世界3大貿易決済通貨国(ドル、ユーロ、ポンド、円の順)
・世界3位の米国債国
・世界5位の海洋領土国家(EEZ)
・世界6位国防力(2016)及び世界4位の国防費
・米国に加え、世界の「原材料、金、先物取引市場」の養分
・NATO影響2位(NATO国防費603億分担は米国に次いで2位、6.6%の割合)
・Forbes 2000大企業数4位(99社、2016)
・世界4位の国富(National wealth)(米国、日本、中国、英国、2016)
・2016年クレディ・スイス発表、世界4位の成人平均資産(net wealth)国(スイス、オーストラリア、米国、英国、ベルギー、カナダ、フランス、日本の順)
・2015年ワールドバンク世界4位の消費市場国(米国、中国、日本、英国)
・G7
・53の英連邦の首長国
・世界第2位のノーベル賞受賞国(123人)
・世界4位のフィールズ賞受賞国(2014、米国、フランス、ドイツ、英国、日本)
・世界3位の科学技術論文(SCI)発表(韓国12位)と被引用国(韓国13位)(2015)
?????


20. 韓国人
>>19
日本の方が英国よりもすごい…
アジアの龍である


21. 韓国人
>>19
他のことは分からないが、常任理事国からフランスは抜かなければならない
ヒトラーに降伏したくせに、なぜ常任理事国に入っているのか
傀儡政権であり、ナチスも支援していたのに
ド・ゴール亡命政府というレジスタンスがあったが、すでに降伏していたし、フランスは、米国と英国のおかげで運良く今の地位を得たのだ
関連書籍:よくわかるフランス近現代史 (やわらかアカデミズム・〈わかる〉シリーズ)


22. 韓国人
>>21
それは違う
フランスではなく中国を抜かなくてはならない


23. 韓国人
>>22
抜くのではなく、当時の中国であった自由中国の台湾が常任理事国であるべきだ
関連書籍:現代台湾の政治経済と中台関係


24. 韓国人
英国は、そのまま米国と見ればいい


25. 韓国人
地図さえもトンソン(東洋の蔑称)


26. 韓国人
大東輿地図が作られた2年後、ロンドンに地下鉄が開通した


27. 韓国人
すごいな
この手の記事は好きなので評価する


28. 韓国人
だから英国は世界征服できたのだ
関連書籍:イギリス帝国の歴史 (中公新書)


29. 韓国人
大東輿地図 vs 世界地図
これが西洋 vs 東洋の現実である
教科書に書かれた無条件愛国精神勝利する内容は嫌悪する


30. 韓国人
>>29
当時の英国は世界1位の国だが、そんな国をあえて比較しているのを見ると、韓国に対する愛着が大きいようだね


31. 韓国人
独島が書かれていないと問題になりそうだ


32. 韓国人
あの当時に地下鉄に乗ってたやつらだろ


33. 韓国人
興宣大院君が生まれる2年前に、川の下に地下鉄トンネルを掘ろうと考えた時点で…
カイカイ補足:テムズトンネル - Wikipedia
テムズトンネル(Thames Tunnel)は、ロンドンのテムズ川河底に、ロザーハイズとワッピングを結んで建設された水底トンネルである。航行可能な河川の下に初めて建設に成功したトンネルであるとされ、トマス・コクランおよびマーク・イザムバード・ブルネルが新たに発明したシールド工法の技術を使って、ブルネルとその息子のイザムバード・キングダム・ブルネルが1825年から1843年までかけて建設した。


34. 韓国人
地下鉄であり、建築技法であり、平気であり、当時の朝鮮、いや、アジアなどが相手になる国ではないだろ


35. 韓国人
蒸気機関>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>朝鮮のすべての歴史


36. 韓国人
>>35
これリアル
韓国の歴史においては、半導体と原子力技術よりもすごいものはない


37. 韓国人
>>36
漢方医学がある


38. 韓国人
>>36
教科書には、世界最高の発明品10個と題して、蒸気機関と金属活字を同じ線上に置いていた
世界初の印刷云々して


39. 韓国人
朝鮮が中国になってるwwwwwwwww


40. 韓国人
>>39
オーストラリアも同じ色である
カナダも


41. 韓国人
当時の朝鮮は?
外敵が入ってくるのが心配で、まともに道も作らず、大東輿地図は外敵が朝鮮の侵略に利する情報であると、製作者を捕まえて責め立てる


42. 韓国人
>>41
それは捏造だ
大東輿地図の木版は現存している


43. 韓国人
あんな苦労して作ったものを一般公開した理由は何なのだろうか?


44. 韓国人
この国の特徴:国を離れると死ぬと思っていた
キリストを信じる国の特徴:なんとかして未知の世界を探検する
儒教がこの国を台無しにした


45. 韓国人
ロシアはなぜアラスカを売ったのだろうか?
稀代の病身である
カイカイ補足:アラスカ購入 - Wikipedia
アラスカ購入またはアラスカの売却とは、1867年にアメリカ合衆国とロシア帝国の両政府間で行われた取引であり、その結果としてロシアの植民地であったアラスカ(ロシア領アメリカ)をアメリカ合衆国が買い取ることになった。


46. 韓国人
大きな凧に人を乗せて描いたのではないのか?
どうやったら韓国の形が分かるのか?


47. 韓国人
あれは英国史において最も偉大な成果の一つである
その偉大な成果とは、まさに英国王立協会の創設だ


48. 韓国人
世界を仕切っていたことだけのことはある

スポンサードリンク
おすすめ記事(外部サイト)
韓国・東アジアニュース(外部サイト)