00022280

韓国のネット掲示板に「米国にアラスカを売る前のロシアの領土」というスレッドが立っていたのでご紹介。

1. 韓国人(スレ主)

1800年代半ばまでのロシアの領土。今のシアトル地域までがロシアの領土だった。
00022273

ロシアはこの土地を現在の江南の高級マンションの値段(720万ドル)で米国に売却してしまう。

もっとも、当時の720万ドルは、現在の価値にして120億ドル(12兆7000億ウォン)と言われているが。

当時、この土地を購入した米国務長官のスワードに対し、米国国民は、「スワードの氷の塊」「巨大な冷蔵庫」「無駄な土地」などと言って非難した。

しかし、このアラスカは、その後、巨大なベーリング海峡の黄金漁場と黄金、油田により、米国を世界3位の産油国にする土地となった。

現在、この土地の地理的価値は1兆ドル(1000兆ウォン)と推定されている。最も重要なことは、この地域の軍事的価値だ。

実は、この土地を売る際、ロシアは東北の領土であるカムチャッカ半島も一緒に投げ売りしようとしていたが、米国は、そこまでは必要ないと拒絶した。
00022275

もし、米国が、アラスカを購入する時に、カムチャッカ半島まで買っていたら、ロシアと北東アジア地域まで米国のミサイルの射程圏に入る状況だった。

先の世界大戦の戦況はもちろんのこと、現在の北東アジア及び世界の歴史が変わっていたであろう。

翻訳元:http://www.ilbe.com/10668055922


2. 韓国人
おもしろい話


3. 韓国人
もし、米国とソ連が陸続きの状態で冷戦まで突入していたら、リアルに見ものだったwww


4. 韓国人
すでに米国のミサイルの射程圏ではないのか?


5. 韓国人
何をアホなことを
今、地球全域が米国のミサイルの射程圏なのにwww


6. 韓国人
サハリンを買いたい


7. 韓国人
カムチャッカ半島のロシア女はみんな俺のものだ
触るな


8. 韓国人
カムチャッカまで買っていたら本当にボロ儲けだったのに残念だったね


9. 韓国人
カムチャッカを手に入れていたら、米国は韓国戦争に参戦しなかったのでは?


10. 韓国人
>>9
これリアル


11. 韓国人
ロシアと北東アジアは、すでに米国のミサイル射程圏だ
グアムやハワイ、アラスカから打ち上げてもそうだし、米国本土からICBMを飛ばしても届く


12. 韓国人
カムチャッカ半島を手に入れていたら、多くの利益を得ていただろうが、米本土から遠く、ロシアとも近接しているので、悩みの種が増え、金がめっちゃかかっていたであろう


13. 韓国人
それにしてもカムチャッカ半島はでかいね
韓半島よりもでかい


14. 韓国人
中国とロシアを牽制するにはうってつけの位置だが、あれを断ったと?


15. 韓国人
>>14
米国がアラスカを購入したのは1867年だ
中国とロシアを牽制する理由もなかった時代だ


16. 韓国人
>>14
あの当時に中国を牽制する必要があったのか?
列強に剥ぎ取られてボロボロになっていた時代だぞ
そして、ロシアを牽制するなら、サンクトペテルブルクやモスクワがある欧州側ですべきだろ
シベリアを横断して侵略してくることもないのだから


17. 韓国人
そのまま我々がカムチャッカ半島を買ってはいけないのか?


18. 韓国人
>>17
金のある日本にも売らなかったのに、我々に売るか?
そもそも、我々にはあそこを買えるだけの金がない


19. 韓国人
海域がめっちゃ狭くなるのに、なぜ売り飛ばしたのだろうか?


20. 韓国人
ロシアはアラスカを売らないわけにはいかなかった
なぜなら当時、カナダが英国領であったため、遠からず奪われていた土地だ
奪われるぐらいなら売り飛ばした方がいいと考えたのであって


21. 韓国人
米国には、本当にエイリアンであり、タイムトラベラーなりがいそうだ


22. 韓国人
>>21
国民の一人一人が、小規模な戦闘で村を形成して暮らしてきたせいか、精神力と判断力が最高潮に達した民族のようだ


23. 韓国人
モンゴルに支配されたやつらが、逆にモンゴロイド人種たちの土地であるシベリアを征服し、アラスカまで行くなんて…
本当に、モンゴロイド人種の立場では、ロシア人どもは災害そのものである


24. 韓国人
>>23
誰だっけ、モンゴル人にとっての全斗煥と言われていたやつは
モンゴルを恐怖のどん底に陥れたロシアの将軍がいたが…


25. 韓国人
>>24
ロマン・ウンゲルン
カイカイ補足:ロマン・ウンゲルン - Wikipedia
1920年末に徐樹錚が占領した外モンゴルで中華民国占領軍を駆逐し、外モンゴルで支配的地位に立ったが、その支配は苛烈であったためにモンゴル人から反発され、チョイバルサンたちが率いるモンゴル人民党は赤軍に救援を頼んだ。モンゴルと赤軍の連合は白軍を攻撃、これを撃滅。ウンゲルンは1921年に赤軍に敗れて捕らえられ、チェーカーによる軍事裁判の末にノヴォニコラエフスク(ノヴォシビルスク)で銃殺刑に処された。


26. 韓国人
ヘル半島も買い取ってほしい


27. 韓国人
ロシアは、モスクワからアラスカまでの長距離を小規模遠征(コサック騎兵と探検家など)のみで征服した。
我々の祖先は、渤海滅亡後、なぜこの狭い韓半島から抜け出さなかったのだろうか?
北海道全域が日本の領土に編入されたのは明治時代(それ以前は、南部地域だけが日本の領土だった)であり、サハリンと千島列島は、19世紀になって本格的な国家体制(初期はロシアと日本)として編入された。
ロシアの探検家がオホーツク海を発見したのは17世紀初頭であった。


28. 韓国人
>>27
渤海滅亡後、流民たちがベーリング海を渡ったという意見もある
カムチャッカ半島にも、我々の民族の痕跡を残す遺跡があり、アラスカには3000年前のオンドル遺跡が発見されている
具体的な記録はないが、食べ物を求めて渡った人もいると推測されている


29. 韓国人
>>27
1. 明朝が遼東を徹底的に封鎖していた。
2. 明にやられた元は、再びモンゴルに戻り、中国式の称号を捨て、ハーンを称していた状態だったが、軍事力は依然として強く、土木の変のような騒ぎを起こし、農耕民族の北進を阻止していた。
3. 当時は小氷河期だったので、非常に寒く、作物がよく育たないシベリアにあえて行かなかった。
4. ロシアの東進も、毛皮を得るためにスタートした。それで初期には、シベリアを征服して実効支配するよりも、小規模な探検隊を通じて植生を調査して地図を製作する線で止まっていた。
5. 日本でさえ、蝦夷を収奪だけして北進する意欲を出さなかったが、収穫量も少なく、税率も日本に対して大幅に低かった朝鮮が、積極的な北方開拓をするには予算が足りなかった。


30. 韓国人
韓半島と満州を合わせたよりも大きいね


31. 韓国人
>>30
我々が普段目にしている地図は、北半球がかなり誇張された地図である
実際の面積を示した地図がこれ
00022279

実際には、アフリカは、米国や中国、ロシアを合わせたよりも大きく、インドは、ロシアを除いた欧州全体よりも大きい
グリーンランドは、思ったよりもかなり小さい


32. 韓国人
>>31
その地図で見ると、アフリカが世界の中心だな


33. 韓国人
あれを米国が買っていたのなら、金正恩の豚野郎も生まれていなかったであろうか


34. 韓国人
あの半島が買われていたら、韓半島は用なしだった


35. 韓国人
今の時代では、金で領土を売るとか想像もできんな
ところで、韓国もあのように、土地を買ったらいい
人口密度が病身だ


36. 韓国人
>>35
無駄な土地が生じたところで、人口密度問題は解消されない
韓国のどこもかしこが、人でぎっしりだと言うのか?


37. 韓国人
あの時、金大中のクソ野郎はどこで何をしていたのか?


38. 韓国人
>>37
京釜高速道路を反対していた


39. 韓国人
>>37
金大中のじいさんも生まれていない時である


40. 韓国人
米国は、1900年代にカナダを武力併合する計画だった
しかし、世界大戦が起きてうやむやになった
カイカイ補足:レッド計画 - Wikipedia
レッド計画(War Plan Red)は、20世紀初頭にアメリカ合衆国が定めた、イギリス(大英帝国)との戦争に備えた作戦計画。イギリスを「赤」、アメリカを「青」と色分けし、万一米英間に戦争が起こった場合の作戦について軍部に研究させていた。この計画が1974年に機密解除されたときには、米英間戦争の主戦場と想定されていたカナダにおいて複雑な反応を引き起こした。


41. 韓国人
>>40
なぜそんなことを計画した?


42. 韓国人
>>41
カナダを取り込み、英国を叩いて英連邦国家を取り込もうとしていたが、ドイツが世界大戦を起こしたことで計画が流れた


43. 韓国人
>>42
めっちゃ強気だね
それ以前に米国は戦争をしたことがあったのか?
南北戦争以外に?


44. 韓国人
>>43
米国も帝国主義国家の一つだった


45. 韓国人
>>43
米英戦争の時、英連邦所属のカナダ軍が一時的にだが、ホワイトハウスを占領したことがあったが、再び米国が取り戻した
カイカイ補足:戦争による焼失|ホワイトハウス - Wikipedia
1814年8月、大統領官邸は米英戦争のブラーデンスバーグの戦いでの敗北により、イギリス軍による焼き討ちにあい、石積みの外壁を残して全てが灰燼に帰してしまった。第4代大統領ジェームズ・マディソンは設計者のジェームズ・ホーバンを監督に任じ、焼け残った外壁を使って焼失前とほぼ変わらない官邸を再建、1817年に完成した。このとき、焼けこげた外壁を白く塗装したことから官邸は現在のように「ホワイトハウス」と呼ばれるようになった。現在でも焼けこげた壁の一部は保存されており、トルーマンバルコニーでこれを見ることができる。


46. 韓国人
>>40
その時、カナダを取り込んで北米大陸を統一していたら、恐ろしいことになってたね…


47. 韓国人
歴史に「もし」はない


48. 韓国人
カムチャッカ半島まで米国が買っていたら、おそらく旧ソ連は、安全保障協定を結んだり、中堅国家に転落していたかもしれない


49. 韓国人
あのような取り引きがまかり通っていたから、韓国と北韓が半分に分かれることになった


50. 韓国人
>>49
ヒトラーがもう少し辛抱するか、日本がもう少し早く降伏していたら分断されることはなかった
1ヶ月もせずに、ソ連が乗り込んできて、北韓を取り込んでしまった
関連書籍:ソ連はなぜ八月九日に参戦したか―満洲をめぐる中ソ米の外交戦


51. 韓国人
ロシアの未開さを感じる


52. 韓国人
アラスカの地理的価値は、1兆ドルではなく、その数千倍はあるだろ


53. 韓国人
>>52
当然、はるかに高い
金で換算することはできないだろう


54. 韓国人
考えてみると、米国とロシアは、直接国境が接してるんだね


55. 韓国人
>>54
陸路でつながったカナダとメキシコを除いては、海を隔てて米国に最も近い国がロシアである


56. 韓国人
カムチャッカ半島は、韓半島よりも大きいのに、なぜ国家を形成できないのか?


57. 韓国人
>>56
とにかく寒すぎるから

スポンサードリンク
おすすめ記事(外部サイト)
韓国・東アジアニュース(外部サイト)