00022478

韓国のネット掲示板に「台湾人の最近の世論調査」というスレッドが立っていたのでご紹介。

1. 韓国人(スレ主)

※この世論調査は、4月17日~18日の間で実施され、有効標本は1068、信頼水準は95%、標本誤差は0.3%ポイントである。


中国との関係改善のために、「一つの中国」の原則を受け入れる必要があるか?

ある:25.9%
ない:41.8%
判断留保:32.3%


台湾と中国の関係はどのような方向に進むのが望ましいか?

独立:24.3%
統一:8.1%
現状維持:54.0%


自分の国籍アイデンティティをどうのように定義するか?

台湾人:57.2%
中国人:3.2%
台湾人でもあり中国人でもある:36.5%


以下は、世論調査機関である民意基金会が、去る11日~12日に、台湾の成人男女1073人を対象に、周辺国に対する好感度を問うアンケート調査結果。

シンガポール
好感が持てる:88.2%

日本
好感が持てる:84.6%

欧州連合
好感が持てる:74.8%

米国
好感が持てる:70.6%

韓国
好感が持てる:58.4%

中国
好感が持てる:48.9%

フィリピン
好感が持てる:37.1%

北韓
好感が持てる:19.3%

翻訳元:http://www.ilbe.com/10678188792


2. 韓国人
台湾は、韓国や香港よりも世代間の葛藤が激しい
40~50代は反韓感情が激しく、10~20代はそれなりに大丈夫


3. 韓国人
>>2
若い女たちは、狂ったように韓国が好きだ


4. 韓国人
台湾は国ではないのに
そのまま島チャンケだろ


5. 韓国人
36.5%(台湾人でもあり中国人でもある)が周囲の顔色をうかがってるね
汚らしいから早く中国と統一しろ


6. 韓国人
台湾は、民族構成も違う
原住民と蒋介石派がいて、原住民も1つではない


7. 韓国人
アイデンティティのアンケート結果は、外省人と内省人の割合と同じだね


8. 韓国人
台湾は、内省人と外省人に分かれている
共産党に追われて入ってきた少数の外省人は、中国を憧憬する傾向が強い
内省人は、もともと台湾島に住んでいた原住民であり、日本の支配下で恩恵を受けた者たちだ


9. 韓国人
以前のツウィ騒動を見て驚いた
台湾が、あこまで中国に隷属していることを初めて知った
台湾の国旗も振れないなんて…
女子中学生に謝罪を強要し、さらに中国と台湾「両国」という表現も使えないという
両岸としなければいけないとか…
カイカイ補足:ツウィ謝罪事件 - Wikipedia
ツウィ謝罪事件とは、韓国のTV番組の企画で、人気女性アイドルグループTWICEの台湾人メンバーツウィ(当時16歳)が、中華民国の国旗を手にしたことに端を発する中華人民共和国からのバッシングに対し、2016年1月15日に謝罪した事件である。中華民国では波紋を呼び、同年1月16日に実施された中華民国総統選挙に影響を与えた。



10. 韓国人
ツウィは3.2%(中国人)だね


11. 韓国人
メディアでは嫌韓をしているが、実際に台湾に行けば、韓国人は好意的に迎えられる
これはまるで、過去、韓国が日本にしてきたことのようで苦笑いが出る(実際には苦笑いしていない)


12. 韓国人
日本wwwwwww
日本信者なのか?


13. 韓国人
やはり、日本のことは抜け目なく好きなんだね


14. 韓国人
>>13
正直、台湾人の立場では、日本が韓国にしたように邪険にされたり、大きな差別もされなかったからね
国のインフラを発展させてもらったり、かなりの恩恵を受けた
むしろ、共産党に追われた入ってきた国民党に対して、大きな反感を持っている
そして、台湾が発展する時、日本が投資をたくさんして技術移転もたくさんした
事実、台湾は日本が育てた国と見てもいい
関連書籍:歴史再検証 日韓併合―韓民族を救った「日帝36年」の真実 (祥伝社黄金文庫)


15. 韓国人
>>13
韓国も素直な気持ちで調査すれば、日本に対してあの程度のパーセンテージは出そうだ
韓国も台湾も、ストックホルム症候群…
カイカイ補足:ストックホルム症候群 - Wikipedia
ストックホルム症候群とは、誘拐事件や監禁事件などの犯罪被害者が、犯人との間に心理的なつながりを築くようになることをいう。


16. 韓国人
台湾はそのまま中国につけ
そうすれば、韓半島の存在感がさらに重要なものになるwwww


17. 韓国人
独立したいが、独立するためには犠牲が伴うので、現状維持の票が高くなっているようだ


18. 韓国人
韓国人である俺も韓国が嫌いなのに、好感度が割りと高いね


19. 韓国人
日本よりも韓国の好感度が低いのが笑える
知らない人が見たら、日本は台湾と断交しなかったと思うだろうね
知らない人が見たら、日帝時代ではなく、韓帝時代を経験したと思うだろうね


20. 韓国人
>>19
生まれつき、民族性が奴隷なのだwwwww
チャンケ時代にも、鄭に征伐された奴隷であるwwww


21. 韓国人
>>20
生まれつき民族性が奴隷なのは韓国人であって
チャンケの属国時代を忘れたのか?
しかも、朝鮮は、自国民を奴隷にした数少ない国でもある


22. 韓国人
>>19
台湾が韓国を嫌っているのは、国交断絶や嫉妬心によるもと考えられているが、実際には、知らず知らずのうちに、韓国は台湾に不意打ちをたくさん食らわせていた
カイカイ関連記事:韓国人「1992年、台湾と国交断絶した時の映像」


23. 韓国人
>>22
いくつか事例を書いてみよう


24. 韓国人
>>23
李承晩が台湾華僑を追い出し、朴正熙が華僑を抹殺した
カイカイ補足:歴史|韓国の華人 - Wikipedia
韓国当局が1945年から1980年までに華人に対して行なった政策は、現在の韓国において、弾圧・制限的なものと評されている。華人の韓国国籍取得は、非常に困難なものとされ、在韓華人は、永住外国人(華僑)とならざるを得なかった。外国人である在韓華僑は、国家機関及び軍に勤務することができなかった。1961年の法律は、外国人の土地所有権を制限し、多くの華人農民は、急いで自分の地所を売却(あるいは、緊急に自分の韓国人妻か、韓国人の友人に名義換え)せざるを得なかった。華人は、韓国の民間会社、特に大企業への就職の際、大きな問題に直面するため、中小企業に甘んぜざるを得なかった…


25. 韓国人
>>24
朴正煕や李承晩が痛めつけた華僑は、国籍だけ台湾であって、実際には国民党の残党であり、台湾人ではない


26. 韓国人
一緒に働いていた台湾人は、自分が日本人であると考えていたが、日本に対する好感度が84%であるのを見ると、それは嘘ではなかったようだ


27. 韓国人
>>26
台湾には、日本との混血が結構いる


28. 韓国人
あいつらは、日帝支配時代は祝福であり、幸せな時期だったと記憶し、教育している


29. 韓国人
>>28
教育ではなく、事実、台湾は日本からかなり良くされていた
中国の絶え間ない牽制があってもwwww
その当時、台湾人に、中国に取り込まれるか、日本に取り込まれるか、どちらを選ぶと尋ねれば、大多数が後者を選んでいた


30. 韓国人
韓国に対する好感度が58%なら高い方だろ
台湾内の親中勢力が、反中世論を反韓世論に転嫁する戦略も使われているし
10~20代だけで調査すれば、さらに高い割合になるだろう


31. 韓国人
台湾人どもが日本を称賛していることだけ見ても、いかに間抜けか見当がつくwwwww


32. 韓国人
あれは正常な結果なのに
健常者なら、嫌韓は当然の感情である


33. 韓国人
言語もまったく同じなのだから、統一すればいいだろ
何を無駄に時間を引き伸ばしているのか?


34. 韓国人
>>33
統一の理由が言語なのかwwwwww


35. 韓国人
そのまま何も考えてないんだろ
まあ、それは我々も同じだが


36. 韓国人
俺は今、台湾だが、一度も嫌韓に遭遇したことはない
みんな親切である


37. 韓国人
>>36
そういうのはもともと、陰で悪口を言っているのだ
我々だって、日本人と直接会えば、露骨に嫌がったりしないだろ


38. 韓国人
韓国が思ったよりも高いね
俺はてっきり、20%ぐらいかと思っていた


39. 韓国人
>>38
俺は30~40%


40. 韓国人
>>39
俺は58.4%と予想していたwww


41. 韓国人
あいつらは、日本の植民地として残ることを望んだやつらではないのか?


42. 韓国人
>>41
国民全員が親日派であり、反抗する人間もいなかったため、当時の日本も特別に弾圧しなかった
不思議なやつらである


43. 韓国人
>>42
強者に順応するのが島国の種族特性なのかもしれない


44. 韓国人
島チャンケは歴史からしてそうだ。
独立した政治構造を持ったことがなかった。
島チャンケ民族は、明の時代から、本土から渡ってきた異民族の支配を受け、オランダの支配を受け、清国満州族の支配を受け、日本の支配を受け、本土を追われた蒋介石一派の支配を受けてきた。
最近になってようやく、自ら権力を創出(島国生まれの人が総統に選ばれる)したと見ればいい。
こういう歴史背景があるから、日本信者、中国信者、蒋介石信者などが入り乱れ、アイデンティティに混乱が生じているのだ。
関連書籍:台湾―四百年の歴史と展望 (中公新書)


45. 韓国人
>>44
これリアル
事実上、順応しながら生きる奴隷

スポンサードリンク
おすすめ記事(外部サイト)
韓国・東アジアニュース(外部サイト)