twwwww

韓国の左派コミュニティサイト、ルリウェブのユーモア掲示板から「(ユーモア)日本軍にいてはならなかった将軍」というスレッドが立っていたのでご紹介。

1. 左派韓国人(スレ主)


今村均陸軍大将
8899

士官学校では常に主席のエリート。典型的な出世コースに乗り、早々と出世。そして、ジャワ地域の司令官に任命されたが、一般的な日本軍の将軍のように、収奪や略奪虐殺などはしなかった。
tyouwt
▲ジャワ地域で現地人たちに歓迎される写真。

アジア地域は、通称鬼畜英米、すなわち白人たちに対する不信と不満が広がっており、初期には、日本軍を歓迎する地域が多かった。

ここで今村は、木綿の収奪を禁止し、労働をさせる時は食事を提供するというすごく単純な措置をとったことで、現地人の心をつかみ、現地人たちが自ら米軍を捕まえて捧げるほどだったという。

また、対外的な軍政だけでなく、個人的性格も優れていた。ジャワに赴任する途中で起きたジャワ海戦で、日本海軍は交戦中に、今村が搭乗した輸送船団を英国所属と誤認して多数の輸送船を撃沈した。

今村が乗っていた龍城丸は、最上(重巡洋艦)の魚雷が直撃して撃沈したが、激戦中だからそういうこともあると責任を問い詰めず、むしろ、英国軍の魚雷で撃沈したことにして事件を隠したという。

以降、ラバウル海軍航空隊があったラバウル島に赴任し大将に昇進するが、すでに戦勢は不可逆的で、陸海軍はラバウル島に孤立した日本軍13万人を捨てて撤退してしまった。

1944年2月、最後のゼロ戦が撃破され、制空権制海権を奪われたラバウルに、連合軍は1日平均85トンの爆弾を無防備になったラバウルの日本軍に投下し滅多打ちにした。そして、終戦までに、ラバウルの防空砲の90%を除去し、兵力の30%以上を除去した評価した。

これだけ見れば、ただ性格だけが良いおっさんとも考えられもあるが、実状は、防空砲は20%だけが破壊され、兵力はほぼ90%が温存されていた。

防空砲は徹底的に爆撃されることを困難にするために偽装し、位置が発覚したと思ったら、すぐに移転後、ダミーの山を作って配置した。

すべての兵力は、トンネルを掘って移転し、1人当たり200坪の土地を開墾することにし、約5万トンの米を終戦まで収穫し、米軍による爆撃で失ったのを除いても、約2.7万トンの米を保存した。

初期には現地の作物が中心だったが、時間が経つと米を3毛作し、サトウキビからタバコまで栽培して配分した。

このような状況でも、夜間には米軍が爆撃で破壊した滑走路を修復し、朝になると4本の滑走路のうち1つは使用できるように維持した。

本人も直接、200坪の土地で農業をしており、伝染病が広がっても死亡者が極めて少なく、米軍も食糧補給を阻止し、適当に爆撃すれば降伏するだろうとして爆撃をしたが、最後まで降伏せず、よく食べて豊かに暮らして終戦まで持ちこたえた。

終戦時には、70万発の砲弾と墜落した残骸で合成したハヤブサ1機、ゼロ戦3機、97艦攻1機と4000台のトラック、1100万発の弾丸、1000トンの戦闘食糧、18000トンの食糧と70kmに近い地下化された要塞を持っているものと把握され、オーストラリア軍司令官を感嘆させた。

以降、戦犯裁判にかけられ、捕虜虐殺ほう助、インド人を強制的に徴集したことでB級戦犯として10年の刑を言い渡された。

これに対し、ジャワ地域とラバウル地域の地元住民たちは、今村を擁護し嘆願したが、今村は、部下の管理ができなかったのは自分の責任とし、判決を認めて10年間服役した。

マッカーサーは、日本軍で初めて本物の武士道を感じたと評価した。

このような将軍が、日本軍にもっといたら、韓国の独立はさらに遅れていたであろう。

したがって、このような将軍は日本軍にいてはならなかった。

翻訳元:http://bbs.ruliweb.com/best/board/300143/read/39331178


2. 左派韓国人
やはり、すばらしい人物からすばらしい作戦が生まれるのだ


3. 左派韓国人
牟田口廉也が3万人以上いれば良かったのに…
カイカイ補足:インパール作戦 - Wikipedia
インパール作戦とは、1944年3月に日本陸軍により開始され7月初旬まで継続された、援蒋ルートの遮断を戦略目的としてインド北東部の都市インパール攻略を目指した作戦のことである。補給線を軽視した杜撰(ずさん)な作戦により、多くの犠牲を出して歴史的敗北を喫し、無謀な作戦の代名詞として現代でもしばしば引用される。


4. 左派韓国人
>>3
そのような独立闘士が3人以上いれば、独立が10年は早まったであろう


5. 左派韓国人
>>3
牟田口廉也3万人って…
いくらなんでもそれは多すぎ…


6. 左派韓国人
>>3
韓国で言うところの元均か?
カイカイ補足:元均 - Wikipedia
元均(1540年2月12日 - 1597年8月2日)は、文禄・慶長の役(壬辰・丁酉倭乱/朝鮮征伐)の頃に活躍した李氏朝鮮の将軍。1592年、文禄の役開始2ヶ月前に慶尚道右水使に任命され、水軍の司令官となる。4月にいざ日本軍が大挙して押し寄せると戦わずして逃走するが、その後は、全羅道左水使の李舜臣らと共に日本水軍と戦った。しかし猪突猛進ともいえる性格の元均と、文人的な一面のある李舜臣とは肌が合わない面があったようだ。李舜臣には『乱中日記』に「天と地の間にはこの元均のように凶悪で常軌を逸した人はいないだろう」と酷評されている。

 
7. 左派韓国人
>>6
元均は、功を立てるため、自国民の鼻と耳を切ったが、牟田口は占領地で慰安婦と虐殺を禁止させた


8. 左派韓国人
>>6
元均は、人間的にも病身だった
牟田口は、まだ善人だった


9. 左派韓国人
>>6
廉也は、人間性は良かった


10. 左派韓国人
あの戦犯判決が笑えるのが、米軍も検事も、この人は大罪ではないことを知って、形式的に行ったのだが、実際に判事が10年を宣告すると、現地人と米軍は、判事に対して気でも狂ったのかという反応を見せたという
カイカイ補足:戦後|今村均 - Wikipedia
1945年8月15日、日本が降伏し第二次世界大戦は終結。今村は戦争指導者(戦犯)として軍法会議にかけられる。第8方面軍司令官の責任を問われたオーストラリア軍による裁判では、一度は死刑にされかけたが、現地住民などの証言などもあり禁錮10年で判決が確定した。 その後の第16軍司令官時代の責任を問うためのオランダ軍による裁判では、無罪とされた。
その後、今村はオーストラリア軍の禁錮10年の判決により、1949年に巣鴨拘置所に送られた。だが今村は「(未だに環境の悪い南方で服役をしている元部下たちの事を考えると)自分だけ東京にいることはできない」として、1950年には自ら多数の日本軍将兵が収容されているマヌス島刑務所への入所を希望した。妻を通してGHQ司令官マッカーサーに直訴したといわれている。その態度にマッカーサーは、「私は今村将軍が旧部下戦犯と共に服役する為、マヌス島行きを希望していると聞き、日本に来て以来初めて真の武士道に触れた思いだった。私はすぐに許可するよう命じた」と言ったという。


11. 左派韓国人
こんな人が3人だけでも日本の首脳部にいたら、韓国は独立できなかっただろう…
国籍はさておき、すごいよね


12. 左派韓国人
>>11
もっと恐ろしいのは、日本軍が連合軍に加わっていた場合だ
1930年代初めまでは、英日同盟がギクシャクしていたとはいえ、厳然たる同盟国だったのを考えたら…


13. 左派韓国人
>>11
もし、そうなら、独立できない以前に、日本は侵略行為をしなかったかも
 

15. 左派韓国人
>>13
日本が侵略する前に、あんな人が3人首脳部にいたら、みんな左遷されて他のやつが侵略したと思う
当時の日本や世界は、そんな雰囲気だったから


16. 左派韓国人
現地人が嘆願したって…
カイカイ補足:今村均 - Wikipedia
温厚で高潔な人柄と、占領地での軍政・指導能力は高く、名将という評価を受けている。その人柄、エピソードは今日でも旧占領国の現地住民だけでなく、敵国であった連合国側からも称えられている。


17. 左派韓国人
>>16
親日派がいたのであって…


18. 左派韓国人
幸いなことに、日本軍にはあんな人はあまりいない
とんでもない軍隊だったから


19. 左派韓国人
とにかく、B級戦犯とされた人間である
美談があるのかどうかは分からないが


20. 左派韓国人
あんな人が首脳部にいたら、収奪のようなものも少なかったのか…


21. 左派韓国人
>>20
そもそも軍事侵略ではなく、違う形で勢力を広げたのではないか?


22. 左派韓国人
>>20
とりあえず、米国に先制攻撃をするというキチガイみたいなことはしなかっただろう
韓国にとっては、より悪いことだが


23. 左派韓国人
どんな狂った組織の中にも、健常者は必ずいる


24. 左派韓国人
素晴らしい人だね…
我々にとってはそうではないが


25. 左派韓国人
笑わせてくれるのは、あれが一般的ではなかったのに、日本のテレビ放送では、あの人をもって日本軍全体を美化させるという


26. 左派韓国人
安重根先生が執筆した東洋平和論を見ると、今のEUと非常によく似ている
もし、日本にあのような人が大勢いてアジアを掌握していったら、我々は本当に光復できなかったかもしれない…
カイカイ補足:「安重根の東洋平和論、現在の観点からも先駆的思想」
欧州連合の構想より70年も先立つ=安重根は「韓日中3国がそれぞれ独立を維持しつつ、相互扶助の道を探り、それを通じて西勢東漸の西欧帝国主義を防ぐとき、東洋平和を実現できる」と考えた。日本が侵略的な属性を合理化するために作った「大東亜共栄圏」というロジックのわなを同氏は見抜いて、その代案を構想していたのだ。


27. 左派韓国人
あんな人が陸軍ではなく海軍に、それも南雲の代わりに座っていたなら、太平洋戦争で米国が勝つのは容易ではなかっただろう…
カイカイ補足:南雲忠一 - Wikipedia
南雲忠一(1887年(明治20年)3月25日 - 1944年(昭和19年)7月6日)は、日本の海軍軍人。サイパン島の戦闘で自決し、一階級特進により、最終階級は海軍大将。


28. 左派韓国人
>>27
南雲も特に能力的に無能だったわけではない…
日本海軍の司令官たちは陸軍とは違い、みんなやるだけのことはやった
米国が、強すぎただけで


29. 左派韓国人
ラバウル占領地の日本軍は、390人余りが戦犯裁判にかけられ、そのうち266人が有罪判決を言い渡された
そのほとんどが捕虜虐待と民間人虐殺の容疑
あの人は分からないが、部下はそのようにして遊んでいたというのが定説


30. 左派韓国人
軍人である以上、上がやれと言えばやらなければならないが、それでも人の道を外れたやつが多い
記事が事実であれば、あの人は素晴らしい軍人と言っても良いであろう
被害者の立場では、何をどう言っても悪いやつではあるが


31. 左派韓国人
実状は屯田兵だね
軍隊に入隊しただけで無念なのに、自分が食べる物は直接栽培しろとか


32. 左派韓国人
日本軍にあんな人がいたのか?
初めて聞いたわ
関連書籍:陸軍大将 今村均―人間愛をもって統率した将軍の生涯 (光人社NF文庫)

スポンサードリンク
おすすめ記事(外部サイト)
韓国・東アジアニュース(外部サイト)