00026322

韓国のポータルサイトネイバーから、「”英語はどこで習ったのですか?”トランプが感心した新世代の日王夫妻」という記事を翻訳してご紹介。

「英語はどこで習ったのですか?」トランプが感心した新世代の日王夫妻
2019.05.27|11:15

●午前の公式歓迎式前の歓談で、日王夫妻通訳なしで直接会話
●それぞれ、オックスフォードとハーバードで勉強
●トランプ身なり直して礼儀
●日王の宮廷晩餐で挨拶予定

来日3日目の27日、ドナルド・トランプ米国大統領は、徳仁日王が主宰する歓迎行事に相次いで参加した。

トランプ大統領は、今月1日に即位した徳仁日王が迎える初の国賓である。

午前には公式歓迎式、午後には宮中晩餐が続いた。

この日の午前9時23分頃、東京皇居内の宮殿の玄関に該当する長和殿の前に到着したトランプ大統領とメラニア夫人は、あらかじめ待っていた日王夫妻と握手を交わした。

トランプ大統領は握手するときに腰を多く下げず、親近感を示して日王の背中に手を触れたりしたが、握手や会話の前に服の整えるなど礼儀を尽くそうとした。

若い頃、英国留学経験のある日王と、外交官出身の雅子王妃は、いずれも英語が流暢であるため、通訳がついていなかった。

日王は弟であり、王位継承序列1位の秋篠宮文仁王世弟夫妻、安倍晋三首相夫妻、宮内庁の閣僚をトランプに英語で直接紹介した。

留学経験のある新世代の日王夫妻の特徴が明らかになったシーンだった。

以後、レッドカーペットに沿って、宮殿の東の庭に設​​けられた歓迎式場に移動したトランプ大統領夫妻は、米国国歌が演奏されると、胸に手を置き礼を示した。続いて、日本国歌である君が代が演奏され、日本の自衛隊儀仗隊査閲などの行事が続いた。

歓迎式を終えたトランプ大統領夫妻は、宮殿内部の「竹の間」で日王夫婦と15分ほど公式対話を交わした。

日王、トランプ大統領、メラニア夫人、雅子妃の順に座り、両国の通訳が合流したのは、この公式対話の時からだった。

トランプ大統領は、「英語をとてもよくされますが、どこで勉強なされたのですか」と尋ね、これに対し日王は、「オックスフォード大学に留学をし、帰りに、米国のニューヨークなど各地を旅した」とし、「王妃も、ニューヨークの幼稚園、ボストン近郊の高校、そしてハーバード大学で勉強をした」と答えた。

トランプ大統領は、「米日関係は、過去の戦争など多くの歴史を克服し、今の素晴らしい関係を構築した」とも話した。

前日の相撲観戦も話題になった。トランプ大統領が、「相撲をよくご覧になるのか」と尋ね、日王は「あまり機会が頻繁にはない。昨日、大統領が見た場所ほど間近で見たことはない」と答えた。

到着から50分の午前10時14分頃、トランプ大統領夫妻が皇居を去ると、日王夫妻は玄関前で一行を乗せた車が見えなくなるまで手を振った。

日王が主催する宮中晩餐会は、915坪で宮殿で最も広い「豊明殿」で開かれる。

安倍首相と3部の要人、王族、両国の友好に貢献してきた人たちが招待を受けた。

晩餐すべての日王が歓迎の言葉をして、これにトランプ大統領が視察をする。

1994年3月、金泳三大統領を国賓として招待した明仁当時日王(今は上王)は、「日本国民は、過去の歴史に対する深い反省の上に、韓国国民と揺るぎない信頼と友情を築く努力をしてきた」と述べ、当時、金大統領は「これ以上、過去が未来を束縛してはならない」と答えたと、毎日新聞は報じた。


この記事を見たネイバー読者の反応
00026321

ソース:http://naver.me/G2SQfOMk



1. 韓国人
文在寅大統領は、3Dプリンターすら読めないというのに
羨ましい
共感:9|非共感:0
カイカイ補足:文在寅の3Dプリンター発言とは
まだ大統領になる前の2017年、共に民主党の代表として演説している時、3Dプリンターをサムディープリンターと呼び議論になったことがある。サムは韓国語で三を意味し、つまり日本語に置き換えると「さんディープリンター」と言ったことになる。批判の声が上がると、文在寅はTwitterに、「3をサムと呼んではいけないのか」と開き直り、支持者も、そうだそうだとこれに同調した。


2. 韓国人
新世代とするには年齢が…
まあ、前日王と比べれば新世代になるか…


3. 韓国人
王も留学組だが、王妃はハーバード大学出身で、その後、東京大学に編入し、外務考試に合格し、オックスフォードに研修にまで行ったスーパーエリートである…


4. 韓国人
やれやれ、中央日報の記事だね
書くネタがそんなにないのか?
公園の犬のウンコの話でも書いてろと
共感:2|非共感:15


5. 韓国人
>>4
共産主義主体思想派月娼が怒りに震えています

スポンサードリンク
おすすめ記事(外部サイト)
韓国・東アジアニュース(外部サイト)