00026690

韓国のポータルサイトネイバーから、「米国のイラン攻撃説に、信じられないとする日本…内心は?」という記事を翻訳してご紹介。

米国の「イラン攻撃説」に、信じられないとする日本…内心は?
2019.06.16|午後8:27




米国といわゆる「最高の相性」を対内外に誇示してきた日本政府が最近、オマーン湾上で発生したタンカー襲撃事件をめぐっては見解の違いを示しています。

「イランの仕業」とする米国の主張を「信じられない」とする日本政府が、米国に証拠を要求したという報道まで出ました。

東京からファン・ボヨン特派員がお伝えします。

(記者)

米国とイランの仲裁をするとして、安倍首相が直接イランを訪問している最中、近くの海上で攻撃を受けた日本の貨物積載タンカー!

堅田豊|タンカー会社社長
「エンジン近くに砲弾を受け、外板が貫通し、その後生じた炎で火災が生じました」

ポンペオ米国務長官は、すぐにイランが背後にあると名指しし、イランが安倍首相の外交努力を拒絶してタンカーを攻撃して日本を侮辱したと強調しました。

日本を手助けするような発表内容ですが、日本政府は、ちょっと意外な反応を出しました。

菅義偉|日本の官房長官
「(攻撃関連)継続的に情報収集しており、その背景を含めて予断を持って発言することは控えたいと思います」

ポンペオ長官の発表だけを信じ、イランの仕業と断定することは難しいという意を表したものです。

その後、米国がイラン攻撃の証拠という映像を公開し、トランプ大統領まで出て信憑性を高めても、安倍首相は、攻撃にのみ非難し、イランについては言及しませんでした。

こんな中、「日本政府がイランを名指しした米国発表に疑問を提起し、具体的な証拠を提示してほしいと米国に要請した」という現地の報道も出ました。

米国が確実な証拠を提示しなければ、日本はイランの仕業と断定することはできないという意思を伝えたという話です。

これは、イランの攻撃を強調し、国際社会を説得して、イランを孤立させようとする米国政府の意図とは反しています。

米国と緊密な協力と確実な共助を誇示してきたこれまでの安倍内閣の姿とはまったく異なります。

このような報道の背景には、イラン訪問中、イランが日本関連タンカーを攻撃したことが事実であると明らかになれば、安倍首相が日本国内で、外交の失敗に対する激しい批判に直面せざるを得ない状況があると考えられます。

特に、翌月の国会議員選挙を控え、外交の失敗が公論化されると、選挙結果にも致命的な影響を及ぼすという点も、イラン攻撃説をめぐり、米国と距離を置く理由と分析されます。


この記事を見たネイバー読者の反応
00026689

この記事にコメントを書き込んだ読者の性別と年代
00026688

ソース:http://naver.me/IG4weAkT


1. 韓国人
トランプから得たものはないようですwwwwwwwww
共感:205|非共感:12


2. 韓国人
安倍がいくら大げさに振る舞っても、消耗品に過ぎない
トランプは、昔も今も、即興的な人物ではなく、非常に一貫した思考を持ったリーダーシップのある人物である
真珠湾攻撃をした戦犯国を絶対に信じていない
自ら頭を下げる安倍を利用するだけ
共感:164|非共感:16


3. 韓国人
>>2
トランプはちょっと常識はずれに見えても、過去の行動を確認してみると一貫しているというのは事実だ
共感:6|非共感:0


4. 韓国人
韓国政府を無理やり攻撃して支持率を上げる方法がもう通じなくなったので、今は米国政府を攻撃して支持率を上げようとしているのではないかと思う
麻薬中毒者が、さらに強い薬を求めるように
共感:131|非共感:18


5. 韓国人
>>4
これまでイラン政府に注ぎ込んだ外交政策が失敗ということになれば、国会議員選挙で滅びるかもしれないから証拠を求めているという話だろ
記事を最後まで読め
共感:2|非共感:0


6. 韓国人
>>4
このような妄想レベルのコメントに投じられた共感数が韓国の民度である
共感:2|非共感:1


7. 韓国人
>>6
記事でゴミ記者が解釈したまま理解しろと抜かすアホもいる


8. 韓国人
チョッパリどもが米国に歯向かうのを初めて見たwwwwwwwwwwwww
共感:75|非共感:5


9. 韓国人
>>8
何が初めてだww
真珠湾事件を知らんのか?
共感:14|非共感:4


10. 韓国人
>>8
チョッパリは状況把握がうまい
米国のパワーが衰えたら容赦なく攻撃を加える
共感:8|非共感:0


11. 韓国人
安倍は今朝、前回のトランプとのゴルフで、バンカーに転げ落ちたことを考えて布団キックをしたことだろう
共感:47|非共感:4
カイカイ補足:布団キックとは
布団キックは、恥ずかしさを表現する韓国のネット用語。寝る前に、過去の恥ずかしい出来事を思い出し、思わず布団を蹴飛ばしてしまうことを一言で表す言葉。


12. 韓国人
日本が米国と相性抜群だと?
そのまま日本が米国に物乞いしている格好だろ
何が相性なのか
国家の自尊心も体面も脱ぎ捨て、ひたすら媚びへつらうことの何が外交なのか?
朝中東(韓国3大メディア)をはじめとする自称保守は、日本を見て、「我々はなぜあのようにできないのか」として自国を非難するが、自称保守というやつらが事大主義に染まり、米国の望むがままにしようとするのを見ると吐き気がする
自ら堂々としてこそ相手も認めてくれるというものだ
現実を発展させ、変えることはせず、ただ現実性だけを連呼しながら、米国が最強国だから米国の言うことをしっかり聞かなければならないというのは間抜けである
共感:20|非共感:11


13. 韓国人
>>12
北韓が望むがままにする文罪人は何なの?
北韓が最強だからと媚びへつらっているのか?wwww
共感:2|非共感:3


14. 韓国人
>>12
口が歪んでいても言葉はまっすぐしろ
今の政府は何だというのか?


15. 韓国人
朝鮮時代には中国の尻を舐め、日帝時代には日本の尻を舐めた
そして今は、米国ヤンキーの尻を舐めている
血筋は騙せない
強者にへつらい弱者を侮辱する雑種犬の習性は、先祖から受け継がれたものだwww
共感:8|非共感:4


16. 韓国人
米国の忠犬は、トランプが1+1=3と言っても、感動の涙を流しながら信じるwwww
共感:11|非共感:5


17. 韓国人
イラク戦争の時のように、米国とイランは戦争するであろう
共感:6|非共感:0


18. 韓国人
証拠がないのであれば、親友の言葉だからと何でもかんでも信じてはならない
正しい行動のようだ
なぜなら、日本としては、イランが自分たちを攻撃する理由はないと考えているから
共感:8|非共感:3


19. 韓国人
米国の指示を受けた組織がやったことだ
米国は国益のためなら何でもする
共感:6|非共感:1


20. 韓国人
日本を甘く見るなよ
歴史を少しでも勉強したことがある人なら、日本がどれほど戦略的に戦争するかを知っている
日本は本音を示さないやつらである
共感:7|非共感:3


21. 韓国人
>>20
事実、日本の国民性にはどの国も勝てない
過去については嫌悪するが、市民意識は本当に羨ましい
共感:0|非共感:3


22. 韓国人
>>21
市民意識とかアホか
一人で前に出ることを恐れ、他人の顔色を気にする民族だが、経済発展があって、それが他人に迷惑をかけない姿に見られるだけである
政治指数は韓国よりも低く、金持ちの北韓である
一党独裁百年の腐った国の何が国民性なのかwwww


23. 韓国人
太平洋を放射能汚染した日本は黙ってろ
共感:4|非共感:0


24. 韓国人
韓国では想像もできない行動だね
韓国が攻撃を受け、韓国政府が米国にあんなことを言ったら、朝鮮チラシ日報を筆頭に、星条旗を掲げて、「反米反対」と街頭に繰り出していたところだが
共感:5|非共感:2


25. 韓国人
イスラエルと米国の情報局の仕業だと考えているが、これが事実であれば大変なことだね
共感:3|非共感:0


26. 韓国人
米国は、トンキン湾事件で、ベトナム戦争を起こし、嘘情報でイラクを侵略した国だ
こんな未開なやつらが正義を叫ぶとか…
共感:4|非共感:2
カイカイ補足:トンキン湾事件 - Wikipedia
トンキン湾事件は、1964年8月、北ベトナム沖のトンキン湾で北ベトナム軍の哨戒艇がアメリカ海軍の駆逐艦に2発の魚雷を発射したとされる事件である。これをきっかけに、アメリカ合衆国連邦政府は本格的にベトナム戦争に介入、北爆を開始した。アメリカ合衆国議会は、上院で88対2、下院で416対0で大統領支持を決議をした。しかし、1971年6月『ニューヨーク・タイムズ』が、いわゆる「ペンタゴン・ペーパーズ」を入手、事件の一部はアメリカ合衆国が仕組んだ物だったことを暴露した。


27. 韓国人
正直、米国が中国といがみ合っている今、日本が米国を圧迫しようとしているという見方は、あまりにも幼稚な発想である
世界の誰よりも米国の怖さを知っているのが日本である
俺が見るに、中立的で慎重を期しているように見せ、最終的には米国の手を上げることが事前に約束されていると考える
共感:2|非共感:0


28. 韓国人
ところで、あれが正しい行動だろ
もっと調査して、事実が確実になってから立場を表明すべきであって
共感:2|非共感:0


29. 韓国人
米国がやったとしても、イランがやったとしても、安倍としては恥をかいたね
共感:2|非共感:0

スポンサードリンク
おすすめ記事(外部サイト)
韓国・東アジアニュース(外部サイト)