youseitiw

韓国のポータルサイトネイバーから、「SCMP”米国、韓国に南シナ海への軍艦派遣を要請”」という記事を翻訳してご紹介。

SCMP「米国、韓国に南シナ海への軍艦派遣を要請」
2019.06.25|午後05:09

●「中国の影響力拡大に抗議次元…韓、対北安保集中を理由に拒絶」
●インドネシア・インド・オーストラリアなど、アジア太平洋国家たち、米・中「組分け」に苦心
01
米国と日本、フィリピン、インドなど4ヵ国の軍艦が2~8日、領有権紛争海域である南シナ海を航行する連合訓練をした。今回の演習には、米海軍のミサイル駆逐艦ウィリアム・P・ローレンス、日本の海上自衛隊のヘリコプター搭載軽空母級艦艇いずもと駆逐艦村雨,インド海軍の駆逐艦コルカタと軍需支援艦シャクティ、フィリピン海軍の護衛艦アンドレス・ボニファシオが参加した(2019.5.9)

国際紛争海域でありながら、米国と中国の駆け引きが行われている南シナ海に、米国が韓国の軍艦を派遣して欲しいと要請したと、香港のサウスチャイナ・モーニング・ポスト(SCMP)が25日、報道した。

SCMPは、「アジア太平洋国家たちは、主要20ヵ国(G20)首脳会議の時に、米中貿易戦争で一方の肩を持つことを望まない」というタイトルの記事で、韓国の外交消息筋を引用してこのような内容を報道した。

韓国の外交消息筋は、「韓国は米国と中国の間で大きな圧力を受けている」とし、「米国は紛争海域で中国が影響力を拡大することに対する抗議ジェスチャーとして韓国に南シナ海に軍艦を送って欲しいと要請したが、韓国政府は北韓の脅威に国防力を集中させなければならないという理由でこれを断った」とSCMPに明らかにした。

南シナ海は、石油とガスなどの豊富な天然資源が埋蔵されており、海上物流量が年間3兆ドルに達し、中国、フィリピン、インドネシア、ベトナムなど周辺国が資源の領有権や漁業権などをめぐって絶えず紛争している海域だ。

中国は南シナ海の人工島に軍事施設を建て、飛行訓練などしながらこの海域を実質的に占有するという戦略を展開しており、米国はこれに対抗して南シナ海で「航行の自由」作戦を展開している。

米国は同盟国にも「航行の自由」作戦に参加し、中国に圧力をかけるよう要請しており、昨年から、英国、日本、オーストラリア、ニュージーランド、フランス、インド、フィリピンなどが南シナ海で合同軍事演習を実施した。

米国が韓国政府に南シナ海軍艦の派遣を要請したことが事実だとすれば、これは米国がHuawei制裁など経済的分野だけでなく、南シナ海問題など軍事的分野でも確かな「組分け」を要求するものとして注目される。

この外交筋は、中国のHuawei装備使用禁止を求める米国の要請も、韓国に大きな悩みを抱かせると伝えた。

この消息筋は、「韓国は北韓の脅威を口実に作戦範囲を制限し、南シナ海をめぐる葛藤から抜け出せるが、Huaweiをめぐる葛藤は違う」とし、「これは家の裏庭から火が出たように韓国経済に直接・間接的な影響を及ぼす可能性がある」と懸念した。

SCMPは「ドナルド・トランプ米大統領と中国の習近平国家主席は、G20首脳会議で本格的な派閥争いに乗り出すものと見られる」「米国の伝統的な同盟でありながら中国と強力な貿易パートナーである韓国がこのような圧力を最も大きく受けている」と分析した。

米国はアジア太平洋地域で、中国の経済的、政治的影響力の拡大に抵抗して「インド太平洋戦略」を展開しながら、韓国に賛同を求めているが、韓国としては中国との貿易関係に及ぼす打撃を懸念せざるを得ないという話だ。

韓国だけでなく、インドネシア、インド、オーストラリアなど他のアジア太平洋国家たちも似たような悩みを抱えていると、SCMPは伝えた。

アセアン(ASEAN・東南アジア諸国連合)加盟国のうち唯一のG20国家であるインドネシアは、伝統的に非同盟路線を取りながら、できるだけ中立的な外交政策を展開しようとしている。

しかし、ジャカルタの駐在中国大使が現地新聞に米国の一方主義的貿易政策を強く批判する文章を寄稿するなど、中国はグローバル貿易秩序への支持を訴え、東南アジア諸国に圧力をかけている。

インドは米国が「インド太平洋戦略」を出したことからも分かるように、中国に対する米国の封じ込め戦略の核心的な位置を占める国だ。

しかし、インドも重要な交易パートナーである中国を無視できない状況だ。ナレンドラ・モディ首相は、今回のG20首脳会議で、一方では米国と日本と3者会談を行い、もう一方では中国・ロシアと3者会談を行うなど、最大限議論を避けようという姿を見せている。

オーストラリアは米国の核心同盟国である「ファイブアイズ(Five Eyes)」の一員だ。しかし中国は、オーストラリアの最大貿易パートナーの1つでもある。

オーストラリアのスコット・モリソン首相は、「オーストラリアは、米国と中国のうち、一方の肩を持ちたくない」とし、「友人の味方になりながら、同時に顧客の側に立つこともできる」と述べた。


この記事を見たネイバー読者の反応
02

この記事にコメントを書き込んだ読者の性別と年代
05

ソース:http://naver.me/xHHybzPC


1. 韓国人
本当にアホみたいな文在寅
同盟国を裏切って、敵国にすり寄っているという…
共感:862|非共感:52


2. 韓国人
>>1
中国が韓国をぶん殴るのが痛いのか
米国が韓国をぶん殴るのが痛いのか
頭があるのであれば、答えは簡単
共感:9|非共感:2


3. 韓国人
対北安保集中を理由に拒絶?
安保をみんな破壊しておきながら?
本当にスパイ野郎だね
共感:358|非共感:11


4. 韓国人
>>3
ソースが中国の新聞である
落ち着いてください
共感:0|非共感:1


5. 韓国人
文在寅1人が、国家をこのように駄目にするのだ…
実利外交もできずに…
最低賃金、性的少数者、労組たちの人権だけを強調しながら国家を退行させるという…
共感:222|非共感:12


6. 韓国人
文在寅よ
これはひどすぎるのではないか?
韓国の同盟は米国だ
今回の件は、さすがに悪口が出てくるわ
次の選挙は…民主党を選ばない
共感:21|非共感:1


7. 韓国人
6.25戦争の時、鼻クソほどの半島国を守ろうと米国人54000人が死んだ
米国が助けてくれという時に不意打ちするのは左派の種族特性
共感:18|非共感:0


8. 韓国人
もう大韓民国は終わったwww
最友好国の米国の要請を拒否ww
米国が訳もなく6.25の時、血を流して大韓民国の領土を守ってくれたのか?
犬畜生にも劣るね
共感:15|非共感:0


9. 韓国人
文在寅のせいで亡国の道に入った…韓国!
共感:16|非共感:2


10. 韓国人
李承晩、朴正熙、全斗煥、盧泰愚、李明博大統領様が恋しいです
あなた方がこの国の真の大統領でした
共感:15|非共感:3


11. 韓国人
>>10
朴槿恵大統領様は?
共感:0|非共感:3


12. 韓国人
>>10
チェ・スンシル大統領様は?


13. 韓国人
韓国を離れる時がきたようだね…
中国の次に韓国が制裁を受けるようですね…
共感:11|非共感:1


14. 韓国人
日本がいくら連合訓練に参加して、Huaweiを切っても、中共は経済交流まで切られるかと思って何も言えないのに、韓国政府は何をしているのか?
米国は、血盟だろ
共感:10|非共感:1


15. 韓国人
文在寅の野郎は興南埠頭に捨ててこなければならなかったのに
共感:9|非共感:1
カイカイ補足:北から米の貨物船で脱出 米の敗北に喜びの戦慄…
朝鮮戦争は韓国大統領、文在寅(ムン・ジェイン)一家の運命を変えた。文一家が、北朝鮮の興南(フンナム)埠頭(ふとう)から避難の途についたのは1950年12月23日だった。


16. 韓国人
北韓安保のために陸軍師団をいくつ解体したのかww
共感:7|非共感:0


17. 韓国人
これが事実であれば、文在寅を追い出さなければならない
共感:6|非共感:0


18. 韓国人
文在寅弾劾共感
ノー弾劾非共感
共感:5|非共感:0


19. 韓国人
まだ綱渡り外交が有効だと信じる馬鹿どもがいるのか?
共感:5|非共感:1


20. 韓国人
全羅道が国を台無しにした
共感:4|非共感:1
カイカイ補足:全羅道(蔑称:ガンギエイ)は韓国南西部にある地域。韓国の左派勢力の強力な支持地域であるため、右派掲示板であるイルベ民は毛嫌いしている。全羅道に対するイルベ民の認識は、詐欺師、裏切り者、売国奴、パスポートなしで行ける外国。


21. 韓国人
誰かトランプ様にちょっとメールを送ってくれ!
我々の意見ではないと、北韓首席報道官の独断的な決定だと
共感:3|非共感:0


22. 韓国人
大韓民国の友邦は米国だ
親中、親北韓アウト!
共感:3|非共感:0


23. 韓国人
キチガイ文在寅
共感:2|非共感:0


24. 韓国人
中国と北韓の顔色をうかがう歴代級の無能政権だね
共感:1|非共感:0


25. 韓国人
派遣するのが正しい
共感:1|非共感:0


26. 韓国人
中国が要請すれば、送るんだろww
共感:1|非共感:0


27. 韓国人
突然、北韓安保?
共感:1|非共感:0


28. 韓国人
これが災害だ
共感:1|非共感:0


29. 韓国人
あれほどであれば、リアルにスパイではないか?
共感:1|非共感:0


30. 韓国人
韓国はいつから中国と同盟になったのか
この病身どもよ
共感:1|非共感:0

スポンサードリンク
おすすめ記事(外部サイト)
韓国・東アジアニュース(外部サイト)