00027497

韓国のポータルサイトネイバーから、「崔宰誠”訪日観光客が急減よりもはるかに大きなカードがある…それも複数”」という記事を翻訳してご紹介。

崔宰誠「訪日観光客が急減よりもはるかに大きなカードがある…それも複数」
2019.07.30|11:39
00027496

共に民主党の崔宰誠日本経済侵略対策特別委員会委員長は30日、日本が「ホワイトリスト」から、韓国を除外した場合、日本国内の韓国人観光客急減よりもはるかに日本に打撃を与える強力なカードが、それも複数用意されていると警告した。

日本に行く韓国の観光客年間750万人、最近急減し、日本社会の困難

崔委員長はこの日、KBSラジオ「キム・ギョンレの最強示唆」に出演し、進行者が、「日本国内でも、観光客が急減して経済的打撃を受けると、日本の政策について違う声を出す人が増えている」と言うと、「韓国人観光客が減っており、実在的な打撃がある。韓国の観光客は、都心地域ではなく、小都市、田舎、こうしたところに多く行っていたので(日本の地方経済に)直撃である」と説明した。

続いて、「(サード報復で)中国人観光客が韓国に来なくなり、我々はとても厳しかった。当時、1年間に韓国に訪れる中国人観光客の数は800万人だったが、現在、日本に行く韓国人観光客は年間750万人だ。それと比較してみても、(日本が受ける)打撃がどの程度なのか推測することができるだろう」とした。

ホワイトリスト除外時に及ぼす影響精密検討、比例的に打撃与えるカード複数枚

崔委員長は、「日本が我々をホワイトリストから除外した場合に与える各種目別の波及と現状を非常に細かく描いた精密地図がある」と紹介した後、「我々も日本の措置に水平的に対応する(比例的に打撃を与える)ステップがある。かなりの数のカードがある」と強調した。

カードの内容については、「国内問題だけではなく、あまりにも敏感なことであり、大きな問題なので適切な時に現実化させることが重要である。事前に公開することは、戦略的にも自制をしなければならない」と言葉を惜しんだ。

ホワイトリスト以外延期説…我々の疲労を誘発する戦略、最終的には除外する

崔委員長は、「日本が当初、8月2日に韓国をホワイトリストから除外することにしたが、これを先送りする可能性がある」という言葉については、「2日にすることも、少し遅れる可能性もある。もし日本が延期をするなら、これは日本政府が、韓国内の疲労誘発、分裂など、不安の加重効果を狙って戦略的に引っ張っていくためだ」と判断した。

彼は、「例えば、手術を一度行うよりも再発して二度目の手術する時の方がはるかに困難だ。心理的にも。一度、延期すれば、日本に対して”もしかしたら、やらないこともあるかも”という依存的期待感を持つようになる。これが疲労感を引き起こす可能性がある」と指摘した。

しかし、「安倍首相の目標は、ホワイトリスト除外ではなく、憲法改正を通じたアジアの新覇権戦略だから(ホワイトリスト除外措置を取らない可能性は)ない」と、最終的に除外するとした。

GSOMIAは日本の方が望んでいる、韓国側が使うカードになるかも

進行者が、「日本で韓日軍事情報保護協定(GSOMIA)を延長したらいいという話をした。これはどう解釈すべきなのか」と尋ねると、崔委員長は、「GSOMIAは双方が問題提起しないと、1年単位で自動延長される。それは8月24日だが、延長を望むのは、日本に多くの点で有利な協定であるということだ」とした。

さらに、「韓米日間で、軍事情報を共有するだけのことがあるものを冷静に見ると、日本側がより有利である。我々は、日本側から共有を受ける情報は、事実、衛星情報の一部や、そういったもの(だけ)」とした。

崔委員長は、「日本が私たちを安全保障的に信頼できない国と話をしておいて、どのような情報を共有し、日韓軍事情報協定を維持することができようか、これは論理的にも合わない」とし、「(しかし、日本が延長を希望する場合)これに対して(延長するか否か)検討しなければならないという内部の声もある」とGSOMIAを延長するかどうかも私たちが使う一つのカードになる可能性があることを示唆した。

首脳会談や特使派遣は、我々の背中を見せること…しがみついてはいけない

崔委員長は、「韓日首脳会談」「李洛淵首相特使派遣」の要求については、「交渉は環境と雰囲気を有利にするための戦略が裏付けられた時に、我々が有利になることができる」とし、「最初から首脳が解決しなければならない、特使を送らなければならないとすることは、日本に依存する我々の背中を露呈することになる」と否定的な見方をした。

さらに、「交渉が必要であればするし、そのまま開けて待っていればいい。交渉しようとあちらに何度も要求する必要はない」と、しがみついてはいけないと力説した。


この記事を見たネイバー読者の反応
00027498

ソース:http://naver.me/x2EIBz8T


1. 韓国人
どんな漫画のキャラクターの必殺技だよwwwwwwwwww
共感:3|非共感:0


2. 韓国人
精神勝利wwwwww
共感:3|非共感:3


3. 韓国人
言葉だけでなく実行してみろwww


4. 韓国人
国民は旅行に行かず、不買をしているのに、あいつらはひたすら口だけ
共感:4|非共感:0


5. 韓国人
訪日観光客減少は政府の対応なのか?
市民の自発的な参加ではないのか?
共感:9|非共感:0



6. 韓国人
>>5
裏で操っていたことを自ら証明してる格好だねwwwww



7. 韓国人
それでそのカードは何だ?
GSOMIA、関税、半導体輸出禁止、オリンピックボイコット、南北共同日本戦線などか?
期待してみよう


8. 韓国人
あんなゴミを選んだ松波区民は反省しろよな
共感:3|非共感:0


9. 韓国人
日本が8ヶ月間研究して、日本の被害0.0001%、韓国の被害24%と出たのに


10. 韓国人
もしかして、切り札は、アダルト動画視聴拒否ではないか?
共感:5|非共感:0


11. 韓国人
その特別なカードとはガンビア同盟?
共感:2|非共感:0
カイカイ補足:イルベにおけるガンビアとは
康京和外交部長官が、昨年9月に行われた第72回国連総会で初めて会談をした相手国。聞き慣れない国の外相と笑顔で握手する康京和長官を見て、これが文在寅政府の言う外交の天才なのかと衝撃を受けたイルベ民は、韓ガン同盟と題して、文在寅政府とガンビアの親密な関係を示す記事を多数投稿し、盛大に皮肉りました。


12. 韓国人
あのカードがもし、安全保障に関わるものなら、日本は自衛隊を自衛軍にして大喜びしそうだ


13. 韓国人
その程度で日本が打撃を受けると考えているのであれば、本当にノー天気に暮らしてるね


14. 韓国人
>>13
具体的に何も言ってないのに、その程度って何?
ちゃんと記事を読んでからコメントをつけろ


15. 韓国人
頼もしい
比例的対応を徹底して実行してこそ、倭人が再び挑発しない


16. 韓国人
オリンピックにも出場しないようにしよう
経済制裁を抜きにして、選手の健康が心配である


17. 韓国人
日本は中国人観光客がすごく増えたってさwww
韓国は不要
共感:3|非共感:4


18. 韓国人
やはり、対応の次元が李明博と朴槿恵政府とは違うね
拍手を送りますパチパチパチ
共感:3|非共感:5


19. 韓国人
あんな扇動者も問題だが、そんな言葉に尾っぽを振る人畜も本当に問題だ


20. 韓国人
だから、そのカードは何だよ


21. 韓国人
口だけでなく、ちょっとそれを出してみて!
共感:5|非共感:0


22. 韓国人
だから断交しろ!


23. 韓国人
全世界に在住する韓国国民も、日本の蛮行を知らせ、日本製品不買に参加しなければなりません
共感:2|非共感:0


24. 韓国人
トランプの一言でゲームオーバー
「安倍やめろ!」
これの方が真実味がある
共感:2|非共感:0


25. 韓国人
反日光化門ロウソクデモ?


26. 韓国人
金正恩に泣きついて日本に核を飛ばすのか?
共感:2|非共感:1


27. 韓国人
市民たちが旅行に行かないことを対応カードと言ってる時点で、政府のレベルが見える
また市民を動員するつもりなのか?


28. 韓国人
狂ってる
明らかに外交で解決できることなのに、そういうやり方で感情的に対応して、米国と日本を追い出して共産化しようとしているのか?
共感:6|非共感:2


29. 韓国人
サード報復で、中国人が韓国に来ないからと我々が潰れたのか?
済州島が滅びて消えたのか?
一時的な打撃を与えることはできるが、経済大国日本がその程度のことで屈するだろうか?
精神勝利は止めて現実を直視せよ
共感:12|非共感:0


30. 韓国人
どんなカード?
対話して解決しなければならない!
感情対立は悪循環を招くだけだ!
実利的に解決しなければならない!
アホみたいに復讐カードの話などするな!
共感:3|非共感:2


31. 韓国人
文災害政府は、身の程を知らず滅びるやつらに過ぎない
共感:12|非共感:1


32. 韓国人
不買運動は国民が始めたことなのに、まるで政府が切ったカードのように言っている
まあ、ある意味、それが事実かもしれないね
メディアに不買運動のニュースが溢れかえっているのを見ても
共感:2|非共感:2


33. 韓国人
絶対に屈服してはいけない
屈辱的な外交は100年前で十分だ!
今こそ、形勢を覆すチャンスだ
共感:1|非共感:4

スポンサードリンク
おすすめ記事(外部サイト)
韓国・東アジアニュース(外部サイト)