00028032

韓国のポータルサイトネイバーから、「”日本の横暴” vs ”韓国の過ち”…ドイツ有力紙の相反する視点」という記事を翻訳してご紹介。

「日本の横暴」 vs 「韓国の過ち」…ドイツ有力紙の相反する視点
2019.09.12|6:19

FAZ、1面で韓国政府批判…日本の右派の論理と類似
SZ「日本、歴史に心から向かい合ったことなく…経済報復とんでもない」
01

ドイツで代表的な正論紙と評価される2つの日刊紙が、最近、韓日間の葛藤の様相を相反する視点で扱って注目を浴びた。

中道保守性向のフランクフルター・アルゲマイネ・ツァイトゥング(FAZ)は、事実上、日本側が主張してきた論理をもとに一方的に韓国を批判する論調を見せた。

一方、中道進歩性向のジュートドイチェ・ツァイトゥング(SZ)は、歴史問題で反省が途絶えた日本を批判し、日本が経済的挑発をする横暴を働いたという論調を示し、対照を成した。

ジュートドイチェ・ツァイトゥングは先月30日、「韓国と日本、歴史の陰」というタイトルの記事で、日本のホワイト国除外決定と関連し、「700億ユーロの貿易規模、両国間の観光客、個人的な関係を考慮すると、とんでもない決定」と、日本側を批判した。

記事はまた、「日本はこのような横暴で韓日葛藤を激化させたが、韓国政府も韓日軍事情報協定を廃棄して対応した」とし、「両国と同盟関係にある米国政府はほとんど動かなかった」と指摘した。

日本軍慰安婦問題に関する韓日合意についても、「安倍首相と朴槿恵元大統領がオバマ元米大統領の強要で和解協約を結んだが、再びこの問題が起こった」と評価した。

強制徴用についての韓国最高裁判決と関連しても、「日本政府は、この要求が1965年に結んだ基本協約をすべて覆すものだと反発した」「当時、韓国は世界的に貧しい国の1つで、交渉の余地があまりないため、日本政府の提案を受け入れなければならなかった」と報じた。

そして、「何よりも当時、韓国は軍事独裁者朴正熙の支配にあったが、彼は過去に日本の皇帝のために戦場に行った日本軍将校であり、そのため現在、韓国は当時の条約をこれ以上認めない」とし、「日本政府はこの事実を理解しなければならない」と指摘した。
02
韓日信頼関係危機

さらに「日本政府は、韓国人の恨みを一度も真剣に受け入れていない。安倍首相は”慰安婦”が”一般的な性売買”をしたという主張をしながら、日本の侵略についても懺悔を拒否した」と批判した。

また「慰安婦被害者らが死亡すれば、韓国の恨みが収まるはずという日本の考えは正しくない」「今まで日本は、彼女たちの歴史に心から向き合ったことがないため、日本は再びその歴史に引きずり回されることになる」と指摘した。

ジュートドイチェ・ツァイトゥングは今月3日にも「怒った彼らの脅迫電話」というタイトルの記事で、日本の愛知トリエンナーレに展示されていた少女像撤去の事実を報じ、「日本の右派たちがどれだけよく組織化され、力があるのかを示している」と指摘した。

聯合ニュースが先月4日、ドイツで少女像の展示に対する駐独日本大使館側の撤去圧迫性公文書とラーフェンスブリュックでの「小さな少女像」撤去圧迫事実を単独報道した後、同新聞は、関連内容を詳細に報じたりもした。
03
FAZの題号

これとは異なり、フランクフルター・アルゲマイネ・ツァイトゥングは今月9日「東アジアの新しい戦線」というタイトルの記事を1面に掲載した。

東京特派員が書いた記事は、「両国が共に外交的惨事に貢献したが、韓国の方により批判の余地があるように見える」「国内の政治的状況のために、韓日慰安婦の合意を覆したのは文在寅大統領」と批判した。

また「韓国の最高裁が(日帝時代に強制徴用された)個人に対する請求権を認めた上で、韓国政府はこの問題をそのままにした」とし、「1965年の合意通り、仲裁裁判所で問題を解決しようとする日本の実用的な期待を韓国は拒否した」と指摘した。

そして、「文大統領は国家記念日(光復節)の記念式辞を通じて、さらに火に油を注いだ」と評価した。

これまで日本政府側と日本の右派が主張してきた論理と脈が通じる内容だ。

さらにこの記事は、「日本政府と多くの日本国民は、戦争に対する謝罪と賠償以降も、韓国の絶え間ない新たな要求を聞くのに疲れた」と書いた。

特に「韓国には、左派の民族主義的な文在寅政府と、80年代に入り民主主義のために闘争した世代たちが権力を握っている」とし、「文大統領の強硬な立場は短期的に国内の苦しい経済状況と政治的な困難を打開するのに役立つが、外交的にはどうすることもできなくなった」とした。

さらに「日本は立場が悪化し、米国も腹が立ち、中国は西側同盟国の分裂に喜ぶ」とし、「文大統領が北韓の脅威に対応する共同戦線を弱め、結局、北韓の非核化を困難にすることが韓日葛藤の最大の危険要因だ」と批判した。

これと共に保守的性向の日刊紙ディベルトは、今年7月11日付の記事で「東海」と「日本海」表記問題で、日本側の味方をした寄稿文を掲載、その背景に関心を呼んだりもした。

当時、ドイツで表記問題について特別な問題はなく、日本の経済報復が始まった時点だった。

フランツ・ヨーゼフ・ユング元ドイツ国防長官は「海の呼称を変更したいとは」というタイトルの寄稿文で、韓国側の「東海」使用について「領土問題は特に、政治的な反対勢力を相手に点数を得ることができるなら、国内の政治的に重要なカギになる可能性がある」と国内の政治用という主張を繰り広げた。
04
駐韓日本大使館前


この記事を見たネイバー読者の反応
06

この記事にコメントを書き込んだ読者の性別と年代
08

ソース:http://naver.me/Fa4f2LfD


1. 韓国人
ドイツメディアも、金の前では崩れるのな
韓国も口だけで反日するのではなく、力を見せなければならない
共感:244|非共感:26


2. 韓国人
親日派と売国奴を清算したとするなら、なぜこのようなことが起こるのだろうか…
共感:131|非共感:23


3. 韓国人
>>2
土着チャンケどもを清算してこそ、このようなことは起こらないだろう^^
国家間の約束を破って信頼関係を破壊したのが文在寅なのにwww
共感:6|非共感:2


4. 韓国人
日本の将校朴正熙
ドイツ新聞の記事は、本当に素晴らしい記事だ
共感:105|非共感:16


5. 韓国人
韓日国家間の葛藤が保守政権と進歩政権間の葛藤という側面もあることを示唆しているようだ
共感:28|非共感:1


6. 韓国人
>>5
安倍が最初に政治的に利用したのです


7. 韓国人
本当に李承晩のゴミ野郎…
親日清算をまともにしないから、こんなことが起こったのではないのか?
共感:10|非共感:1


8. 韓国人
韓日協定にも関わらず、個人請求権は消滅していないことを政府がより明確に知らせなければならない
大部分の西欧メディアは、この事実を知らないようだ
共感:6|非共感:1


9. 韓国人
思ったより世界が日本の味方であるということ
外国に出て暮らしてみると、骨の髄までそれが分かる
共感:5|非共感:0


10. 韓国人
社会生活をすれば、みんな知っているのではないか?
ひとまず合意の下で契約が成立すれば、それがいくら自分に不利なことでも守らなければならないということを
共感:3|非共感:0


11. 韓国人
ドイツに住む同胞の皆さん!
そして、外交部は、適切な対応と新聞への寄稿などをしてくれることを望みます


12. 韓国人
一方のマスコミはチョッパリがロビーに成功しただけで、他のマスコミはチョッパリのロビーを拒否したのだろう
関連書籍:不安を自信に変える「逆転の発想術」 (あなたの人生に役立つ24のメンタリズム)


13. 韓国人
結局、文氏が問題


14. 韓国人
記者とゴミ記者の違いだね


15. 韓国人
「今まで日本は、彼女たちの歴史に心から向き合ったことがないため、日本は再びその歴史に引きずり回されることになる」…これは正しいようだ


16. 韓国人
ドイツ…お前らも侵略国家ということを忘れてはならない


17. 韓国人
戦犯国が戦犯国を擁護するのな
やはりドイツはナチス


18. 韓国人
うん、アウシュヴィッツ


19. 韓国人
お金に屈服したと?
それでは、韓国はそんなお金もない国なのか?


20. 韓国人
東京特派員が書いた記事って…


21. 韓国人
なぜ世界は、日本のやつらの蛮行を知らないのか


22. 韓国人
利害当事者でもない国が、あれこれ騒ぐこと自体、気分が悪い


23. 韓国人
韓国の横暴というのが正しいwwwww
共感:1|非共感:2


24. 韓国人
反日文在寅が韓日葛藤を助長した!
共感:0|非共感:2

スポンサードリンク
おすすめ記事(外部サイト)
韓国・東アジアニュース(外部サイト)