00028284

インターネットを通じた情報宣伝工作活動を行っている韓国の民間組織VANKが「反旭日旗グローバルキャンペーン」と題して、旭日旗に対する韓国人の考え方を全世界に広めるため、プロパガンダポスターを製作した。

VANKの「反旭日旗グローバルキャンペーン」は韓国最大のポータルサイトNAVERにも取り上げられたが、コメントはついておらず、あまり注目されていないようだが、SNSが普及した現在において、画像が一人歩きして拡散する恐れがあるので、注視する意味も込めて記事を翻訳する。


ヒトラー=安倍、ハーケンクロイツ=旭日旗、ベルリン五輪=東京オリンピック
2019.10.01|17:40:17

サイバー外交使節団VANKは1日、日本の旭日旗が戦犯旗であることを全世界に知らせるための「反旭日旗グローバルキャンペーン」を始めたと明らかにした。

VANKは、イ・チェソク広告研究所代表と共に、世界中の人々が日本の軍国主義の象徴である旭日旗とナチス軍国主義の象徴であるハーケンクロイツが同じだと認識することができるようにとポスターを製作した。
00028279
00028280
00028281

イ・チェソク代表は、世界3大広告祭である「ニューヨークフェスティバル」で最優秀賞を受けるなど、海外の有名広告公募展で40回入賞した経歴を持つ世界的な公共サービス広告の専門家である。

「反旭日旗グローバルキャンペーン」のポスターの安倍とヒトラーは、まるで双子のように見える。

VANKは、安倍とヒトラーが並んで戦犯旗を持っている相互対称構図に口ひげまで加え、二人のキャラクターと戦犯旗の類似性を直感的に認識するようにしたと説明した。

また、ポスターの下に、「旭日旗やハーケンクロイツは、他国を侵略するために使われた戦犯旗として同じ意味合いを持っているが、現在、戦犯旗に対するドイツと日本の態度は異なっている」という英語のフレーズと東京オリンピック使用禁止国際請願サイトのURL(www.maywespeak.com/2020)が記載されている。

VANKのパク・キテ団長はこの日、国会議員会館で共に民主党政策委員会の会議室で開かれた「反平和、反環境2020東京オリンピック対応のための討論会」で、「インターネット上で全世界の小・中・高校の教育機関、放送、メディア、ホロコースト博物館に積極的に(ポスターを)デジタル配布し、ヒトラー、ハーケンクロイツ、1936年のナチスのベルリンオリンピックをよく知る米国と欧州に対し、「ヒトラー=安倍、ハーケンクロイツ=旭日旗、1936年ナチスベルリンオリンピック=2020年東京オリンピック」を連想できるように、ハッシュタグ付け運動など、様々なデジタル広報活動も推進する」と述べた。

ソース:http://www.m-economynews.com/news/article.html?no=26858


ナチス・ヒトラーと旭日旗・安倍
2019.10.01|午後3:20
00028283
アン・ミンソク議員主催で「反平和・反環境2020東京オリンピック対応のための討論会」が開かれた1日午後、ソウル汝矣島国会議員会館306号政策懇談会場の廊下に、ナチスの象徴旗とヒトラー、戦犯の象徴である旭日旗と日本の安倍首相のポスターが掲げられている(2019.10.01)

ソース:http://naver.me/G3awTw7c


VANK、日本の戦犯旗旭日旗を世界に知らせる「反旭日旗」グローバルキャンペーンに着手…ヒトラーと安倍そっくりで「鳥肌」
2019.10.02 16:50

…(省略)

VANKはネチズンたちに、写真をダウンロードしてSNSに、#ハッシュタグを一緒につけてほしいと要請している。ハッシュタグは以下の通り。

#VANK #ban #risingsunflag #symbolizes #fascism #swastika #nazi #hakenkreuz #tokyoolympics#2020olympics #olympics

…(省略)

さらに、「特に、さまざまなキャンペーンの図案のうち、二人の顔を半分ずつ合わせた図案があるが、コンピューター補正を一切しなくても両者の顔を合わせてみると、目の下のシワや目つき、顔型など…目鼻立ちの配置が本当に鳥肌が立つほどそっくりで、作業をしながら鳥肌が立った」と伝えた。
00028282

ソース:http://www.topstarnews.net/news/articleView.html?idxno=677185

スポンサードリンク
おすすめ記事(外部サイト)
韓国・東アジアニュース(外部サイト)