jintiw

韓国のポータルサイトネイバーから、「支持率急落すると…青瓦台、チョ・グクに辞任日3つ与えて”択一せよ”」という記事を翻訳してご紹介。

支持率急落すると…青瓦台、チョ・グクに辞任日3つ与えて「択一せよ」
2019.10.15|11:03

チョ・グクゲート
●与党議員ら、最近「チョ・グク早く整理して欲しい」…青瓦台「10月は越えない」
●文大統領の否定評価、引き続き高まり、民主党・韓国党の支持率も近接
●チョ・グク、法務部の国政監査1日前に辞任…「国政監査偽証時の処罰」を意識したよう
01
チョ・グク法務部長官が14日午前、京畿道の政府果川庁舎で特捜部の縮小などを主要内容とする検察改革案を発表した後、マイクから離れている。チョ長官はこの日の午後、電撃的に辞任の意思を明らかにした。

チョ・グク法務部長官が14日、電撃的に辞任した背景に青瓦台があったことが分かった。青瓦台はチョ元長官に辞任日を3つ与え、択一せよと要求したという。チョ元長官は、この中で最も早い「14日」を選び、辞任を発表したという。

政府与党はこれまで、「チョ・グク守護」基調を維持してきたが、最近の各種世論調査で党と大統領の支持率の同時下落が続き、総選挙に対する危機感を感じており、このため青瓦台が直接、事態の収拾に乗り出したものと見られる。

チョ元長官が15日、法務部の国政監査の出席に負担を感じたことも辞任の決心理由という分析もある。チョ元長官が辞任せず、国政監査に出席した場合、野党議員の質問に答えなければならず、この過程で嘘をつけば、偽証罪で処罰対象となる。

共に民主党の親文議員はこの日、非公開会議で「青瓦台がかなり前からチョ長官の辞任を準備しながら日程を打診してきた」とし、「辞任日を3つほどチョ長官に与えた」と話したと伝えられた。

与党の核心人物たちの話を総合してみると、青瓦台と民主党はいずれも「チョ・グク事態」による支持率下落に大きな危機感を感じたという。特に民主党議員らは最近、青瓦台で盧英敏大統領秘書室長、姜ギ正政務首席らと相次いで会い「早くチョ長官を整理してほしい」と要請したという。

総選挙まで残り6ヵ月しかない状況で、世論がさらに悪化すれば良いことはないという趣旨だった。この席で、ある青瓦台の人物は、「10月中には整理される。(10月)末までは行かないからもう少し待って欲しい」と話したという。青瓦台も、チョ元長官の辞任が今月を越えて11月まで行くことに対する負担が大きかったと見られる部分だ。

チョ元長官が電撃辞任を決心したのは、このような与党主流の気流変化が決定的な影響を及ぼしたとの分析だ。

青瓦台関係者は、「チョ長官が昨日(13日)の政府与党会議が終わって、文在寅大統領に辞任の意思を伝えた」「(チョ長官が)政府に負担を与えてはならないという判断が大きかったようだ」とした。ただ、この関係者は「あらかじめ相談したり、そうしたわけではなく、チョ長官の決断だった点を申し上げる」と語った。同党の洪翼杓報道官は、「李海チャン代表には、(辞任発表)直前に連絡したようだ」とし、「党と事前に協議したりしたことはまったくない」と述べた。

与党と青瓦台の最近の気流変化について、民主党関係者は、「時間が経つほど世論が悪化している上、検察の捜査が長引くなど、チョ・グク事態に対する負担感が限界に働いたと判断したのではないか」と述べた。

実際、「チョ・グク政局」を経て、党と青瓦台の支持率は下落傾向を見せた。リアルメーターがYTNの依頼で今月7~8日、10~11日、全国2502人を対象にした調査で民主党(35.3%)と自由韓国党(34.4%)の支持率は、文在寅政府になって最小格差に狭まった。

特に、日間の集計で見てみると、今月11日、民主党が33.0%、韓国党が34.7%で、韓国党が、現政府になって初めて民主党をリードした。文大統領の国政遂行の肯定評価は41.4%、否定評価は56.1%で、それぞれ最低値と最高値を更新した。

チョ元長官の辞任には15日に開かれる法務部の国政監査の日程も影響を及ぼしたものと分析される。野党は国政監査を通じて、チョ元長官一家に対する疑惑を提起する集中攻勢をする方針だった。

与党関係者は「野党が”第2のチョ・グク聴聞会”を狙っている状況で、チョ長官の負担は大きかったはず」とした。野党関係者は「疑惑が具体化した状況で、チョ長官が国政監査の場で自分や家族と関連して偽証するなら、告発される可能性もある」と語った。

国政監査の偽証罪は加重処罰するために罰金刑がなく、1年以上10年以下の懲役で刑事処罰する。チョ元長官が検察改革と関連して相次いで日程を決めたのも、辞任を念頭に置いた手続きだったという解釈が出ている。

チョ元長官は13日、検察改革に向けた高位政府与党会議を主導し、辞任を発表する約3時間前の14日午前、検察改革案を発表した。


この記事を見たネイバー読者の反応
03

この記事にコメントを書き込んだ読者の性別と年代
05

ソース:http://naver.me/5ZTAYhPn


1. 韓国人
やはり朝鮮日報だったねww
共感:4|非共感:2


2. 韓国人
朝鮮日報は本当に恥ずかしいメディア!
共感:6|非共感:2


3. 韓国人
そりゃそうだよね
国政監査のためにびびって辞任したのね



4. 韓国人
結局、韓国最高の悪党は朝鮮日報のようだ
共感:3|非共感:6


5. 韓国人
いや、李洛淵が日王の即位式に出席すると?
ナ・ギョンウォンが出席すればナ倍、李洛淵が出席すれば安重根か?
本当に左派どもの二重性は気持ち悪い
共感:6|非共感:1
カイカイ補足:ナ倍とは
韓国の保守政党、自由韓国党院内代表、ナ・ギョンウォンのこと。意味は、ナ・ギョンウォンの「ナ」と安倍晋三の「倍」を組み合わせた言葉。要するに、親日派ないし土着倭寇という意味。韓国の左派勢力の間で主にそう呼ばれている。


6. 韓国人
結局、尻尾切りwwww
チョ・グク兔死狗烹
共感:3|非共感:1


7. 韓国人
朝鮮日報の3流小説…
共感:3|非共感:5


8. 韓国人
民主党の支持率が自由韓国党より下がったから、民主党の国会議員たちは当然大騒ぎだろうwwwwww
共感:3|非共感:2


9. 韓国人
泣いて馬謖を斬るかwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


10. 韓国人
チョ・グク拘束
文共産主義者弾劾行こう
共感:4|非共感:3


11. 韓国人
文在寅は、やはり尻尾を切るのが本当にうまい!
共感:2|非共感:0


12. 韓国人
朝鮮日報のせいにする左派たちの頭をドブに突っ込もう…
1人残らず
共感:6|非共感:0


13. 韓国人
保守という集団は、1を与えれば10をよこせという
共感:0|非共感:6


14. 韓国人
左派の偽善と邪悪さ=チョ・グク事態
結局、自殺させられるのではないか?
共感:4|非共感:1


15. 韓国人
チョ・グク、チョン・ギョンシム(チョ・グクの妻)を拘束して、文在寅は下野しろ
共感:2|非共感:0


16. 韓国人
チョ・グクが辞任したのか?
言葉は正しく話そう
国民たちによって追い出されたのであって!
共感:7|非共感:3


17. 韓国人
メディア改革は、なぜしないのか?


18. 韓国人
文在寅お前は、対国民に謝罪しろ…
話にならないチョ・グク任命で国を分裂させ、国政を混乱させ、経済的、精神的ストレス、すべてどのように補償するのか…
直ちに責任を持って国民に謝罪しろ
共感:7|非共感:2


19. 韓国人
文在寅よ
お前も朴槿恵の隣に行こう^^
共感:2|非共感:1


20. 韓国人
これは記事ではなく、小説ではないか?
本当に朝鮮日報は変わらないねww
共感:4|非共感:6


21. 韓国人
瑞草洞でチョ・グク守護を叫んだ者どもよ!
誰かに騙されたのか?
チョ・グク辞任は予定されていたのに…
ゾンビのように…www
共感:13|非共感:2


22. 韓国人
国政監査が怖かったのだろう
偽証罪があるから嘘もつけないし


23. 韓国人
チョ・グクさよなら~


24. 韓国人
朝鮮は朝鮮日報がなければ倒れる
この歴史が終わる日まで永遠であることを…愛しています
共感:7|非共感:3


25. 韓国人
もう支持率の回復は不可能だ
文在寅のクソ野郎www
共感:2|非共感:2


26. 韓国人
文在寅が自分が生きようとチョ・グクを捨てたのね…
共感:5|非共感:0


27. 韓国人
最後の勝者は、任鍾晳だね…
カイカイ補足:任鍾晳とは
任鍾晳(イム・ジョンソク、1966年4月24日 - )は、学生運動出身の韓国の政治家。文在寅政府では大統領秘書室長を務める(現在はアラブ首長国連邦特任外交特別補佐官)。保守掲示板イルベでは、過去の言動から、生粋の従北主義者と見なされており、文在寅政府を動かす黒幕とも目されている。影の大統領。


28. 韓国人
この記事…フェイクニュース
共感:4|非共感:3


29. 韓国人
調査機関は、またリアルメーターだね


30. 韓国人
文在寅の支持率は毎日1%ずつ落ちて、来月には9%に収束する
共感:3|非共感:1


31. 韓国人
土着共産主義者どもが記事のコメント欄に、またどっと押し寄せてくるね
共感:6|非共感:1


32. 韓国人
チョ・グクがいくら間違ったとしても、売国の先頭に立つ朝鮮日報の言葉は信じらない
共感:0|非共感:11


33. 韓国人
結局は青瓦台の作品ということを告白するのな
共感:4|非共感:0


34. 韓国人
国政監査の前日に辞任って…

スポンサードリンク
おすすめ記事(外部サイト)
韓国・東アジアニュース(外部サイト)