00029720

韓国のポータルサイトネイバーから、「中国は伝染病天国だが、インドはなぜ伝染病がないのか?」という記事を翻訳してご紹介。

中国は伝染病天国だが、インドはなぜ伝染病がないのか?
2020.02.04|7:00

中国は、SARS(重症急性呼吸器症候群)に続き、武漢発の新型コロナウイルスを世界中に大流行させているほど、伝染病天国だ。

このため、中華人民共和国ではなく、中華「伝染病」共和国という指摘が出てくるほどだ。

中国国旗である五星紅旗をパロディして「五菌紅旗」とからかわれたりもしている。
00029713
デンマークのあるマスコミが1月27日、中国の国旗である五星紅旗をパロディ化して「五菌紅旗」を作った。五星紅旗にある5つの星をウイルスのイメージに変えた。

しかし奇妙なのは、中国よりも、伝染病がもっと発生しそうなインドには、これといった伝染病がないという点だ。

最近、全世界を震撼させた主な伝染病は、SARS、エボラウイルス、MERS(中東呼吸器症候群)、中国武漢発の新型コロナウイルスなどだ。

SARSと新型コロナウイルスは中国で、MERSは中東、エボラはアフリカでそれぞれ始まった。

ここにインドの名前はない。インドでも伝染病が発生することはある。ニパウイルスだ。2018年、インド南部のケラルラ州で新型の伝染病であるニパウイルスに感染して6人が死亡した。 しかし、世界的に流行しなかった。

インドは中国と同様の環境を持っている。人口密集地域だ。中国は14億人、インドは13億5000人だ。人口密度はむしろインドの方が高い。それにも関わらず、インドは現代になってから、インド発の伝染病を起こしていない。

インドの衛生状態は中国よりも劣悪だ。大きく改善はされているものの中国のトイレは汚いことで悪名高い。 しかし、インドの相手ではない。インド人はトイレではなく、屋外で大小便をしている。
00029714
インドの子供が線路沿いで用を足している

インドでトイレの不足は根深い問題だ。ユニセフによると、2014年基準、インドの人口の半分である約6億2000万人がトイレのない家に住んでいる。彼らは用を足す時、野原や奥まった路地、川や海岸で解決する。

インド人は路上排便を当然のように考えている。ヒンドゥー教は、神聖視する牛の糞は貴重なものとされているが、人の排泄物は、近づいてはならない不正なものと分類している。これにより、インド人は家の中にトイレを設置することに消極的た。

ナレンドラ・モディ首相は「クリーン・インディア」という旗を掲げて、トイレを設置するキャンペーンを行った。モディ首相は、過去5年間で約1億個のトイレを6億人以上のインド人に普及したと自負している。それでも路上排泄は消えていない。
00029715
ナレンドラ・モディ首相

さらに、インドは、典型的なモンスーン気候である。したがって、高温多湿である。高温多湿な環境は、ウイルスが蔓延する環境である。それでもインドが、これといった伝染病を世界に広めていない。

カレーをたくさん食べるから?スパイスが発達しているから?それとも聖水のガンジス川に身を浸すと、すべての病気が洗い流されるように消えるからであろうか?


この記事を見たネイバー読者の反応
00029716

この記事にコメントを書き込んだ読者の性別と年代
00029717

ソース:http://naver.me/GiiSm8YD


1. 韓国人
質問してるのか?
共感:1987|非共感:6


2. 韓国人
>>1
wwwwwwwwwwwwwwwwwwww
共感:31|非共感:0


3. 韓国人
>>1
私とまったく同じことを考えたねwwwwwww


4. 韓国人
>>1
最近は知識人(韓国版Yahoo知恵袋)で聞かずに記事で質問するようだwww
共感:29|非共感:0


5. 韓国人
ゴミ記者よ
その理由を書け
共感:2856|非共感:8


6. 韓国人
記者さん
恥を知ってください
共感:611|非共感:6


7. 韓国人
>>6
最後まで読んだら、こっちまで恥ずかしくなってきた
共感:20|非共感:0


8. 韓国人
>>6
記事の最後に、理由を質問で終わらせるのを見て悪口が出た
共感:2|非共感:1


9. 韓国人
>>6
興味深く読んでいたのに、突然質問を投げつけるという
呆れるわ


10. 韓国人
>>6
観点を変えて見れば、既存のパラダイムを破る革新的な記事かもしれない
それなりに良い
共感:0|非共感:4


11. 韓国人
>>6
本当に誰でも記者になれるんだな
共感:2|非共感:0


12. 韓国人
呆れたわ!
こんな記事ならタイトルの横に(内容なし)と書いてください
共感:323|非共感:2


13. 韓国人
>>12
あんなのが記者になる国…ww


14. 韓国人
記者よ
それを取材して記事を書けと
小学生じゃあるまいし、お前が気になったことをなぜ読者に尋ねるのか?
そんなことはネイバー知識人で聞けと
共感:10|非共感:0


15. 韓国人
本当に日記だね
寝る前に書く
共感:284|非共感:3


16. 韓国人
ほとんどが菜食主義者だからでしょ
中国人は何でも食べるが、インドのほとんどの地域は菜食主義者たちだ
牛のように…
共感:53|非共感:2


17. 韓国人
>>16
これが答えである記者さん!
共感:4|非共感:2


18. 韓国人
>>16
私もこれが有力ではないかと思います


19. 韓国人
>>16
正しいと思います
とりあえず、牛を食べず、時々豚も食べません
あれこれ民間信仰があって、神聖視されている他の動物もいます
机の脚以外はすべて食べる中国人よりも、食べ物を選んでいます
共感:5|非共感:0


20. 韓国人
>>16
正しい
インドはヒンドゥー教を強く信仰しているので、生きている野生動物や肉食文化には非常にシビアだ
一方、中国は、動物の種類問わず食べまくる
共感:3|非共感:0


21. 韓国人
>>16
インド人が楽しむ多種多様なスパイスは浄化作用や消毒作用、免疫力の強化など良い影響があり、体に新型ウイルスが入っても、すぐに死滅しかねない
共感:2|非共感:0


22. 韓国人
ウイルスは高温に弱いからです
実際、すべての呼吸器感染症は、夏になると消えます
というか、これを記事に書くことなのですか?
無能なゴミ記者め
共感:37|非共感:0


23. 韓国人
数年前にカリフォルニアに留学した
夏に、学食に食事を提供する業者が管理不足で腐った食べ物が学食に提供した
当然、その日、学食を食べた学生全員が団体で食中毒になった
翌朝、寮にいた学生たちは、あちこちで吐いたり、自動販売機の水を飲む力もなく大騒ぎになった
この事件は新聞にも掲載された
しかし、どういうわけか、全校生のうち、中国人とインド人だけはピンピンしていた
これは誇張しておらず、本当の話だ
中国人とインド人は祖国でどんだけ汚い食べ物を食べているのかを知ることができた瞬間だった
これは今でも伝説として残っている
共感:55|非共感:1


24. 韓国人
高温多湿な環境は、ウイルスが蔓延する環境?
コロナは熱や湿気に弱いし、SARSのように暖かくなる春から勢いが衰えると専門家は予想しているが…
あいつは何を知って記事を書いているのか?
共感:16|非共感:1


26. 韓国人
出張に行けば分かる
インドはあまりにも汚いので、ウイルスも死滅する
共感:41|非共感:1


27. 韓国人
>>26
wwwww


28. 韓国人
この記事の結論は、中国が軍事目的でウイルスを作ったという話をこのような形で表現したのである
共感:31|非共感:4


29. 韓国人
記事を読む人に答えを求める記事…
私の答えは、同じ衛生後進国でも、インドは体に良い様々なスパイスを摂取しており、中国は、あらゆる動物を不衛生に食べる
この差だ
詳細は、記者らしく足を使って現地取材せよ
分かったな
共感:24|非共感:1


30. 韓国人
まるでウンコをしたが、尻を拭けなかった気分になる記事だね
インドで伝染病が蔓延しない原因を見に来て、丁寧に記事を読んでいたが、記者が読者に質問しているという…
共感:51|非共感:2


31. 韓国人
>>30
wwwwwww


32. 韓国人
分からないという言葉をあんなに長い文章で書くのか
共感:12|非共感:0


33. 韓国人
風邪のウイルスは寒い時にかかり、細菌性疾患は夏にかかる
ウイルスと細菌は別物
共感:8|非共感:0
カイカイ補足:細菌とウイルス
細菌の50分の1程度の大きさで、とても小さく、自分で細胞を持ちません。ウイルスには細胞がないので、他の細胞に入り込んで生きていきます。ヒトの体にウイルスが侵入すると、ヒトの細胞の中に入って自分のコピーを作らせ、細胞が破裂してたくさんのウイルスが飛び出し、ほかの細胞に入りこみます。このようにして、ウイルスは増殖していきます。ヒトに病気を起こすことがあるウイルスとして、インフルエンザウイルス、ノロウイルスなどが知られています。風邪(普通感冒)はさまざまなウイルスが原因となります。ウイルスは大きさや仕組みが細菌と異なるので抗菌薬(抗生剤、抗生物質)は効きません。抗ウイルス薬はまだ少数しか開発されていません。


34. 韓国人
とりあえずウイルスは湿気が多く温暖な気候ではあまり広がらない
その代わり、インドでは、細菌感染で多くの人が死んでいると聞く
共感:6|非共感:0
カイカイ補足:環境汚染の関連死、インドが世界最多 報告書
環境汚染に関連する死者数が世界で最も多い国はインドであるとする報告書が18日、発表された。
インドにおける環境汚染関連死は約230万人で、2位の中国は180万人だった。3位以降は、ナイジェリア、インドネシア、パキスタンと続いた。人口3億2500万人の米国は第7位で、環境汚染に関連する死者数は約20万人だった。
汚染関連の死亡率は、世界最貧困国の一部で最も高かった。不十分な水質衛生と屋内の汚染された空気が主要な原因とされた。


35. 韓国人
ふざけてんのか?
これもニュース記事だと?
共感:7|非共感:1


36. 韓国人
独り言をダラダラ書いてるよwwwwww
共感:6|非共感:0


37. 韓国人
ニュース記事を読んで笑ったのは初めてだ
共感:29|非共感:0

おすすめ記事(外部サイト)
韓国・東アジアニュース(外部サイト)