00031729

韓国のポータルサイトネイバーから、「米国CIAホームページ、東海は日本海、独島はリアンクール・ロックスと表記」という記事を翻訳してご紹介。

米国CIAホームページ、東海は日本海、独島はリアンクール・ロックスと表記
2020.05.23|8:58

●サイバー外交使節団VANK、グローバル請願サイト公開
●海と島の名称、両方で日本の主張をそのまま表記

サイバー外交使節団VANKは23日、米国中央情報局(CIA)のサイト(www.cia.gov)が、海と島の名称どちらも日本の主張をそのまま表記したと主張した。また、鬱陵島を江原道の管轄島と間違って表記していた。
00031726
CIAのホームページ内、韓国の地図。鬱陵島を江原道と表記し、東海を日本海、独島をリアンクール・ロックスと表記した。

VANKによると、CIAサイトの最初の画面のメニュー「library」から「Map of CIA」のオンライン世界地図を開き、「South Korea」をクリックすると、2018年の地図がPDFとJPGファイルとして出てくる。ここで提供されている地図には、韓国と日本の間の海の名前が「Sea of​​ Japan(日本海)」で、独島は「リアンクール・ロックス」と書かれている。リアンクール・ロックスは、日本が韓国の独島所有権を認めていないため、第3国に広報する名前であり、1849年独島を発見したフランスの捕鯨船リアンクール号から取った言葉である。

また、鬱陵島が江原道の管轄になっている。鬱陵島は1900年に江原道に、1906年に慶尚南道に編入されたが、1914年に慶尚北道に帰属して現在に至っている。

VANKはCIAに、韓国の言語は「韓国語」、東の端の位置する島は「独島」、鬱陵島は「慶尚北道」、韓国と日本の間の海は「東海」に正してほしいという内容の是正要求書簡を発送しており、関連する地図や資料を同封した。

また、CIAサイトの内容は、全世界の国家機関、教育機関、出版社、Googleなどのポータルサイトで複製され、引用されるので、多くの国民が一緒に抗議と是正を要求するキャンペーンに積極的に参加してほしいと訴えた。

VANKは誰でも抗議することができるよう抗議書簡をVANKサイトやFacebookに投稿したり、グローバル請願サイトにも、このような内容を盛り込んだ文章を掲載した。


この記事を見たネイバー読者の反応
00031728

この記事にコメントを書き込んだ読者の性別と年代

ソース:http://naver.me/xZxWB2At


1. 韓国人
世界最高の情報力を持つ機関だと思っていたが何これ?
共感:59|非共感:16


2. 韓国人
>>1
消えろ
お前はそのまま左派してろ
共感:3|非共感:11


3. 韓国人
>>1
日本がロビーをたくさんやってんだろ
韓国が100ウォン出したら日本は10000ウォンを出すと言われているではないか
ほぼ韓国の100倍レベルで米国にお金を捧げている


4. 韓国人
>>1
米国のCIAが東洋のマイナー国家でありウンコの塊のような韓国の鬱陵島だか独島だかを知っておく必要があるのか?wwwwwwwwwwwwww


5. 韓国人
米国はコロンブスが発見したから、スペインとしよう
共感:43|非共感:2


6. 韓国人
>>5
オーストラリアは英国が発見したから英国しよう


7. 韓国人
>>6
どうせオーストラリアは英国の土地だ
カナダとオーストラリアは、英国女王が握っている
カイカイ補足:イギリス連邦 - Wikipedia
イギリス連邦は、英連邦ともいい、かつてのイギリス帝国(大英帝国)を前身とし、現在では、イギリスと対等な、その植民地から独立した主権国家を中心に、旧イギリス領でない諸国にも門戸を広げた、共通の中央政府を有さない、緩やかな連合体、共同体、国際機関である。


8. 韓国人
4.15不正選挙で民主党180議席を得た不正選挙については報道できないように遮断する極悪非道な共産党文在寅政権が、反米扇動しようとこのような些細なことまで記事にしてるね
共感:2|非共感:1


9. 韓国人
米国にとって、韓国が友邦として信頼できないという証拠に過ぎない
価値ある国家と考えていれば味方するはずだ
共感:19|非共感:8


10. 韓国人
現政府が堂々と親中しているのに、なぜ米国が我々を正しい友邦と見てくれるだろうか


11. 韓国人
日本のロビー…
我々もロビーが必要だ
遅れて非難しても駄目だ
親米でも親中でもなく、親韓だけだ
今は冷戦時代ではない
国益になるのであれば、親米であろうが何だろうが関係ない
米国は親韓なのか?親米であるだけだ
米国も国益が優先である
共感:12|非共感:0


12. 韓国人
反米扇動がんばるね
共感:12|非共感:2


13. 韓国人
Sea of​​ Japanと表記した地図が世界でどれほど多いことか
これが我々の間違いである
韓国内だけで独島は我が領土と叫ぶのではなく、さらに積極的に動いて、世界が我々を見る目を変えなければならない
共感:5|非共感:0


14. 韓国人
>>13
多いとかではなく、国際地図や地理学会など、国際的に通用する名称は日本海だ
絶対変わることはない


15. 韓国人
>>13
いっそ韓国東海とするのであれば分からないが、東海に変えるというのは説得力がない


16. 韓国人
>>13
東海ではなくEast sea of​​ Koreaと表記させる方が簡単なようだ
米国から見れば、西の端だし
我々は、我々が世界の中心だと考える世界観を持っている
中国よりもさらにそのように考える傾向にある
西海、東海、南海…
自分たち同士では通用し、理解されるが、世界のどの国がこれを認めるだろうか?
関心もなく、特に味方してくれる国はないようだ
共感:12|非共感:5


17. 韓国人
あれは、外交がうまいと自画自賛する文在寅と康京和の現在の立ち位置を示している
共感:12|非共感:5


18. 韓国人
我々が親中反米をしているのだから当然ではないか
毎日、北韓の機嫌をうかがいながら、韓米連合演習を先送りしたり、縮小したり、演習らしい演習はなく、米国は日本とだけ合同演習をしているのに
共感:10|非共感:3


19. 韓国人
日本海が駄目で、(韓国の)東海であるべき理由は何?
共感:8|非共感:5


20. 韓国人
>>19
日本海でいいとする理由から明らかにしろ


21. 韓国人
>>20
みんながそう呼んでるから


22. 韓国人
>>19
東海は、どの地域でも使用される普通名詞の意味を持っており、他国の立場では、日本海という表記の方が混乱を与えない
そして、海や地名に、「もともとは」と言えるところがあるだろうか(それも両国間の中間地域において)
韓国の影響力が日本を圧倒すれば、自然と韓国の表記が標準になるだろう


23. 韓国人
CIAが地図を作る機関でもないのに
共感:8|非共感:5


24. 韓国人
また反米扇動してるのか狂ったマスコミは
中国と北韓が米国よりも良いという点を説明せよ
共感:5|非共感:1


25. 韓国人
当然、米国が反米政府共産主義者に対して友好的であるはずがない
国が滅びてこそ、国民は目を覚ますであろう
その時はもう遅いが
共感:7|非共感:5


26. 韓国人
いつまで米国に依存できるか
日本の河野防衛相が職務室に韓半島の地図をかけていたことが何を意味するのか深く考えなければならない
日本の歴史が繰り返された時、我々は米国に頼れるだろうか?
共感:2|非共感:0



27. 韓国人
国力が強くなければならないクソ
共感:2|非共感:0


28. 韓国人
ファクトを報道しよう
日本海は国際公認の名称だ
リアンクールはヤンキー国で使う名称であり、世界の大半でも使われている
もともと、サンフランシスコ条約で日本は植民地を元に戻すことにしたが、独島が半島の領土か日本の領土かで問題になった
ヤンキー国は、リアンクールとして中立の立場を取った
これは、有事の際、ヤンキー国にふざけた態度を取れば、もう一方の味方をするというカードだ
独島問題が解決できないのは、こうしたヤンキー国の態度のためだ
リアンクールという言葉自体が、独島が紛争地域であることを示している
共感:2|非共感:1


29. 韓国人
アルゼンチンと英国がフォークランド領土紛争で戦争した時、米国は英国を積極的に助けた
それでは、日本と韓国が独島問題で戦争になったと仮定すれば、米国は誰の肩を持つかな?
私は日本を助けると思う
なぜなら、韓国は血盟であるが、日本は敗戦国として米国の属国も同然なので、日本を偏愛するのは当然であると考える
警戒しなければならない事案である
共感:4|非共感:3


30. 韓国人
こんなんでもヤンキーが最高だと言うのか?
ヤンキーどもは韓国の主権をチョッパリに渡し、暇さえあれば軍事的に、経済的に植民地扱いするやつらだ
ヤンキーどもは一日も早く地球上から消えろ
共感:2|非共感:8


31. 韓国人
仕方がない…
世界的に日本の地位の方が高く、波及力も強い
経済だけ見ても世界3位の経済大国だ
韓半島が統一して国力を育てればすぐ追いつけるかもしれないが…
共感:3|非共感:2


32. 韓国人
東海はEast Sea、鬱陵島は慶尚北道、独島は韓国の島
日本のロビーに振り回されないで、正しく表記せよ


33. 韓国人
CIAもあまり情報力は強くないね


34. 韓国人
米国は常に日本側だったのに、何を今さらwwww
共感:3|非共感:1


おすすめ記事(外部サイト)
韓国・東アジアニュース(外部サイト)