00043384

韓国のポータルサイトネイバーから「済州道の東南の海上で日本の測量船と一時対峙」という記事を翻訳してご紹介。

済州道の東南の海上で日本の測量船と一時対峙
2021.01.12|8:14

韓国、日本に調査活動中断要求
日本、自国のEEZを理由に拒否

日本政府が11日、長崎県女島の西の海上で、自国船舶の調査活動に対して韓国海洋警察庁が中断を要求してきたという理由で外交チャンネルを通じて韓国政府に抗議した。

共同通信などによると、11日午前3時25分に長崎県の五島列島の南西、女島の西139キロの海上で日本の海上保安庁測量船「昭洋」に向けて韓国海洋警察庁の船舶が無線で調査活動を中断するよう要求した。
00043383
日本の長崎県、五島列島の位置図。

韓国海洋警察庁船舶は昭洋に接近し「ここは韓国領海だ。海洋科学調査をするためには韓国政府の事前の同意が必要となる。ただちに調査を中断せよ」と約6時間に渡って繰り返し調査活動をやめることを要求した。

さらに韓国側からは11日午後に入って任務を交代した他の船舶が乗り出して約5時間に渡って同じ要求をした。
00043382
日本の海上保安庁測量船「昭洋」

しかし日本側は、自国の排他的経済水域(EEZ)とし、韓国側の要求を現場で拒否して調査活動を続けた。

これと関連して日本政府は、自国のEEZであり正当な調査活動と主張し、外交チャンネルを通じて韓国政府に抗議した。

海上保安庁は今月始め、今回の調査活動を来月まで続ける予定であると伝えられた。

韓国海洋警察の船舶と日本の海上保安庁測量船が対峙した女島の西139キロの海上は、韓国と日本の両方の沿岸から200海里の範囲にある重畳水域である済州東南海上だ。

ここでは昨年8月にも日本の測量船「平洋」が調査活動に乗り出し韓国海洋警察の船舶が中断を要求し、当時も日本政府は韓国政府に抗議した。

EEZは自国沿岸から200海里(370.4㎞)まで資源の独占的権利を行使することができる国連海洋法水域で、近隣諸国間の水域が重なった場合、相互協議で定めることになっている。


この記事を見たネイバー読者の反応
00043385

ソース:http://naver.me/GdJdB0Se
ソース:http://naver.me/54VaWtE8


1. 韓国人
撃ってしまえ
民防衛は終わったが、戦争になれば私も戦う
共感:45|非共感:7
カイカイ補足:民防衛隊 - Wikipedia
20歳から40歳までの男性が対象。なお対象年齢男子のうち、国会議員、地方議会議員、軍人、予備役軍人、警察官、義勇消防隊(消防団)などは除外(基本法第18条第1項1~18号)。女性は志願すれば入隊が可能。発足当初、民防衛隊の対象年齢は17~50歳であったが、1983年に20~45歳となり、2007年からは20~40歳となっている。


2. 韓国人
>>1
第一線でチョッパリと戦って死ぬ…


3. 韓国人
>>1
笑わせるよwww
これが何かのゲームなのか?
考えてからコメントしろwww
そのまま思いつくままにコメントを書けば気が晴れるのか?
共感:8|非共感:4


4. 韓国人
>>1
あれが中国なら声もあげられませんww


5. 韓国人
>>1
私も除隊してから30年が過ぎたが、オーハンマーを持って行く
カイカイ補足:オーハンマーの語源は、日本語の大ハンマー。韓国では建築関連の言葉は今も日本語がそのまま使われている場合がかなり多い。


6. 韓国人
>>1
軍隊に行ってないやつだね
戦争が子供のいたずらなのか?
我々が先に攻撃すれば、米国が大韓民国を支持するのか?それとも日本を支持するのか?
文明国なら国際的、外交的に解決するべきであり、銃で撃たなければならないというこういうコメントがベストコメントになるとか中国と何が違うのか?
共感:2|非共感:1


7. 韓国人
対馬は我が領土だ
共感:41|非共感:12


8. 韓国人
>>7
対馬を我が領土とする論理は、朝貢国だった韓国は中国領土という中国人の論理にも合致する危険な論理である


9. 韓国人
私は中道保守だが、これは本当にない
中国もそうだが、日本も牽制しよう
共感:16|非共感:0


10. 韓国人
次は撃沈
共感:12|非共感:0


11. 韓国人
>>10
トチ狂ってるねwwww
そんなことしたら国連安保理決議違反で全世界から総攻撃されるぞ


12. 韓国人
五島列島の位置を見ても…
我々が一方的に主張するのは微妙な気もするが
共感:23|非共感:15


13. 韓国人
>>12
地図に出てきた島が紛争の位置ではなく、五島列島から140キロ西であれば、済州のすぐ下だ
五島列島の左側を、釜山から全州までの距離進めばいいと言えば分かるか?
共感:9|非共感:0


14. 韓国人
>>12
記事にも出ているが、水域が重なる場合は両国で協議することになっているが、最近の韓日関係では期待し難い部分だ


15. 韓国人
あいつらは雲揚号の時もそうだった
まだ他人の海の測量してるのね
共感:6|非共感:0
カイカイ補足:江華島事件 - Wikipedia
江華島事件は、1875年9月20日に朝鮮の首府漢城の北西岸、漢江の河口に位置する江華島(現仁川広域市江華郡)付近において日本と朝鮮の間で起こった武力衝突事件である。朝鮮西岸海域を測量中の日本の軍艦雲揚号が、江華島、永宗島砲台と交戦した。日本側の軍艦の名を取って雲揚号事件とも呼ばれる。日朝修好条規締結の契機となった。


16. 韓国人
これを機会に対馬も我が領土に編入しよう
共感:14|非共感:7


17. 韓国人
>>16
日本が実効支配中www
戦争でもするのか?
共感:3|非共感:7


18. 韓国人
>>16
対馬wwwww
日本が実行支配中なのにそれを奪うだと?www
それでは独島を実効支配していることに意味がなくなる
国際社会に金をばらまくことが好きな日本がそれを放置するかな?www
無知であれば勇敢だ


19. 韓国人
倭寇が調査するように我々も調査すべきではないか
そのまま放置せずに
共感:8|非共感:2


20. 韓国人
北韓であれ日本であれ中国であれ、大韓民国にたて突けば死ぬという認識を植えつけなければならない
共感:2|非共感:0


21. 韓国人
そのまま撃沈しろ
言葉が通じない倭寇どもは力で押せ
玄武ミサイルの在庫を処理して、遊んでいる予備役どもに久しぶりに銃をもたせてウォームアップさせよう
共感:2|非共感:0


22. 韓国人
もどかしい!
要求はしたが黙殺されたね
日本と中国に何も言えない力のない政府!無能な政府!
共感:24|非共感:23


23. 韓国人
>>22
それでは軍艦を出動させて沈没でもさせろというのか?
共感:2|非共感:0


24. 韓国人
倭人が倭人したね!
親日売国保守マスコミがこれをどのように報道するのか気になることころだ!
共感:7|非共感:6


25. 韓国人
あんなに糾弾して不買を煽っておきながら、決定的な時に正当な拿捕もできない文在寅政府
この無能さに政権のアイデンティティすら疑われるわ
共感:2|非共感:1


26. 韓国人
対馬ももともと我々のものではないか!
猿たちと同じように対応してみよう


27. 韓国人
我々も調査船を派遣して調査活動すればいいだろ
口だけだから入ってくるのだ


28. 韓国人
重畳水域で協議ができていない海域なら、やるなと口だけで騒がず我々も同じ方法で対抗しなければならない
そして、あいつらが何と言うのか見てみよう


29. 韓国人
戦おう、猿たちよ
かかってこい
共感:4|非共感:4


30. 韓国人
国防力を強化しなければならない理由だ
日本のやつらは、常に事あるごとに韓国を侵略してきた
これからもそうで
共感:2|非共感:2


31. 韓国人
拿捕すべきだ
放送だけではなく


32. 韓国人
周辺国に何も言えないこの国を去りたい
本当にお金ないことが罪だ


33. 韓国人
島猿と会話が通じるだと?
火炎放射器で焼却しろ
魚の餌にすれば、放射能とコロナウイルスに汚染された水産物になる!


34. 韓国人
地図で距離を測定して詳しく見れば、女島の西140kmは済州島の目の前だ
日本が秀作を働かせているのが明らかだ


35. 韓国人
国連海洋法も無用の長物だね
相互協議って


36. 韓国人
空母が必要な理由に追加


37. 韓国人
威嚇射撃をしろ
あの猿どもに
なぜ放送だけなのか
領海侵犯した敵国なのに


38. 韓国人
こんな時は一発撃ち込めと


39. 韓国人
魚雷を飛ばせ


40. 韓国人
大砲はそういう時に使うものだろ


41. 韓国人
我々の領海なら拿捕して連行しなければ


42. 韓国人
強硬に日本猿を追い立てろ
汚い血の民族


43. 韓国人
大統領にカリスマがないから、チョッパリ、北の共産主義者、中国のやつらがみんな舐めた態度を取る
大統領は怖気づかずに勇敢でなければならない
恥ずかしくてたまらないね
共感:1|非共感:3


44. 韓国人
>>43
文在寅政府が初めて戦っているのです
李明博と朴槿恵の時は声もあげられませんでした


45. 韓国人
大砲で一発先制攻撃を食らわせるのが答えだ
共感:0|非共感:2


46. 韓国人
>>45
先制攻撃した船は沈められる
我々がチョッパリと海上戦をして勝てると思っているのか?www
ここに無条件愛国主義者一匹追加www


47. 韓国人
日本の政権は支持率が下がれば韓国に触れる


おすすめ記事(外部サイト)
韓国・東アジアニュース(外部サイト)