de

韓国のポータルサイトネイバーから「(今は宇宙)ヌリ号『完璧な成功』…『ヒドゥン・フィギュアズ』にかかっている」という記事を翻訳してご紹介。

(今は宇宙)ヌリ号「完璧な成功」…「ヒドゥン・フィギュアズ」にかかっている
2021.10.26|午後1:35

●来年5月のヌリ号2回目の打ち上げ成功のために
1
21日、全羅南道高興郡の羅老宇宙センター第2発射台から打ち上げられた韓国型ロケット「ヌリ号(KSLV-ll)」が宇宙に向かって飛行している。(写真=韓国航空宇宙研究院)

今月21日、韓国型ロケット「ヌリ号」は、成功のための失敗の一過程だった。700kmの目標高度には達したが、衛星模写体が最終秒速7.5キロの速度を出すことができなかった。3段エンジンが早く消えたからだ。スピードを出せなかったので、軌道に乗ることは不可能だった。

残ったのは今や「失敗の分析力」にある。関連調査委員会が設置される。データが多すぎて容易ではない作業だ。何よりデータの「タイムシンク」(時間に合わせて前後を合わせる作業)をしなければならない。300km以上上がった宇宙物体は回収できない。全面的にデータに依存して分析しなければならない大変な作業が待っている。

ロケットの初の打ち上げにおいて、世界的な成功率は30%に過ぎない。それほど容易ではない作業だ。調査委でヌリ号の3段エンジンの問題は、十分に把握できることを期待する。この過程で「ヒドゥン・フィギュアズ」の姿を期待するのは拙い望みだろうか。

ヌリ号の打ち上げ過程を見て、韓国にはなぜ「ヒドゥン・フィギュアズ」がいないのかと思った。 「ヒドゥン・フィギュアズ」はいるが、我々があえて顔を背けて差別しているのではないか。政府の宇宙政策に反対し、苦言を呈する専門家たちを偏見と先入観のものさしで無視して切り捨てたのではないか。

「ヒドゥン・フィギュアズ(Hidden Figures)」は2017年に公開された映画である。米航空宇宙局(NASA)の宇宙開発過程で「隠れた英雄」に関する話を取り上げている。3人の黒人女性が「隠された英雄」だったが、1960年代当時、米国は黒人と女性への差別がひどかった。社会で女性でありながら黒人は居場所がなかったと言っても過言ではない。
ezgif.com-gif-maker - 2021-10-27T151608.121
ヌリ号が21日に打ち上げられ、目標高度の700kmには達したが、衛星模写体を軌道に乗せることには失敗した。(写真=韓国航空宇宙研究院)

NASAは、ソ連に対抗してできるだけ早く宇宙開発をしなければならなかった。中途半端に乗り出してロケットが爆発し、軌道進入や再進入する時、正確な計算ができず、作業は遅れていた。この時、数学の天才であるキャサリン、プログラマーのドロシー、エンジニアのメアリーの黒人女性3人がNASAの宇宙開発で隠れた人材として活動していた。

映画の醍醐味は、1962年2月20日に打ち上げられた米国初の有人宇宙船「フレンドシップ7号」の打ち上げの時だった。コンピューターが計算した最終着陸地点が、打ち上げ直前に従来の計算と違って現れた。打ち上げ統制室の責任者は当時、宇宙飛行士のジョン・グレンにこの事実を知らせる。ジョン・グレンは「それならその賢い女性に計算を任せなさい。彼女が認めれば私は飛行する」と話す。

コンピュータが計算したファイルは、キャサリンに転送される。キャサリンは一触即発の状況でも落ち着いて、自分の数学的計算と知識を通じて直接計算する。これをジョン・グレンに最終的に知らせ、ジョン・グレンは「彼女に感謝していると言って欲しい」と伝えた後、宇宙船は打ち上がる。

ペンタゴン(米国防総省本部)で開かれたブリーフィングも印象的だ。黒人であると同時に女性のキャサリンはブリーフィングに出席できない。「あえて女性が、それも黒人が?」という偏見が強かった。キャサリンはNASAの部長に強く訴え、部長は「能力者」であるキャサリンをブリーフィングに出席させる。

会議の出席者らは、初めは彼女を警戒の目で見ていたが、キャサリンが着陸地点を正確に計算すると、驚異的な視線を送る。黒人という、女性という差別を超えて「事実と熱情と才能と正確性と挑戦」の前に首を縦に振るしかなかった。ペンタゴンのブリーファー(briefer)はキャサリンで、座っている政府関係者らは静かに聞く人に過ぎなかった。

自分の考えと違っても、自分のスタイルと違っても、自分の肌の色と違っても能力を信じてくれて判断を受け入れる文化。これがNASAの最大の競争力だった。「ヒドゥン・フィギュアズ」の才能と知識、能力を受け入れられなかったら、偏見と先入観で遮断していたら現在のNASAはなかっただろう。NASAは、才能と知識、能力をちゃんと評価するシステムを作動させていたわけだ。

韓国の宇宙開発は始まったばかりだ。独自の発射体を持つ出発点に立っている。このスタート地点で、多くの意見と指摘事項が十分に反映されているかを考えなければならない。主務省庁は関連政策を作成する前に、現在の韓国の状況で何が必要なのか、「哲学とビジョン」を見つけなければならない。一人で作れる。「ヒドゥン・フィギュアズ」を探せ。

政府の政策について批判する専門家がいるなら、「ヒドゥン・フィギュアズ」の立場として真剣に聞くべきだ。

来年5月の2回目の打ち上げに関するブリーフィングも変えてみよう。21日のヌリ号打ち上げ後、約50分後に成否会見を文在寅大統領が直接務めた。ヌリ号の研究員らは、文大統領の周辺を取り囲んでいた。ヌリ号の開発責任者が関連ブリーフィングをし、大統領がその隣に立っていたらどうだっただろうか。ヌリ号の責任者が直接ブリーフィングを行い、その後大統領が「意味と成果」などについて言及していたらさらに良かったのではないだろうか。

ヌリ号は来年5月に実際に衛星を載せて宇宙に再び飛ぶ。それまでに「ヒドゥン・フィギュアズ」をどれだけ多く見つけ出すかが、大韓民国の宇宙開発の成功の鍵となるだろう。


この記事を見たネイバー読者の反応
3

ソース:http://naver.me/GsT6uaTS


1. 韓国人
我々には文在寅主演の映画「便乗」がある
共感:120|非共感:59


2. 韓国人
もし、このようにした場合、母体衛星が安着できなかったので大統領が発表せず、実務陣に発表させたと言うでしょう
どのようにしても、あなたたちは良い記事にしなかったはずです
共感:68|非共感:27


3. 韓国人
>>2
ワクチンが手に入らなければ、手に入らないのかと大騒ぎ
手に入れたら、打たないと大騒ぎ
統制すれば自営業者を殺すのかと大騒ぎ
統制を解除すれば確診者が急増すると大騒ぎ
先進国の真似をすれば、真似をするのかと大騒ぎ
真似しなければ、真似しないのかと大騒ぎ
共感:11|非共感:4


4. 韓国人
結果発表を記者(大統領が隣に立っている)の言う通りにすれば、またそうしたと泡を飛ばす人々…
ワクチンの副作用も政権のせいにするレミングレベル…
このような映画の記事を書かなくても、航宇研でもっとよく知っていてやるだろう
共感:51|非共感:29


5. 韓国人
>>4
ワクチンの副作用は朴槿恵政府のせいだって


6. 韓国人
>>4
ワクチンの副作用を政府のせいにしているのではなく、副作用がこれほど多く出ているのに被害者の救済も無視して何の対策もせずに接種率にだけこだわる政府を批判しているのであって
一体、頭壊文たちは常識というものが存在するのか?
カイカイ補足:頭壊文とは
「頭が壊れても文在寅」の略語。大統領選挙の時に見られた文在寅を支持する言葉の一つ。もともとは文在寅を熱烈に支持する者たちが誇らしげに使用していた言葉だったが、現在では、支持者を侮辱する言葉として使用されている。


7. 韓国人
韓国の発展に本当に必要な要素をよくついてくれました
共感:24|非共感:2


8. 韓国人
いや、失敗したから大統領がブリーフィングをした気がします
失敗したと研究員たちに向けられる非難を大統領が代わりに受けたという気がします
もし成功した時に大統領がブリーフィングをしていたら、記事のような非難を受けても仕方がないけど…
共感:6|非共感:2


9. 韓国人
>>8
私も同じ考えです
発表が遅くなったのもあるし


10. 韓国人
たとえヒドゥン・フィギュアズがいたとしても、彼らの意見は絶対に聞きません…
民主党と文在寅政府の人々は、自分たちと違う見解を絶対に聞かず、受け入れもしないワンマン社長です…
共感:6|非共感:3


11. 韓国人
2回目の打ち上げの時は、文災害、李在明を乗せて送ってくれ~
共感:4|非共感:2


12. 韓国人
風力発電や太陽熱のような意味のないことに使ったお金のごく一部でも宇宙開発費に使われたなら、ヌリ号は、もっと成功しただろう
少なくとも予算を回してから便乗しろ
共感:3|非共感:2


13. 韓国人
今回のヌリ号の打ち上げでも、文在寅は自分が便乗していることを全国民にはっきりと見せてくれた


14. 韓国人
>>13
大統領が国事を知らんぷりしろと?
共感:0|非共感:3


15. 韓国人
ヒドゥン・フィギュアズがいるかいないのか分からないのに、必ずいるかのようにタイトルをつけるね


16. 韓国人
打ち上げ前の成功確率は30%!だったのに
打ち上げ前に異常症状を確認してもなぜ発射したのか?
宇宙ショーを繰り広げようとする下心が明らかに見えた!
政界介入しなかったら、打ち上げ前にキャンセルしただろう!


17. 韓国人
何が言いたいのか?
そのまま、文在寅は悪いやつだと言え…


18. 韓国人
ゴミ記者が何を知ってペチャクチャとwww


19. 韓国人
良い記事を楽しく見ました
映画から学ぶ点は多いです


20. 韓国人
理工系エンジニアの待遇を医師レベルに向上させていたら、韓国はすでに宇宙強国になっていたはずだ


21. 韓国人
人も第一歩を踏み出す時は数え切れないほど倒れる
失敗することもあるだろう
我々に必要なのは無限の信頼と応援だ
失敗してもいい
諦めるのはやめよう


22. 韓国人
ところで…ヒドゥン・フィギュアズが出てくることはできない国ではないか…


23. 韓国人
来年5月に2回目の打ち上げが行われるヌリ号
成功を願っています^^
科学者の皆さん、ファイティン!


24. 韓国人
隠されたヴィランはいるだろう…
文災害ww


25. 韓国人
開発責任者がブリーフィングするのが正しい
何が何なのかも分からない人間があそこになぜ現れるのか


26. 韓国人
良い結果が出ることを期待します


27. 韓国人
人は自分の出る時と退く時を見分けることができなければなりません


29. 韓国人
良い記事です
記者様!


30. 韓国人
何か問題があって1時間延期したのに…
文罪人が来ているから、仕方なく打ち上げたのだろう…
だから失敗したのだ!
共感:0|非共感:2


31. 韓国人
失敗は失敗であって…なぜ言い訳が多いのか?
共感:0|非共感:2


おすすめ記事(外部サイト)
韓国・東アジアニュース(外部サイト)