de

韓国のポータルサイトネイバーから「(単独)日本国際交流基金ソウルセンター放火容疑者検挙…『反日感情で犯行』」という記事を翻訳してご紹介。

(単独)日本国際交流基金ソウルセンター放火容疑者検挙…「反日感情で犯行」
2022.01.27|午後8:13

日本国際交流基金ソウル文化センターに火をつけた疑いで50代の容疑者が警察に逮捕された。

27日、テレビ朝鮮の取材を総合すると、ソウル龍山警察署は前日、ソウル東子洞にある日本国際交流基金ソウル文化センター放火の疑いで、50代の男性ホームレスA氏をソウル鍾路区の公園で検挙した。

A氏は今月23日午後4時32分頃、ソウル市龍山区東子洞に位置する建物2階の出入り口付近に火をつけた疑いが持たれている。

扉の前に積もった紙の山から始まった火災で、近くにあった家具類が焦げたが、2分後に保安要員が自ら消火した。

警察はセンターに職員がおらず、扉が閉まった状態だった点などを勘案し、放火の可能性に重きを置いて、監視カメラの映像分析などで容疑者を追跡してきた。

A氏は、警察の取り調べで、反日感情のため犯行を行ったと供述したという。

警察はA氏を相手に正確な放火経緯などを取り調べた後、事件を検察に送致する予定だ。

日本国際交流基金は、韓日文化交流など国際文化交流事業を総合的・効率的に推進するために日本政府が作った専門機関だ。1972年に設立された日本の外務省所管の特殊法人として始まり、2003年10月に独立行政法人となった。

ソウル文化センターは2002年に19番目の海外事務所として設立され、韓国国民を対象に基金事業を実施し、調査・研究活動も行っている。


この記事を見たネイバー読者の反応
クリップボード02

ソース:http://naver.me/F7xA70QN


1. 韓国人
頭壊文である可能性518%
共感:40|非共感:2
カイカイ補足:頭壊文とは
「頭が壊れても文在寅」の略語。大統領選挙の時に見られた文在寅を支持する言葉の一つ。もともとは文在寅を熱烈に支持する者たちが誇らしげに使用していた言葉だったが、現在では、支持者を侮辱する言葉として使用されている。
カイカイ補足:イルベにおける518とは
イルベでは、何か数字を出す時、518という数字がよく用いられる。これは5.18民主化運動(光州事件)を皮肉ったもの。


2. 韓国人
反日は精神病だ
共感:4|非共感:0


3. 韓国人
50代のルリウェブ進歩大学生ww
共感:2|非共感:0



4. 韓国人
あんなやつらが東京ホットを楽しんで見ている
そして反日
共感:2|非共感:0


5. 韓国人
誰かの差し金ではないか?
におうな


6. 韓国人
何も知らない人が信念を持てば恐ろしいという話だ


7. 韓国人
あれがまさに愚かな人畜、頭壊文、ロウソク虫の悲惨な最後
カイカイ補足:人畜とは
韓国国民の蔑称。家畜のように生き、それを自覚しても一瞬のみで、時間が経てば忘れて、また家畜のように生きるという習性を皮肉った言葉。何か問題が起きれば、その時だけ盛り上がり、すぐに忘れてしまうという点において「鍋根性」とも似たような意味。
カイカイ補足:ロウソクとは
韓国では、大きな社会問題や、政権を批判する大規模なデモでは、しばしばロウソクが用いられる。近年では、2008年に狂牛病問題に端を発した李明博政府に対する反対デモや、日本でもよく知られたところではセウォル号惨事に関わる朴槿恵政府への糾弾デモなどでロウソクが用いられた。イルベでは、このロウソクの明かりは、左派勢力に扇動された市民の象徴であるとし、現政権は、この明かりで政権を奪取したものと認識している。一言で、イルベにおけるロウソクは、「扇動」「嘘」「愚民」「従北」など、否定的なイメージ。
rouku


8. 韓国人
はぁ…答えがない


9. 韓国人
竹槍歌を叫ぶチョ・グクよりはるかにマシだ!
共感:3|非共感:4


10. 韓国人
>>9
言われてみたらそうだね


11. 韓国人
義人だね~!
共感:0|非共感:3


おすすめ記事(外部サイト)
韓国・東アジアニュース(外部サイト)