よくある解体トラブル~その②
見落としがちな別途費用って?トラブルの元を排除するための行動指針!

これも前回と同様、解体工事費用の前と後ろのトラブル事例です。解体工事の見積もりをよく見ると、下部に小さく別途工事が必要な場合・・という文字がかかれていることがあります。そこを気にせず、進めると、実際に別途工事が必要になった場合、最終的な解体工事費用は、高くなる結果となるわけです。
 
photo03
解体工事と聞けば、難しく考えて思考停止なんて方もおられるのでは?でもここはすぐに諦めないで、粘り強くイメージして下さい。解体工事と言っても、壊すのは人間です。でも機械を使わないと鉄筋なんて壊せないですよね?そうして、イメージの幅を増やしていけば、見積もり費用の取っ掛かりが見つかるものです。

■よい解体業者の見分け方として!~解体見積りで見落とさないで!別途費用

解体業者だけでなく、どこの世界でも同じだと思いますが、よい業者は、良いことだけでなく、悪いこともいいます。今回の場合、別途費用が発生する可能性を先に話しているかどうかで、印象は全く違います。たとえ解体業者側に悪気がなとしても、依頼者側からすれば、そんなことは聞いていないとなり、見積もりに記載しているとはいえ、トラブルになってしまうのは免れません。

■別途工事って、どんなの?~解体見積もりで見落とさないで!別途費用~

別途工事とは、解体業者によって解釈は違うようですが、一般的に言われているのは、地中障害物の有無。これは、家屋を建てる前から地中にコンクリートガラなどが埋まっている場合のことを指しています。地中障害物を取り除くためには費用がかかるため、見積もり段階で、説明があって然るべきことなのです。

《解体工事における豆知識》
《解体工事の実例》
直接解体の依頼をすれば、中間マージンを節約できるという・・
 http://kaitaidirect.com/shunan(周南市での解体工事の例)