解体という言葉から連想されるのは、難しい工事内容・・。
解体費用って電話ける

何事も初めてのことは、不安になるものです。特に建設関係は専門となるため、最初から苦手意識が出てくるのも仕方ないのかもしれません。しかし、そのちょっとした努力から、解体費用が高くなったり、安くなったりするのが事実であるようです。賢く解体費用を安くするには、どうすればよいのでしょうか?

[1PIN]20100308kuro_denwa
家を解体することになり、気になる解体費用を恐る恐る尋ねたところ、見てみないとわからないとのこと。現場での見積もりはしょうがないかなぁと思ったのですが、何となく話声の感触から強面なイメージが付き纏って、不安で次に進めませんでした。少しでも解体費用における取っ掛かりがほしいのですが・・。

■坪数と構造!把握してます?~解体費用の取っ掛かり、素人が覚えておくこと!

家の坪数と構造がわかれば、一般的な1坪あたりの解体費用を出すことができます。1坪は3,3平方メートルのこと。構造は主に3つに分かれており、木造、鉄骨(S造)、鉄筋コンクリート(SRC造)となっています。延べ床面積となりますので、2階建ての場合は、2階の坪数も合わせた合計となります。

■家の近隣の状況は?~解体費用の取っ掛かり、素人が覚えておくこと!

近隣でも特に問題となるのは、隣の家との間に隙間があるかどうか、目安としては人が一人入れるかどうかです。解体作業において、隙間がない場合は、隣家の壁を壊さないよう、一部手作業になるからです。重機よりも手作業は遅れます。1日遅れるとその分、人件費が嵩むという具合です。よって、解体費用も+αとなるようです。

《解体工事(;解体費用)における要素》
《中国地方での解体工事のケーススタディーとして》
解体費用の高い安いは、仲介の有無に左右する?
http://kaitaidirect.com/shunan(中間マージンを除去・解体費用の算出例;周南市)
木造住宅2階建て(建坪約60坪)+倉庫の解体のご依頼・・。
http://kaitaidirect.com/fukuyama(福山市での木造住宅;解体工事の事例)

《編集後記》
解体費用における坪単価は、普通に調べればスグに分かりますが、これを真に受けないことが大切です。上記の流れから言ってることが支離滅裂ではないか?とのお叱りを受けるかもしれませんが、そうではありません。というのは・・実際のところ近隣状況も含めて、専門家がみないと正式な解体費用を出せないからです。ただし、上記のことを知っているのと知らないのとでは、全く違った交渉になると思いませんか?また、分離発注を推し進める意味でも、強いては、仲介費用の有無を発見することにつながるからです。