解体工にお任せの古家の解体範囲ってどこまでなのでしょうか・・
古家解体工前準備って

解体工によって、条件は異なりますが、一般的な範囲でいえば、トレイの汲み取り、電話線、電線などの撤去は、自身で行う必要があります。ただし、解体業者さんに依頼することは可能ですので、見積り(;古家の解体)の時点で先に詰めておくことが大切です。
 
3-marugata-5
ある解体工さんと契約してからのこと。住宅解体の見積りを出してもらったにもかかわらず、後出しで要求事項(水道水の開栓や道路の使用許可など)が多くて困っています。それなら先に言ってほしかったと後悔しているのですが、このまま前身してもよいものでしょうか?或いは、キャンセルをした方が無難ですか・・。

■水道が止まってたらどうなるの?~解体工の見積り(;古家)をしっかり確認!

誰も住まなくなった家屋は、電気が止められてしまいます。そうした場合、どのような手段を嵩じて、水を手配するのか?この場合、貯水タンクを置いて、川からの水を貯めて解体時に利用します。これらの仮設費用の負担は、当然業者(解体工)となります。

■道路の使用許可って必要?~解体工の見積り(;古家)をしっかり確認!

道路の使用許可というのは、解体の際に利用する車を停止させておくための許可のことです。一般に出入りするだけであれば、許可は必要ありませんが、一時的とはいえ、解体工事の際には必ず必要となります。この許可書は業者(解体工)から警察署へ申請書を出せばとることができます。

《解体工事の知っとくべき知識》
《各都市における解体工事の例》
→老築化した家屋を解体したく、解体業者へ見積もり依頼をしたが・・。
http://kaitaidirect.com/mihara(三原市での家屋・解体工事の事例)
仲介を挟まず直接依頼して、コスト(解体費)削減したかった・・。
http://kaitaidirect.com/hofu(鉄筋鉄骨コンクリートの解体の例;防府市)
 
《編集後記》
今回のケースでは、解体工から見積書(;古家の解体)を出してもらった時点で、恐らくそのまま鵜呑みにしてしまっているのではないでしょうか?総合計だけでなく、その詳細部分を記載してもらうことが大切です。何の工事に対して、何円かかるのかがわかれば、おかしな箇所があれば、その場で抗議することができますので、未然にトラブルを防ぐことができます。また、数社の解体工から見積りをとっているのであれば、詳細部分を明確化しているかどうかによって、依頼の判断基準にはなるかと思います。