建物を建てたら、登記しますが、解体しても登記が必要!?
解体後登記するの

登記している家屋を解体した場合、一ヶ月以内に建物滅失登記を行うことが義務付けられています。一般的には解体業者に建物滅失登記までを依頼するか、土地家屋調査士に依頼するかですが、建物滅失登記は、登記申請の中でも複雑ではないため、自分でも建物滅失登記申請をすることができます。
 
6a0120a65a4773970c0120a65a4b01970c-800wi
意外に知らない建物滅失登記ですが、忘れると罰金を支払わなければなりません。その額なんと・・・!10万円が上限と定められています。家屋の解体を依頼した業者であれば、知っているはずですので、建物滅失登記のことは、確認しておきましょう!

■滅失登記の申請までの流れ!~建物滅失登記の流れ

解体する家屋の所在地にて、管轄している法務局へ申請書類を提出することになります。申請できるのは、土地の権利者(名義人)となっています。建物滅失登記の申請費は無料となっていますが、登記簿などの必要書類を取る際に、若干の費用がかかる程度です。

■何をもって申請するのか?~建物滅失登記の流れ

滅失登記申請の際に必要となる書類は、建物滅失登記申請書、建物取毀証明書、解体業者の印鑑証明書の3点となります。よくある質問の一つに、抵当権がついている場合のケースです。解体後に抵当権がついていても、建物がないため、建物滅失登記することが可能です。

《解体工事におけるノウハウ》
《解体工事の実際の実例として》
概算見積もりだけをポンと出す解体業者は良質?
http://blog.goo.ne.jp/houfushi(解体費用=概算費用?!;防府市)


《編集後記》
建物滅失登記を申請して、不備がなければ、登記完了証が法務局から届きます。特別重要な書類ではなく、滅失登記した証明となりますので、記録として保管しておいて下さい。逆に登記完了証が届かなければ、何か不備があり滞っている可能性があります。その際は、法務局まで問い合わせる必要があるでしょう。