家の解体を計画している最中に、見つかった浄化槽!費用に影響するの?
浄化槽、発見!どうする?!

浄化槽は、地中埋設物といって、地面を掘り起こして取り出す必要があるため、一般の解体費用よりも、割高になります。ただ、どの程度、高くなるかと言うことについては、一概に言えず、撤去業者の工法にも影響してくるようです。簡単な事例を以下、挙げてみたいと思います。
 
127030269866016314175_DSCN0224
浄化槽が埋まっているケースとは、大抵、購入前に埋まっているケースが多いようです。撤去費用は、大きさにもよりますが、ほぼ間違いなく、費用に影響してくることは、間違いありません。ただ、撤去費用を抑えるための情報を知っておくことにより、解体業者さんとの有意義な打合せに望めるかと思いました。

■浄化槽の撤去工事って?~地中に埋もれた浄化槽!撤去費用に関わる情報

浄化槽といっても、大きなものから小さなものがあります。コンクリートで固められた浄化槽は、専門の重機(ベッカー、コンクリート破砕機)を利用するため、費用負担が大きくなります。小さな浄化槽については、解体重機であるバックホー等で掘り起こせるため、影響は小さいようです。加えて、浄化槽の廃棄費用も考慮しておく必要があります。

■浄化槽の概念って?~地中に埋もれた浄化槽!撤去費用に関わる情報

浄化槽を撤去するだけの工法以外にも方法があります。正しい概念とは、浄化槽を使用不可することによって、撤去しなくてもよいということです。その場合は、消毒後、底を抜き、埋め戻すという工法です。廃棄物処理法では、撤去と明記されていますが、実務的には、埋め戻しがいいという意見もあるようです。

《解体工事における要素抽出》
解体工事、追加費用の危険性とは?
解体時の騒音対策!近隣への対応法とは?
樹齢100年!タワーマンションの取り壊しってどうなってるの?

《全国の解体工事の実例》
解体だけでなく、家屋の中の不用品(残置物)もまとめて撤去してほしい・・。
http://kaitaidirect.com/higashihiroshima(東広島市での家屋の解体工事の例)

《編集後記》
浄化槽の埋め戻しを論じましたが、埋め戻しと言っても色々な方法があり、逆に費用が高くなるケースもあるため、全体最適化を考えて、最終結論を出すようにしたいところです。精神的には、地中に異物が埋まっているというだけで、ストレスを感じることもあるのも確か。そうした、自身の考え方も考慮した方がいいのでは?と考えます。また、埋め戻しは、技術力を必要とされますので、その辺りをしっかりとして頂けるような解体業者を捜すことが第一前提となるでしょう。

家★樹齢50年の解体物語 【解体工事や伐採を上手に依頼する秘訣】