木造建て住宅は、手作業での解体と聞いたことがあります・・。
木造手作業がいい?!

リフォームをするかどうかによって、解体方法は異なります!

木造住宅とはいえ、重機を使わなければ、そう簡単に倒壊させることは難しいです。手解体は、特殊なケースだといえるでしょう。また、手解体は技術力が求められるため、一般の解体業者ではなく、大工さんに依頼しなければ対応できないケースもあるようです。
 
IMG_1385
初めての木造家屋の解体だったので、どの解体業者が良いのか決め兼ねておりました。友人から聞いたところ、重機を使うより、手で解体した方がいいということでしたが、その裏に隠された業者の事情を知りたいと思いました。木造家屋の解体は、どちらにすべきでしょうか?

■一部だけの解体は!~木造家屋の解体における手解体とは!

重機と手作業を考えてみればわかると思いますが、重機では微妙な力加減をきかせることができません。つまり、微妙な解体とは、梁や柱などをリフォームする場合、手解体でなければ数cm単位での解体が難しいからです。再利用を前提とするケースでは、慎重な作業が求められるということです。

■やむおえず、手解体?~木造家屋の解体における手解体とは!

重機が入れない程、狭い場所に建っている家屋は、手解体という方法でしか対応ができないケースがあります。特に隣家と隣接している場合は、重機では慎重さに欠けてしまいます。ただ、手解体だと時間がかかるため、急ぐあまり、乱暴になってしまい、本末転倒ということも・・。

≪解体工事の豆知識≫

≪家屋の解体工事の実例≫
→解体工事費用は、ほとんどが人件費として計算される・・。
http://kojimaatushi99.seesaa.net/article/(解体工事の積算法!)
→解体して更地に・・しかし乍、仕事の事情があって・・。
http://kaitaidirect.com/hiroshima/h(木造家屋の解体工事の例;広島)
 
≪編集後記≫
この度は、木造の解体工事におけるご相談でした。工期の問題もあるため、一般的には重機を使って木造家屋を解体します。ただ、隣と隣接する部分や、リフォームで微妙な解体が必要な個所は、やはり手作業が望ましいです。解体工事は、家屋の構造だけでなく、周りの状況によっても、解体工事は異なりますので、事前に下調べして、アドバイスしています。