aamall

2017年04月22日

京都のビアガーデン 続々オープン!

春から夏へとむかうこの季節、京都市内の百貨店やホテルでビアガーデンのオープンが相次いでいます。21日夜も屋外は少し肌寒かったが、仕事帰りの会社員ジョッキ片手に盛り上がっていました。

 下京区の京都高島屋は昨年より約2週間早い今月12日に開業。務め帰りのサラリーマン以外に家族連れの来場も多く、20日までに約600人が利用し早くも商売繁盛のようです。

 昨日21日には京都タワーホテル(下京区)のビアガーデンもオープン。京都新阪急ホテル(同)は5月9日、大丸京都店(同)は5月26日の開始を予定しています。やっとこのシーズンがやってきた!(^^)!

beer 










☆今週のイチオシ☆
1-125x167 







不知火(しらぬい)ちゃん(28歳) 



kaikei_kyoto at 21:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月16日

南楼門が明治以来のお色直し 京都・八坂神社

京都市東山区にある八坂神社で、明治時代前期に再建されて以来初めてとなる南楼門の本格修理が完了し、鮮やかな朱色がよみがえりました。15日から2日間、提灯行列や祇園祭の山鉾町によるお囃子(はやし)の奉納演奏、大茶会などのお祝い行事が行われます。
  
修理の際に見つかった棟札によると、幕末の1866(慶応2)年12月6日の火事で焼失し、1879(明治12)年6月3日に氏子たちの寄進で再建されたという。1981年に檜皮(ひわだ)ぶきから銅板ぶきに変更したが、35年が経過して傷みが著しかった銅板を新調。内部で腐食していた木材も取り換えて耐震補強を施し、丹(に)塗りを全面的に塗り替えました。
 計算すると、およそ138年ぶりのお色直しということになりますね。左右に桜の花をしたがえて、とても美しく見えます(*'▽')
nanroumon 













☆今週のイチオシ☆
2-125x167 











夏羽(なつは)ちゃん (22歳)
 


kaikei_kyoto at 00:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月09日

恒例の紅しだれコンサート 

京都新聞が主催し、JR東海が特別協賛する「平安神宮 紅しだれコンサート2017」が6日夜から、京都市左京区の平安神宮で始まりました。時おり春雨が降る中、夜桜としの笛の美しい音色が会場を神秘的に包み込み、訪れた約1800人の聴衆をライトアップされた桜と生の演奏で魅了しました。

 コンサートはいまや恒例となり今年で29回目。境内ではベニシダレザクラが咲き始めており、東神苑ではライトアップされた桜が池の水面に映し出され幽玄な景色を醸し出します。

 貴賓館のステージでは、しの笛奏者の佐藤和哉さんが「さくらさくら」や「朧月夜」などの他、オリジナルを含む計9曲を披露し、観客はうっとりとした表情で聴き入っていました。

yozakura







☆今週のオススメ☆

紫織(しおり)ちゃん ( 20歳 )
1-125x167



kaikei_kyoto at 00:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月02日

伏見“稲荷”に“いなり寿司”専門店OPEN

 京阪ホールディングス傘下でスーパーを運営する京阪ザ・ストア(本社大阪)は来たる4月5日、いなりずし専門店を京都市伏見区の京阪伏見稲荷駅前に初出店。京風の味付けで新たな土産品としてPR中です。年内に京阪沿線で出店を拡大する予定。

 店名は「伏見稲荷 千本いなり」でお持ち帰り専門。外国人観光客の間で人気を集める伏見稲荷大社の「新名物」にする狙いです。

 京風のだしをしみこませたお揚げで、ゆず風味の酢飯を包んだもの。具材はかんぴょうとごま、レンコンと青山椒(さんしょう)の定番に加え、サバおぼろとショウガ、牛肉しぐれ煮など7種類がラインナップ。価格は1個120~280円とお手頃です(^^)

inarizushi









☆今週のイチオシ☆

2-125x167






瑠奈(るな)ちゃん ( 20歳 )
 



kaikei_kyoto at 22:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年03月26日

60周年記念の定期演奏会 京都市交響楽団

京都市交響楽団(京響)の創立60周年を締めくくる第610回定期演奏会が25日、左京区の京都コンサートホールで行われました。マーラーの交響曲第8番で、合唱を含む総勢411人が繰り広げる壮大な音絵巻です。

 今から100年以上前、同曲は1910年の初演時に出演者が1000人を超えたことから、「千人の交響曲」と呼ばれる大作。京響は22年ぶりの演奏で、ステージに独唱の声楽家たちと約120人編成のオーケストラ、その後方には京都市少年合唱団と一般公募を含む混声合唱団が陣取りました。

 指揮者のタクトで表現されるキリスト教の賛歌やゲーテの戯曲「ファウスト」の最終場面を取り入れた荘厳な世界。高揚感たっぷりの迫力ある演奏に観客から盛んな拍手が送られていました。

 同公演は26日もありますが、残念ながらチケットは完売だそうです。

gakudan 










☆今週のイチオシ☆
2-125x167







すずらんちゃん(23歳) 



kaikei_kyoto at 01:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)