意外と知られていないのがこの違いです。

他の大学院との一番の違いは

論文を書かなくても卒業できる

ということです。

論文がないからといって何か代わりになる研究の結果を提出しなくてはならないというようなこともありません。

授業を受け、必要単位を取れば卒業できます。

また、論文を書けば税理士試験の科目免除を得られるのですが、皆が税理士を目指しているわけではないので書かない人の方が多いです。

○○研究科という名前になっている会計大学院でも実際には大学院生で研究をしている人はあまりいません。


その代わり、

他の大学院と比べると授業数が多い

です。

大学院生というと、授業にはほとんど出ずに研究室で研究ばかりしているというイメージを持たれがちですが、会計大学院では学部と同じくらい~学部より少し少ないくらいの授業があります。 

大まかにまとめると

他の大学院生が研究をしているのに対して、

会計大学院生は勉強をしている


という感じです。 

こちらもの記事も参考に→会計大学院とは会計大学院の授業の難易度