会計大学院の卒業後(というより卒業時点)の進路 は

公認会計士・税理士試験勉強→5割

就職→2.5割

その他→2.5割

 
といった具合です。(私の1つ上の先輩方)

その他には進学、留学、就職活動中、とりあえず卒業してから考える方などがいます。
 

就職された方のほとんどは会計とは関係ない仕事です。

試験勉強される方は専門学校に行かれる方が多いです。



勉強を始めた時期にもよりますが、在学中に受かるのはなかなか難しいことです。


会計大学院は公認会計士や税理士に興味を持ちだした段階の人が勉強しながら様子をみるのにはいいかもしれませんが、

公認会計士になる、税理士になるという決意の強い方は、結局、専門学校に行くことになるのであれば(在学中にも行かれる方が多いので)

初めから専門学校に行った方が早い

のではないかと思います。 

こちらの記事も参考に→

公認会計士を目指す人にとっての会計大学院


税理士志望にとっての会計大学院


会計大学院と就職活動