会計大学院で就活をする人は少なめです。

大体全体の3割くらいです。

会計士・税理士試験を目指す方々は資格に受かってから就活を始めることが多いので在学中に就活をする人はほとんどいません。

一方で、資格を目指さない方は就職活動をされる方が多いです。

就職活動の仕方は大学生(学部生)と同じです。

会計大学院生だからといって特に変わったことはありません。

新卒として就活サイトに登録し、エントリーし、説明会に行き、エントリーシートを書き、面接をします。

一般に文系の大学院卒は就活には不利だと言われていますが、会計大学院についてはそういったことはなさそうです。(業界にもよるでしょうが)

かといって、特に有利になるということもありません。(業界にもよるでしょうが)


こちらの記事もどうぞ→会計大学院卒業後の進路他の大学院と会計大学院の違い